矢印

ミニマルな日常

バスの停留所を間違えてばかり、どうしてこんなに方向音痴なのでしょう?

今年は歯を3本インプラントする予定があり、よく歯医者に行きます。

歯医者は遠く、私の家からバス⇒地下鉄⇒バスと乗り継ぎ、片道1時間ほどかかります。

それはいいのですが、方向音痴のせいか、これまで4回行ったのにまともに行けたのは、1度きりです。

一応、行く前にインターネットでGoogleマップを見たり、バスと地下鉄のルートを調べ、どのバスにどこで乗り、どこで降りるのか、確認してはいるのです。

しかし間違えてしまいます。



1度目の訪問

このときは、地下鉄の駅がわからなくなりました。地下鉄と行っても、私の利用する駅は地上です。

事前に乗るバスを決めておいたのに、違うバスに乗ってしまったのです。というのも、このバス停は行き先が同じだけど、途中走るところがちょっと違うバスが何本か走っているのです。

違うバスと言っても、行き先はほぼ同じなので、電車の駅にはうまくたどり着けるだろうと思っていたのですが・・・。たどり着けませんでした。

この時は途中で降りて、とあるスーパーの前から、娘にiPhoneで電話しました。タクシーを呼んでもらおうと思ったのです。娘は忙しいとかで冷たく断られました。

そこで主人に電話して、タクシーを呼んでもらいました。タクシーはほどなくやってきて、無事に歯医者にたどり着きました。そりゃあ、そうですよね。

タクシー代が23ドルぐらい出て行きました。





2度めの訪問

このときはバスの連絡もよくスムーズに行けました。

3度めの訪問、歯を抜いた日

電車を降りてから、2度めの訪問とは違うバスに乗りました。行き先はだいたい同じバスです。しかし、またしても途中で変なところで降りてしまいました。

そばを歩いているおばあさんに、道を聞いたら、「そっちにまっすぐ行けばいい」と言われました。徒歩で20分ぐらいだそうです。完全に遅刻ですが、歯医者に向かって歩き始めました。

小走りに歯医者に向かって歩いていると、iPhoneが鳴りました。もちろん歯医者からです。このとき、「道に迷っている」と告げ、ついでに行き先を教えてもらいました。

「今、〇〇の交差点にいるんですけど」と伝えましたが、電話してきた人は、そのクリニックの常勤ではないようで、うまく道案内してもらえませんでした。

数分間、話したのち、ようやくその人が、私の現在地をつきとめ、「そっちにまっすぐ進めばいい」と教えてくれました。

そして、30分遅刻して行きました。

★抜歯体験はこちらで詳しく書きました⇒歯の根のトラブルのせいで歯を3本抜いた体験談~インプラント(3)

4度目の訪問

前回、失敗したので反省し、2度めに使ったバスに乗るつもりで出かけたのに、タッチの差で、そのバスに乗り損ないました。

そこで、また2週間前と同じバスに乗りました。前は、ちょっと早く降り過ぎてしまったようでした。そこで、今度は、歯医者の入っているショッピングセンターが見えてから、バスを降りようと思い、じっと外をにらみつけていました。

インターネットで調べた情報によると、駅前でバスに乗ってから7分後に到着するはずなのに、15分たっても着きません。「おかしいな」と思っていたら、バスは終点のターミナルに着きました。

運転手さんに、「ここに行きたかったんですけど」と住所を見せたら、運転手さんは地図を取り出し「ああ、ここで降りるべきだったんだ。このターミナルから逆方向のバスに乗りなさい」と教えてくれました。

しかし、そのバスが来るまでにまだ30分もあります。すでにその時予約の時間でした。

しかたがないので、事情を話そうと、歯医者に電話しました。以前話をしたことがある、歯科衛生士のJさんが電話をとりました。

「ああ、そこから歩いて来れるわよ。10分ぐらいよ」とJさん。「こっちの方向でいいですか?どっちに向かって歩けばいいのでしょうか?」と、私が聞いたら、Jさんは「バスが走ってきた方向を逆に行けばいいんだけど、え~と・・・ちょっと待ってね」と言いました。

「ほかの電話がかかってきたのかな」と思って待っていると、Jさんが出て「今から私が車で迎えに行くわ。5分ぐらいで行くから。何色のジャケット着てますか?」と言うではないですか。。

Jさんにわざわざ車で迎えに来てもらって、歯医者にたどり着いたのです。

約束の時間より25分は遅刻しました。
なんて迷惑な患者なんでしょうか。

次の予約は3月の初めです。
今度こそ、失敗しないようにしなければ。





ピーナッツナッツを食べ始めると止まらない病前のページ

西式甲田療法で健康とダイエットのために朝食を抜くはずが夕食を抜く日々次のページ卵かけご飯

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  3. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。

関連記事

  1. 広げた帯

    ミニマルな日常

    あまりにも多かった祖母の遺品を1人で片付けて感じたこと。

    読者のお便り紹介です。今回は、亡くなった親族の物を片付けた人、片付けて…

  2. 物が多い部屋

    ミニマルな日常

    汚部屋に逆戻りしないためのシンプルな心がけ~片付けている時から意識するのがベスト。

    何冊も片付け本を読み、ネットフリックスで配信されている近藤麻理恵さんの…

  3. 悩んでいる人

    ミニマルな日常

    どんどん幸せになるために、捨てたほうがいい3つのもの。

    どこまでも幸せになるシリーズ。今回は、幸せな生活をするために捨てたほう…

  4. サランラップ

    ミニマルな日常

    サランラップは使わない主義~ラップの代用品の工夫とアイデア

    ミニマリスト主婦筆子は、長年「サランラップを台所から断捨離したい。使わ…

  5. フォトアルバム

    ミニマルな日常

    断捨離は大変。だけど、捨てれば、確実に前の暮らしよりよくなる。

    読者のお便りコーナー。今回も2018年の1月~2月にいただいたメールか…

  6. そうじ

    フライレディ

    家は1日では片付かない。汚家をきれいにする31の小さな習慣(1)

    アメリカのお片づけお助けサイト、フライレディ(flylady.net)…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,793人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 鍋をもつ人
  2. 出ていく人
  3. 掃除機をかける
  4. ストレスを感じている人
  5. 懐中時計
  6. 考え事をしている人
  7. 懐中時計
  8. 荷物を運んでいる女性
  9. 本を選んでいる人
  10. ワーキングマザー

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. オフィス
  2. ウエスを作る人
  3. シンクの中の汚れた食器
  4. スリフトショップ
  5. 笑顔
  6. お絵かき
  7. 現金を使って買い物
  8. 物思いにふける女性
  9. デスクでお菓子を食べるOL
  10. 散らかった部屋

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP