closet

近藤麻理恵

どこまでモノを減らすべきか~こんまりの言う「適正量カチッとポイント」とは?

断捨離してると、いったい服は何着持っているべきなんだろう、食器は4人家族で100個ぐらいかしら、フライパンの数は5つでいいのかな、などなど、どこまで減らすべきか迷うことがありませんか?

「どれだけ持っていれば1番快適なのだろう。その数がわかればそれだけ残して、あとは捨てられるのに」と思いますよね。

人間、数値目標があるとがんばれてしまうものだし、「持っているべき数」がわかると便利です。

今回はこの「所有するべき数」「必要な数」を知る方法をお伝えします。



大前提:適正な数は人によって違う

まず知っておきたいのは、所持品の適正な数は人によって違うことです。人の数だけライフスタイルがあるのですからこれは当然です。

たとえば、筆子は、現在洋服を16着、靴を4足持っています。
ミニマリストの服全16着公開~非おしゃれ系50代主婦の場合(写真あり)

靴は4足持っています~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

私とまったく同じ数、同じ構成がちょうどいい人は、私以外にいないと思います。

私はほとんど家にいるので、外出着は不要です。ヒールのある靴が嫌いなので、フラットシューズばかり。

仮にあなたが私と同じような50代の専業主婦だったとしても、環境も家族構成も違うから、私の服の適量と同じになるはずがありません。

物の適正量は1人1人違う、というのは大前提です。

それなのに、女性誌では、これだけは揃えておきたいワードローブとして、白いシャツ1枚持てとか、テーラードジャケット1着持てとか、スカートは5着ぐらい、ワンピースは4着、ストライプがついたシャツは1着は必要、トレンチコーチもいります、などなど人の都合もおかまいなしに書いています。

このようなものに振り回される必要はありません。

特に自分らしいおしゃれを楽しみたい人ほど、こういう「お仕着せの数」に合わせるべきではないですね。

それでは、どうすれば自分の適正量がわかるのでしょうか?

「適正量カチッとポイント」

近藤麻理恵の「人生がときめく片づけの魔法」に「適正量カチッとポイント」という言葉が出てきます。

片づけをしてモノを減らしつづけていると、あるとき、自分の適正量に気づく瞬間がおとずれます。これは、感覚ではっきりとわかります。突然、頭の中がカチッと鳴って…。

実は私は、このカチッと、頭の中で火打ち石が鳴るような体験はしたことがありません。

まだまだ片づけが足りないのでしょうか?

いえ、こんまりは手から洋服にエネルギーを送り込んだりできるので、単に私より霊感のようなものが強いだけだと思います。

ほとんどの人の頭の中で、カチッとなったりしないはずです。

ですが、モノを減らせば、適正量が見えてくるのは事実です。

たとえば、私がこれまでブログに書いた洋服や、靴、化粧品、アクセサリー、文房具、バッグ、食器はほぼ自分の適正量に近いと言えます。

適正量ドンピシャリではなく、たとえば、バッグは「ああ、スーツケースと、ボストンバックは旅行にしか使わないから、無駄かも。断捨離したほうがいいかも」と思っています。

バッグだけ見てると30代ミニマリスト?レディースではなく男女兼用タイプが好みです

こういうことは、適正量に近い数を持っているからこそわかるもの。

反対に本はまだ整理しきれていないので、「これが適正量かどうか」と聞かれると、「なんとなく違うけど、あとどのぐらい減らしたらいいのかはわかりません」という答えになります。

服は「これが今の自分にはちょうどいいな」とわかり、本は「まだまだ多くて、どのぐらいがちょうどいいのかわからん」状態なのです。

私が自分の衣類やバッグについて感じていることが、こんまりの言う「適正量カチッとポイント」なんだと思います。

カチッと鳴らないし、ポイントというほど、ピンポイントではないのですが、「適正量はだいたいこのあたりかな」というゾーンに、自らがいることがわかるのです。

よって、適正量を知るためには、自分でどんどん捨てるしかありません
「どれだけ持つべきなんだろう」と悩むということは、まだまだそのモノを持ちすぎている証拠です。

「だいたいこれぐらいでちょうどいいな」と思えるところまで、断捨離しなければ、自分の適正量など永遠に知ることはできないのです。

つまり、最初に「ワードローブは10着がいいらしいから10着にしよう」と決めるのではなく、いらないものを大量に捨てた結果として、手元に10着残り、それでちょうどよく暮らせ、満足しているのなら、それがあなたの適正量なのです。





カチッとポイントを通過するともうモノは増えない

カチッとポイントについてこんまりはさらにこんなふうに説明を続けています。

不思議なことに、このカチッとポイント、一回通過すると、その後は絶対にモノが増えなくなります。だから絶対にリバウンドしないのです。

これについても、わたしは 実体験から「たぶんそうであろう」と言えます。

服にしろ靴にしろ別にがまんして少ない数を持っているのではなく、少しずつ減らしてこれがちょうどいいからこの数に落ち着いています。

今後、手持ちのワードローブが50着になったり、靴が10足になることはちょっと考えにくいです。

現在、まとまった貯金はなく、ちょっぴり銀行の口座に残っているお金も、近い将来、歯のインプラントに使い、経済的にリセットされる予定の私。

しかし、何か予想もつかないことが起こり、収入が10倍になったとしても、私はいらない服や靴は買いませんし、髪はセルフカットすると思います。

よって、家の中にある、すべてのモノの数が自分にとって適正な数になったら、もう以前のような物持ちにはならない、つまりリバウンドしない、と言うのは本当でしょうね。

問題は、人によって捨てにくいものがあり、「適正量カチッとポイント」のずいぶん手前で停滞しているカテゴリーのモノが1つ、ないしは2つ、あるいはもっとあるということです。

私は、服や靴、アクセサリーなど身につけるものは、わりと簡単に捨てられましたが、書類と本で手こずっています。

逆に、書類や本など全く持っていないが、服が捨てられない、という人もいるでしょう。

自分にとって必要なモノの数を知りたいなら、捨てにくいものも捨てやすいものも分けへだてなく、捨て続けるしか方法はないのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. クローゼット

    近藤麻理恵

    近藤麻理恵が欧米で人気がある理由。

    片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんが、欧米で人気がある理由って、何で…

  2. 食器のお片づけ

    近藤麻理恵

    近藤麻理恵方式は本当にリバウンドしないのか?~捨てる順番を間違えたらだめなの?

    こんまりメソッドで片づけをしたけど止まってしまった、どうしたらいいか、…

  3. 魔法使い

    近藤麻理恵

    アメリカで近藤麻理恵(こんまり)の本が大人気~その本当の理由とは?

    動画を使って英語を勉強するシリーズ、今回はアメリカで大人気の近藤麻理恵…

  4. spark joy

    シンプルライフな人たち

    「TIME」の100人に選ばれた近藤麻理恵と記事を書いたジェミー・リー・カーチスの意外な共通点

    海外のメディアを使って英語を学習するシリーズ。今回も片付けコンサルタン…

  5. 衣替え

    ファッションをミニマルに

    こんまり流、衣替えをしない収納とは?秋こそ服の断捨離のチャンスです

    片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんが「人生がときめく片付けの魔法」で…

  6. 捨てられない女

    断捨離テクニック

    こんまりの片付けで失敗したら試してほしいとっておきの「捨て」テクニック

    こんまり流の片付けがうまく行かない、ある理由とその対策をお伝えします。…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

889人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 数字を分析する人
  2. オンラインショッピング
  3. 自然の中でただずむ人
  4. かわいいマグ
  5. 海岸
  6. オンラインショッピング
  7. 木製の食器いろいろ
  8. お金の計算中
  9. 積み重なったタオル
  10. 貯金箱

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 花粉症
  2. 海
  3. 他人に批判的な人。
  4. キンドル
  5. 歯医者
  6. 家族
  7. 幸せ
  8. 料理本
  9. 大きな荷物
  10. ティーセット

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP