spark joy

シンプルライフな人たち

「TIME」の100人に選ばれた近藤麻理恵と記事を書いたジェミー・リー・カーチスの意外な共通点

海外のメディアを使って英語を学習するシリーズ。今回も片付けコンサルタントの、近藤麻理恵さん関連のニュースをとりあげます。

アメリカの雑誌TIMEで The 100 Most Influential People (もっとも影響力のある100人)に選ばれた記事です。

これは2015年の4月27日発売のTIMEにのっています。

こんまりはArtists(アーチスト)のカテゴリーです。

多少意訳しています。



Organizer in chief お片づけの隊長

私は、近藤麻理恵さんの本が書かれるずっと前から、彼女流のシンプルで、明快なルールにしたがってガラクタのない生活を送ってきました。

私の母は、早くから整理整頓を生活に取り入れていて、私もそれに従っていたのです。

ですが、現代のマリ・ポピンズ(Marie Poppins)から、私もいくつかの片付けテクニックを学びましたよ。彼女は、ここ何十年も行われている片付けを、自己啓発に変えました。ひとつの技術に変えて、大勢の人を、にわかに片付けに熱中させたのです。

彼女の本、The Life-Changing Magic of Tidying Up は文字通り、「物の捨て方」が書かれています。この豊かな社会で、物が多すぎる生活に苦しんでいる人、誰にでも、この本をおすすめします。(近藤さんのおかげで、私も古いソックスに別れのキスをできます)。

私がコンマリメソッドで1番好きな点は、捨てるものに敬意を払うようにと言っているところです。もし、ときめかなかったら、その物との思い出に感謝し、誰か別の人のところで、ときめいてもらうようにするのです。

私がどれほど近藤さんを尊敬しているのかというと、もし私が刺青をいれるとしたら、spark joy! (ときめく)という文字にするほどなのです。

— 和訳ここまで—

単語・表現の注釈

Organizer in chief
in chief は仕事の責任者である、ということ。
editor-in-chief 編集長 という言葉のもじりだと思うので、「片付け隊長」と訳しておきました。

I the apple from her very organized tree.
直訳は、私は彼女の(ジェミー・リー・カーチスのお母さんの)、とてもきちんとした木からとれたリンゴである。つまり、お母さんが片付けが得意だったので、自分も整理整頓をする人間になった、ということ。

modern-day “Marie Poppins,” 現代のマリ・ポピンズ(メアリー・ポピンズ)
近藤麻理恵のこと。トラバースの書いた小説の主人公で Mary Poppinsのメリーと麻理恵という名前をかけています。メアリー・ポピンズは家事をするお手伝いさん。ただのお手伝いさんではなく、魔法を使うので、近藤さんのこととしてあげたのでしょう。

こんまりの名前は「まりえ」ですが、英語では「マリ」と発音しています。

what I have called brooming for decades
直訳は、何十年もほうきではいていると私が呼ぶ所のもの。魔法使いと掃除には、ほうきがつきものなので、broom (ほうきで掃く)という単語を使ったのだと思います。

shelf help 直訳は「棚の助け」。self help (自助、自己啓発) のしゃれ。棚の中を片付けながら、自己も助ける、つまり、片付けをすることで自己啓発するということ。

The Life-Changing Magic of Tidying Up 「人生がときめく片付けの魔法」の英語版のタイトル。直訳は「人生を変える片付けの魔法」

a legion of newly neat devotees 最近、片付けることに熱狂しはじめた大勢の人々。legion は 軍団 という意味 devotee は 愛好者、熱愛者、狂信的な信者。

heave-ho これはもともと船で水夫がロープをひっぱるときの掛け声で、「せーの」とか「よっこらしょ、どっこいしょ」と訳せますが、除去する、解雇する、首にする、お払い箱にする、という意味があります。この場合は物を捨てること。

ジェミー・リー・カーチスのシンプルライフ

興味深いのは女優のジェミー・リー・カーチスがこの記事を書いているこす。私、この方のファンです。ジェミー・リーもシンプルライフの信奉者です。

カーチスはなかなか巧みな言葉を使っています。こんまりの本は、日本語のほうも英語のほうも、ひじょうに文体がリズミカルで読みやすいので、その点も受けている要因かもしれませんね。

ジェミー・リー・カーチスは、記事にもあるように、もともと、すごく家の中をきちんと整理整頓していて、独自の掃除用ぞうきんを作ったり、雑誌で片付け方法を見せたりしています。





ジェミー・リー・カーチスのプロフィール

彼女は1958年11月22日生まれで、筆子より半年ほど年上です。現在の年齢は同じです。

お父さんは俳優のトミー・カーチス、お母さんは女優のジャネット・リー。

トミー・カーチスは有名な2枚目俳優。ジャネット・リーはヒッチコックの「サイコ」でシャワーの中でナイフをぐさぐさ刺されて(といっても刺されるカットはない)殺される役をやった人。

両親は早くに離婚して、どちらとも疎遠だというふうに語っていますが、きれい好きはお母さんの影響だったのですね。

ジェミー・リー・カーチスのデビューは1977年の刑事コロンボ「殺しの序曲」のウエイトレス役。

その後「ハロウィーン」などホラー映画で有名になり、80年代、90年代はコメディやドラマと、いろいろな役どころで映画に出て大活躍していました。

彼女は女優業だけでなく、子供むけの本を何冊もだしている小説家でもあります。またチャリティーも熱心にやっています。カメラも趣味です。

2000年以降は自分のやりたいことと、家族に時間をさきたいと言って、あまり映画の仕事はやっていません。

年をとるのを楽しんでいるジェミー・リー・カーチス

ジェミー・リーは、もともとシンプルライフ志向で、とても率直な性格の女優さんです。

50歳になるまえに、AARP( American Association of Retired Persons)と言う、全米退職者協会の雑誌(50歳以上のシニア向けの雑誌)の表紙にトップレスで登場しました。
50歳過ぎても、人は美しくいられるとアピールしたわけです。

同誌のインタビューでは、「年をとるのが楽しいし、20歳の頃より、強く、賢くなっている」と言っていました。

また、年をとることは、いらないものを捨てて、より自分の本質に近づくことであるそうです。

これまで、さんざんいろいろな髪型、服装、美容、ダイエットを試してきたので、これからはより自分自身でありたいからと、あえて髪を染めず、白髪にしています。

インタビューによれば、白と黒の服しか着ないし、年に3~4着のドレスを買って、ローテーションするそう。ジーンズも1本しか持っていないとのこと。宝石はしないから、すべて人にあげてしまったそうです。

女優さんには珍しいライフスタイルですね。70歳になったとき、より活き活きとして、強くありたいから、ヨガやテニスで鍛えているようです。

*******

ジェミー・リーはミニマリストではないので、それなりにたくさん服を持っていますが、毎日、何かしら断捨離しているようです。いつも人にあげています。

彼女のお母さんのジャネット・リーは美人女優でしたが、年をとって容色が衰えることにすごく苦しんでいたそうです。

それが反面教師になり、自分自身は、あるがままの姿を受け入れているのかもしれません。

まあ、もともとすごくプロポーションのいい女優さんですが、それでも、商売柄、白髪染めをしないのは勇気があると思います。

私も見習いたいです。やはり、50歳からは縮小ですね。

ところで、「こんまりがTIMEの100人に選ばれた理由がわからない」という声もなきにしもあらずなのですが、この100人は、タイムの編集者が選んだ、たくさんの候補者から、読者が「影響力のある100人にふさわしい、ふさわしくない」と投票しています。最終的には編集者が決定したようですが。

「過去1年であなたの人生を変えた人」、を選ぶので、こんまりメソッドで片付けをして、「人生が変わった」、と感じている人がたくさん投票したのでしょう。

こんまりの本がアメリカで出版されたのは、2014年の秋で、決定の半年前。まだリバウンドも起こっていなかったと思われます。

所持品が減ると、生活の質が変わることは確かです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ロータス
  2. 捨てられない女

    断捨離テクニック

    こんまりの片付けで失敗したら試してほしいとっておきの「捨て」テクニック

    こんまり流の片付けがうまく行かない、ある理由とその対策をお伝えします。…

  3. 食器のお片づけ

    近藤麻理恵

    近藤麻理恵方式は本当にリバウンドしないのか?~捨てる順番を間違えたらだめなの?

    こんまりメソッドで片づけをしたけど止まってしまった、どうしたらいいか、…

  4. peony

    シンプルライフな人たち

    映画『365日のシンプルライフ』の感想:「物を捨てる」映画ではなく、大切な物を選ぶ話

    シンプルライフをめざして、物を捨てているけど、気づくとまた物が増えてる…

  5. 365日のシンプルライフ

    シンプルライフな人たち

    モノを減らしたい人にオススメの映画『365日のシンプルライフ』鑑賞記

    ミニマリストなら共感を覚えるはずのフィンランド映画、『365日のシンプ…

  6. 青空

    シンプルライフな人たち

    ミニマリストの部屋公開~最小限のモノで生活して40歳でリタイヤした男

    シンプルライフの参考になりそうな海外メディアの動画や記事を紹介するシリ…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

701人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 色鉛筆やペン
  2. 罪悪感
  3. 落ち葉のしおり
  4. フリマ
  5. ハンガー
  6. 海をいくコンテナ船
  7. 和室
  8. お金を数える人
  9. 迷う人
  10. 古い写真

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. クローゼット
  2. 散らかった部屋
  3. 皿
  4. お茶
  5. 失恋した女性
  6. それって、必要?
  7. 自己主張する女
  8. 貯金箱
  9. 兄弟
  10. 昔の写真

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP