クレジットカードでお買い物

買わない

買い物依存症を治す11の方法(ネット通販編)

インターネットでの買い物が止まらない、というご相談のメールをいただきましたので、やめるヒントを11個お伝えします。

まず、お便りを紹介します。Nさんより
件名は、買い物依存症のこと



ネットショッピングが止まりません

筆子さん、こんにちは。

断捨離を初めて1年が経ちました。

大型タンス2つ、小さいタンス2つ、見栄で購入したブランドバッグ、お客様布団、食器と手放すことができました。

必要以上に買ってしまうのです。

毎日、宅急便のトラックが来ます。

そう、楽天で購入してしまい、止まらないのです。

クレジットカードは、解約しました。でも、買う物がないかネットばかり見ていたり(ネット依存症)、買い物してしまったりします。

断捨離して物を減らし、物に振り回されないように、お金を貯めたいのに、買い物が止まらない。

病院では買い物をやめなければいけないね、と話しをするだけです。

Nさん、こんにちは。お便りありがとうございます。タンスを全部で4つ捨てたってすごいですね。

さて、病院にも通っていらっしゃるそうですが、そこは何科でしょうか?

買い物依存の場合、精神科か心療内科になりますが、精神科のほうがいいと思います。

「やめなければいけないね」なんて、素人の私だって言えますから。

それとも、何か肉体的な症状も出ていて、その治療のついでに、買い物依存の相談もされているのでしょうか?

いずれにしろ、一度、セカンドオピニオンを求めてみることをおすすめします。

買い物を続けながら、断捨離をしても、穴のあいたバケツで水を組むようなもの。買い物を止めるほうにも注力してください。

以前、買い物依存症の治し方を書いています⇒どうしても買い物が止まらない。買い物依存症を自分で治す方法

この中から、特にネット依存に有効な方法プラス、過度のネットショッピングをやめる方法を11個紹介します。

1.なぜ買い物しているのか、その理由を突き止める

買いもの依存には理由があります。感情的な問題があるから、買い物に依存するのです。

私は、人は欠落を埋めるために買い物をしていると思っています⇒自分では気づかない。無駄遣いの根本的な原因とその対策。

怒り、恐怖、不安、悲しみを癒やすためにショッピングをする人が多いです。過度の買い物を引き起こしている、もともとの原因を突き止めないかぎり、それをコントロールするのは難しいと思います。

自分で考えてわからないときは、何でも打ち明けることができる人(配偶者、親兄弟、親しい友だちなど)に、ざっくばらんに相談してみると、糸口が見つかることがあります。





2.買ったものをすべてリストアップする

何をどれだけ買ったのか、しっかりノートにつけてください。これは家計簿とは違います。

買ったものをすべて書き出すと、自分のやっていることに、より意識を向けることができます。

買い物依存の人は、無意識にいろいろ買ってしまっています。きのう何を買ったか思い出せますか?

楽天市場は買い物履歴が残るので、それをすべて、手書きで書いてください。値段や、買ったときの気持ち、今、それを使っているかどうかも書いておくといいです。

3.クレジットカードは使わない。常に現金払い

ネット通販が便利なのはクレジットカードが使えるから。

クレジットカードでする買い物はリアリティがないため、よけいな物を買ってしまいます。極力、クレジットカードを使わないようにしてください。

クレジットカードだとお金を使いすぎる理由⇒クレジットカードを使うとお金を使いすぎてしまう5つの理由

通販サイトにクレジットカードの情報を登録するのもやめてください。買い物が便利であればあるほど、買いすぎてしまいます。

あらゆる知恵をしぼって、買い物へのハードルをあげてください。

Nさんは、すでにクレジットカードは解約されたそうですね。では、今、銀行振込なのでしょうか?それともデビットカードや代引きでしょうか?

現在使っている決済をしにくい状態にしてください。

4.リアルに人と交流を持つ努力をする

依存症の人の人生には、人とのふれあいや愛が足りないことが多いです。そこで、実生活で人と話をする機会を増やしてください。

たとえば、友達とラインやテキストメッセージでやりとりをしているなら、電話をしてください。

オンラインで野菜などを買っているのなら、市場やスーパーに行ってください。スーパーでは誰とも話しませんが、オンラインよりは人とふれあう機会があります。

バーチャルのゲームで作物を育てるのではなく、実際に植木屋に行って、植木屋さんに相談して苗を買い、自分の庭の本物の土と太陽と水を使って育ててください。

庭がなければ、プランター栽培でもいいです。

オンラインバンキングをするのではなく、銀行の支店に行って、銀行員と話してください。時間がかかってイライラするかもしれませんが、その分、ネットショッピングをする時間がなくなって好都合です。

5.ふだん使っている店にアクセスできないようにする

一番いいのは、インターネットをまるごとやめて、しばらくオフラインの生活をすることです。

それが無理なら、自分が使っているショッピングサイトにアクセスできないようにしてください。

一定のサイトにアクセスできなくなるソフトウエアや拡張機能があります。そういうプログラムを利用すれば、通販サイトを見ることがなくなります。

スマホで買い物をしているのなら、ショップのアプリをすべて削除してください。

ネット依存から抜け出す方法⇒パソコンとスマホ依存を防止する5つの方法

6.ネットショップの登録をすべて解除し、メルマガも止める

ネットショップの登録を全部解除して、メルマガもすべて止めてください。

メルマガは買い物のトリガー(きっかけ)になります。

「今日だけ3割引き」と書いてあると、買いたくなりますよね?欲しいとはまったく思っていなかった品物まで、今日買わないとすごく損をするような気にさせられます。

メルマガは最初から見ないでください。

7.目的意識を持ってインターネットをする

なんとなくパソコンに向かってだらだらやっていると、なんとなくショッピングサイトで時間をつぶして、余計な物を買ってしまいます。

パソコンのスイッチをつける前に計画を立ててください。

少なくとも、以下のことを決めて、パソコンに向かってください。

●全部で何分、インターネットをやるか。
●どこのサイトで、何をやるか。

たとえば、
●全部で30分
●日経新聞のサイトで15分。今日のニュースを読む。
●クックパッドで15分。アボカドのおいしい食べ方と、とうもろこしのゆで方をチェックする。

毎回このように計画を立ててから、インターネットに向かってください。

尚、女性むけのポータルサイトは、ほとんど宣伝のようなものなので、買い物依存症を克服したいなら、閲覧しないことをおすすめします。

8.30分待つ

インターネットをやっていて、何かを買おうと思っても、30分待ってみてください。パソコンやスマホから離れて、何か別の活動をしてください。

本を読む、友達に電話する、庭の手入れをする、掃除をするなど、買い物とは全然関係ないことをして頭を冷やす時間をもうけましょう。

30分ほどクーリングダウンの時間をとれば、すごく欲しいと思っていた物でも、必要でないことがわかります。

9.返品する

可能であれば、返品してください。

ネットショップの場合、実物を見ることができないので、「イメージ違い」「サイズが合わない」などの理由で、返品する人は多いです。

だから、ショップの人は、返品に慣れており、仕事として、ふつうに対応してくれます。

返品はけっこう面倒な作業ですが、1つでも返すことができれば、「またネットでいらない物を買ってしまった」という罪悪感を1つ減らすことができます。

10.買い物をする替わりに別のことをする

単に買い物がクセになっている人もいます。やることがなくて暇だから、なんとなくショッピングサイトに行って、なんとなく欲しいものを買ってしまいます。

これは習慣なので、ネット通販の利用を新しい行動に置き換えてください。

いつも、パソコンのスイッチをつける時間はほぼ同じだと思います。パソコンのスイッチをつけそうになったら、それを合図に、外に出て庭仕事したり、散歩したり、ジョギングしたり、図書館に行ってください。

最初は難しいですが、2~3週間も続ければ、それが新しい習慣になります。

習慣の変え方はこちら⇒習慣のループを知れば、どんな習慣も変えることができる(TED)

やめたい習慣をやめる工夫はこちら⇒やめたい習慣をやめる5つの秘訣:2月の30日間チャレンジの結果より

11.暇すぎないようにする

ネットショッピングはリアルの店で買うより、時間がかかりませんが、それでも15分ぐらいあっという間にたってしまいます。

毎日のようにネットショッピングをしているのなら、それだけ時間がある、ということですから、この時間を何か別の活動にあててください。

2番に書いた、自分が買ったもののリストアップもいいし、すでに自分が持っているものを全て書き出すのもおすすめです。

以前、別の方にすすめましたが、自分の衝動買いの顛末を逐一ブログに書いてみては?

いつ、どこで、何をどれだけ買ったのか。値段はいくらしたのか。どうしてこんな物を買ったのか、買い物しているとき、自分はどんな気持ちだったのか、今はどんな気持ちなのか、そもそもどうして自分はこんなに買い物してしまうのか。

買った物は、今どこでどうなっているのか。

そんなことを書いてください。ブログではなく、ふつうのノートに書いてもかまいません。

または、図書館に行って、戦争や紛争が起こっている地域の子供たちの生活のルポルタージュや、第二次大戦中に特攻隊に召集され命を散らした若者の手紙を集めた本など、人間らしい暮らしを暴力的に、奪われた人の話を読むのもいいと思います。

自分がいかに恵まれているかよくわかります。

Nさんの買い物依存が治まることをお祈りしています。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 買い物好き

    ミニマム思考

    元浪費家のミニマリストが教える衝動買いの心理とそれを防ぐ5つの方法

    断捨離をしてシンプルライフを目指しているけど、なかなか家が片付かないと…

  2. 靴がほしい女性

    ミニマリストになるために

    今日もまたいらない物を買ってしまう5つの理由。無駄遣いはやめられるのか?

    「買ったものはすべてちゃんと使っています。家には不用な物は何一つありま…

  3. 家計簿をつける主婦

    買わない

    買い物の支払いは代金だけじゃない。余計な物が生み出す5つの損害。

    物を買うときお金を払います。もしそれが余計な物だったら、それ以外にもあ…

  4. ショッピング

    お金を貯める

    こんな方法で無駄遣いを減らす。買い物する言い訳に気づいていますか?

    人が買い物するときによく使う「言い訳」を7つ集めてみました。「…

  5. 靴の買い物

    買わない

    あれもこれも必要だから買う!この気持を手放して、無駄遣いをやめる方法。

    無駄な買い物をやめるシリーズ。今回は、「必要だから買う!」と自分を納得…

  6. 服を買う女性

    読者の一押し記事

    服を買うのが止まらないあなたの思考が変わる:読者のおすすめ第4位

    読者のおすすめ記事を紹介しています。今回は4人の方が推薦してくださった…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

522人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 万年筆
  2. 製菓道具
  3. 怒っている人
  4. 古新聞
  5. portrait
  6. 忙しいママ
  7. 歩く女
  8. セブンイヤーボールペン
  9. 捨てられない理由を考える人
  10. 読書

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 買い物
  2. 古いスーツケース
  3. おもちゃ箱
  4. 砂糖
  5. ハンガーにかかった服
  6. 卒業アルバム
  7. 何もない部屋
  8. なんだか不調
  9. 化粧
  10. ノートに書く

過去記事、たくさんあります♪

  1. 編み物

    断捨離テクニック

    もう作る時間なんてない。趣味の物や材料を捨てるススメ:プチ断捨離24
  2. 試練

    TEDの動画

    不運続きの人生に意味を見出すには? マニーシャ・コイララ(TED)
  3. 笑顔

    TEDの動画

    他人を大事にすることは、自分を大事にすること(TED)
  4. 泣く赤ちゃん

    ミニマルな日常

    小さな子供が3人いてすごい汚部屋。どこから片付けたらいいの?
  5. 意思決定のワナ

    TEDの動画

    我々は本当に自分で決めているのか?ダン・アリエリーに学ぶ、選択のミス(TED)
PAGE TOP