服の買い物をしている人

買わない

必要のないものを買っていませんか?:いつまでも部屋が片付かない理由(3)

断捨離をがんばってるけど、ちっとも部屋が片付かない。

その理由を検証しています。

これまで

1.そもそも物を持ちすぎている

2.物を移動させただけで満足している

この2つを紹介しました。

今回は、

3.必要のないものを買っている

この問題を見てみましょう。



使ってないからガラクタになる

これまで捨てたものや、今、部屋の中で散らばっているもの、ずっと押入れに入っているものについて考えてください。

たぶんそれは、「ふだんあまり使わないもの」や、「日常生活をするのに特に必要ではないもの」です。

いつも使っているものはガラクタにはなりませんが、全く使ってないものや、ほとんど使わないものはガラクタになり、貴重なスペースと時間を奪います。

片付けても、片付けても散らかるなら、このような、ふだん使わないものがいっぱいあるんじゃないでしょうか?

なぜ、使わないものが家にいっぱいあるのか?

買うからですよね? あるいは、どこかからもらうからです。

片付けているつもりなのに、片付かないのは、本当はいらないものを買いすぎているからなのです。

「でも、私は必要なものだけを買ってますよ」「いると思うから買っています」と答える人もいるかもしれません。

ですが、本当にそうなのか、1回、自分でしっかり調べてください。





家に入るものをモニターする

無駄なものを買いすぎているか、そうでないのか調べるのにもっとも効果的なのは、家の中に入るものをモニターすることです。

モニターとは、定期的に観察、点検すること。

私は、シンプルに暮らそうと思ったとき、家の中に入ってくるものを、きびしく点検することを始めました。

今も、買い物したり、もらったりして物が入ったら、Googleフォームとスプレッドシートを使って記録しています。

観察の仕方

家の中に入ってくるものがわかれば、どんなふうにモニターしてもかまいませんが、たとえば、こんなふうにやってみるといいでしょう。

・期間は3ヶ月~半年

・物が入ってきたら、ノートやメモ帳に記録する、またはスマホで写真をとる

・月末に、どんなものが入ってきたか振り返る

食料品はやらなくてもいいです。私もやっていません。

ただ、チョコレートやお酒、コーヒーなど、生命を維持するのに必要ではない嗜好品の購入が多い人は、それを含めてもいいと思います。

特に、物を増やす食品は要注意です。

袋菓子なら、食べて、袋を捨てれば、何も残りませんが(自分の脂肪になるぐらい)、きれいな缶や箱に入ったお菓子だと、容器を捨てられず、それがガラクタになることがあります。

ショップの袋をガラクタにする人もたくさんいます⇒その紙袋、今すぐ捨てましょう~つい取っておくものだけど、捨てたほうがいいもの(その1)

買い物する量と頻度が多い人は、最初は記録するのが大変かもしれません。

ちょっと前に、買い物ばかりする方からお便りをいただきましたが、日々の買い物を記録するよう医者にアドバイスされたけれど、面倒でやっていません、書いていました⇒買い物が止まらなくて困っています。どうしたらやめられますか?←質問の回答。

すごく量が多いときは、写真にしておくといいかもしれません。1つひとつ撮影せず、全部まとめて1枚におさめれば簡単です。

記録するなんて面倒だと思うかもしれませんが、物を買うことが多い人ほど、調べる価値があります。

だって、それ、たぶん必要じゃないですから。

私の体験では、人1人暮らすのに、そんなにたくさんの物はいりません。

「家族全員が使う消耗品も私が買っていて、それがめちゃくちゃ多いんです」。そんな人は、まずは私物だけ、モニターしてください。

自分のものの買い物をうまくコントロールできるようになってから、家庭用の備品の購入状況を調べ、改善していくといいでしょう。

優先順位の低いものは買わない

買ったものを振り返ると、全く必要ではなかったものがある一方で、「でも、これは必要だった」と思うものも見つかります。

自分はべつに無駄遣いしていないとも思うでしょう。

何かを買うときは、「これはいらないから」と考えながら買う人はいません。「いる」と思うから買うわけです。

買ったものは、どれも必要なものだった、とも言えます。

ただ、必要だと思ったものをすべて買っていると、ガラクタを作ってしまいます。

必要なものの中には、「すごく必要で、これがないと今日、生活できないもの」もあれば、「あったらいいかもしれないな」程度の必要なものもあります。

「これがないと困る」と思うものは、使いみちがはっきりわかっていますが、「あったらいいかも」と思うものは、具体的な使いみちは、まだ決まっていません。

使いみちが決まっていなくても、私たちは、「必要なものだ」「準備しておこう」と思って買ってしまいますよね?

こうして買ったものがガラクタになるので、何かを買うときは、今、このタイミングで買う必要性がしっかりあるかどうか考えて、買う優先順位の高いものを買ってください。

すると、ガラクタも減ります。

優先順位がわからないときは、それなしでしばらく過ごしてみるといいでしょう。

私は、ふだんよくキャンドルを使っていますが、5月の終わりに手持ちのキャンドルを全部使い切ったあと、すぐに買わず、キャンドルなしで生活しています。

日が長くなったから、キャンドルをつける時間もあまりないと思ったからです。

キャンドルを使わなくなってすぐは、ちょっとさみしい気がしましたが、今は、キャンドルなしで平気になりました。

キャンドルを置いていた皿を撤去したので、部屋がスッキリして快適です。

秋になったら、またキャンドルを使うつもりですが、今はさほど必要ではありません。

こんなふうに、ふだんよく使っているものでも、買う優先順位は下のほうだったりします。「使うのがあたりまえ」「買うのがあたりまえ」と思っているものも、本当にそうなのか、考えてみてください。

予算のしばりをもうける

必要じゃないものを買わない方法として、もう1つおすすめなのは、予算を立てて、制限を作ることです。

お金の余裕があると、そこまで必要じゃないものもどんどん買ってしまうので、「買おうと思えば買えるが、買わない体制」を作っておくと、ガラクタが増えません。

現在、私は、収入の5%までなら、自分の買い物をしてもいいと決めて、やってみているところです。

収入があったら、その5%の金額を小遣い枠として、ノートに書いておき、何か買ったら、この金額から引いて、最初に決めた予算から足が出ないように気をつけています。

予算を使い切ってしまったら、次の収入があるまでは買いません。

食費と歯医者代は別枠ですが、歯のお手入れグッズも、本も、塗り絵関係の出費、洋服代も、全部この枠でまかなっています。

すごく必要なものも、べつになくても生活できる楽しみのためだけのものも、収入の5%の金額で買うようにしているのです。

こうすると、ごく自然に優先順位の高いものを買うようになります。

「今、これを買ってしまうと、今度あっちを買うことができなくなるな」と考えることができるからです。

お小遣いの制限がある子供のうちは、こういうことを考えて、調整しながら買いますが、大人になると、クレジットカードを使えるので、このあたり、判断が甘くなり、「べつに買ってもいいか」となりがちです。

クレジットカードを使うとお金を使いすぎてしまう5つの理由

この行動がガラクタを作ってしまうわけです。

予算を決めていない人も、収入の◯%とか、生活費の◯%と割合を決めてやってみてはどうでしょうか?

毎月の小遣いを一定の金額にするより、収入の多寡に応じて変えるほうが、無理がないと思います。

サラリーマンなら、毎月、小遣いの金額も、ほぼ一定になりますが。

初回の記事はこちら⇒片付けているつもりなのに片付かない? そもそも、いらない物を持ちすぎなんです:片付かない理由(1)

******

部屋が片付かない理由、3つ目をお伝えしました。

昔、物をたくさん持っていたとき、私は特に制限をもうけず、買い物をしていました。

もちろん、「手持ちのお金がなくなるまで」という制限はありましたが、買い物の回数の制限とか、収入の◯%の中で買うとか、今、使うものだけを買う、というしばりは、何もなかったのです。

私がたくさんガラクタを持っていたのは、制限がなさすぎたせいです。

先日紹介した節約法でも、「使う金額を減らそう」と意識するのではなく、お金を使う頻度を減らす方法が紹介されていました⇒いつも予算をオーバーしてしまうなら、こんな方法を試してみては?(TED)

物を買えば、大なり小なりガラクタになります。

ガラクタを減らしたいなら、買い物全体をスケールダウンすることは必要不可欠ではないでしょうか?





キルトのベッドカバー義理母の手作りのプレゼントを受け取りたくないけど、断って悲しませたくない。どうしたらいいの?前のページ

もっと自分の時間を作る5つの方法~ミニマリストのアプローチを使ってみよう。次のページ紅茶

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物しすぎた女

    買わない

    新生活を言い訳に買い物しすぎた私のざんげ。態勢の立て直しはこうする。

    新生活がきっかけで、お金を使いすぎてしまった人が、もとのシンプルライフ…

  2. 名古屋帯

    買わない

    店に行くと買わずにはいられない問題の解決法。

    なじみの呉服屋に行くと、ちょっとした物を買わずにはいられません。…

  3. ストレスのある人

    健康・アンチエイジング

    浪費を引き起こす日々のストレスとうまく付き合う5つのコツ。

    私が効果を感じているストレスの対処法を5つ紹介します。ストレス…

  4. オンラインショッピング

    買わない

    ネットショッピング(通販サイト)で衝動買いを防ぐ5つの方法

    「買わない暮らし」を実践するシリーズ。今回は、オンラインショッピングで…

  5. 買い物

    買わない

    安物買いの銭失いをやめたほうがいい6つの理由。貧乏人ほど要注意。

    かつて、安物買いが大好きだった私ですが、暮らしをシンプルにする過程で卒…

  6. 買い物する女性

    読者の一押し記事

    これが一番の解決策。買わない暮らしをすればうまくいく。

    シンプルに暮らしたくて、断捨離を始める人も多いと思います。捨て…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,332人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 会話をしている若い女性
  2. ユーテンシル
  3. 疲れた女性
  4. スノードーム
  5. 片付けている人
  6. スマホを使う人
  7. 罪悪感を感じている人
  8. 流れ作業
  9. いらない靴
  10. 混乱する人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 机まわりがぐしゃぐしゃ。
  2. おしゃれな人
  3. 散らかった台所
  4. 汚部屋
  5. 教科書
  6. ヘアサロン
  7. りんごをかごに入れる
  8. 考え事をしている人
  9. 歯医者
  10. 家計簿

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP