クレジットカードでお買い物

お金を貯める

クレジットカードを使うとお金を使いすぎてしまう5つの理由

クレジットカード、別名クレカはとても便利なツール。ですが、節約したい人、お金をためたい人はできるだけカードの使用を避け、現金で支払ったほうがいいです。

その理由をお伝えします。



現金払いにしたら無駄遣いが減った話

私は、2014年までは、買い物はほとんどクレジットカードを使っていました。去年、2015年に、どんぶり勘定人生をやめることを決め、日常の買い物は現金を使うように。

その理由はこちら⇒『フランス人は10着しか服を持たない』から学んだ節約術

すると、以前よりお金に対して、意識が向き、無駄遣いも減ってきました(とは言えまだまだ修行中)。現金を使ったほうが、お金を使い過ぎない、という事実を身をもって知ったのです。

これは私だけではありません。実際にさまざまな実験により、人は現金で買い物をするときより、クレジットカードを使ったほうが、よりお金を使う、ということがわかっています。

確かに、クレジットカードを使うとポイントやマイレージがたまり、キャッシュバックもできます。

現金は、使ったらそこで終わり。何も返ってきません。

節約系ブロガーの中にも、できるだけクレジットカードで支払い、ポイントをためたほうが、お得だ、という人も多いです。

しかし、私はこんな理由から現金を使ったほうがお得だと言いたいのです。

1.現金なら物理的限界がある

クレジットカードのメリットの1つは、今、持ちあわせがなくても、支払いできることです。

給料日前で、家計がピンチのときなど、助かるシステムです。

しかし、この点が、クレジットカード決済をすると、お金を使いすぎてしまう、一番大きな理由です。

当たり前といえば当たり前です。

財布に1万円入っていたら、1万円分しか買い物できません。たとえば、恋人とレストランに食事に行ったら、それぞれが、5千円のフルコースを頼んだら、それでおしまいです。

ところが、クレジットカードを持っていると、女性が、「デザートにもう1つケーキを食べたい」と言ったら、追加することができます。

レストランのあと、カフェに行くこともできます。

どんどん、予定外のお金を使い続けることができるのです。つまり浪費です。

特に衝動買いが多い人はクレジットカードを持って買い物に行くのは危険です。必ず売り場で、お買い得品を見つけ、予定外のものまで買ってしまいます。

クレジットカードには、払うお金の限界がない(限度額はありますが)ので、使いすぎてしまうのです。

2.カードで支払うと痛みをあまり感じない

人が現金で支払いをするとき、脳の痛みを感じる部分が活性化されます。もちろん、何を買っているのか、どんなシチュエーションで買っているのか状況により、程度の差はあります。

人は、物を失うのがとても嫌いな動物。いつも「損をしたくない」と思っています。基本的にお金を払うのは嫌なのです。そもそも、いらない物を捨てることすら、「もったいない」と思ってできないのですから。

物を失うとき、痛みを感じる話はこちら⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる「損失回避とは?」をお読みください。

現金で支払うとき、痛みを感じるので、その行動はある程度抑制されます。

一方で、クレジットカードで支払いをするとき、現金ほど痛みを感じないというリサーチ結果があります。

お金をさわって、レジの人に渡す時は、脳の痛みを感じる中枢部分がビビビっと活性化されるのに、クレジットカードを、機械(クレジットカードの端末機)に入れてスワイプしたり、刺し込んだりするのはさほどでもないのです。

たぶん、クレジットカードはお金ではないからでしょう。ただのカードですから。

お金を払えば、財布から出ていきますが、クレジットカードは財布から出して機械に差し込んだ後、また財布に戻ってきます。

クレジットカードは出費がかさんでも、痛みを感じさせない麻酔のようなもの。お金を使う神経を麻痺させます。

クレカの支払いも、実際にはお金を払っているのと同じですが、脳は、そんなふうに理性的に判断できません。

脳は感情優位で機能しています⇒失敗しない断捨離に必要なのは、ときめきや直感より理性を信じること 「不用品を捨てるとき、人は実際に痛みを感じている」の部分をお読みください。

3.クレジットカードは欲望をかきたてる

消費者が、買い物や、寄付として、どれだけお金を使おうか考えているとき、クレジットカードのロゴを見せると、より多くお金を払うというアメリカでの、実験結果があります。

カードのロゴが見えないと、支払おうとする金額が下がるそうです。

これは何を意味するのか?

アメリカはクレジットカードを使うのがあたりまえの社会なので、そのロゴを見るだけで、人はお金を払う気になるのです。

これは、甘いもの好きな人が、べつにおなかがすいてなくても、チョコレートを見ると食べたくなってしまうのと同じです。

過去にチョコレートを食べておいしかったことを脳は覚えています。だから、チョコレートを見るとほしくなります。

クレジットカードも同じで、過去にこのロゴをついたカードを使って買い物した記憶があるので、ロゴを見ると自動的に、購買活動を連想してしまうのです。

現金を見ても、こんな気持にはならないですよね?

おまけに、カード会社は、消費者ができるだけカードで買い物してくれるように、常にさまざまなキャンペーンを打っています。





4.カード払いでは、残高の把握がしにくい

「節約したいなら現金払いがいい」と言われる理由の1つは、実際に財布の中のお金が減っていき、残高がわかるから。

1週間の予算を決めて、その分だけ財布に入れ、お金の減るペースが早ければ調節する(お金を使わないようにする)節約方法を提案している人は多いです。

ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの著書『年収200万円からの貯金生活宣言』にもこの方法が書かれていました。

現金であれば、このように、残りのお金を把握しやすいのです。

ところがカードはそういうわけにはいきません。

カードで何度支払いをしても、カードの見かけは全く変わりません。「今月カードで支払っていいお金は3万円」と決めていたとしても、いったいあとどれぐらい残っているのか、どこまで使っていいのか、買い物している最中にはわかりません。

スマホなどで、いちいち残高を確認すればいいのですが、そんな面倒なことをする人はあまりいません。それにリアルタイムに記帳されるわけでもありません。

クレジットカードを使っている時、多くの人は、自分の手持ちのお金の残高ではなく、そのカードの利用限度額を思いうかべるそうです。

限度額が70万円だとすると、5万円の買い物をしたあと、まだ65万円ある、と思ってしまうのです。しかし、当然のことながら、この65万円は自分のお金ではありません。

このように、クレジットカードは自分の手持ちのお金と、他人の(カード会社の)お金が、無意識のうちに混同されてしまう、という面があります。

だから、多くの人は、自分の決済能力を超えて、使いすぎてしまうのです。

5.クレジットカードは家計を複雑にする

クレジットカードで払うことは、つけで買い物をすることです。つまり、今買い物をしても、手持ちのお金は減りません。

半月とか1ヶ月後になってから減ります。

これが、家計管理を難しくする、と横山さんは書いています。

クレジットカードを使ったら、その日の支出として計上して、すぐに、引き落とし銀行にお金を入れてしまえばいいのです。が、そうすると、振り込み手数料とか、ATMを使う手数料を取られて損することも。

多くの人は、カード会社が請求額を確定したときに、まとめて入金しているはずです。それまで、クレジットカード使用分支払い用の、お金をどこかにプールしておかなければなりません。

カード使用分が引き落とされる口座が、給与が振り込まれる口座と一緒になっていると、どこからどこまでがクレジットカードの支払い用なのか、わかりにくくなります。

このように、クレジットカードを計画的に使うためには、いろいろと考えることや手順が増えてしまいます。

私のように、お金の管理が苦手な人は、システムが複雑になればなるほど、わけがわからなくなり、予算内で、生活することができなくなってしまいます。
* * * * *
小売店が、カード会社に高い手数料を払うことになっても、クレジットカード決済を導入しているのは、実際にそのほうが儲かるからです。

やはり、人は、カードを持っていると余計な買い物をしてしまうのです。

もちろん、クレジットカードのメリットはたくさんあります。1枚は持っていたほうがいいと思います。

クレジットカードを時々使っておかないと、クレジットスコアがつかず、いろいろ損をする国もあります。

クレジットスコアについて⇒経済的に豊かになる5つのシンプルなお金の原則(TED)

オンラインショップでもクレジットカード決済をするほうが現実的です。

カードには、いろいろなサービスも付帯しているし、海外では身分証明書代わりにもなります。

ですが、日々の買い物は現金にしておいたほうが、よりお金は残ると言えます。。

デビットカードを使えば、現金は即自分の口座から引き落とされるので、クレジットカードよりは支出の管理がしやすくなります。

しかし、デビットカードもプラスチックのカード。お金を使う痛みが麻痺してしまうのは、クレジットカードと同じです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 白いセーターを着た人

    お金を貯める

    生理痛で働けなくても収入を得られる仕事はありますか?←質問の回答

    読者の方から、「自分は生理痛がひどくて、その日休むと稼ぎがない。生理痛…

  2. ノート

    お金を貯める

    5分でできる小さな節約4選。小さなことが大きな効果を生む。

    50代も半ばをすぎて貯金を始めた、どんぶり勘定主婦の節約術。今回は、1…

  3. 心配するおばさん

    お金を貯める

    お金の心配で疲れているあなたに。経済的な不安を手放す方法。

    ついついお金のことばかり考えて不安になっています。不安を感じない方法を…

  4. ショッピング

    お金を貯める

    無駄遣いの原因は心理的な思い込み。認知バイアスを知って上手な買い物を。

    人間の心理的な傾向や思い込みは、買い物に関する意思決定に大きな影響を与…

  5. 財布から1万円を出す人

    お金を貯める

    筆子がカード払いより現金払いを好む5つの理由。

    なぜ私が現金払いを好きなのか、その理由を5つ紹介します。クレジ…

  6. スーパーで買い物する人

    お金を貯める

    お金を貯めたい時、気をつけたほうがいい認知バイアス(思考の偏り)

    無駄遣いしないで貯金したい、と思うとき、気をつけたほうがいい認知バイア…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

983人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. サンキューカード
  2. いらない物はもう捨てます。
  3. 疲れた人
  4. 深緑のソファ
  5. チョコレート
  6. リフォームのプランニング
  7. ゴミ出し
  8. 仕事中の3人
  9. 廃品回収に出すもの
  10. デイジー

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. リビングルーム
  2. 笑顔
  3. 山登り
  4. 窓辺の花瓶
  5. 海を見る女。
  6. ミニマリストの財布
  7. 笑顔
  8. 買い物する人
  9. トイレの掃除

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP