買い物の記録を取る人

買わない

買い物習慣を変えるために買い物日記をつけてみては?

家の中に不用品が増えたり、貯金がちっともできなかったりするのは、買い方のどこかに問題があるから。

望ましくない買い物習慣を変えるために、買い物日記をつけることをおすすめします。

この記事では、買い物日記をつける目的、具体的な取り組み方などをお伝えします。



現状をモニターして気づくのが先

雑誌やインターネットには、「1年で100万円ためている人の買い物習慣」とか、「貯めている人が必ずやっていること」なんて記事が紹介されています。

こうしたライフハック(工夫やコツ)を真似しても多少は効果があるかもしれません。しかし、その話に出てくる人々は、自分とは違う人だから、そう簡単にはうまくいきません。

効果がないから、何年たっても同じような方法が雑誌に紹介されているわけです。

自分とは気質も生活環境も違う人のまねをするのは難しいですし、下手すると、うまくいかない自分のことを卑下(ひげ)してしまう恐れもあります。

それよりも、自分のいまの買い物の傾向をつかんで、少しずつ修正していくほうが効果的です。

実際、お金のことはあまり考えたくないし、どんぶり勘定な私も、そうやって、多少はましになってきました。

表面的に他人のまねをするのではなく、地道に自分の生活パターンを改善していくほうが、結局は早道です。





買い物日記を書く目的

買い物日記、と聞くと、お買い物大好き主婦の買い物日記、懸賞マニアの当選品ごろうじろ日記、通販マニアのきょうも変な物が届きました日記、みたいなものを思い浮かべるかもしれません。

しかし、買い物日記は人に見せるために書くのではありません。

この日記をつける最終的な目的は、自分の買い方のクセを調べて、望ましい買い方ができるように修正することです。

しかし、まずは、自分が日々行っている買い物に意識を向けることが目標です。

買い方のクセがわかればいいので、書き方は自由です。

紙と鉛筆を使って書いてもいいし、デジタルのほうが書きやすいなら、デジタルツールを用いてもかまいません。

読み返すので、紙と鉛筆を使うなら、あとで読めるような筆記をしてください。

私は字が汚いため、自分の日記を読むのも苦労しています。よって、ショッピングの記録はパソコンに入力しています(Google ドキュメントを利用してます)。

わたしのGoogleドキュメントの使い方はこちらの記事に⇒衣類の整理方法、その他の質問に回答しました 最初の質問への回答部分です。

ふだんの食料品の買い物の記録をしてもいいのですが、煩雑になるかもしれないので、まずは、ウォンツ(どうしても必要ではないが欲しくて買ったもの)の記録にしぼるといいでしょう。

また、洋服や化粧品など、すでに「買いすぎていると自覚していて、買うのを控えたいと思っている物」にしぼってもかまいません。

ウォンツとニーズの違い⇒ミニマリスト的節約術の極意は、「必要なもの」と「欲しいもの」をしっかり分けること

買い物日記、書き方の例

書き方は自由ですが、参考までに3つほど形式を紹介します。

どの形式を選んでも、買い物した日とだいたいの時間はわかるようにしてください。

1.散文型

特にフォーマットはさだめず、作文のように思いつくまま書いていく方式です。

きょうの午後、〇〇ビルのセリアに行って、ラプンツェルのアート塗り絵と、シンプルなクラフト紙の封筒を買った。ラプンツェル、かわいい。いい買い物ができてうれしいな、でも、家に帰って引き出しの中を見たら、同じシリーズのアリエルの塗り絵にまだ全然手をつけてないのに気がついた。ほかにも塗り絵本がごろごろ。一生かかっても塗れそうにないんですけど。

こんな感じです。

2.ピンポイント型

自分が記録したいことをピンポイントに買いていく方式です。

箇条書きになります。

たとえば、買い物をした日付、曜日、時間、店、買った物、金額、同伴者のみを書きます。

これだと、1つの買い物につき、1行ですみます。たくさん買っていたら、行数が増えますが。

この記録をえんえんとしていくと、何曜日の何時頃(ポイントが倍付けされる日とか)、よく買い物をしている、やたらと通販で買い物をしている、特定の人物と一緒のとき、よく買い物をしている、といったことに気づきます。

もちろん、自分がよく買っているものもわかります。

3.思索型

買い物をしたきっかけや、買い物をした理由、買い物していたときの自分の感情、その後起こったこと、その買い物が自分の人生に及ぼしたこと、それは自分の価値観を反映した買い物であったのか、など、ちょっと考えないとわからないことを、書いていきます。

文章を書くのが苦手な人には書きにくいかもしれません。

しかし、実際に書いていみると、ほんの数分で終わります。

ある程度書いたら読み直してパターンを見つける

ある程度、記録がたまったら、読み直し、自分の買い方のくせを見つけます。

この日記は最低でも1ヶ月は続けてください。

理想は1年続けることです。

1年書き続けると、季節がひとめぐりするので、季節的な要因(クリスマスやバレンタインデーは、直接自分に関係くても、雰囲気に浮かれて買い物をしているなど)にも気づくことができます。

けれども、「1年書け」というと、まだ始めてもいないのに、「書けない」「失敗しそう」「忙しくてそんなことやってられない」とおじけづき、何も始めない人がいると、読者のお便りを読んでいてわかりました。

だから、数ヶ月やってみよう、ぐらいの楽な気持ちで始めればいいでしょう。

しかし、本気で買い物習慣を変えたいなら、パターンが見えてくるまでは書き続けてください。

毎日、買い物日記をつけていると、べつに読み直さなくてもパターンは見えてきます。

100均に行くことが多い人は、しょっちゅう、ダイソーやセリアと書く(入力する)ことになるし、通販が多い人は毎週アマゾンと書くことになります。

週に5日以上、スターバックスでラテを買っていることもわかるし、お買い物マラソンや無印週間になると、さしあたり必要でない物をたくさん買っていることもわかります。

パターンを見つけたら、それについて自分はどう思うかちょっと考えてみます。

その買い方を継続し、そのまま暮らしていきたいのかどうか?

「このままではまずい」と思ったら、変えたい部分を1つだけ見つけて、30日間チャレンジなどを使って変えていきます。

30日間チャレンジとは?⇒マット・カッツに学ぶ30日間で人生を変える方法~30日間チャレンジのススメ(TED)

買い物日記を続けるコツ

買い物するたびに記録するのは、人によってはハードルが高いかもしれません。

継続するコツを4つ書いておきます。

1.完璧主義に陥らない

買い物日記を書く目的は、ふだんの買い物の仕方に意識を向けて、望ましくない買い物習慣を望ましい行動に置き換えることです。

この目的が達成できれば、形式は関係ありません。

ところが、「こういうことやってはどうですか?」と提案すると、「正しいやり方」に異様にこだわる人がいます。

何に書いたらいいの?、どのぐらい書いたらいいの?、何を書いたらいいの?

ノートはどんなのがいいの、B6それともA5? ペンは? 量はどのぐらい書いたらいいの? おすすめのアプリありますか?

そんなことはどうでもいいので、とにかく書きはじめてください。

散文型ではじめて、「これじゃあ時間がかかりすぎる」とか、「あとで読み返しても、何が言いたいのか自分でもさっぱりわからん」と問題を感じたら、箇条書きにするとかすればいいのです。

完璧主義の手放し方⇒完璧主義を克服する7つの具体的な方法。

2.ためない

買い物したら早めに書いてください。週末にまとめて書こう、と思っていると細かいことを忘れてしまうので、データとして使えません。

私は買い物したら、家にそれが入ったタイミングで記録しています。

3.淡々と記録する

記録するとき、「ああ、私、またこんな無駄使いしちゃって、最低じゃん」と自分を責めたり、ジャッジしたりしません。

書くたびに、自分を責めていたら、だんだん書きたくなくなってくるし、セルフイメージも下がってしまいます。

暗くなるために書くのではなく、生活を改善するために書くことを忘れずに。

4.間があいても続ける

突発的なできごとがあったり、病気になったり、旅行に行ったり、なんとなくさぼったりして間があいたら、気づいたその日から復活します。

買い物したらすぐに書くのが理想ですが、最初はなかなか習慣にならないでしょう。

さぼってしまっても、そこでやめるのではなく、また始めればOKです。

私、毎日モーニングページを書いていますが⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ、毎日書くようになる前の年に、1度はじめて、挫折しています。

1回や2回(3回、4回、5回…∞)の挫折であきらめないこと。

買い物習慣を変えることに役立つ過去記事7選

ついつい物を増やしてしまう7つの買い物習慣。私の反省より。

買い物しすぎて貯金ができない生活から抜け出す方法。

物を買いすぎない暮しをする7つの秘訣。小さなことから始めればOK。

がまんせずに、無駄遣いをやめるには?:本当は何が欲しくて買っているのか調べるだけ。

自分のお金の問題についてもっと正直になろう(TED)

買う、買わないでよく迷うなら、自分でルールを決めておく。

買わない生活を継続するために私が心がけていること。

*****

きょうは買い物日記をつけることをおすすめしました。

買い物習慣に限らず、何かを改善したいときは、現状を調べることから始めるのが効果的です。

その方法として一番おすすめなのは、やはり記録する(モニターする、ログをとる)ことです。

めんどくさいと思うかもしれませんが、自己観察の1つなので、やってみると、いろいろおもいしろいことがわかるんじゃないでしょうか?

自分とは一生つきあうことになりますからね。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ベンチで読書

    ミニマム思考

    使わない物をためこむのをやめ、好きなことを楽しむ方法

    使わない物をためこみ過ぎて苦しむ生活から、自分の好きなことを楽しむ生活…

  2. テレビドラマ

    買わない

    お金を貯めてガラクタを減らす。広告にのせられてうっかり買物をしない5つの方法。

    衝動買いや無駄遣いをやめたい、と思うとき、注意しなければならないのは広…

  3. 笑顔

    ミニマム思考

    不用品でいっぱいの部屋から抜け出し、幸せになる方法

    家にいらない物がいっぱいで困っていませんか?物を買わないですむ考え方を…

  4. ショッピング

    お金を貯める

    新年から取り入れたい。買わない生活に切り替える4つの思考

    新しい年になりました。多くの人は、大掃除をして、スッキリした部屋で、す…

  5. 買い物好き

    買わない

    服の買い物依存を克服するために心を整える5つの方法。

    買い物依存を克服するために、心を整える方法をお伝えします。この記事は、…

  6. インターネットショッピング

    買わない

    ショッピングが止まらないあなたに伝えたい。物欲を否定せずに向き合う方法、金子由紀子流。

    物欲を抑えるのではなく、それと向き合うやり方をお伝えします。金子由紀子…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

888人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. かわいいマグ
  2. 海岸
  3. オンラインショッピング
  4. 木製の食器いろいろ
  5. お金の計算中
  6. 積み重なったタオル
  7. 貯金箱
  8. ティッシュペーパー
  9. 買い物
  10. ゼロ・ウェイストな暮らし

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 母と娘
  2. 砂糖断ち
  3. ブティック
  4. 服を買う女性
  5. 小さな女の子
  6. デスクでお菓子を食べるOL
  7. 紙袋を断捨離
  8. ブタの貯金箱
  9. ぬいぐるみ
  10. 計算機

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP