シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

部屋の片付けができない人にすすめたい9つの小さなアイデア。


物がいっぱいあって落ち着かないけど、なかなか片付けることもできない。

そんな人のために、やってみると、家がきれいになっていくごく簡単なアクションプランを9個紹介します。

どれでもいいので、自分にもできそうなことを、きょう1つだけやってみてください。

小さな行動が大きな違いを生みだします。

1.ハンガーの数を減らす

服が多い人は、たぶんハンガーが多すぎるのです。

先にハンガーの数を減らしてください。

いま、収納力をあげるハンガーがあります。こういう特殊なハンガーから断捨離するといいと思います。

クローゼットのバーにひっかけて、バーを2倍にする(つまり2本になる)収納グッズもあります。

映画の衣装さんや、スタイリストの仕事場ならたくさんの服が必要かもしれません。しかし、一般人が、そこまで服をつるす必要があるのでしょうか?

ついでに、フックも見直してください。S字フックとかドアフックとかこちらもいろいろあります。

このような物を使って、すきまというすきまを収納に使うと、きれいに保つのが大変なのです。

私も以前、フックでぶらさげれば、部屋がすっきりする、と思っていた時期があります。

わたしが特に好きだったのはマグネットフックでした。重い物をぶらさげると、フックがずり下がって、これはこれでストレスでしたね。

2.飾りを間引きする

インテリアの見栄えをよくするために、物を飾る人は、飾りすぎていないか、見直してください。

ふだんはすっかり見慣れているので、写真にとってみるとよいです。

たとえば、私の母は、座敷(床の間のある部屋)にある食器棚の上にこんなふうに置物を並べています(2014年当時)、

食器棚

猫が多すぎます。

置物はたくさん飾ればいいってものではありません。本当に気に入っているものを1つか2つだけ並べると、素敵なインテリアのアクセントになるのです。

物を飾ることが好きな人は、今すぐ、以下の場所をチェックしてください。

●玄関
●洗面所
●リビングルーム
●その他のディスプレイエリア

たくさん飾りすぎていると思ったら、間引きを検討してください。

こちらも読んでください⇒センスのいい人なら知っているインテリア小物(飾り物)をガラクタにしない10のルール

3.捨てる先を見つける

「捨てたあと、どこに持っていったらいいのかわからないから」といって、いつまでも捨てない人がいます。

そういう人は、先に捨てる場所を見つけてください。

ごみ収集日とか、粗大ごみの持って行き先、寄付する場所などです。

インターネットがあるので、昔に比べると探しやすくなりました。

ゴミの分別がよくわからない人も、自治体のホームページを見れば、すぐにわかります。

調べたことはノートに書いておいてください。

次に捨てたいと思ったとき、すぐに捨てられます。

4.思い出の品を写真にとってみる

なんとなく取ってある思い出の品を引っ張り出して見てみます。

写真を残し、現物は捨てられないか、検討してください。

私は母からもらった絵手紙を整理したとき、3つに分けました。

1)残す(厳選)
2)写真にとって捨てる
3)そのまま捨てる

似たような絵手紙がたくさんあったので、全部取っておく必要はないと思ったのです。

今、携帯電話やスマホで簡単に写真を撮影できます。デジタル化すればいいわけです。

コレクションも、べつに現物をすべて持っている必要はないと思います。

とりあえず、写真にとってください。

あまりに数が多くて、写真をとるのも大変な場合、たぶん捨てる気になります。

思い出の品を日常生活に活用させる方法⇒実例あり:今の生活の中で、もっと思い出の品を楽しむ5つのヒント

5.ホットスポットを2分片付けるのを1週間続ける

ホットスポットとは、とくにガラクタがたまりやすい問題エリアです。

ここを毎日2分だけでいいので片付けて、これを1週間続けてください。

とにかくぐしゃぐしゃゾーンがきれいになった様子を毎日、網膜に焼き付けるのです。

ホットスポットの説明はこちら⇒これならもうリバウンドしない、断捨離習慣を身につける7つの秘訣 「5.ホットスポットをつぶす」をお読みください。

ホットスポットの例⇒片付け上手はチェックしている、ガラクタが引き寄せられる5つのホットスポット。

もともとはフライレディの片付けプランに出てくる言葉です⇒汚家脱出計画。31日でものにする小さな片付け習慣(2) 「6日目:ホットスポット(汚くなりがちなところ)を片付ける」のところです。

フライレディは朝と晩の1日、2回、ホットスポットを片付けるように言っていますが、べつに1日1回でいいし、時間もいつでもいいです。

ただ、毎日同じ時間にやったほうが習慣になりやすいです。


6.買い置きをやめてみる

ふだんストックするのが当たり前になっている物から1つ選んで、買い置きをするのをやめてください。

家にたくさんあるのに、また買うから、物が増えるのです。この悪循環を断ち切ります。

人によって、買い置きする物はさまざまです。

お菓子、お茶、紅茶、レトルト食品、調味料、ビールといった食料品もあれば、バッテリー、紙おむつ、ヘアカラー、シャンプー、トイレットペーパーといった日用品もあります。パンストやソックスなど衣料品を買い置きする人もいるでしょう。

私の夫は歯磨き粉や洗剤、ゴミ袋の買い置きが好きです。

彼の心理は、「どうせ使うんだから安いときに買っておこう」なのだと思います。そのため我が家の狭いユーティリティルームはこんなふうになっています。

ユーティリティエリア

キッチンやバスルームの流しの下も、用途不明の住宅用洗剤のストックがあります。もう何年も前からあるものも。

買い置きが好きな人は、安売りが好きな可能性もあります。

客観的な目で見て、ストックしすぎている、と思うものがあったら、それが買い置きをやめるターゲットアイテムです。

ストックを持ちすぎるのはお得ではない、と私は考えています⇒多すぎるストックをただちに断捨離すべき理由。過剰在庫は資産ではない

調味料の買い置きが多い人は、この記事を読んでみてください⇒物を減らすコツはこんな発想の転換にあった~山本ふみこさんに学ぶ

7.心の整理をする

心配ごとやわだかまりで、脳内や心の中がぐちゃぐちゃだと部屋も汚くなります。

気になっていることをすべてノートに書きだしてください。箇条書きでOKです。

かなりすっきりできます。書き出したことの中に、今すぐどうにかできそうなことがあったら、1つだけでいいのでやって、処理してください。

もっときっちり脳内の整理をしたい人には、ブレインダンプがおすすめです⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

モーニングページも効果的です⇒モーニングページの書き方、やり方を教えてほしいという質問の回答。

モーニングページはどのぐらいの時間をかけて書いていますか、という質問をもらいました。私はだいたい30分~45分で書いています。

提唱者のジュリア・キャメロンは20分と言っていたと思います。

「30分がもったいなくて書けない」という人は、別に5分でもいいのです。朝、5分だけ、心にひっかかっていることを、だだっと書いてみてください。この習慣は、心の断捨離にとても効果的です。

8.原因探し

以下の3つについて、どこまでも掘り下げて考えてください。

1)なぜ自分の家には、物が多いのか?

2)なぜ自分の家には、使っていない物がこんなにあるのか?

3)なぜ私は使っていない物をいつまでも捨てないのか?

上の質問が漠然としすぎていて、答えにくいときは、特定の物について考えてもいいです。

たとえば、

1)なぜ自分の家には、服が多いのか?

2)なぜ自分の家には、誰も着ない服がこんなにあるのか?

3)なぜ私は、着ない服をいつまでも捨てないのか?

「うち、物が多いのよね~。ははは」で止まっているから、いつまでたっても物が減らないのです。

物が多い、ではどうしたらいいのか、と対策を立てるときに、物が多い理由がわかっていれば、より効果的な解決法を見い出すことができます。

自分の思いついた理由が、正しかろうが、間違っていようがかまいません。

一步掘り下げて理由探しをするところに意義があります。

9.ガラクタを溜め込んで失ったものと得たものについて考える

家の中にたくさんあるガラクタを放置することによって、何を失っているのか、逆に得ているのか考えてください。

失ったものはたくさんあります。ざっと考えても、

– それを買うのに要した時間(買う前のリサーチ時間も含みます)とお金と労力

– メンテナンスに使っている時間(片付けや掃除、断捨離や探しものに使っている時間)とお金(家賃、家具や収納雑貨代)と労力

見た目のごちゃごちゃが及ぼすストレスのせいで、心身の健康も奪われているでしょう。

楽天市場の購入履歴を見て、買ったはいいが無駄にした物の代金を足し算してもいいです。

失っているものとは、つまりコストです。

それだけのコストを投入して、自分が手にいれたものも考えてください。

買うとき楽しかった、1週間ぐらいは使った、友だちよりいち早く買えて自慢できた、「おしゃれな物がいっぱいで素敵なお住いね~」と言われて誇らしかった、などなど、いろいろあると思います。

今後の人生で、どちらを手にしたいか考えてみると、きっと片付ける気になるでしょう。

少なくとも買い物の仕方は変わるんじゃないでしょうか。

******

今回はやる気の出ない人にむけて、部屋が片付いていく、ちょっとした行動を9つ紹介しました。 なかでも心の中を整理したり、マインドセットを整えることは、とても重要です。

ガンジーやマザー・テレサが言っているように、信念が思考を変え、思考が言葉を変え、言葉が行動を変え、行動が習慣を変えます。

習慣が変われば、人生が変わります。もちろん、部屋だってきれいになります。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索