シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

バーゲンセール依存症のせいでガラクタをため続ける人の処方箋


家の中にストック品がありすぎるなら、安物買いに依存しているのかもしれません。この記事では、バーゲンセールを異常に愛好している人の特徴、その心理、克服法を書きます。

もし心当たりがあるなら、先に買い物グセを矯正してください。さもないと、いくら物を断捨離しても、部屋は永遠に片付きません。

こんな人は、安物買いに依存している

以下の兆候がある人は、値引き品が大好きすぎて、かえって問題を引き起こしている可能性があります。

家の中に各種ストック品が大量にある

トイレットペーパー、ティッシュ、キッチンタオル、各種洗剤、シャンプー、コンディショナー、歯磨き粉、歯ブラシ、調味料、乾き物のおやつ、ストッキング、靴下、下着など消耗品がたくさんあり、そのようなストックがひじょうに場所をとっている状態です。

収入より支出が多い

足りない分は、親兄弟に借りたり、クレジットカードでキャッシングして回しています。

セールや値引きに逆らえない

割引セールがあると聞くと、買いたい衝動が抑えられず、まめに足を運びます。

買ったもののことをよく忘れる

クローゼット、押入れ、物置に、見覚えのない物がたくさん入っています。

セール情報のリサーチに生活の大半の時間をさいている

どこでセールがあるか、今日のお買い得品は何か、新聞のチラシやフリーマガジン、メールマガジン、ホームページなどを毎日チェックしています。セール品のリサーチに時間がかかりすぎて、子供の世話などほかのことが手薄になることもしばしばです。

いやなことがあるとセール品を買う

気分が落ち込んだときは、セールで物を買って、気分をあげようとします。

値引き品を買ったときはうれしいが

買い物したその瞬間は、「買ったよ、勝ったよ」とうれしくてしかたがないけれど、あとになって「またやってしまった」と後悔します。

値引率が大事である

その商品のデザインや機能は二の次で、いかに値引きされているかが、買い物をするポイントです。もちろん、値引きされていれば、されているほど、うれしいです。

あまりにも馬鹿げた買い物をする

たとえば、自分には子供がいないのに、赤ちゃんの服や子供の服がセールになっていると、買ってしまいます。友達の子供にあげよう、などと言いながら。



私自身も昔は、セール大好き人間だったのでよくわかるのですが、程度の差こそあれ、実はこういう人はたくさんいます。

そうでなければ、家の中に、一生かかっても使い切れそうにないボールペンや、3年分ぐらいのストッキング、1人暮らしなのに、5人分のインスタントラーメンや飲み物がたまることはないでしょう。

多くの人は、「この手の安物買いが問題である」ということに気づいてすらいません。たまたま何かの拍子で断捨離をしてみて、初めて、自分が異様に買い物をしていることに気づくのです。

クレジットカードの借金が300万や400万になってから事態の深刻さを認識することもあります。

あるいは、何か大きなできごと、失業、結婚、子供が生まれた、離婚、定年退職した、といったことが起きてから、初めて、自分が値引き品を買いすぎていることに気がつきます。

なぜ安物買いに依存してしまうのか?

セール商品を買ったり、割引クーポンを使って買い物したり、お買い得商品を買う人は、最初は、少しでもお得に買って節約したい、という気持ちがあったのかもしれません。

しかし、安物買いをしすぎて、全くお得になっていないのなら、もはや、倹約や節約したい気持ちは動機ではありません。

多くの買い物依存症の人と同じように、何か不安をかかえていたり、自分に自信がないから、どんどんショッピングをしてしまいます。不安な気持ちを解消するために、セールで買い物をしているのです。

買い物に依存している人は、多かれ少なかれネガティブな気持ちをかかえています。この世の中の多くのことは、自分ではコントロールできません。ですが買い物は唯一、自分の力を100%発揮できる行為です。

買い物をすると、一時的に、満足感が得られ、自分の力を感じることができます。

さらに、クレジットカードの登場で、お金がなくても、いとも簡単に物が買えるようになったことや、この社会が物質的な物にフォーカスしすぎているという社会的な要因もあります。

ディスカウント商品を買いすぎるのをやめる方法

多くの依存症と同じで、バーゲンセール依存症もやめることができます。

ステップとしては
1.自分が問題をかかえていることを認識する。
2.自分の行動を変え、その問題を克服する決意をする。

これだけです。誰かに言われて、治るものではないのです。

なぜそんなことをしてしまうのか?きっかけは何か?どんな気持ちのとき安物買いに走るのか、その結果何が起きているのか、自分はその時、どう思うのか?

一連の行動と、それに付随する感情を、客観的に自分で分析する必要があります。依存症がひどいなら、セラピストや医者など専門家の力を借りてください。

ですが、そこまでひどくないなら、行動パターンを変えるだけで大丈夫です。

こちらも参考にしてください⇒どうしても買い物が止まらない。買い物依存症を自分で治す方法

こんな方法で、バーゲンセール依存症を治す

そこまで症状が重くない場合、こんなことをするといいのではないでしょうか?

ディスカント商品を買っても、全く得になっていないことに気づく

確かに定価より8割引きで買えば、大変お得です。しかし、それを買わなければ、全額残り、ずっとお得なのです。これこそ最強のお得度です。

さらに、必要でもない商品を、いくら大幅値引きで買ったとしても、全く節約にはなっていません。

断捨離をしてみる

たくさんのストック品を見ると、いかに自分が無駄な買い物をしていたのか、よくわかります。

一箇所だけストック品を置く場所を決める

トイレットペーパーやティッシュなど、ストック品を置くスペースを決めて、そこに入る分だけを買います。

置き場所から何かがあふれたら、スペースがあくまで、ストック品を買うのをやめます。

販売する側の意図を見抜く

よくよく考えてみれば、セールは毎日いろいろなところで行われています。

決算大セール、福袋、赤字覚悟の在庫処分、大特価セール、安さ爆発大バーゲンセール、半期決算処分完全売り尽くし、スーパーアウトレットセール、みんな似たり寄ったりです。

このような言葉に、いちいちだまされないようしてください。

売り場で、「今だけ」とか「タイムセール」と言われても無視してください。今だけじゃないのです。こういうセールは、販売者側が、全体的に損をしないように、計画的にやっています。

まあ、中には商売が下手すぎて、店じまいしてしまうところもありますが。

販売者の手中にまんまと落ちないために、こちらも参考にしてください⇒断捨離の天敵、無料サンプルや値引き品の誘惑に打ち勝つ5つの方法

買い物以外の趣味を見つける

お買い得商品をたくさん買ってしまう人は、例外なく買い物に時間をかけすぎています。確固たる目的もないのに、店の中をうろうろしているから、セールの誘惑に負けてしまうのです。

やたらと買い物に行かないように、新しい趣味を見つけてください。

あまりお金のかからない趣味はこちらで紹介⇒ほぼ無料で楽しめる趣味5選。お金の代わりに時間を使う この5つとも全部楽しいし、なかなか奥が深いのですべておすすめです。
~~~~~~~
古くからある英語の言い回しに、You can go broke saving money という表現があります。

どちらかというと倹約をするおばあさんが言いそうなイメージのある言葉です。

意味は、「節約しながら、文無しになりうる」です。「安い!」と思って飛びついて買ったら、お金がなくなった、ということです。

いくら安くても、手持ちのお金で足りない何かを買ったら、破産します。しかも、最近はガラクタが増える、といううれしくないおまけつきです。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索