割れた鏡

断捨離テクニック

壊れた時にすぐに捨てないからガラクタになる。壊れている物を徹底的に捨てるすすめ。

使わないまま放置されている物の中には、意外と壊れている物があります。

正真正銘、壊れているのです。しかし、多くの人は捨てません。いつか修理しようとか、何かに使えるかもしれないと思っています。

すべて不確定な未来です。一度、壊れている物をターゲットにして断捨離をしてみてはどうでしょうか? かなりすっきりするはずです。



なぜ壊れているのに捨てないのか?

壊れ物をすぐに捨てない理由は2つです。人の捨てるのを嫌う心理と、物があふれる生活環境のせいです。

とにかく人は物を捨てるのが嫌い

何かが壊れたても、多くの人はとりあえず捨てません。いったん手にしたものを失うのがすごくいやだからです。

心理学では、これを授かり効果と呼んでいます⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

授かり効果はたいそう強力で、実際はまだ自分の物になっていなくても、「失いたくない」と思います。

セールの会場で「あ、これ買おう、これは私の物」と目星をつけた物が、他の人の手に渡ったり、売り切れたりして、痛みを感じた経験、ありませんか?

当てにしていた物や状態を失うことにすら、心底がっかりし、痛手を感じる私たち。長く使っていた物を、「あ、壊れた、もう捨てよう」とポイッと捨てることはとてもむずかしいのです。

かくして多くの人は、何かが壊れたとき、いつもの収納場所に戻したり、カウンターの上に置きっぱなしにしたり、何でも入れている引き出しに放り込んだり、押入れの奥のほうに押し込みます。

代替品の調達が簡単すぎる

毎日便利に使っていて、それ1つしかない物が壊れたら、なんとか修理しようとするでしょう。車が壊れたら、すぐにディーラーに持ち込みます。

しかし、小さな家電や雑貨は、壊れたまま放置されます。

同じような物をもう1つ(かもっとたくさん)持っていることが多いし、持っていなくても、100均やアウトレットショップ、ネット通販でいとも簡単に新しいのを買うことができるからです。

すぐに代替品を調達できるのです。

いったん代替品を手にした人は、もう壊れたものには見向きもしません。

かくして、家の中には、壊れたまま打ち捨てられたものがたくさん収納されています。

物理的な物は物である以上、使い切ったり、壊れてしまう運命にあります。なかにはずいぶん長命な物もありますが、たいていの物は、買って使い始めたその日から劣化します。

物をたくさん持っていればいるほど、壊れた物も増えます。すると、ガラクタも増えてしまいます。

ときどき自分の身の回りをチェックして、壊れた物は探し、ケリをつけることが必要です。

壊れている物も持っていると何がまずいのか?

風水の世界では、壊れた物は、家の中の気の流れを悪くする、ネガティブなエネルギーを発する、と言われています。

スペース・クリアリングでおなじみのカレン・キングストンは、4大ガラクタの中の1つの「未完了のもの」の例として、壊れている物をあげています⇒あなたが捨てるべき4つのガラクタとは?~カレン・キングストンに学ぶ

確かに、壊れた物は、中途半端な存在です。

壊れたまましまいこまれた物は、物としては活躍していません。しかし、もし持ち主が修理をすれば、また復活できます。

修理せずとも、別の利用法を与えられれば、再度活躍できます。まだまだ、物としての寿命を全うする可能性はあるのです。

しかし、壊れ物にひそむポテンシャルを引き出し、実際に使うという現実をもたらすのは、あくまでもその持ち主。

物たちは、持ち主がアクションを起こすのを、毎日静かに待つだけです。時間がたてばたつほど、質的に劣化していきます。ほこりもたまっていくでしょう。とてもかわいそうな存在です。

持ち主のほうも、押し入れに押し込んだあと、すっかり忘れてハッピーとはいきません。別の何かを取り出すときに、壊れた物を押し込んだあたりに目がいけば、「ああ、あそこにまだ修理していないあれがあるんだ」と思い出されます。

物が多すぎるだけでもストレスなのに、中途半端な気持ちをかかえて生きているから、ますますストレスがたまり気分が重くなっていきます。



こんな物、家にありませんか?

日常的に、壊れた物を、とりあえずどこかに押し込む生活をしている人は、自分が壊れた物を持っていることになかなか気づかないものです。

たとえば、以下のような物が家にないでしょうか? 壊れたときに使用を停止し、そのままになっている物たちです。

●ボタンが取れているシャツ

●フタがどこかへ行ってしまった食品保存容器(ジップロックとか)

●ジッパーがこわれたバッグ

●金具がこわれたネックレスやブレスレット

●金具がこわれたメガネやサングラス

●こわれたカメラ

●インクの出が悪いボールペンやサインペン

●欠けている花瓶

●欠けている食器

もしあったら、きょうこそ決着をつけるべきです。

再生させるか、捨てるか。

そのままにしていてはいけません。

私も壊れた物をなかなか捨てないタイプでした。

ネックレスの金具が壊れたり、糸が切れてビーズが散乱したときは、そのままジップロック袋に入れて、物入れに放置。結局何年かたって捨てました。

壊れた物を捨てるコツ

壊れたその時に、その物を即座に捨てれば、ガラクタにはなりません。

ですが、「どうしても直して使いたい」という気持ちもあるでしょう。

新しい物を補充せず、ちゃんと直すことができたらそれがベストです。修理して使う可能性を捨てきれないときは、以下のようにしてはどうでしょうか?

修理する期限を自分で設定する

たとえば、今後、半年間に修理できなかったら、もう捨てる、というように、自分で修理するタイムリミットをもうけます。

タイムリミットがあるほうが、人は先延ばしをしません⇒先延ばしをする人としない人は何が違うのか?(TED)

半年はかなり長い時間なので、この期間にできなかったら、その先もまずしないでしょう。

あいまいな未来計画のままで終わらせない

壊れた物を前にして、「いつか、時間ができたら修理しよう」とか「そのうち何かに使えるかも?」とぼんやり思うのではなく、具体的なプランをたててみます。

それを修理するために、どんな行動が必要なのか、シュミレーションしたりリストアップするのです。

私は、娘がプレイスクール(幼稚園の前に行くところ)で作った、雪だるまの人形の片目が取れたのを長らく放置していました。ポテトチップスの筒の上から綿(わた)を貼ってこしらえた雪だるまです。

かわいいので、ずっと持っていて、クリスマスに飾っていました。

ある時、この雪だるまの片目が落ちました。目は黒いボタンです。

この場合、修理に必要なのは、ボタンに瞬間接着剤をつけて、雪だるまの顔部分の綿にガシッと貼る、という行動です。

たったこれだけですが、何年もできませんでした。瞬間接着剤がなかったからです。しかし、考えてみれば、夫に聞けば、持っていたかもしれません。

修理に必要なのは

●夫に聞く
●夫が持っていなかったら接着剤を買ってくる
●ボタンに接着剤をぬって、綿に押し付ける

以上の3つのアクションです。

こんなふうに、修理が終わった状態になるまでに必要な行動や物、時間について考えてみてください。

物によっては、もっとたくさんのアクションが必要でしょう。

どこかに何回も電話をしたり、特別な道具や素材を調達したり、特定の店に持ち込んだり。たくさんの行動を取らないと、直せない物もあるかもしれません。

修理するためにやるべきことを、すべて頭に思い浮かべたり、紙に書いてみてください。

そして、考えるのです。「私は、これららのことを本当にやるのだろうか?」「これらのことが起こる可能性が本当にあるのか?」と。

ただ単に、「いつか直す~」とか、「そのうち何かに使えるかも~」となんとなく思っているより、ずっと現実的な未来予想ができます。

「いや、やりそうにない」と思ったら、それはもう捨てるのです。

****

今回は、壊れた物をきっぱり捨てるすすめを書きました。

もちろん、修理して使ってもいいのです。私は何でもかんでも捨てろとはいっていません。しかし、修理するなら、さっさとするべきです。

最後に詩人、ゲーテの言葉を紹介します。

生きている間は、なにごとも延期するな。
なんじの一生は、実行また実行であれ。

私も日々、こうありたいと思っています。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…
  2. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。

関連記事

  1. 着るものがない

    断捨離テクニック

    夏のうちに断捨離したいもの、それは洋服~衣類を一気捨てする7つの方法

    ふつうの方法ではなかなか洋服を減らせない人のために、短期間に一気に洋服…

  2. コスメ

    断捨離テクニック

    年末がチャンス。今年中に捨てたい7つの物:プチ断捨離29

    隙間時間にサクッとできる小さな捨てプロジェクトを紹介するプチ断捨離のお…

  3. 汚い部屋の住人

    断捨離テクニック

    何年も汚部屋に悩んでいる私にアドバイスください、というメールに回答します。

    私の本を買ってくださった方からメールをいただきました。本がきっかけで、…

  4. お片づけする女性

    断捨離テクニック

    私の経験した断捨離の副作用とそれを乗り越えた方法

    10年以上、物を捨てる暮しをしてきた筆子が体験した、断捨離の副作用や停…

  5. 若い女性

    健康・アンチエイジング

    重いバッグは肩こりとストレスのもと~バッグの中身の断捨離は欠かせない

    あなたは毎日重いバッグを持って通勤していませんか?気が付くとなんでもか…

  6. 服が多すぎる

    ファッションをミニマルに

    捨てる服を選ぶ方法。2段階ルールでミニマリストのワードローブも夢じゃない

    服が多すぎるのはわかっているのに、なかなか捨てられないときに使える、残…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

406人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. 100日間、怖いと思うことにチャレンジしてわかったこと(TE…
  2. いらない物や自分の意見を押し付ける人とうまくつきあう5つの方…
  3. シンプルライフを目指しているのに、いつまでも服を買い続けてい…
  4. (連絡)汚部屋の片付け方について質問をされたKさん、メールが…
  5. 断捨離がほぼ終わったあとやりたい5つのこと。
  6. プレゼントの応募についてメールをいただいたHさんへの返事です…
  7. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  8. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  9. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  10. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…

今日のおすすめ記事

  1. 乳製品
  2. ダニ相
  3. 小さな女の子
  4. 青空
  5. いらない贈り物
  6. お菓子の型
  7. お金がない人。
  8. 空
  9. 抜歯
  10. 断捨離した文具。

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. 海を見る女。
  2. キッチン
  3. おばあさん
  4. 騒音
  5. 断捨離してます
  6. 何もない部屋
  7. ゴミの分別
  8. 小銭入れ
  9. 1週間で8割捨てる技術
  10. ファッションショー
  1. 散らかった部屋

    断捨離テクニック

    物の捨てどきをシビアに決めて、不用品の少ない家を作る
  2. 汚部屋

    断捨離テクニック

    せっかく片付けたのになぜリバウンドする?断捨離後にきれいな部屋を保つ3つの秘訣
  3. 山登り

    TEDの動画

    物にお金を使わず体験に使おう:ショーン・ボナー(TED)
  4. 世話の焼きすぎ

    ミニマルな日常

    人をコントロールしようとする心を捨てる7つの方法。おせっかいはストレスの元。
  5. トイレを掃除する人。

    ミニマルな日常

    お客さんが来る前に簡単掃除しておきたい5つの場所ときれいにするポイント。
PAGE TOP