床に座ってパソコンする女性

ミニマム思考

物を減らすことにすごく執着する自分がいやです。

ミニマリストになったあと、物を減らすことに異常にこだわっています。

これを変える方法を教えてください。

この質問に回答します。まず、メールをシェアしますね。Fさんからいただきました。



部屋に物があるのがすごく気になります

こんにちは。

筆子さんのブログを見させてもらっている女子大学生の者です。

以前1度質問させていただいたことがあります、その際はありがとうございました。

筆子さんの返信を見て大変心が軽くなったのを覚えています。2度目にはなりますが助言いただけますと嬉しいです。

前置きが長くなりましたが本題に入ります。

私は「物への執着」を捨てたいです。

ここでの「物への執着」とは物に情が残っていて手放せない時の執着ではなく、「部屋に物があることを過剰に気にしてしまう」という意味での執着です。

いわゆるミニマリストになり、部屋の要らない物を手放し、自分が快適だと思える住環境を作りました。

ただ快適なはずな今の部屋の状況を見てもなお「まだ物を減らせるんじゃないか」「無駄な物はないか?」と物を減らすことに対して執着をしてしまいます。

物に良い意味で頓着のない人がうらやましいです。

ですのでこの「物を減らすことに対する執着」を軽くする/なくすことに関して筆子さんのアイデアを知りたいです。

長文失礼しました。これからもブログを楽しみにしております。





Fさん、こんにちは。メールありがとうございます。

以前、ミニマリストになったら、買い物を楽しめなくなった、と相談された方ですね⇒ミニマリストになったら買い物が楽しめなくて複雑な心境です。

Fさん、ミニマルライフや、ミニマリストに関して、誤解はしてませんよね?

ミニマリストは、どこまでも限りなく物を捨てる人ではなく、自分らしく楽しく生きるために、不用な物を手放して、自分が大事にしたいものやことに、意識を向けて暮らす人です。

ポイントは、状況にふりまわされすぎず、意図的に、自主的に人間らしく暮らすことにあります。

レス・イズ・モア(Less is more)の真の意味とは?何もない部屋に住むことがミニマリストの目的ではない

「なんとなく、毎日が楽しくないが、物を減らせば、いい人生になるらしい。よし、徹底的に物を減らそう」。もし、そんな気持ちで、物を捨てているのなら、考え方を変えてくださいね。

今回は、4つアドバイスします。

1.なぜ捨てたいのか理由をつきとめる

不用品は捨てて、快適になったはずなのに、なぜ、もっと捨てたいと思うのか、その理由を自分で調べてください。

自分がふだん何を考えて、どんな行動をしているか、そういうことを考えるわけです(これをメタ認知といいます)。

自分が考えていることについて、考えるために、おすすめなのは、しつこいですが、自分の考えていることを紙に書き出すことです。

モーニングページなど書いてはどうでしょうか? ⇒ ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

日記でもいいですよ。

自分の心の中におりていけば、どんな問題も、解決する糸口が見つかると私は考えています。

捨てることにこだわる理由として、よくあるのが、完璧主義です。

完璧主義の人は、徹底的にやらないと気がすみません。

物を捨てているうちに、もっときっちり、完璧に捨てたいと思い、暮らしをよくするために始めたはずの片付けが、自分のためにならない、強迫的な片付けに変わります。

いつのまにか、物を減らすことが最重要項目(究極のゴール)となるのです。

モーニングページを書きながら、ゴール設定を間違えていないか、調べてください。

何らかの不安やストレスがあり、その状況から逃れるために、物を捨てることを始め、そのうち、そうしないではいられなくなることもあります。

人は、「自分が主導権を握っている」「自分がコントロールしている」という気持ちになれると安心します。

日常生活がみじめで、買い物に走る人も、買い物をしているときは、自分が状況をコントロールしている気になれるからです。

もし、Fさんに、物とは別のところで、何か不安があるなら、その問題を解決すれば、物にこだわることがなくなります。

2.たっぷりあるマインドの採用

どんなときも、「私は大丈夫。私はこんなにいろいろもっている。こんなに恵まれている」と考えるたっぷりあるマインドを採用してください。

たっぷりあるマインドの反対は、足りないマインドです。

足りないマインドとは?⇒なぜ私ばかりが(怒)、と思う人は『足りないマインド』を『たっぷりあるマインド』に変えればよい。

「足りない」から「たっぷりある」へシフトするには? ⇒貧乏人の「足りないマインド」から金持ちの「たっぷりあるマインド」へ変換する方法。

いろいろな悩み相談をいただきますが、悩んでいる人で、たっぷりあるマインドを持っている人ってまずいません。

みんな何かが足りないと焦ったり、もがいたりしています。

しかし、どんな現象も、足りていると思えば、足りているし、足りていないと思えば足りません。

家族が3人いて、まんじゅうが2個しかなければ、一見、足りていませんが、それぞれを3つに割れば、均等に分けることができます。

ようは、割る気があるかないかです。

3.問題にフォーカスするのをやめる

「物を減らすことにこだわりすぎている問題」について考えるのをいったんやめてはどうでしょうか?

そうではなく、物を減らして、快適になった部屋で楽しむことに意識を向けてください。

楽しむために、自分が持っているオプションというか、可能性にもっと目を向けることをおすすめします。

Fさんは、前回のメールに、「雑貨屋に入っても、どうせ何も買わないのだから店に入っても無駄」と感じる気持ちと、「雑貨屋めぐりを楽しみたい」という気持ちの板挟みにあっている、と書かれていました。

そういうふうに考えるのは自分の選択です。

買わなくても、雑貨を見るだけで、充分楽しめるわけですから。

私なら、「雑貨屋で時間をつぶすことがなくなって、その時間をほかに使えるからうれしい、節約にもなってるな♪」と思います。

私はカフェインと砂糖は摂らないようにしているから、コーヒーを飲まないし、お菓子も食べません。

けれども、コーヒーの香りは好きだし、喫茶店の内装や、カフェ雑貨を見るのも好きだし(買いませんが)、人がお菓子を作っている動画を見るのも好きです。

冬、ジョギング中に、ジンジャークッキー(しょうがを入れたクッキー)の焼ける香りがすると、「ああ、もうすぐクリスマスだなあ」と、あたたかいクリスマススピリットみたいなものを感じたり、頭の中に、ジンジャーマンのクッキーの像がぼんと浮かび、昔あったことを思い出して、ふふふと心の中で笑ったりします。

娘とジンジャーマンクッキーを作ったことや、前の家に引っ越してきて数年後、台所のレイジースーザン(回転テーブルみたいな物入れ)の下から、前の住人が使っていたらしい、大きなジンジャーマンクッキーのクッキー型が出てきて、「得した!」と思った記憶がよみがえるのです。

何かを捨て、何かをあきらめたからといって、殺伐とした砂漠のような世界になるわけではなく、これまでの記憶や、これから体験していくことから、いくらでも人生は豊かになります。

そちらに目を向けてほしいと思います。

そうしないと、今回、この記事を読んで、物を捨てることにこだわる問題を解決できたとしても、また数年たつと、べつの問題を見つけると思います。

4.捨てることにこだわる自分にやさしくする

「私は物を捨てることに執着しているな」と思うと、四六時中、自分は物減らしにこだわっているような気になりますが、実際は、そういうふうにこだわっている自分は、ほかにもいろいろなことを考えている自分のほんの一部です。

朝ごはんを食べているときは、別のことを考えているでしょうし、オンラインで大学の授業を受けているときも、ほかのことを考えているでしょう。

「オンラインだと学校に行かなくて楽だな」とか、「オンラインだとわかりにくいな、高い授業料の割に合わない」と思ったりするんじゃないですか?

物を捨てることにこだわっている自分は、自分のほんの一部です。

そういう自分を受け入れて、「これは困った問題ではあるけれど、そういうときもあるよね。おいおい直していけばいいよね」と、自分で、自分に共感を示してください。

物にこだわる自分を、自分のかわいいペットか何かだと思うといいでしょう。

「全体的にはかわいい猫だが、大事な椅子をひっかくのは問題である」というように。

椅子をひっかくからといって、その猫が100パーセントだめなわけではありません。

やたらと物が気になるからといって、自分のコアの部分に問題があるわけではないのです。

このように考えることができると、1番ですすめたメタ認知もしやすいし、問題にフォーカスしすぎるくせも直ります。

悩みの多くは、自分が作り出しているものです。「自分のこういう行動が問題だ」という後ろ向きな悩みは、自分にたいする愛情不足からくると思います。

人は、自分に対して、ひどいダメ出しをし、それが、かえって自分を傷つける結果になります。

自分を大事にすることや、セルフエスティームをあげることを意識してください。

セルフコンパッション(自分にやさしくする)の実践で人生を変える(TED)

******

物を減らすことに執着してしまうという相談に回答しました。

物にしがみつくことも、強迫的に捨てようとすることも、問題の根っこは同じだと思います。

大事な物は確かにあります。しかし、物は物でしかありません。

大事なのは、自分が物をどうやって使うか、どうやって物と付き合うかです。

自分が主で、物は従。これを忘れなければ、物にこだわりすぎることはなくなります。





洗い物がいっぱいのシンク片付けができない実母に、物を捨てる気持ちになってもらうには?前のページ

増えてしまった在宅時間の過ごし方(子どものいる人編)。次のページ本を読む子どもたち

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. バックパッカー
  2. 刺繍

    ミニマム思考

    片付けられないのは完璧主義に囚われているからです、きっと。

    もっと時間ができたら片付けよう。週末にやろう。いまやらない理由…

  3. クリスマスプレゼントはいらない

    ミニマム思考

    クリスマスプレゼント考:あげないことが最高の贈り物だと言いたい理由。

    この時期、クリスマスのプレゼント選びに忙しい人も多いと思います。「彼氏…

  4. 迷い中

    ミニマム思考

    何かと迷ってしまうあなたに送る、断捨離中にいちいち迷わない3つの方法

    断捨離をしていて、「これ、捨てる?捨てない?どうする、わたし」と迷うこ…

  5. スマホをチェックする人

    ミニマム思考

    SNSに心と時間を奪われすぎていませんか?

    便利で楽しいはずのインターネット。ところが、SNSのせいで、かえって不…

  6. テーブルを拭く

    ミニマム思考

    今すぐやる人になる6つの秘訣。先延ばしグセを手放して今度こそ汚部屋を脱出

    汚部屋を脱出するために一番大切なのは、「今すぐやる人」になることです。…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,154人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. お金を使いすぎた人
  2. 本箱の前にいる女性
  3. プラスチックのボトル
  4. スカートをはいている女性
  5. 古い家
  6. 嫉妬する女性
  7. 服とアイロンを持つ女性
  8. 仕事のストレスを感じている女性
  9. モップがけ
  10. コサージュ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 夫婦喧嘩
  2. 風邪
  3. 退屈を感じる人
  4. タイプライター
  5. カモメ
  6. 青空
  7. 世話の焼きすぎ
  8. おしゃれな人
  9. 夫婦喧嘩
  10. 貯金箱

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP