スケッチブック

お知らせ

プレゼント企画についてご質問いただいたゆうきさんへの返事です。

10月4日の記事でお知らせしたプレゼント企画に関して、ゆうきさんからご質問をいただきました。

質問の内容は、「自分は携帯電話を利用しており、特定のメールアドレスしか受信しないつもりだから、筆子のメールアドレスのドメインを教えてほしい」というものです。

この記事で回答します。まずメールをシェアしますね。



プレゼントに応募したいけど…

件名:メールのドメインについて

こんにちは、筆子様。

いつもブログを楽しく拝読させて頂いております。

プレゼント企画の記事を読み、お伺いしたいことがあってメールしました。

私はガラケーを使用しているのですが、メールのセキュリティの設定を強にしており、基本的にはPCメールや広告のついたメールは拒否する設定にしております。

そして必要なメールがある場合、特定のドメインを許可する形で設定しています。登録しているSNSサイトや、通販などで利用するサイトからのお知らせを受信するために。

もし差支えなければ、指定して受信するために、筆子様からメールが届く場合のドメイン・・・@マーク以降を教えていただくことは可能でしょうか?

ちなみに、セキュリティの設定を弱めるのは不安なので、教えて頂くことが無理な場合は、プレゼント応募なしでの参加を考えています。

自分の好きな記事を読んで貰いやすくなったり、自分がまた読みたい時に探しやすくなるからです。

他の方々が読んで役に立った記事にも興味がありますし、自分の好きな記事を挙げる方がいるのかも楽しみなので、素敵な企画だと思います。楽しみにしています。

初めてのメールで、とても我儘なお願いで申し訳ありません。これからもブログを楽しみにしています。

乱筆乱文、失礼しました。

ゆうきさん、メールありがとうございます。

ご質問に回答します。

私はGメールを使っているので、ドメインは @gmail.com です。

しかしながら、このプレゼント企画において、私から応募者にメールをすることはいっさいありません。

メールが行くとすれば日本のアマゾンからです。日本のアマゾンでギフト券を購入し、当選した方にお送りします。そのさい、ギフト券を送信するのはアマゾンです。

よって、アマゾンからのメールを受け取れる設定にしておいてください。

今朝、実際に、自分で自分にギフト券を送って確認しましたが、ギフト券は以下のメールアドレスから送信されます。

送信元の名前:Amazonギフト券(Amazon Gift Certificates)
送信元のメールアドレス:gc-orders@gc.email.amazon.co.jp

当選して、私にメールアドレスを連絡してから、24時間ぐらい、アマゾンからのメールを受け取れる設定にしておけばいいかと思います。受けとったあと、またもとの安全な設定にすればいいわけです。





プレゼント応募の流れ:応募者のすること

誤解があるようなので、プレゼント応募の流れをステップ・バイ・ステップで書いておきます。

1.筆子ジャーナルを読み、他の人におすすめしたい記事とその理由を考える。

2.応募フォームにアクセスするす⇒一押しプレゼント応募フォーム

3.自分の名前、推薦する記事、推薦する理由などを入力し、送信する

4.11月4日(予定)の当選発表記事を読む

5.自分の名前があったら、一般のお問い合わせフォームから、自分が当選していたこと、自分が推薦した記事、アマゾンのギフト券を送ってもらいたいメールアドレスを筆子に知らせる

6.ほどなくアマゾンから指定のメールアドレスにギフト券が送付される

7.ギフト券の番号を自分のアマゾンのアカウントに登録する

こういう流れになります。

私のほうからはいっさいメールを送りませんし、応募の確認メールもいきません。

当選発表では、応募した人の名前と、応募していただいた日付をのせます。

自分が押した記事を忘れる人はいないと思いますが、忘れっぽい人は、応募した時の名前と推薦した記事をメモをしておいたほうがいいかもしれません。

日頃お問い合わせをくださる方の中に、毎回のように、ハンドルネームを変える人がいます。そういう人は、応募に使った名前を忘れてしまう可能性があります。

プレゼント企画の主旨はこちらの記事をお読みください⇒プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。

~~~~

応募する人にも、私にもなるべく負担のない形を選んだつもりです。

一押し記事を書いたあと、なぜそれをおすすめするのか必ず書いてください。

「おもしろいから」「ためになったから」などという、記事を読まなくても書ける理由は、理由とは言い難いです。まあ、それでも当たる可能性はありますが。





割れた鏡壊れた時にすぐに捨てないからガラクタになる。壊れている物を徹底的に捨てるすすめ。前のページ

45年ほど実家に置いていた服をようやく捨てた話:ミニマリストへの道(101)次のページ黒い服

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. バラの花束

    お知らせ

    一押し記事プレゼント企画、当選者の発表といただいたリクエストへの返事。

    10月いっぱい応募を受け付けていた一押しプレゼントの当選者を発表します…

  2. 雑誌「サンキュ」と「ハルメク」

    お知らせ

    雑誌「サンキュ!」2017年1月号、2月号「ハルメク」2016年12月号に掲載されました。

    雑誌掲載のお知らせです。ベネッセコーポレーション発行の「サンキュ!」2…

  3. 衣替え

    お知らせ

    マイナビニュースで、衣替えに関するインタビュー記事が掲載されました。

    お知らせです。マイナビニュースにて、衣替えのときに、服を捨てるポイント…

  4. 筆子マガジン

    お知らせ

    サーバー移転のためしばらく更新停止します⇒無事移転できました。

    平成28年11月13日追記:無事サーバー移転できました。思ったより早く…

  5. 落ち葉のしおり

    お知らせ

    しばらく不定期更新になります。

    いつも当ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。1ヶ月…

  6. 筆子監修記事

    お知らせ

    『すごい開運おそうじBOOK』(宝島社)に筆子監修記事が掲載されています。

    書籍(ムック)掲載のお知らせです。宝島社から出ている大型本に6ページ、…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,165人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. スマホを使う女性
  2. 花丸スタンプ
  3. 素朴なマグに入ったコーヒー
  4. 時計を見る女性
  5. 絵本を読む女の子
  6. 紙ゴミ
  7. 本屋にいる人
  8. ミーティング
  9. 古着屋
  10. カレンダーの予定を記入する

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 授業に集中できない女学生
  2. 買い物
  3. 歯磨き
  4. シンプルに生きる
  5. 考えている人
  6. お金の管理
  7. 幸せ
  8. 寝転がってスマホを見る人
  9. お片づけする女性
  10. 嫉妬

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP