ノートに書く

ミニマリストへの道

古い日記帳は捨てるべきか、残すべきか?:ミニマリストへの道(71)

引越し前に過去の日記帳をすべて捨てました。ずっと捨てずに放置していたものです。今回は、私が日記帳を捨てるに至ったお話をします。



捨てることを先延ばししていた

引越し前にせっせと断捨離をしていたら、古い手帳や日記が数冊出てきました。古いといってもカナダに来てから書き始めたものなので、一番古いもので、18年前の物です。

シンプルライフを志してから、数々の物を捨ててはいたものの、この手の記録は手付かずでした。捨てられないまま、本箱にしまっていたのです。

これまではそれでよかったけれど、引っ越しの荷物は少ないに越したことはありません。「古い日記帳をしまいっぱなしにしておく」という長年の先延ばしに決着をつける時が来たのです。

私が書いていた日記とは?

20年前、カナダに来た当時は学生で、そこまできっちり日記をつけていませんでした。スケジュール帳に、備忘録を兼ね、その日あったことを書いたり、書かなかったり。

今でも読めば、「ああ、そういえばあんなことがあったね」と懐かしくはなるでしょう。しかし、ふだんは目もくれない手帳です。

その後、ビジネスダイアリーみたいな大きな日記帳に移行し、日々のできごとや、勉強したことなどをだらだらと書いていました。これは半ば、英語の勉強ノートでした。

私が本格的に日記らしいものを書き始めたのは、妊娠してからです。子供ができてからは、いきなり考えるべきことが増え、人生が複雑になったため、不安や愚痴をよく書いていました。

当時の私は、自分の脳内がゴミのような考えでいっぱいなことに気づいていませんでした。毎日暗いことを頭の中でぐるぐると考え続け、日記帳にも暗い考えを汚い字で綴っていました。

子供ができてから15年ぐらいは、私の人生の暗黒時代で、ろくなことがありませんでした。ですが、考えてみれば、それは私があまりにも暗すぎたからです。

ネガティブ思考が、暗いできごとを引き寄せいていた、とも言えます。

そのような怨念がこもった日記帳を数冊持っていました。怨念のかたまりではありましたが、子供が小さいときの写真を貼ったりもしており、なかなか捨てられませんでした。

開いて読めば、忘れていたことがよみがえるし、「ああ、あの頃は、本当に大変だったなあ、でも、それに比べれば、今はまだマシだよ」と私に勇気をくれる存在でもある、と思っていたからです。

手帳と日記帳を一気に断捨離したらどうなったか?

そのように、日記帳に執着していましたが、結局捨てました。

日記帳を捨てる前は、「ああ、これを捨てちゃうと、苦労していた頃のことをみんな忘れるなあ。子供が小さかった頃のことも忘れるなあ」と恐怖を感じました。

しかし、日記帳には、恨みつらみがいっぱい書いてあるし、いずれにしろ、みんなもう終わったことばかり。日記帳とともにいやな記憶をかなぐり捨てて、自分を新しい世界に放とう、と思ったのです。

いったん「捨てる!」と決めたあとの行動は早かったです。

手帳や日記帳はソフトカバーだったので、そのまま、リサイクル用のゴミ袋にがさっと入れて外に出しました。

そのあとは、すっきり。別に未練もありません。

心がとても軽くなり、自由な気分になりました。

古いものを外に出したせいでしょうか?世間でよく言われるように、新しい「もっと良いできごと」がたくさん起こるようになりました。

我が家は子供が生まれてから何年も極貧でしたが、日記帳を捨てて以来、以前よりお金が入ってくるように。

娘が高校2年になり、自発的にアルバイトを開始。洋服やコスメなど身の回りのものを自分で買ってくれるようになったので、とてもラクになりました。

これは、たまたまかもしれませんが、気持が軽くなったのはまぎれもない真実です。





日記帳を捨てるかどうか迷ったときはこうする

とはいえ、私はすべての人に、古い日記帳は捨てるべきだ、とは言いません。

人はそれぞれ違った理由で日記をつけているからです。

日記帳を捨てようかどうか迷ったときは、なぜ自分は日記をつけているのか、その目的を考えてみるといいのではないでしょうか?

人が日記をつける理由はたくさんありますが、4つのケースをあげます。

1.気持を整理するための日記⇒捨てる

私は、基本的に、気持を整理するために日記を書いていました。

言うなれば、セルフセラピーのようなものです。

こちらで紹介しているストレスノートと一緒です⇒買い物はやめられる。お金を使わないシンプルなストレス解消法

ふだん日記を書いて、自分の思考を整理するのは、とても良いことです。しかし、いったん日記帳の上に感情や情報を出したあとは、もう日記帳の役目は終わっているのではないでしょうか?

現在の私は、ちょっとした備忘録は10年日記に書き、日々のストレスというか、ぐしゃぐしゃの考えは、モーニングページによく書いています。

モーニングページは1冊書き終わったらすぐに捨てています。

モーニングページについて⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

日記の効用はこちら⇒日記を書くことは心の断捨離に効果的。10年日記を使っています

2.単なるできごとの記録⇒ケースバイケース

日記帳に、その日のできごとを書いて、将来それを参照するつもりなら、取っておくべきでしょう。

しかし、もう使わない記録なら捨てたほうがいいです。

日記帳に、読んだ本や見た映画、どこに行ったか、何を食べたか、そういうことを記録する人はたくさんいます。

私に言わせれば、そんな記録を後々まで残してどうするのだろう、と思うわけですが、記録する理由は、記録する人の数だけあるでしょう。

自分が書いた記録を将来見る、という明確な目的があるのなら、日記帳は捨てないでください。

その場合は、記録を参照しやすいように、いつも同じフォーマットにして、きれいな文字で書いておくといいですね。

3.その時自分がどんなふうに生きたかの記録⇒将来読むなら取っておく

10歳のときの自分はこんなことをしていて、20歳のときの自分はこんなふうだった、そんな昔の自分を全部記録しておきたい、という理由で書いているのなら、取っておいてもいいでしょう。

それは成長の証(あかし)のようなもの。年をとったときに古い日記を読んで、ああ、あの時の自分はこんなふうだったのか、と考えるのは、いろいろ感慨深いとは思います。

将来、自叙伝を書きたい人には、よい素材にもなることでしょう。

4.将来子供に読ませる⇒取っておく

育児日記を書いて将来子供に読ませたい、と思っている人はたくさんいます。娘がお嫁に行く時持たせたい、と言っている知人もいます。

また、闘病日記を書いて、自分がこの世界から消えた後、子供に読んでもらいたい、と願っている人もいるでしょう。

自分以外の読者がいる日記は取っておかなければなりません。

捨てた日記帳や手帳。

断捨離した日記帳の一部。

日記帳を持っていることが負担なら捨てる

先に書いたように、日記帳を捨てるかどうかは、まずその使用目的で決まります。

次に、それを持っていることが、気持の上で負担なのか、それとも楽しいことなのか、というのも判断基準になるでしょう。

将来使うために記録をつけていたけど、今となってはいらない、邪魔だし、もう捨てたい、人に読まれたくない、そんな気持があるなら捨ててください。

私はそのままゴミに出しましたが、人に読まれなくないならシュレッダーにかけたほうがいいかもしれません。

日記帳を捨てたくないが、かさばってしょうがない、という人はスキャンして、デジタルなイメージとして取っておくこともできます。

ただ、私は、スキャンしてまで取っておきたい文章など、今のところ何1つありません。

今、毎日、このブログを書いていますが、もし何かの理由で、データが全部飛んでしまったら、また新たに書き直せばいい、と思うほうです。

すべての記憶は自分の中に残っており、必要なら脳が奥のほうから取り出せると考えています。

私は、「先になって日記帳を読んで楽しむかもしれない」という不確実な見通しより、「これをまた引越し先に持っていって、捨てようかどうしようか悩むのはやめよう」という気持を優先しました。

☆ミニマリストへの道を最初から読む方はこちらから⇒何度も失敗したけど、今も前を見て進んでいます~「ミニマリストへの道」のまとめ(1)

☆この続きはこちら⇒大物を捨てると断捨離に加速がつく(写真あり):ミニマリストへの道(72)

=========
古い日記帳を捨ててから、2回だけ、「あ、日記帳取っておけばよかったかな」とチラリと思ったことがあります。

10年以上前に住んでいた家の住所を調べる必要があったときです。

しかし、すぐに手帳のおまけの住所録(小さな冊子)に、その住所が書いてあることを思い出し、住所録を参照しました。

大量の書類や本を捨てたから、小さな住所録のありかもすぐにわかったのです。





オフィスワーカー少しの工夫で運動不足を解消。職場で簡単にできる運動6選。前のページ

人をコントロールしようとする心を捨てる7つの方法。おせっかいはストレスの元。次のページ世話の焼きすぎ

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 懸賞に当たった人

    ミニマリストへの道

    ただで物をもらう生活習慣はこうしてできあがった:ミニマリストへの道、番外編1

    私の物がたくさん増えてしまったのは、ひとえに買い物しすぎたからですが、…

  2. 買い物好き

    ミニマリストへの道

    「持たない暮し」をめざす人が絶対買ってはいけない3つのものとは?~ミニマリストへの道(22)

    50代主婦筆子が、物を持たないミニマリストになっていった過程をつづって…

  3. 掃除する

    フライレディ

    家事の週間プランで綺麗部屋の住人へ~ミニマリストへの道(29)

    6年前、持たない暮しをめざして、アメリカのお片づけお助けサイト、Fly…

  4. 情報過多

    ミニマリストへの道

    捨てる勇気を持て「暮しをシンプルにする21のルール」(3)~ミニマリストへの道(45)

    2010年、今から5年前の今頃、私はその年の片付けの軸を3つ設定しまし…

  5. 母と娘

    ミニマリストへの道

    なぜ家族は私の断捨離に反対したのか?:ミニマリストへの道(106)

    私が何を捨てても、いまはあまり驚かない家族ですが、昔は何かを捨てるたび…

  6. 色鉛筆

    ミニマリストへの道

    かわいい雑貨への執着を手放す簡単な方法:ミニマリストへの道(85)

    かわいい物好きだった私が、いかにしてかわいい物への執着を手放したのかお…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,481人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. じゃがいも
  2. ハーブティ
  3. 買い物している若い女性
  4. ノートを書いている手
  5. 食器棚
  6. 空手
  7. iPadでノートを取る
  8. クローバー
  9. 本
  10. ペン立て

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ヒステリー
  2. 粗大ごみ
  3. プレゼンテーション
  4. ショーウインドウを見ている男の子
  5. テレビを見る兄弟
  6. カウンターの掃除
  7. PHPくらしラク~る♪2022年6月号
  8. 風鈴
  9. ユーカリ
  10. 小麦畑

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP