オフィスワーカー

運動とダイエット

少しの工夫で運動不足を解消。職場で簡単にできる運動6選。

職場、おもにオフィスで、運動量を増やす方法を6つ紹介します。運動はこれまでも何回か紹介しているので、ちょっとユニークな方法を考えてみました。



会社で仕事をしている人は運動できない?

8月に、座りっぱなしの生活は、健康リスクがある、という記事を書きました。生活習慣病を引き起こしてしまいます⇒座りっぱなしが寿命を縮める。座りすぎのリスクとそれを回避する方法。

この記事を読んだ方から、自分は1日10時間ぐらいずっとオフィスで仕事をしているので、なかなか運動する機会がありません、というお便りをいただきました。

確かに長時間会社に拘束されている人は、エクササイズをする時間を見つけるのは難しいですね。

しかし、座りすぎのリスクを回避するには、まとまった時間を運動に当てることより、こまめに体を動かすほうが効果的です。

毎日、ジムに通っているからといって、残りの時間、ずっと座っていたら、病気になるリスクは減りません。

ちょっとしたスキマ時間に体を動かせば、元気でいられます。本当にちょっとしたことでいいのです。こんなことを心がけてください。

1.ランチを自分のデスクで食べない

昼食は、自分の席ではなく、どこか別の場所でとってください。外でも食堂でもいいです。

忙しい人は、後輩社員に、パンなどを買いに行かせ、自分はずっと机に座りっぱなし、ということがあります。

昼食は、パソコンの前で、買ってきてもらったファーストフードのハンバーガーやサンドイッチを食べる、という人、周囲にいませんか?

立ち上がるのはトイレに行く時だけ、というような人です。

オフィスは人の目があるので、そういう食事のとり方をする人は少ないかもしれません。ですが、自宅で1人で仕事をしている人は、やっていそうなことです。

仕事しながら食事をするのはやめて、ランチタイムはできるだけどこかに移動するようにしてください。

外食をしろ、という意味ではありません。お弁当でも何でもいいので、とにかく移動して食べる、ということです。移動するとき、歩きますから。

どうしても移動できないなら、給湯室でお茶を煎れてから席に戻って、食事をしてください。

ほかの人にお茶を煎れてもらってはいけません。

運動不足を解消する鍵は、できるだけ何でも自分ですることです。セルフサービスの人生を歩んでください。

2.水を飲みにまめに席を立つ

デスクにウォーターボトルを常備している人も多いでしょう。ですが、もしほとんど席を立つ用事がないなら、水筒やウォーターボトルは給湯室などに置き、いちいち飲みに行ってください。

ちなみに、水を飲むことも、とても大切です⇒水を飲む習慣をつける5つの方法。こうすればたくさん水が飲める。

繰り返しますが、ほかの社員にお茶や水、コーヒーを煎れてもらってはいけません。すべてセルフサービスを心がけてください。

余裕があるなら、他の人にもお茶を煎れて、配って歩けばさらに運動量が増えます。





3.音楽を聞きながら仕事をしているなら踊ることも忘れない

仕事場によっては、各自がiPhoneなどで音楽を聞きながら仕事をしているところもあると思います。

たとえば、全員がデータエントリーをしているオフィスなど。

私は、カナダのオフィスでデスクワークを2回やりましたが、いずれも、仕事に差し支えないなら、音楽を聞きながらやってもよい職場でした。

もし、このような環境にいるなら、リズミカルな音楽を聞きつつ、踊りながら(からだをゆらしながら)仕事をしてください。

マルチタスクはよくありませんが、作業に使う脳の部分と、音楽を聞く脳の部分は違う場所なので、場合によっては音楽を聞きながら仕事をしたほうが集中できる、と言われています。

特に周囲がうるさいときや、考えずに処理できる単調な仕事に向かうときは有効です。

脳に負担があまりない、データエントリーのような仕事は、アップテンポな音楽を聞きながらやったほうが、作業が進むこともあるでしょう。

ただし、歌詞の意味がわかる音楽はやめたほうがいいと思います。脳がその情報を処理しようとします。

私は、周囲がうるさい中でブログを書くときは、いつも雨の音や、バッハのできるだけ暗い音楽を聞いています。ですが、単調な仕事の時は、アップテンポな曲を聞きながらノリノリでやっていますよ。

これだけでもけっこう運動になるので、音楽と共に仕事ができる人は試してください。

ただし、ずっと音楽を聞きっぱなしだと、耳が疲れますので、要所要所で音楽を導入してくださいね。

マルチタスクの弊害について⇒マルチタスクが脳に負担をかけ仕事の効率を落とす理由。1つのことに集中しよう

家でやるならこんな運動を⇒簡単に運動不足を解消、家で無料でできて、ダイエットにも効果的な運動3つ

4.足の運動をする

デスクに向かっているとき、下半身は暇ですから、できるだけ動かしてください。

たとえば、タイプをしているときは、足をタップさせるとか。

こうすると、血のめぐりがよくなりますから、いいアイデアがでなくて、煮詰まっているときは特におすすめです。

このほかにこんな運動があります。

●足を前にピンと伸ばして、足首を曲げたり伸ばしたりする

●足を宙に浮かせる

●その場で足踏みする

●両足を揃えたままかかとをあげおろしする

まあ、形は何でもいいのでとにかく足を動かしてください。飛行機に乗っている時、旅行者血栓症を予防するために、座席でやる運動がありますが、あの要領です。

運動不足の弊害はこちら⇒運動をしないとどんなことになるのか。運動不足の6つの弊害

5.その場で走る

運動する場所がなかったら、その場で走ってください。1時間に1回、立ち上がって1分ほど、その場走りをします。

となりに座っている人が驚くかもしれませんが、なんなら、みんなでやってください。

その場で走るなんてバカみたい、と思う人こそ、走ってみることをおすすめします。心拍数があがります。

私は、冬場、気温が下がりすぎたり、天気が悪すぎて、ジョギングに出られないときは、よくその場ジョギングをやっています。

夫や娘は、「ほんとうに、この人は、変な人だ」という目で見ますが、知ったことではありません。

人の目があるなら、トイレや階段の踊り場に行けばいいです。まあ、そんなことができるなら、階段の昇り降りをやったほうがいいのですが。

1回5分から10分、その場で走るのを1日3セットやれば、健康になるための有酸素運動としては充分です。もっときつい運動にしたかったら、膝をできるだけあげて走ってください。

これに腕立て伏せやプランクを組み合わせれば、ジムに行く必要もありません。もちろん、オフィスでの運動不足解消のためだけなら、腕立て伏せまでやる必要はありませんよ。

腕立て伏せは自宅でやればいいです。

プランクはこちらで紹介しています⇒50歳すぎのおばさんが挑戦する、超初心者のための腕立て伏せ

6.喜ぶときはジャンプする

何かうれしいことがあったとき、ジャンプして喜んでください。これなら仕事中にジャンプしても不自然ではありません。

少し腰をかがめて、膝をまげ、そこから、両腕を上にあげて高くジャンプします。

たとえば、新しいクライアントを獲得したときや、ようやく報告書を書き上げたときなど。会社員が、どんなときにうれしいのか、ちょっと想像がつかないのですが、1日8時間働いている間には、何かうれしい局面があるはずです。ないですかね?

日本人はあまり感情を表に出しませんが、多少は出したほうがストレスがたまりません。

まあ、私自身、筋金入りのポーカーフェイスで、「何を考えているのかわからない」「いつもどうしてそんなに冷静なの」「本当に可愛げがない」と言われます。

そこで、喜ぶときは、できるだけ、体を使って表現することを心がけています。

また、セルフエスティームを高めるために、パワー・ポーズをしたり、朝、鏡に向かって、楽しくもないのに、にこにこ笑うのを心がけていますが、この2つを始めたら、以前より、毎日が楽しくなりました。

パワー・ポーズについて⇒2分で人生を変える方法「ボディランゲージが人を作る」(TED)

ジャンプができないなら、せめて、立ち上がって、バンザイのポーズをしてください。
======
オフィスで歩く量を増やす一番大きなポイントはセルフサービスです。

人に書類を持ってきてもらうのではなく、自分が取りに行く、人にコーヒーを煎れてもらうのではなく自分で煎れる、掃除も率先してやるといいでしょう。

体も脳も使わないとどんどん衰えます。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ウォーキング

    健康・アンチエイジング

    ウォーキングはダイエットと健康に不可欠、暮しの質も高くなる

    私は、モノを持たない暮しを心がけているし、節約系ミニマリストなので、車…

  2. 卵かけご飯

    健康・アンチエイジング

    西式甲田療法で健康とダイエットのために朝食を抜くはずが夕食を抜く日々

    昨年の秋ぐらいから、朝ごはんを食べない、西式甲田療法という健康法をやり…

  3. シンプルな体重計

    ミニマリストの持ち物

    シンプルなデザインが素敵な体重計でダイエットのモチベーションアップ

    ミニマリスト筆子。よぶんな物はできるだけそぎ落としたいと思いながら日々…

  4. パン

    ミニマルな日常

    ダイエット中なのに、禁断の白いパン、サワードウ・ブレッドを買って食べてしまった意志薄弱者の日記

    西式甲田療法をベースにした、生菜食がメインの食生活をしているのに、ぶく…

  5. ジョギング

    健康・アンチエイジング

    50歳の私がスロージョギングを始めたらみるみる健康に~そのメリットとは?

    50歳のときから走り始めたスロージョギングについてお伝えします。冬場以…

  6. いちご

    レオ・バボータ

    誰でもできる。ミニマリストの健康的な食事とは?レオ・バボータに学ぶ

    アメリカのミニマリスト、レオ・バボータの健康的なダイエット法を紹介しま…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

611人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. コーヒーとケーキ
  2. 古い本
  3. 玄関
  4. 猫
  5. 服をたくさん持っている人。
  6. スマホをチェック
  7. ふて寝
  8. 居心地悪い人
  9. キーホルダー
  10. 犬と私

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 疲れている会社員。
  2. いらない贈り物
  3. 夫婦喧嘩
  4. 美女
  5. 靴がほしい女性
  6. 断捨離してます
  7. 吉本由美の本
  8. キッチン
  9. お金

過去記事、たくさんあります♪

  1. スカート

    ファッションをミニマルに

    激安衣料品(ファストファッション)を求める心がガラクタを生む~実録・親の家を片付…
  2. 鏡を見る人

    ミニマム思考

    自己嫌悪と自己否定で勝手に不幸になっているあなたへ。
  3. 片付ける人

    ミニマルな日常

    片付けを後回しにしないために、「1回で終わらせるルール」のススメ。
  4. お金がない人。

    お金を貯める

    貯金ゼロだった50代主婦がしてきた、お金に関する4つの大きな過ち
  5. 服が多すぎる

    ファッションをミニマルに

    捨てようとするのではなく、必要な枚数を選べば洋服は減らせる
PAGE TOP