レジで支払う女性

買わない

物を買いすぎない暮しをする7つの秘訣。小さなことから始めればOK。

目についた物を、なんとなく買うのではなく、もっと意識的に買い物をするコツを7つ紹介します。

どうでもいい物を買いすぎるから、部屋に物があふれる。

こう私は考えています。

部屋をスッキリさせるために、ショッピングするスピードを少し落としたい。

そんな方はぜひ参考にしてください。

お金を使わない生活をしたい人にもおすすめです。



1.買う前に使いみちを明確にする

何かを買いたいな、と思ったら、手に入れる前に使いみちをしっかり確認します。

いつ、どこで、誰が、どのように、どのぐらいの期間、それを使うのか?

ふだん使っている物がこわれて、困って買いに行くなら、使いみちは、はっきりしています。

しかし、たまたま店でセールになっているのを見てほしくなったり、

人(テレビ、雑誌)から、「これ、あると便利だよ」「生活がよくなるよ」「かわいいよ」と教えられ、買いたくなったりしたときはどうでしょうか?

たいてい、そこまでしっかり使いみちを考えていません。

とにかくほしいから、買う。

そんな感じです。

買ったあと、ちゃんと使うことができるのか、手に入れる前に、自分なりに検討すべきです。

使いみちを明確にしてから、買うようにすれば、すぐにいらなくなったりはしないでしょう。





2.買ったあとお金に困らないか考える

買う前に、それを買うお金があるのかどうか、考えます。

買ったあと、経済的に自分の生活に支障が出ないかどうか、先に頭の中でシュミレーションするのです。

それを買ってしまうと、お金がなくなりすぎて困る、ほかの必要なことに使うお金がなくなる、と思ったら買うのはやめます。

それを買うためのお金を貯めてから買えばいいのです。

まあ、ごく当たり前のことですよね。

しかし、今は、クレジットカードがあるので、手元にお金がなくても買い物できてしまいます。

自分の収入や支出に無頓着だと、買った前と後で、経済状況がどんなふうに変化するのか、ピンと来ません。

人間は、楽観的に考える傾向があるので⇒楽観主義バイアスを知って、よりよい人生を生きる(TED)、いまのような買い物の仕方を続けていても、この先べつに困らない、と考えがちです。

しかし、Aにお金を使えば、その分のお金をそのほかの物やサービスに使う可能性がなくなるのは事実です。

それを買ったあと、困ったことになるかどうかわからないなら、買わないほうがいいでしょう。

自分が何にどのぐらいお金をつかっているのか把握できるように、簡単なログを取ることをおすすめします。

3.置き場所の心づもりをする

置き場所を割り当ててから、物を買います。

物が増えすぎてから、収納グッズを買う人が多いのですが、これは順番が逆ではないでしょうか?

先に、自分の家の収納スペースを把握して、そこに入る分を買うのが本来の順番だと思います。

この順番を守れば、家が倉庫みたいになるのを防げます。

ふつうの家なら、押入れや物入れは最初からついています。キッチンや洗面所にも引き出しがあります。

洋服ダンスみたいなごく一般的な収納家具も、たいていの人は持っています。

自分の手持ちの収納スペースがどのぐらいあるのか、一度調べておくとよいです。

収納スペースを確認するすすめ⇒家中の収納スペースをリストアップしてみる:ミニマリストへの道(110)

「置き場所がない」と思ったら、先に不用品を捨てて、収納スペースを確保してから買います。

4.在庫調べ

「よし、これ買っちゃおう!」と思う前に、自宅に似たようなものがないか調べます。

洋服やバッグは意外と同じ用途のものを持っていたりしますから。

調理雑貨もそうですね。

似たようなものがあったら、ほとんどの場合、それで対応できます。

「いつも似たような服ばかり着ていると、友人たちの評価がさがる」と考える人が多いのですが、他人は、ほかの人の着てるもんなんて、そんなに注意して見ていません。

同じ用途のもの、似たようなものがあるのに、さらに買ってしまうと、どれかがあぶれて、ガラクタ化します。

ふだんから、在庫を把握しておくと、似たような物があれば、すぐにわかります。

洋服の在庫の把握に便利なもの⇒服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

食品の在庫の把握をしたいときは⇒パントリーチャレンジのススメ~ズボラ主婦だからできる究極の節約方法

5.ワン・イン・ワン・アウト

ワン・イン・ワン・アウト(one in one out)とは、何かを1つ家に入れたら、別の物を1つ家の外に出す(捨てる)ことです。

ある程度、断捨離が終わって、物の少ない状況をキープしたいときに、ワン・イン・ワン・アウトを行うと効果的です。

特に物を減らしたい、と思っていない人にも、ワン・イン・ワン・アウトの実践をおすすめします。

物が増えないだけでなく、以下のメリットがあるからです。

・自分が持っている物に意識が向く

・自宅の収納スペースに意識が向く

・自分の買い方のクセに気づく

1つ入ったら、1つ捨てるだけのごくごく簡単な作業なので、誰でも、今日からできます。

ある程度、意識的な買い物ができるようになるまで、ワン・イン・ワン・アウトを継続するといいですよ。

6.ちょっと待つための仕組み作り

ほんの少しでも買うのを待てると、より意識的な買い物をすることができます

「あ、これいいね⇒即、買う」「店で目についた⇒即、買う」というサイクルをこわすために、ちょっと待つ仕組みを作っておくといいです。

私がやっている「ちょっと待つ仕組み」は

■各種リスト作り

ほしいと思ったものリスト(30日待ってそれでも欲しかったら買う)、買い物リスト(スーパーに行く前に用意する)など。

■各種ログ(記録)取り

使い切ったもののログ、買ったもののログ、家計簿。特に買うスペースを落としたいもの(ナッツとか)の買い物状況を期間限定で調べることもあります。

楽天市場やアマゾンは、過去の購入状況を参照できるので、こうした履歴もよく見ています。

■買わない挑戦⇒誰でもできる『買わない挑戦』の始め方。自分ルールで楽しく実践。

リストやログは、ただ書くだけでも効果がありますが、たまに読み返したり、金額を足し算したりすると、自分の行動がより浮き彫りになるので、軌道修正に役立ちますよ。

5分間だけ買うのを待つ、通販ショップのウィッシュリスト(買いたいものリスト)に入れて1週間たっても欲しかったら買う、など、自分なりのちょっと待つ仕組みを作っておくと、衝動買いを防ぐことができます。

7.買いっぱなしにしない

何かを買って、それで終わりにせず、ちゃんと使っているかどうか、時々調べてみます。

使用状況を調べてみて、「あまり使っていないな」と思ったら、いっそのこと手放すか、使う努力をすると、ガラクタになりません。

1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後というように、節目節目で見直すといいでしょう。

すぐに使う工夫⇒物をためないコツ。「買ったらすぐに使おうルール」のすすめ

6番で紹介した各種ログをとっておくと、いつ何を買ったか、すぐにわかるので便利です。

私はやっていませんが、物がたくさんある人は、収納するときに、最近買ったものがわかるようにしておくといいかもしれません。

食品のストックなら、古い物を手前に置いて、食べていく、逆に新しい物を手前に置いて、ちゃんと使っているか目視しやすいようにしておく、というように。

買うことにばかりエネルギーを傾けるのではなく、使うほうの優先順位をあげると、「無意識のうちにどんどん買ってしまう状況」から抜けられます。

■買わない暮し、関連記事もどうぞ■

お金を使わない生活に切り替える5つの方法。

買わない生活を継続するために私が心がけていること。

ついつい物を増やしてしまう7つの買い物習慣。私の反省より。

新生活を言い訳に買い物しすぎた私のざんげ。態勢の立て直しはこうする。

もう試しましたか? 衝動買いを抑える現実的な方法を7つ教えます。

価格と価値の違いを知れば、余計な物も浪費も減る。

*****

買わない生活をするコツを7つ紹介しました。ポイントは、買う前と買ったあとに少し考えることです。

買い物は生活習慣にすぎないので、なるべく買わないようにしていると、そのうちそれがふつうになっていきます(本当です)。

ふだんあまり映画を見ない人も、何かのきっかけで、映画を見ておもしろかったりすると、一時的に、ストリーミングや映画館で、映画を見ることが増えたりするものです。

まずはきっかけを作るといいかもしれませんね。ごく小さなことでいいので始めてください。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 自転車と少女

    TEDの動画

    お金を使わずに1年暮らしてわかったこと:キャロライン・ホーグランド(TED)

    より自分らしく生きる参考になるTEDの動画を紹介しています。今週は、環…

  2. 買い物しすぎた女

    買わない

    新生活を言い訳に買い物しすぎた私のざんげ。態勢の立て直しはこうする。

    新生活がきっかけで、お金を使いすぎてしまった人が、もとのシンプルライフ…

  3. モールでお買い物

    買わない

    罪悪感しか生み出さない、感情的な買い物をやめる3つの方法。

    買い物がなかなか止まらない人、すぐにゴミになるようなものばかり買ってい…

  4. 買わない

    お金を貯める

    「買わない生活」をするためにコンビニと100円均一ショップへ行くのをやめてみる

    私は最高の節約は、「買わないこと」だと思っています。もちろん、5人…

  5. クレジットカード

    ミニマム思考

    ちょっとの間だけ買うのをやめてみる。「買わない暮らし」をするための5つの方法

    買い物が止まらない人のために、ちょっとの間だけ、買うのがやめられそうな…

  6. ウィンドウショッピング

    買わない

    もう試しましたか? 衝動買いを抑える現実的な方法を7つ教えます。

    夏のボーナスの支給に合わせて、この時期セールをするお店も多いですね。…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

859人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. レス・イズ・モア
  2. 怒り顔
  3. ロイヤルコペンハーゲンの皿
  4. 弁当箱
  5. まな板の上のクロス
  6. ダンボール箱を持つ女性。
  7. レジで支払う女性
  8. キッチン
  9. 波打ち際を歩く女性
  10. アルバム

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 書類を捨てる
  2. clear your clutter with feng shui
  3. タンポポ
  4. ヘアサロン
  5. ダブル
  6. 怒ってる人
  7. 悲しんでいる人
  8. チェックリスト
  9. 招き猫
  10. ヘンプシード

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP