シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

物を持たない暮しを望む人へ。ミニマリスト的ライフスタイルの始め方


ミニマリストになる方法をステップ・バイ・ステップでお伝えします。

ミニマリストとは最低限の物だけで暮らす人。できるだけ物を持たないことで、豊かな人生を生きようとする人たちです。

ではミニマリストになるにはどうしたらいいのでしょうか?

いきなり家の中のものをすべて捨てる?これはなかなかできることではありません。

私の場合は、始めはシンプルな生活をめざしていて、物をどんどん減らして行ったら、かなりミニマムになった、といったところです。

ですが、家族がミニマリストではないので、自宅には、けっこう物があります。数えたことはありませんが。

ただ、思考はミニマリスト寄りです。物理的な物を「買わない挑戦」をここ3年ぐらいしています。

ミニマリストの特徴は、言うまでもなく持ち物が少ないこと。とはいえ、そこに厳格なルールはありません。自分の持ち物リストや生活必需品リストを公開している人もいますが、自分なりに「少ないよね」といったあたりで止めたほうが、人間らしい生活を維持できるものです。

何ごとも小さなステップから始めるほうが挫折しないもの。まずはこんなことから始めてみてはどうでしょうか?

ステップ1.ミニマリストになる理由を確認しておく

あなたはなぜミニマリストになりたいのでしょうか?

物がいっぱいで掃除が大変だから?これ以上ゴミを増やして環境を汚したくないから?買わない暮しをして、お金をためたいから?

私はミニマルライフのほうが、ストレスが少なく、自分の時間が増えるし、マイペースで暮らせると思ったからです。

お金があまりないのも理由の1つです。ミニマリストの生活はお金がかかると思っている人もいますが、無駄な物を買わなくなるので、どちらかというとお金は残ると思います。

残ったお金で世界旅行などすれば、すぐになくなるでしょうが。

ステップ2.どんなミニマリストになりたいのかイメージを固める

一口にミニマルライフと言ってもミニマリストの数だけあります。知り合いにミニマリストがいたら、遊びに行って暮らしぶりを観察しましょう。あなたはその人と同じような暮しがしたいでしょうか?

世間にいるいろいろなミニマリストの本を読んだり、生活を見てみましょう。

このブログではミニマリストとして、以下の5人を紹介しています。

レオ・バボータ(Leo Babauta)
意外に簡単、シンプルライフブログの第1人者、レオ・バボータに学ぶ、ガラクタをゼロにする方法

ジョシュア・フィールズ・ミルバーンとライアン・ニコデマス(Joshua Fields Millburn & Ryan Nicodemus)
『minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ』の感想~50歳のおばさんにも使える方法 2人のTEDでのプレゼンの動画も貼っています。

アダム・ベイカー(Adam Baker)
ガラクタを全て売り払い、借金を返し、旅に出て、自由に生きている男の話(TED)

ピーター・ローレンス(Peter Lawrence)
ミニマリストの部屋公開~最小限のモノで生活して40歳でリタイヤした男

ピーター・ローレンスは自宅を見ることができます。

このような人たちの本などを読み、「だいたいこんなミニマリストになりたいな」とイメージしておくと、だいたいそのようなミニマリストになるはずです。

私はピーター・ローレンスの暮しがいいと思います。あそこまで部屋が広い必要はありませんが。

窓から素晴らしい景観を楽しめる点、映画を天井に映して見ている点、オーガニック食品を食べている点、運動をしっかりしている点がいいいですね。そして何より、すでにリタイアしているところがうらやましいです。

このうち今の私が真似できるのは運動ぐらいでしょうか。


ステップ3:所持品を減らす

物をたくさん持っているミニマリストはいませんから、自分なりに所持品を減らします。

減らし方はこのブログにいろいろ書いています。たとえばこの記事など参考になると思います⇒どこから断捨離したらいいの?こんな場所や物からやれば効果てきめん

わかりやすいところで、同じものを2つ持っていたら、1つ捨てることから始めてください。これだけでもだいぶ物が減ります。

ステップ4:家の中に一箇所だけ何もないスペースを作る

どこでもいいので、「ここだけを写真にとれば、すっかりミニマリストの家に見える」という場所を作ってください。

ダイニングテーブルの上でもこたつの上でも、玄関でも、お風呂場でもトイレでももどこでもいいです。

そこだけは必ずガラクタのない、きれいな状態をキープしてください。いつもその場所を見ているうちに、きれいな場所が少しずつ増えていきます。周りのガラクタが目立って片付けたくなるからです。

一箇所だけきれいな場所を作る方法は、フライレディから学びました。私はまず台所の流しをいつもきれいに保つことから始めましたよ。

本格的に「何もない部屋」を作りたいなら、こちらの記事を参考にしてください⇒「何もない部屋」の作り方。ミニマリストらしい家に住む方法はこれ

ステップ5:服の数を減らす

ミニマリストにあまり衣装持ちはいません。

男性はそうでもないかもしれませんが、女性は必要以上に服を持っています。べつにミニマリストにならなくても、ちょっと服を断捨離すると生活しやすくなります。

ミニマリスト的ファッションにするには、個人的な制服(パーソナルユニフォーム)を作るのが一番です。スティーブ・ジョブズやアルバート・アインシュタインのように。

デザイナーのカール・ラガーフェルドもいつも似たような服を着ている印象です。

身近にいつも同じ服を着ている人がいませんか?見慣れてしまえば、「そういうものだ」と思うものです。

高校のとき郷土研究部という地味な部に入っていました。郷土の何を研究するかというと、瀬戸の古窯を掘って発掘した土器を研究するのです。

夏休みに、瀬戸の山奥に発掘に行きましたが、T先輩(男性)は、毎日高校の制服を来て(白いカッターシャツに黒いズボン。しかも長袖)、シャベルで掘っていました。

毎日洗濯しているのか不思議でしたが、いつ見ても同じ格好でした。

私は、ベージュのTシャツにジャージとか黄色いミッキーマウスのついたTシャツにジャージなどのバリエがあったので、「先輩のようにいつも同じ格好なのは本当に好ましいなあ」と思ったものです。

現在の私のユニフォームは、Tシャツにトラックパンツにパーカですが、これを真似する必要はありません。

ミニマリストでも、おしゃれは忘れたくない人や、ファッションにこだわりたい人は、以下の動画つき記事を参考にして、ほどほどにおしゃれをしてください。

3ヶ月33アイテムでおしゃれを楽しむ方法~アメリカの女性ミニマリストに学ぶ、プロジェクト333

『フランス人は10着しか服を持たない』の著者、ジェニファー・L・スコットに学ぶ「10着のワードローブ」

個人的には、ミニマリストは必ずしもおしゃれである必要はないと思います。

ステップ6:手荷物を減らす

あなたは財布やバッグにいろいろなものを詰め込むほうですか?これは全くミニマリスト的ではありません。

手荷物は意識して減らすようにしましょう。

バッグの中身を減らす方法はこちらに書いています⇒重いバッグは肩こりとストレスのもと~バッグの中身の断捨離は欠かせない

旅行するときも、できるだけ身軽にするよう心がけてください。言うまでもなく荷物が少ない方が楽です。

ついでにバッグそのものも減らしてください。

ステップ7:いつも似たような食べ物を食べる

趣味が食べ歩きの人や、いろいろなメニューを試してみるのが生きがいのグルメな人は、少し食べるものを絞って下さい。

自分が食べるメニューはだいたい同じにしておくと、食器も増えず生活はシンプルになります。日本はとても食文化が豊かなので、やたらと食器が増えてしまいます。

食べ物をシンプルにすると言えば、かねてから思っていたのですが、子供にキャラ弁を作る必要があるのでしょうか?お腹が空けば、べつにおにぎりや卵にふなっしーの顔がついていなくても食べるはずです。

食べないのはお腹がすいていないから。

食べ物はおもちゃではありません。できるだけ加工されていない自然で新鮮な食品をシンプルに料理したものを食べさせてあげれば、それで充分ではないでしょうか?

*******

今回は、衣食住という生活のベースにかかわるものからミニマムにして行く提案をしました。

ほかにも減らせるものはいろいろあります。慣れてきたら、遠慮せずどんどん減らしてください。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索