シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

ミニマリストとは何か、持たない暮らしのメリットを書いた記事のまとめ。


ミニマリストとはどんな人か、ミニマリストになるにはどうしたらいいのかというトピックで書いた記事をまとめました。

ミニマリストといっても人によっていろいろな定義があります。私がこのブログに書いているのは、もちろん私の考えるミニマリストです。

ミニマリストはおしゃれじゃなきゃいけないのか?

日本においては、「できるだけ少ない物をもっておしゃれに生きている人」がミニマリストだと思われているように感じられます。

ビジュアルが先行しているのです。

物は少ないほうがいいが、素敵な部屋に住んでいて、持っているものはこだわりのあるおしゃれな物、着ているものもさりげなく素敵、というイメージがあるのではないでしょうか?

みんな必死になって、ミニマリストの持ち物ってどんなふうなんだろ、部屋はどんな感じ?ファッションは?財布はどんなの?キッチン家電はどんなの?と考えているふしがあります。

これ、違いますから。

どうして「おしゃれなこと」がそんなに求められるのか、私にはよくわかりません。人生にはおしゃれなことより、もっと大事なことがあると思うのですが。

ミニマリストは、ほんの少しの物だけを持ち、意味のある暮らしをしようと考えています。おしゃれにすることが、そんなに意味のあることなのでしょうか?

ミニマリストになることは、物質至上主義を否定できるチャンスなのですから、物にこだわりすぎるのはやめたほうがいいと思います。

では、ミニマリスト関連の記事をランダムに21個並べていきます。

ミニマリストの暮らしについて書いた記事のまとめ

  • 最短でミニマリストになる方法。思考を変えることがすべて
    ミニマリストになる方法をスッテプ・バイ・ステップで書いています。

    所持品が少ない人が、ミニマリストなのではなく、レス・イズ・モアというポリシーを持っているから、所持品が少なくなるのだと思います。

  • レス・イズ・モア(Less is more)の真の意味とは?何もない部屋に住むことがミニマリストの目的ではない
    レス・イズ・モアのコンセプトを書いています。

    簡単に言うと、レス・イズ・モアとは、「いろいろな物が少ないほうが、人生がもっと豊かになる」という考え方です。おしゃれになるのではなくて、豊かになるのです。

  • 30日間ミニマリストチャレンジのススメ。1ヶ月だけミニマル思考で暮してみよう
    ミニマリストになるための行動目標を30個書きました。我ながら、よくこれだけ思いついたな、と思います。

    9月の30日間チャレンジで、何をやろうかまだ決まっていない人は、よろしければ試してください。

  • 初心者でも大丈夫、ミニマリストになる2つの方法はこれ
    ミニマリストになる、ごく単純な方法を2つ紹介しました。
  • ミニマリストらしいファッションの選び方。プロジェクト333のすすめ。
    ファッション(服装)にこだわったミニマリストになりたいなら、プロジェクト333をやってみるといいかもしれません。

    3ヶ月間、33個の物だけを身につけるチャレンジです。

  • 節約系ミニマリスト主婦の持ち物のまとめ(前編)
    私の持ち物公開記事をあつめた記事。前編。
  • 50代主婦ミニマリストの持ち物のまとめ(後編)
    持ち物公開記事、後編。
  • シンプルライフブログの第1人者、レオ・バボータに学ぶ、ガラクタをゼロにする方法
    アメリカの代表的なミニマリスト、レオ・バボータさんを紹介しています。

  • 『ものは少なく、幸せは多めに』~グラハム・ヒルに習う「小さく暮らす」メリット
    5分ほどでわかる「持たない暮らし」の真髄。プレゼンとしても、とても秀逸です。
  • 『minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ』の感想~50歳のおばさんにも使える方法
    私が読んだ(聴いた)数少ないのミニマリスト本の1冊を紹介。素直な語り口がいいと思います。
  • 物を持たないと、より豊かに生きられる。ミニマリストの体験(TED)
    『ミニマル・ライフ』の著者2人による、TEDのプレゼンです。
  • 100個チャレンジをして人生を変える・デーブ・ブルーノ(TED)
    消費主義や物質至上主義が大嫌いらしい、ふつうのおじさん、デーブ・ブルーノさんの講演です。
  • ミニマリズム~何もしない時間、何もないスペースを作ってより充実した人生を
    「何もないっていいことだよ」と話すグラント・ブレイクマンさんの講演。

    「ミニマリズムとは、何もかも捨てることではなく、自主的に暮らすことなんです」と語っています。余白を大事にした生き方なのです。

    とてもわかりやすい3分ほどの短い動画です。

    何度見ても、「まったく、その通りであることよ」と思います。

  • 空と海

  • ガラクタを全て売り払い、借金を返し、旅に出て、自由に生きている男の話(TED)
    山のようにローンがあるのに、住宅ローンを組もうとしている自分に大いなる疑問を感じたアダム・ベイカーさん。

    彼は、心の中で「こんな人生もういやだ。これは僕の書いた筋書きじゃない!」と叫びました。

    そして、所持品をとことん売り尽くし、生まれたばかりの子供と奥さんを連れて、バックパックをかついで旅に出ました。

    「自分の人生の台本は自分で書く」と心に決めて。

  • ミニマリズムはより幸せになるための実験(TED)
    旅先でお金がなくなり、汚い排水路に寝た時、自分の本当の家(ホーム)は、心の中にあるんだ、と気づいたマーティ・スタノさんのプレゼン。

    少年の心を持った大人と呼べる人です。

  • 『モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術 』を読んで、だいぶ書類を断捨離しました
    著者の土橋正(つちはし・ただし)さんも、こだわりの物を持つ派だと思います。「書類の流れを意識する」という考え方が参考になりました。
  • もう捨てましたか?これを捨てないとミニマリストになれません
    ミニマリストになるためにどうしても捨てなければならないものを書きました。
  • 物を捨てるとこんなふうに人生が変わる~私が少ない物で暮らす7つの理由
    物を捨てたらどうなったか書いています。やはり人生が変わりましたよ。
  • ミニマリズム

  • ミニマリズムに関するよくある誤解を解く。ミニマリストはモノを悪者にしている?
    ミニマリストは物を排除しているのではなく、選んでいるのだ、という話を書いています。
  • 物のない豊かさについて~ミニマリストは出家した僧侶ではない
    「ミニマリストの部屋は物がなくて寒々しくていかにも貧しくて、どうしてこんなことするのかねえ?」と考えている人はこの記事を読んでください。
  • ミニマリストの部屋公開~最小限のモノで生活して40歳でリタイヤした男
    アメリカのミニマリスト、ピーター・ローレンスさんの暮らしを紹介しました。私は彼の考え方に共鳴しています。

    こんな広い部屋に住みたいとは思いませんが。

  • ======
    結局、ミニマリストは、周囲の声に流されるのではなく、自主的に暮らそうとしている人だと思います。

    このブログのテーマの1つが、「ミニマリスト」であるため、他にもミニマルライフがテーマの記事はたくさんあります。「あまりにたくさんありすぎて、何を読んだらいいのか迷ってしまう」という方は、まず上記21記事を読んでください。

    もし興味を持ったら、不用なものを1つでも2つでも捨ててみてください。


    関連記事

    「お気に入り」に登録

    ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

    更新をメールで受け取る

    メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

    このブログの運営者

    筆子

    こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

    このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    アーカイブ

    筆子の本・9版発売中

    オーディオブック(Audible版)も出ました♪
    捨てられないなら要チェック
    1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

    実物の写真つき紹介はこちら
    「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

    このブログの中を検索