洋服屋さん

買わない

物を買いすぎる生活をやめる3つの方法。

物を買いすぎない暮らしに切り替えるのに、効果的な方法を3つお伝えします。

物を持ちすぎると、部屋が片付かず、下手すると汚部屋になります。

いったい物はどこからやってくるのか?

たいてい自分で買っています。

物を買いすぎなければ、部屋は散らかりません。



1.安い物に飛びつかない

人は、値段が高いものより、安いもののほうが好きです。

「できるだけ得したい」という気持ちのせいで、当面使う必要のない物をセールで買ったり、「まとめ買いだと安いから」という理由で、食べきれないほどの食品を買い込んだりします。

100均でいらない物をたくさん買うこともあるでしょう。

この「できるだけ安くあげたい」という気持ちのせいで、物が増えています。

安い物(いわゆる安物や、セールで安くなっている物)を買うとき、その人の買い物における優先順位のトップに来るのは

・とにかく金銭的に得したい

この気持ちです。





店に入ったときは、「◯◯が生活に必要だから買おう」と思っていたのに、セールがあると知ったとたん、「△△の値段が安くなっている。お得だから買おう」と、優先順位が入れ替わります。

値段の安さに気持ちが舞い上がり、買い物における適正なゴール設定から、大きく逸脱してしまうのです。

まあ、たまのことならいいでしょう。

しかし、こうした買い物を日常的に何度もしていると、家の中には、値段が安かっただけの、当面は必要のない物がどんどん増えていきます。

ストック品を買いすぎる人は、いつもこうやって、本来の買い物の目的からそれたショッピングをしているのです。

つまり買い物に失敗しているのですが、自分ではその失敗を認めません。

人間は、失敗を認めるのがいやだから、後付けの理由を考えて、「自分はわりと買い物上手だ。できる主婦だ」と自己を正当化します。

「定価で買うより◯◯円もお得なんだもの」「どうせいつか、使うんだし」「これだけあれば、災害があっても安心よね」「友達のプレゼントにも使えるし」「お客さんが来たときに使えるし」「べつに腐らないし」「生産中止になっても安心よね」。

続々と自己弁護の言葉が出てきて、「無駄な物を買いすぎて、片付かない部屋に近づいた」事実には意識が向きません。

何かを買うときは、「値段が高いか、安いか」ではなく、まず、「それが必要か、どうか」を考えてください。

必要なら、多少値段が高くても、あとから無駄になりませんから、結局はお得です。

値段にフォーカスしすぎると、必要度の見極めがあいまいになります。

関連記事⇒まとめ買いが節約にならない4つの理由。むしろガラクタを増やす危険な買い方。

こちらもおすすめ⇒なぜあなたはセールで買ってしまうのか? かえって損をするのに。

安いと思ったものを買いすぎて、ガラクタをためこむ人は、しばらくの間、「安いから」という理由で物を買うのをやめてみるといいでしょう。

2.感情と買い物を切り離す

家の中に、必要な物がそろっているのに、さらに買ってしまうときは、それが必要だから買っているのではありません。

たいてい、感情的な理由でほしくなっています。

・会社で嫌なことがあった⇒帰りに友達とショッピングしてストレス発散だ

・給料が出た⇒1ヶ月がんばったごほうびに、帰りに夏物の服を買おう(自分へほうびをあげすぎるのは危険です⇒お金を貯めたいなら自分へのご褒美という名の浪費はやめる

・今週は決算で忙しい⇒スタバでキャラメルマキアートとケーキポップ(日本にありますかね? 棒に丸い小さいケーキがついた、キャンディの形状をした小さいのに高いデザートです)を食べて、気分をあげよう。

・なんとなく退屈だ⇒気分転換に買い物に行こう

・春になった⇒学生じゃない私はもう新学期みたいな節目はない、代わりに新しい財布を買って気分を変えよう

こんな流れで、買い物をしてしまうことが、多いと思います。

ちょっとした感情の波がたつと、買い物という形で、それを収束させるくせがついているからです。

あらゆる感情の波⇒買い物、というルートをたどってしまうのです。

人間は感情の生き物なので、日々、いろいろな感情を持ちます。

ちょっと、感情が変わったからといって、そのたびに買い物をしていると、お金がいくらあっても足りませんし、安いものを買っていたら、どんどんガラクタがたまります。

感情と買い物を切り離すようにしてください。

感情の波がたったとき、買い物じゃないことをすれば、切り離せます。

おすすめなのは、

自分の感情について文章に書く。

たとえばモーニングページ⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

ブレットジャーナル(バレットジャーナル)でもいいです⇒気持ちの整理をするために、紙に書き出そう:ライダー・キャロル(TED)

すでに持っている物や、手にしている状況に感謝する

感謝するといことありあmす⇒幸せになる最強の方法、感謝する気持ちがうむ7つの効果

不用品を捨てる

いわゆる断捨離です⇒「15分で27個捨てましょブギ」を続けて気づいた「捨てる」最大のコツとは?~ミニマリストへの道(30)

3.不安の正体を知る

家に物がたくさんないと不安だ、と感じる人がいます。そういう人は、その不安の正体を明らかにしてください。

不安だから、同じ物を2つ買ったり、バックアップ用として、たくさん買い込んでいるのですから。

不安とは言わず、「物がたくさんあると安心する、うれしい」と感じる人もいます。

私の母は、「買い物すると気分がすっきりするし、物があると安心だ」と言いました。

こうした不安感から、必要以上の物を買い、そのせいで、

・部屋が散らかっていてストレスになっている

・整理整頓や掃除に手間がかかっている

・貯金ができない

こんな状況になっていたら、その不安とじっくり向き合ってください。

ストックがないと、具体的にどんな状況になるのでしょうか?

電気や水がストップすると、即、困ります。

私が住んでいるところは、名古屋より停電が多いです。

大雨、大雪になると、木が倒れて電線が切れたり、雪の重さで電線が切れたりします。

こういう停電はわりとすぐに回復しますが、電気が来ていないあいだは、電化製品はいっさい使えないし、冬なら、暖房も止まるから(暖房はガスでしますが、暖房機器を動かすのは電気です)、部屋がどんどん寒くなります。

だから、電気は止まってほしくない、と思います。

ですが、家にトイレットペーパーが2ダースもいる必要はなんなのでしょうか?

サランラップが切れたら、どんな悪夢が待っているのでしょうか?

引き出しいっぱいに、タオルのストックを入れておかねばならない、その理由は何でしょうか?

シャンプーがなくなった、と思っても、ボトルに水を入れれば、まだまだ使えます。

シャンプーに水を継ぎ足すと、雑菌が繁殖しやすくなるから、やってはいけない、という記事を見ましたが、シャンプーボトルにに雑菌なんて繁殖するんでしょうか?

強力な化学薬品がいっぱい入っているのに。

仮にそれが本当だとして、水を入れるのがいやなら、その日はシャンプーしなければいいだけです。

石鹸で洗ってもいいし、湯シャンもできます⇒湯シャンのやり方や効果を書いた記事のまとめ

「ないと不安だ」と思ったら、それがなくなったとき、いったいどんなことが起こるのか、具体的に想像してください。

そのうえで、適正なストックを持てばいいでしょう。

すぐに買い物にいける人は、そんなにたくさんストックを持たなくても大丈夫です。

ふだんから、家にある物の使用状況に意識を向けると、買いすぎをふせぐことができます。

ストック品を置いてある棚や洗面所の棚や引き出し、クローゼット、ドレッサーの中を見て、物の動きを調べてください。

よく動く商品、つまりよく使う物は、買う頻度も高くなりますが、ほとんど動かない商品は、そんなにあせって買い足す必要はありません。

買ってから2年たっているのに、まったく動きのない商品もあるかもしれません。

こういう商品は断捨離したほうがいいでしょう。

もっと買わない方法を知りたい方はまとめをどうぞ⇒買わない習慣を身につける方法を書いた記事のまとめ

*****

物を買いすぎない生活をするための考え方を紹介しました。

一番最初におすすめしたいのは、値段の安さだけが魅力の物を買わないことです。高かったら買わないわけですから。

つまり、それは、欲しくもないし、必要でもない物です。

自分の大切なお金と時間を使って、いっしょに生きていく価値のない物です。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. インターネットショッピング

    お金を貯める

    無駄遣いをやめる5つの方法。お金を使わず、頭を使え

    衝動買いや、無駄遣いをやめてお金を貯めるシリーズ。今回は、無駄な買い物…

  2. 買い物

    買わない

    安物買いの銭失いをやめたほうがいい6つの理由。貧乏人ほど要注意。

    かつて、安物買いが大好きだった私ですが、暮らしをシンプルにする過程で卒…

  3. 靴がほしい女性

    買わない

    買い物する習慣をやめる5つの方法。買わない人になって断捨離も節約も加速する

    買い物をする習慣を断ち切る方法をお伝えします。断捨離にしても節…

  4. 買い物の記録を取る人

    買わない

    買い物習慣を変えるために買い物日記をつけてみては?

    家の中に不用品が増えたり、貯金がちっともできなかったりするのは、買い方…

  5. テレビドラマ

    買わない

    お金を貯めてガラクタを減らす。広告にのせられてうっかり買物をしない5つの方法。

    衝動買いや無駄遣いをやめたい、と思うとき、注意しなければならないのは広…

  6. ショッピング

    お金を貯める

    新年から取り入れたい。買わない生活に切り替える4つの思考

    新しい年になりました。多くの人は、大掃除をして、スッキリした部屋で、す…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

870人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ハンガーとカラフルな服
  2. 食べるのをがまんしている女性
  3. 片付け中
  4. ホールの中
  5. PHPからだスマイル2019年7月号
  6. ボーダーのソックス
  7. 買い物の記録を取る人
  8. 盆栽風プラント
  9. 考え事をしている女性
  10. 古い靴の山

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 母の日のバラ
  2. セール品を奪いあう女性。
  3. 瞑想
  4. きれいな目
  5. 小銭
  6. 思い出の写真
  7. 計算機
  8. スマイリー
  9. 笑顔
  10. 日本の夏

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP