シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

買わない習慣を身につける方法を書いた記事のまとめ


買わない生活習慣を身につけるコツ方法を書いた記事をまとめました。断捨離の「断」の部分です。

すぐにゴミになってしまうようなものを買わないことは、持たない暮らしはもちろんのこと、節約にも多いに貢献します。

ミニマリストの中には、どんどん買って、どんどん捨てる人もいるとは思います。ですが、私は節約系主婦ミニマリストなので、よけいなものはなるべく買わないようにしています。

買わない生活をするための工夫やヒントを集めた記事20個

元浪費家のミニマリストが教える衝動買いの心理とそれを防ぐ5つの方法
衝動買いを防ぐ、一般的な方法を5つ書いています。買い物リストを作るのはいい方法だと思います。慣れないと面倒ですが。

買わない暮しをするために、節約系ミニマリスト主婦が心がけている10のこと
私がやっている、買わないための10の工夫。この中で一番オススメなのは広告(テレビや雑誌)を見ないことです。広告はとてもうまく作ってあるので、見るとどうしてもほしくなってしまいます。

5つの思考で「買わない」を習慣化~お金をためる生活にシフトする
思考を変えれば行動が変わります。

「買わない生活」をするためにコンビニと100円均一ショップへ行くのをやめてみよう
1週間とか、1ヶ月と期間を決めて、コンビニや100均に行かないようにすると、買い物習慣を変えることができます。

日本の100均はよさそうな物がいっぱいあるので、ついつい買ってしまいますね。しかし、100円といえど、その後自分がその品物にかけるコストを考えると安くはありません。

「便利な店」には要注意です。

節約したいなら知っておきたいスーパーマーケットの買わせる戦略10個
スーパーマーケットは1つでも多くの商品を買ってもらうために、日夜、努力しています。

スーパーの戦略に負けない秘訣は、買い物リストにのっているもの以外の商品は、決して買わないことと、少しでも店内に滞在する時間を短くすることだと思います。

買い物が止まらない女子必見!服を買わない7つの方法
服を買わないコツはいろいろありますが、「そんなにいっぱい服があってもどうしようもない」ということを知ることから始まります。

「着ない服は持たない」というポリシーを持つのもいい方法です。

今日もまたいらない物を買ってしまう5つの理由。無駄遣いはやめられるのか?
人はもともと衝動的に物を買う習性があり、また、脳は新しい物や新しい刺激が好きです。なんとなく退屈な日々を送っていると無駄使いしてしまいます。

目的意識を持って暮らし、目的意識を持って買い物に行くことが無駄使いを減らす極意です。

ショッピングが止まらないあなたに伝えたい。物欲を否定せずに向き合う方法、金子由紀子流。
金子由紀子さんの「引き算する暮らし」という本から、物欲とのつきあい方を紹介しました。

金子さんは、物欲を否定してはいけない、と書いています。

「欲しいモノノート」を作っている人は多いでしょうが、「持っているモノノート」を作っている人は少ないと思います。

捨てたものの記録をとっている人がいますが、むしろ、今自分が持っているものの記録をとったほうがいいと思います。

あまりに多くて、書ききれないはずなので、特に多く持っているものに限定して書いてみるといいです。

「持っているモノノート」を書き始めると、「ああ、自分って金持ちかもしれない」と思うかもしれません。

買い物する習慣をやめる5つの方法。買わない人になって断捨離も節約も加速する
この記事では、習慣の3つのループ(サイクル)を使って、買い物習慣を改める方法を書いています。

習慣の3つのループとは、きっかけ⇒ルーティン(この場合は買い物)⇒報酬です。

何があなたを買い物に走らせるのか?私の買い物が止まらなかった5つの理由
若い頃、どうでもいいものをたくさん買っていた私。その理由を考察しました。当時はインターネットがなかったからまだましだったかも。


ちょっとの間だけ買うのをやめてみる。「買わない暮らし」をするための5つの方法
よく考えてみると、人はずいぶん買い物に時間をかけています。ひまだと買い物してしまうので、買い物以外の有意義な趣味を見つけるのも買わない人になるいい方法だと思います。

断捨離の天敵、無料サンプルや値引き品の誘惑に打ち勝つ5つの方法
お店で、セールになっていると、たいていの人が足を止めますよね?私もセールのシールが貼ってあると、おやっ思います。

ですが、買い物リストにのっていなかったら買いません。なぜなら「安物買いの銭失い」になってしまうからです。

その買い物は本当にお得?節約したいなら知っておきたい3つの販売戦略
見栄をくすぐるヴァニティサイジングは、巧妙なワナです。日本のお店ではないと思いますが。

見栄を捨てると、どんどん節約できます。

こんな方法で無駄遣いを減らす。買い物する言い訳に気づいていますか?
買い物するとき、人は、いろいろともっともらしい理由を見つけて、自分に言い訳して買います。

そんなふうに買うより、「これは今の私に必要だから買うのだ」とすぱーんと気持ちよく買いたいですね。

節約したい人は、特に7番の言い訳に要注意です。

「どっちみちお金ないから、1つぐらい買っても変わらない」という言い訳です。この言い訳、私もずっと使っていましたが、考えてみるとおかしいですよね?

お金がなかったら、その品物、買えないはずですから。予算をたてていたら、こんな言い訳は成立しません。

物が多すぎてストレスいっぱいのあなたへ。「買わない暮し」にする方法と考え方
この記事にある、「買い物、消費、物のメンテナンスににどれだけ時間をかけているか洗い出す」というのはぜひ読んでいただきたいと思います。かなりしつこく書いています。

買わない人の贈り物。ミニマリストのクリスマスプレゼント選び
プレゼントは別に物である必要はありません。この記事では、あまりお金のかからないプレゼントや、物が増えると困ると思っている人へのプレゼントにはどんなものがいいか、紹介しています。

物より、何かしてあげたり、体験をプレゼントするほうが、相手もいつまでも覚えているのではないでしょうか?

買い物好きのための、衝動買いで後悔しない5つの方法
店に行くと、何か買わないといけないと思ってしまう人は多いのですが、そんなことはありません。目当てのものがなかったら、手ぶらで店を出ればいいのです。

「せっかく、店に来たし」とか「わざわざ、ここまで出向いたんだし」と、「せっかく」や「わざわざ」という副詞が頭に浮かんだら、別に必要ではない物を買おうとしている証拠です。

いかにして私は「物を買わないミニマリスト」になったのか?
ミニマリストになったおかげで、かなり買い物が減りました。真剣に自分なりのミニマルライフを追求すると、いろいろいいことがあります。

使わない物をためこむのをやめ、好きなことを楽しむ方法
使わないものをためこんでしまう大本の原因は、買ってしまうからです。なぜ人はいらない物を買ってしまうのか?その理由を3つあげています。

☆買わない生活のヒントをもっと読みたい方はまとめ#2をどうぞ⇒買わない生活入門。買い物のし過ぎ症候群から抜け出す方法のまとめ#2

どうしても買い物が止まらない。買い物依存症を自分で治す方法
「貪(むさぼ)るように買い物をしてしまいます」という読者の方の悩み相談に答えています。買い物しすぎて部屋の中には物があふれているそうです。

もっともっとと欲しがってしまう欲のせいで買い物をしているのなら、必要だから買っているわけではないですね。

なぜそんなに欲張りなのか?自分の本当の気持ちに気づけば、買い物もおさまっていくと思います。そのパワーをほかのことに向ければ、部屋の中もすっきりするでしょう。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索