ベンチで読書する人

ミニマム思考

1つずつ仕事を片付けよう。シングルタスクをする7つのコツ。

毎日やることがいっぱいで、なかなか断捨離まで手が回らない、という方には、シングルタスクをおすすめします。

いろいろを手を出すと、忙しいわりには、どれもちゃんとできず、ストレスばかりがたまる結果になります。

1度にたくさん手出しすれば、たくさんできるか、というとそういわけではないのです。

一つひとつの仕事を確実にすませる、シングルタスクするコツを7つ紹介しますね。



大前提:シングルタスクのメリットを確認

最初に、なぜ、シングルタスクをしたほうがいいのか、シングルタスキングのよいところを確認します。

人は、自分にとって価値が見いだせないことは、やる気になれないからです。

シングルタスクの利点は、過去記事に書きましたが、改めてまとめておくと、

1)ちゃんと集中できるので難しい仕事もできる

いろいろなことに気を散らさず、1つの仕事のみにフォーカスすれば、骨の折れそうな仕事もちゃんと終わります。

失敗も少ないです。

2)頭が疲れすぎない

1度にいろいろやろうとすると、脳が疲れます。

これは実際にやってみればわかると思います。Aをやっていて、Bも始めて、またAに戻ったら、「あれ、どこまでやったっけ?」とか、「あれ、何をしようとしていたっけ?」と思ったりしませんか? 

3)ストレスが減る

複数のことを同時にやっているとき、脳は高速で、フォーカス先を切り替えています⇒マルチタスクが脳に負担をかけ仕事の効率を落とす理由。1つのことに集中しよう

Aをやっているとき、Bは待ちの状態になり、常に、未完了のタスクをかかえながら、仕事をすることになります。

これが、ストレスを引き起こします。

一つひとつ確実に片付けていけば、そのたびに、達成感を得られて、気分がいいです。





4)タスクの管理が楽になる

洋服がたくさんあると、管理が大変になるように、マルチタスクをしようとして、短い期間に、いろいろな仕事を詰め込むと、その管理に時間を取られます。

スケジュール管理が好きな人もたくさんいますが、仕事をたくさんしようとして、やる順番を考えたりすることに、時間とエネルギーを取られすぎて、肝心の仕事は意外に進んでいないものです。

手帳を書いたり、スケジュール管理するためのデジタルツールを使ったりしているだけなのに、自分はすごく仕事をしている、という錯覚と快感を感じ、実は仕事は全くできておらず、毎年同じことを繰り返しているだけ、という人もいます。

次に、シングルタスクをする方法に移ります。

1つずつ仕事をするだけなので、べつに難しくないのですが、これまで、マルチタスクをするのが当たり前だと思って、いつもマルチタスクをしていた人は、最初は1つだけやることに、抵抗があるかもしれません。

本当に大事なことに取り組むために、邪魔をするものを排除するとうまくいきます。

1.大事なことだけにフォーカスする

よけいなことや物を捨てて、大事なことだけに意識を向けるミニマリストのライフスタイルを、タスクへの取り組みに応用します。

To-doリストを書いたら、「きょう、どうしてもやりたい1つのことって何?」と自問し、その1つだけを確実にやるようにします。

To-doリストとは? ⇒段取りのいい家事や片付けを可能にする、5つのシンプルなツール。

あれもやりたい、これもやりたい、と欲張るから、1度にたくさんのことをして、全部片付けちゃおうという発想になるのです。

どうしてもやりたいことを1つだけを選んで、それだけに集中するクセをつけてください。

大事なことを選ぶのは、スケジュールに限らず、何かを選ぶときは、いつも心がけます。

バイキングに行って、全種類食べようとするのではなく、本当に食べたい物を1つだけ食べる、洋服を色違いでそろえるのではなく、本当に好きな色を1つだけ選ぶ、という具合です。

2.現実的な予定を立てる

その日のタスクには、現実的な時間の割り振りをして、1つひとつを確実に済ませるクセをつけます。

私は、昔、To-doリストに、やりたいことを全部書いていた時期がありますが、必ず、やり残しがありました。それは翌日のTo-doリストにのりましたが、その日も、いろいろ詰め込んだため、やはり、やり残しが出ました。

「こんなんじゃ、リストを書く意味がない」と思った私は、その後、それぞれのタスクにどれぐらい時間がかかるのか、時間を測って、実現可能なスケジューリングをするようにしました。

1時間で終わると見積もったものは、たいてい1時間半ぐらいかかるので、余裕をもたせたスケジューリングをしています。

3.静かな環境で作業する

音に気を取られて、知らないうちにマルチタスキングになってしまうことがあります。

パソコンに向かって文書を書いているとき、メール着信の音がすると、そちらに意識が向いて、メールをチェックしてしまえば、文書作成とメールチェックという2つを同時進行させる結果になります。

このようなことがないように、できるだけ音の妨害を減らしてください。

電話がばんばんかかってくる会社だと、静かに作業をするのはむずかしいと思いますが、メールの着信(ノーティフィケーション)を切ることは、自分でコントロールできます。

よけいな音が鳴らないように、自分でできることを探してみると、意外とたくさんあるものです。

4.視覚的な邪魔のない環境で作業する

視覚的に気を取られてマルチタスキングになることもあります。

テレビを見ながら、洗濯物をたたむ主婦は多いみたいですが、シングルタスクをすると決めるなら、しばらく、テレビはテレビ、洗濯物たたみは、洗濯物たたみと切り離してください。

洗濯物をたたむのが嫌いだから、テレビをつけて、気を紛らせながらやっているのかもしれませんが、ものをたたむ作業は、真剣にやってみると、無心になれて心が落ち着くものです。

1着ずつきっちりたたんでいくから、達成感もあります。

洗濯物をたたむのがどうにもこうにもめんどくさい、と逃げている人は、一度覚悟を決めて、洗濯物をたたむことに正面から向き合ってはどうでしょうか?

パソコン作業をするときは、あらかじめデスクをきれいにしておき、目をあげたところに、ごちゃごちゃしたものがないようにしておきます。

パソコンに向かって、いやいや宿題をやっていると、ふと目に入った本棚のぐしゃぐしゃが気になり、整理したくなって、宿題が終わってないのに、片付けを始めて、マルチタスキングになる、なんてことがありますから。

日頃から、作業環境をきれいにしておくと、シングルタスクをしやすくなります。

5.心の中のガラクタを整理しておく

Aというタスクをやっているとき、「そういえば、Bもやらなきゃいけなかったんだよね」と思いつき、Aをやりながら、Bについて考え始めたら、それはマルチタスキングです。

このようなことがないように、やらなければいけないことは、あらかじめ、紙の上に書き出しておき、「順番にやるから、いまはAに集中すれば大丈夫」という状態にしておきます。

日頃から、雑念を紙に書き出しておくと、わりとすっきりした気持ちで、1つひとつの仕事に集中できます。

私は、モーニングページを利用して、心の中のガラクタを片付けています⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

仕事をする前に、3分だけ時間をとって、これからやるべきことや、気になっていること箇条書きするだけでも、脳内の整理になります。

ガラクタが心の中にありすぎると気が散って、それがマルチタスキングを引き起こすので、日頃から、整理するくせをつけてください。

6.ツールを最小限にすることを意識する

道具がありすぎると、自分はたくさんのことができるはず、という錯覚に陥ります。

車があると、いろいろなところに寄れますが、車がなければ、たぶん、午前中に1箇所、午後に1箇所ぐらいしか行けません。

じゃあ、車があったほうがいいのか、というと、そうとも限りません。少しの場所しか行けないから、本当に行かなければならない場所、本当に行きたい場所にしか行かない徒歩人間のほうがいい、という考え方もできます。

いま、多くの人が、1度にたくさんのことをしようとし、毎日、予定を詰め込み、大急ぎで動いているわりには、満足できないのは、便利な道具があるからこそではないでしょうか?

便利そうなツールを、どんどん家に持ち込むのではなく、厳選して導入するようにしてください。

絶対、ストレスが減ります。

7.本当にやりたいことをやる

やることを減らすために、何かをやる前に、

●本当にこれはやる必要があるのか?

●本当に私はこれがやりたいのか?

この2つを自問する習慣をつけます。

複数の仕事を一気にやろうとして、がんばっている人は、やらなくてもいいことまでやっているものです。

処理中の仕事や、進行中の仕事、仕掛品(しかかりひん、製造途中のもの)を英語では Work in progress (ワークインプログレス、略して、WIP ウィップ)と言います。

マルチタスクが好きな人は、いつもたくさんのWIPをかかえています。

ですが、よく考えてみると、自分自身も実はWIPです。死という結末に向かって、毎日、少しずつその工程を進めています。

誰でも必ずいつか死ぬので、生きている間はやりたいことをやったほうがいいと思います。

本当にやりたいことをしようと心がけると、やらなくてもいいことを手放しやすいんじゃないでしょうか?

関連記事もどうぞ⇒マルチタスキングはやめてモノタスキングをしよう(TED)

*****

先日、「もうすぐ受験だけど、部屋の中の片付けもしなきゃいけいので、どうしたらいいですか」というメールをもらいました。

そこで、この記事を書いてみました。いま、一番やりたいことをやってください。





シンプルにいけた花なぜ人はミニマリストを目指すのか?  ミニマルライフが人気を集める理由。前のページ

シェアリングエコノミーのメリットとデメリット(後編)次のページスマホを見る人

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 怒ってる人

    ミニマム思考

    被害者的発想をやめる7つの方法(前編)、悪いのは私じゃない誰かだと思い込みすぎていませんか?

    何かに悩んでいるとき、しばしば、人は、被害者意識が強くなりすぎて、ます…

  2. 考えている人

    ミニマム思考

    考え方を変えれば、もっとシンプルに生きられる。

    読者が、ほかの読者にすすめたい記事を紹介しています。今回は、思考を変え…

  3. お年寄りの手

    ミニマム思考

    超高齢化社会を乗り切る答えはミニマルライフにあった

    今回のテーマは高齢化社会です。日本はすでに高齢化社会になっていますが、…

  4. 嫉妬

    ミニマム思考

    妬みやひがみ、嫉妬の気持ちを解消する現実的な7つの方法

    マイナス感情を断捨離するシリーズ。今回は、ネガティブな気持ちの代表であ…

  5. ベンチで読書

    ミニマム思考

    使わない物をためこむのをやめ、好きなことを楽しむ方法

    使わない物をためこみ過ぎて苦しむ生活から、自分の好きなことを楽しむ生活…

  6. 悪口を言う少女たち

    ミニマム思考

    人に認めてもらいたい気持ちを手放す7つの方法。もっと、シンプルに暮らしたい人へ。

    他人の承認を求めすぎない方法を7つ紹介します。人に「素敵ですね…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,068人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 心穏やかな人
  2. 大きなバッグ
  3. 積み重なった書類
  4. 家計簿をつける女性
  5. 食事をするシニアの夫婦
  6. 手のひらの上の小銭
  7. 雑貨屋で買い物する女性
  8. ゴミ出し
  9. 歯がきれいな若い女性
  10. 窓のそばにたたずむ女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. コスモス
  2. 不用品を捨ててスッキリ
  3. たんす
  4. 雨
  5. 見つめる女性
  6. 家事をする主婦
  7. ブランコに乗る女の子
  8. 貯金箱
  9. セブンイヤーボールペン
  10. 腕時計

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP