秘密のケーキ作り

ミニマルな日常

マドモアゼルいくこの「秘密のケーキつくり」~断捨離せずに持ってるお菓子のレシピ

何でも捨てるミニマリスト筆子がいまだ断捨離せず持っている本のご紹介です。

今回は、ケーキの天使、マドモアゼルいくこさんの「秘密のケーキづくり」です。

家庭でできる簡単なお菓子の作り方の本で、私にお菓子を作る楽しさを教えてくれた一冊です。

お菓子を作るのをやめたのに、なぜ「秘密のケーキつくり」を持っているのか。

その理由は

1.初めて買ったお菓子の本だから
2.マドモアゼルいくこのオリジナルなセンスが好きだから
3.お菓子を中心にした自分史だから

この3つです。

1つずつ説明しますね。



「秘密のケーキつくり」の3つの魅力

1.初めて買ったお菓子の本だから

この本、奥付を見ると1978年出版です。私は初版を買ったと思います。当時、短大生でしたが、セントラルパークという名古屋の地下街にあった丸善で、平積みになっていました。

当時は、お菓子など一度も作ったことがありませんでした。

ところが、なぜかこの本を、吸い寄せられるように買ってしまったのです。表紙には「おいしくて太らない 簡単で失敗しない」と書いてありました。「簡単」というところにひかれたのでしょう。

買ってすぐは、お菓子を作らず、ちらっと読んだだけで終わりました。積ん読したわけです。

私がこの本を片手に、ちゃんとお菓子を作り始めたのは、27歳で会社をやめた夏。

暇だったので、断捨離も始めましたが、
断捨離を始めた5つのきっかけ~私はなぜミニマリストになったのか(2)

お菓子も作っていたのです。

初めて作ったお菓子は、1番最初にのっている「ヨーグルトポムポム」。これ、本当に簡単だし、まあまあおいしいです。ヨーグルトとサラダ油を入れるので、リッチなケーキではありません。

母が昔から使っていたかなり古い、真っ黒の点火(オーブン)に生地を入れ、「ちゃんとできるかな?」と期待と不安と暑さで、よれよれになりながら焼き上がりを待っていたことをよく覚えています。

お菓子はもちろん、料理もろくに作ったことがなかった筆子が、ちゃんと焼き上げることができたのですから。看板にいつわりはなかったといえます。少なくともこのレシピは。

できあがりは上々。母と半分こして食べました。これ、冷やしてもおいしいです。焼きたてのほうが好きですけど。

会社をやめたものの、次の就職先は決まっていなかった、モラトリアムの夏。開放感を感じながらも、先の不安もあり、なんとも微妙な心持ちで毎日暮していました。

そんな暮しの中で、この本を読みながら、見よう見まねでお菓子を作る時間はとても楽しく、心をなぐさめてくれたのです。





2.マドモアゼルいくこのオリジナルなセンスが好きだから

著者のマドモアゼルいくこさんこと、潟口いくこさんは、プロの料理家ではありません。少なくともこの本を出したときは、武蔵野美術大学の学生さんでした。

何を専攻していたのか知りませんが、イラストが得意で、本の中に彼女の描いた不思議な動物やケーキのイラストがのっています。この本、写真はなくて、すべてイラストと文章で構成されているのですね。

表紙以外は、イラストはすべてモノクロ、これが独特の楽しさをかもしだしています。プロセス写真や、カラフルなできあがりの写真がない代わりに、絵本のような、ファンタジックな魅力がありました。想像力をかきたてられる本なのです。

彼女は独創的なケーキを作ることを信条としていて、お菓子の名前もいちいち変わっています。いわゆるふつうの呼び名のケーキもありますが、満月ケーキ、黄金ケーキ、大理石、善悪ケーキ、ヴィーナスの腕などユニークなものも。

いったいどんなケーキなんだろ、と目次を見ただけでわくわくしていました。

特に好きだった「大理石」

大理石のレシピ

これはいわゆるマーブルケーキです。外側はどうってことないケーキですが、切り分けると、本当に中が黒と白のまだら模様で大理石のようになります。バターを使わずマーガリン使用。味はケーキというよりカステラぽかったです。

この本にのっているのは、いわゆる正統派のレシピではないので、お菓子作りを習った人や、「ちゃんとしたお菓子作り」にこだわっている人が読むと、一言あるレシピが多いかもしれません。

マーガリンをたくさん使っているのも、今の時代には合いません。マーガリンにはトランス脂肪酸がたくさん入っている恐れがありますから。

トランス脂肪酸のこと⇒私がジャンクフードや市販のお菓子を避ける理由~トランス脂肪酸はこんなふうに健康によくない

ちょっと変わったレシピもあるし、マドモアゼルが夢で見たキャベツのケーキのレシピなんてのもあります。

ですが、そういうある種、アナーキーな自由の風が吹いているのがこの本のいいところなのです。

お菓子作りが大好きで、お菓子を作っていると本当に幸せ、その幸せもみんなにもわけてあげたい、そんな著者の気持ちがいっぱい詰まっています。

3.お菓子を中心にした自分史だから

実は「お菓子作りが初めての人でもちゃんと作れるように、説明を詳しく書いた」、と本にあるわりには、レシピを読んでも、よくわからないことがけっこうありました。私が初心者過ぎたのかもしれません。

そんなとき、よく母に質問したり、図書館に行って、ほかのレシピ本と付きあわせて調べていました(よっぽどひまだったようです)、そうやって教えてもらったこと、調べたことは本にじかに書き込みました。

さらにケーキを作った感想とか、これからそろえたい型のことなど、余白にちょこちょこ書いており、さながら自分専用のお菓子作りのノートとなっています。

27歳の夏にメモしたものもあれば、子供が生まれてから書き付けたものも。

ほぼ30年にわたって使っているので、その時々の感想が書いてあり、これが自分で読んでいてたいそう面白いのです。母の天火は古くて、パワーがなく、バナナケーキ(バナーヌガトー)を焼くのに2時間かかったことも。

型や道具を何も持っていなかったので、近くの電気屋さんにハンドミキサーを買いに走ったことや、千趣会のお菓子作りのの会に入ったことも、日付け入りで書いてあります。千趣会の会では、毎月、型と、お菓子の材料のキットが送られてきました。これで買ったパウンド型をいまだに使っています。

そんな自分の書き込みを読むたびに、その日にタイムスリップします。オーブンから漂ってくる甘いお菓子の匂いや、暑い夏の日のこと、子供がボールに残ったケーキの生地を指ですくって食べている姿が浮かんできて、まるで映画を見ているような心持ちになるのです。

なんとも安上がりな楽しみですね。

2015/7/30追記:結局断捨離しました

結局、この本も断捨離しました。「過去半年さわらなかった本は捨てる」というルールに従って。捨てても特に困ったりはしません。

まあ、いわゆる「思い出の品」の範ちゅうだったので、困ることはないのです。

私は、以前はお菓子を作るのが趣味でした。子供のおやつにしようと毎日のようにお菓子を焼いていました。

ふだんのおやつにはクッキーやマフィン、簡単な焼菓子を、クリスマスにお菓子の家を、バレンタインデーにはチョコレートのお菓子を、といった具合。

こちらの台所はみんな大きなオーブンがついているので、お菓子を焼きやすい環境です。

しかし、そんな子供も大きくなり、私は白砂糖をとるのをやめ、すっかりお菓子作りから、遠ざかっています。

白砂糖をやめた話⇒白砂糖はこんなに体に悪い~私が砂糖をやめた理由とは?

料理本、レシピ本、全捨てしています⇒料理本を断捨離(全捨て)した。いくらレシピがあっても料理上手にはなれない

「秘密のケーキづくり」は一時期、毎日のように眺めて楽しんでいましたが、もうその時代は終わったのです。

楽しかった思い出とか、この本を見ながらお菓子を作った体験は私の中にしっかり残っているので、本がなくても大丈夫です。





spark joy「TIME」の100人に選ばれた近藤麻理恵と記事を書いたジェミー・リー・カーチスの意外な共通点前のページ

洗濯物の量と洗濯の回数を減らす簡単な方法~服の数が少なくても大丈夫次のページ洗濯

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. リビングルーム

    ミニマルな日常

    ちゃんと物を捨てているのに、部屋のごちゃごちゃが解消されないときの片付け方(後編)。

    気づけばもう何年も断捨離や掃除をかんばっているけれど、いっこうに部屋は…

  2. シャムロック

    ミニマルな日常

    セントパトリックデーに緑色のものを身につけると幸運が訪れると言われる理由。

    3月17日はセントパトリックデー(聖パトリックの日)。アイルランドにキ…

  3. 疲れているお母さん

    ミニマルな日常

    片付けが嫌になったときの7つの対処法。

    4日前に読者からいただいたメールに、「もう実家の汚部屋はあきらめるしか…

  4. 2020年に向かって

    ミニマルな日常

    やりたいこと、片付けたいもの:2020年、わたしの今年の目標。

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は、今年の生活目標を教えてく…

  5. レス・イズ・モア

    ミニマルな日常

    物が少ない生活の具体的なメリットとは?(前編)

    所持品が少ないと、掃除が楽になりそうな気はしますが、それ以外に何かメリ…

  6. 汚部屋につかれた女

    ミニマルな日常

    確実に汚部屋から抜け出す方法。小さな行動目標を立ててクリアしていく。

    悩んでばかりいず、汚部屋を片付けるという行動に移るために、目標を立てて…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,300人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 遺品整理
  2. 意思決定をしている人
  3. ひまわりとあじさい
  4. 子供部屋
  5. 短くなった鉛筆
  6. 服を買っている人
  7. ヴァイオリンを見ている人
  8. 片付けるべき部屋
  9. 閉じ込められている人
  10. クローゼットから衣類を取り出す女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ボーダーのトップス
  2. 本の整理をしている女性
  3. ハンバーガー
  4. 歯
  5. 古い写真
  6. 汚部屋
  7. コクヨパワーフィット
  8. 絵を描く人
  9. 服がぎっしりのクローゼット
  10. 食器棚(ドールハウス)

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP