キンドル

ミニマリストの持ち物

Kindle(キンドル)を4つも持っている1番の理由は老眼にやさしいから

Kindle(キンドル、amazonのEリーダー)を愛用して、いま4つも手元にあります。のメリットなどお伝えします。



初めてのKindle

初めてKindleを手に入れたのは、今からおよそ5年ほど前。2010年の春です。自分で自分に誕生日プレゼントとして買いました。

買ったのは当時の最新モデルであったKindleの2世代目。このときは、まだカナダにアマゾンがなかったので、アメリカのアマゾンに注文しました。

本体の値段と送料、手数料を合わせて345ドルも払いました。値段が張るので購入を迷いましたが、家族は私の誕生日をすっかり忘れていたし、「誰も何もくれないから買ってやれ」という気持ちで購入ボタンを押したのです。

Kindle2

Kindleを買った理由

電子書籍は場所をとらない

Kindleを買ったのは、もちろん本を読みたいと思ったからですが、当時からシンプルライフを目指していた筆子は、「読んだ本が邪魔にならない」、という点に強くひかれました。

電子書籍だからと言って、ものすごく安いか、というとそうとも言えません。パブリックドメインの本は無料で、無尽蔵にありますが、そんな本をたくさんダウンロードしても、読む時間がそこまでとれるわけでもありません。

ですが、読んだ本のデータをKindleにあの小さなKindleに納めておけるのは魅力的です。Kindleから削除してもアマゾンのサーバー上に置いておけます。

筆子は、1度本を買ってしまうと、愛着が出て、たぶんもう読み返さないのに、処分するまでにあれこれ悩むほうです。

初代Kindleを買ったとき、好きで読んでいたコージーミステリのシリーズのペーパーバックが10冊あまり本棚に並び、貴重なスペースを奪っていましたが、なかなか捨てられませんでした。

最初からデータで買ってしまえば、こうした迷いから逃れられるのではないかと思ったのです。

文字を大きくできる

Kindleは、文字の大きさや行間を調節できるので、細かい字がびっしり並んでいるペーパーバックより読みやすいだろうと期待していました。

実際、Kindleを手にしてみると、まずKindle本の買いやすさに驚きました。サンプルを取り寄せ、サンプルの最後の「買う」というところを押せば、あっというまに本がまるっと1冊ダウンロードされるのです。

あまりに簡単に変えるので「買いすぎないようにしなければ」、と思ったものです。「お金を出して買う本は一冊読み終えてから買うこと」というルールを自分に課しました。

だいたいそれは守れていますが、サンプルと、無料の本をうっかりダウンロードしすぎて、Kindleにためてしまったことは何度かあります。

肝心の読みやすさですが、初めてKindleを読んだときこそ違和感があったものの、すぐに慣れて、以来便利に使っています。

☆初めてKindleを買ったときの話はこちらにも書いています⇒【期間限定セール】筆子の「1週間で8割捨てる技術」の電子書籍が半額です。

文字の大きさを変えることができるのは、老眼の筆子にはとてもうれしいことです。

老眼の話⇒私が1番年を感じる時

増えていったKindle

最初はKindle2を持っていただけでしたが、その後、折々に新しいモデルを買い、 現在は4つもKindleを持っています。

1つはファイヤーというタブレット。これはもっぱら動画を見たり、音声を聞いたりするのに使っています。とても音がいいです(筆子的には)。☆2016/07/15、筆子注:このタブレット気に入ってましたが、こわれました。

もう1つはペーパーホワイトで、これは日本のアマゾンにひも付けています。最後は、その前の前の世代の、読むだけの単一機能の1番安いKindle。これは日本のアマゾンにはありません。これをカナダのアマゾンにひも付けています。

1番最初に買ったKindleはもういらないはずなのですが、実はここにダウンロードした本でまだ読んでいないのがあるので捨てられないのです。

Kindleを新調したら、通常自分のデータを新しいKindleに移行できます。

しかし随分前に、アマゾンのメールアドレスを変更したとき、何がどうなったのか、アマゾンのサーバーにあったこれまで買ったKindleのデータをきれいさっぱり失ってしまいました。

そのため、古いKindleにしか残っていない本のデータがあるというわけ。

まずはこちらを読んでしまわなければいけないのですが、1番新しいペーパーホワイトが1番使いやすいので、こればかり使ってしまいます。

中身をもう読みそうにないから初代Kindleは断捨離すべきかもしれません。皮肉なことにこのKindleに中に「ミニマリストの本」も入っているのです。

後日談:その後、キンドルは3つに減りました。

初代キンドル(セカンドジェネレ=ション)と、現行のキンドル2つです。1つは日本のアマゾン用、もう1つはカナダのアマゾン用として使っています。

ペーパーホワイトはバックライト付きで、目が疲れるから、バックライトのない、一番安いキンドルを書い直しました。

使わないキンドルは初期化して、娘にあげました(娘は自分の不用品を売ってお小遣いを作っています)。

まだ初代キンドルを持っているのは、このキンドルだけ、初期化できなかったからです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 無印良品で買い物をする女性

    ミニマリストの持ち物

    私が使っている無印グッズ。なぜ日本のミニマリストは無印良品が好きなのか?

    日本に帰ったとき、ある友人に、「なぜミニマリストは無印良品が好きなの?…

  2. 赤いジョギングシューズ

    ファッションをミニマルに

    靴は4足持っています~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

    ミニマリスト筆子の靴をご紹介します。現在4足持っています。これ…

  3. ツイン手帳

    ミニマリストの持ち物

    ツイン手帳を愛用中~50代節約系ミニマリスト主婦の手帳術

    ミニマリストの持ち物シリーズ。今回は手帳です。私の持っているスケジ…

  4. 帽子

    ファッションをミニマルに

    実用性重視で選んだ4つの帽子~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

    50代節約主婦ミニマリストの持ち物公開シリーズ。きょうは帽子です。帽子…

  5. 亜麻(フラックス)の畑

    ミニマリストの持ち物

    ミニマリストが教えるワンランク上のふきん~リネンのキッチンクロスの使いやすさの秘密

    あまり物にこだわりのない筆子ですが、ふきんのおすすめを聞かれたら、「リ…

  6. 何もない部屋

    ミニマリストの持ち物

    たぶんこんなものはいらない。ミニマリストの部屋にはない物リスト:リビングルーム編

    最小限の物しか持たないミニマリストたちは、ふつうの人があたりまえのよう…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

885人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. オンラインショッピング
  2. 木製の食器いろいろ
  3. お金の計算中
  4. 積み重なったタオル
  5. 貯金箱
  6. ティッシュペーパー
  7. 買い物
  8. ゼロ・ウェイストな暮らし
  9. 会話する友達同士
  10. 年を取っていても幸せそうな女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ハーブティーを飲む女性
  2. 散らかった部屋
  3. バイキンにやられる歯
  4. 服を買う
  5. 夫婦喧嘩
  6. スマホ
  7. 靴がほしい女性
  8. 散らかった部屋
  9. レス・イズ・モア
  10. 忙しいママ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP