シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

ミニマリストが教えるワンランク上のふきん~リネンのキッチンクロスの使いやすさの秘密


あまり物にこだわりのない筆子ですが、ふきんおすすめを聞かれたら、「リネンが1番いいです」、と答えます。現在使っているふきんは、もらいものの2枚(綿)をのぞいてすべて同じデザインのリネンのクロスです。なぜリネンのクロスが好きなのかその理由をお伝えします。

ふきんと書くと、小さいのを想像するかもしれないですね。こちらではディッシュクロスと呼ばれる大判の長細いふきんです。

リネンとは?

リネンも麻は同じ意味で使われることが多いのですが、厳密にいうと、リネンは麻の仲間の、亜麻(あま)の繊維で織られた生地のことです。

亜麻の種からは亜麻仁油がとれます。亜麻の茎から取れる繊維がリネン(リンネルとも呼ぶ)なのです。英語で亜麻はFlax(フラックス)です。

亜麻は青い花が咲きます(トップの画像)。

草の茎から取れる繊維はいろいろあり、ほかに、「大麻」(ヘンプ)、「黄麻」(ジュート)、「苧麻」(ラミー)、「洋麻」(ケナフ)などありますね。リネンはとても柔らかく、こうした布の中では高級な繊維です。

関連⇒健康にいい麻の実のとれる大麻と薬物の大麻の違いとは?

リネンの3つの特徴

1.丈夫で強い

長持ちします。

2.吸水性と発散性にすぐれている

リネンのシャツはさらっとした肌触りがしますが、これはリネンが汗をよく吸い取るからです。吸水性は綿の4倍です。

また熱を発散するので、リネンのシャツを着ていると涼しく感じます。

3.汚れにくい

リネンにはペクチンが含まれているので、繊維の奥まで汚れが入り込まないようになっています。よって、清潔に保てるし、汚れが落ちやすいのです。

ちなみに、日常使うシーツ、枕カバーなどのこともリネンと呼びます。病院やホテルのシーツの素材はリネンが多かったので、「リネン」と総称するようになりました。

リネンのディッシュクロス(キッチンクロス)

リネンのキッチンクロス

現在4枚所持しております(1番右はまだおろしていません)。

リトアニアのリネンで大きさは45cmX65cmと大判です。2年前に買ったものが2枚、今年買ったものが2枚です。地味に見えますが、こういう色のほうが汚れが目立たないのです。

これはfogの製品です。fogにはいろいろなリネン製品がありますが、ディッシュクロスに使っているのは、太い繊維だと思います。だから、高級リネンの手触り、という感じではありません。しかしその分丈夫だし、使い込んでいくうちにどんどん柔らかくなります。

娘が小さかったころ古着でリネンのワンピースを買ったことがありますが、この布がとても手触りがよかったです。

筆子が体感しているリネンのふきん(キッチンクロス)の7つのメリット

1. 丈夫で長持ち。
3~5年はもちます。洗濯機でガシガシ洗ってもOK

2. 乾きが速いので衛生的。
臭くなりません。臭くならないということは雑菌が繁殖しにくいのだと思います。

3. 濡れても綿のふきんのようにベチャベチャにならない。

4. 毛羽立たないので、食器がきれいにふける。

5. 一見、濡れてるように見えるふきんでも、ふいてみると、食器の水気がきれいに取れる。リネンの吸水性のなせるわざです。

6. 大判なので、大きなもの(鍋など)をふきやすい。

7. ふきんそのものについた汚れが落ちやすい


リネンのキッチンクロスのデメリット

1. 値段が高い
あまりデメリットは感じませんが、しいて言えば値段が高いですね。筆子は、1枚税込み1242円で買っています。

ふだん安いふきんを使っている場合、「とんでもない」お値段かもしれません。ですが、本当に丈夫だし、すぐに乾くのでそんなに枚数がいらないので、結局はお得だと思います。

私は、fogの厚手のディッシュクロスを使っています。

2. かけるところに困るかもしれない。

西洋仕様のサイズなので、日本のふきんかけには、大きすぎてかからないと思います。クロスにループがついているので、フックのようなものがあればひっかけておくことができます。

私はオーブンのドアについてるハンドルにかけています。
ディッシュクロス

私は楽天市場で買っています。2枚買うと送料無料になるアロマージュという店を利用。実家に送ってもらってます。

この店、名古屋にあるのも買っている理由の1つです。筆子の実家は名古屋なので。通販でもほかの条件が同じなら、できるだけ近い店から買っています。

*******

日本では白雪ふきんが人気のようですね。これは素材は綿とレーヨンの混紡で、折り方は蚊帳(かや)です。

蚊帳というのは、私も子供のころ使ったことがありますが、夏の夜、蚊にさされないように、天井からつりさげて、寝床をおおうネットみたいなもの。

だから白雪ふきんの織り目はネットみたいなんだと思います(実物を見たことなし)。これはサイズが30センチ四方なので、台拭きなんかにいいかもしれません。

でも大きいクロスを使いなれると、やはりそちらのほうが使い勝手がいいです。リネンのクロスは漂白などはする必要ないですし。

お気に入りのふきんを持っていると多少家事も楽しくなります。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索