散らかった部屋

ミニマルな日常

片付けられる人と片付けられない人の7つの違い。

部屋をきれいに片付けることができる人と片付けられない人は何が違うのでしょうか?

主婦ミニマリストである自分の生活と、汚部屋傾向のある大学生の娘の生活を比較して違いを探りました。

その結果、ちょっとしたことが大きな違いを生んでいることがわかりました。今回の私の発見は7つです。



1.優先順位

片付いた部屋に住んでいる人は、そのような部屋に住むことを大事だと思っており、そういう現実を手に入れるために、時間とエネルギーを注いでいます。

大事に思っている、とは「人生における優先順位が高い」ということです。

優先順位が高いので、時々、そのへんに出ているものを拾って、所定の位置にしまいます。たまにはほこりをはらったり、掃除機をかけたりもします。

とはいえ、こうした行動は長年の習慣になっているので、本人はそこまでしゃかりきになって、「きれいにしなくちゃ!」とがんばっているわけではありません。

散らかっている部屋を好む人は、部屋の片付けをするより、もっとやりたいことや大事なことがたくさんあり、そちらをやることを優先しています。よって、部屋は散らかったまま放置されます。

2.持ち物の量

たとえ、片付けの優先順位が高い人でも、所持品の数が多ければ、片付けや整理整頓に時間がかかるため、片付かない状態のまま、何年も過ごす、なんてことが起きます。

片付けに費やす時間も体力も有限だからです。

物が多ければ、それだけ収納スペースが必要になりますが、スペースも有限なので、物があふれて散らかります。

私は、娘に比べてずっと持ち物の数が少ないです。

娘はこの世にまだ18年ちょっとしか生きていないのに、ものすごい勢いで(私の目から見ると)、物を所有しています。現在の私の衣料品の数は14着ですが、娘は軽くその20倍は持っていそうです。

先ほど娘のクローゼットにぶらさがっている服(ジャケット類、ワンピース、パーカー、トレーナー、その他のトップス、Tシャツは除く)の数を数えたら、なんと65着もありました。

私も、もし65着も服を持っていたら、もっと部屋が散らかるでしょう。

趣味や興味が多すぎて、物を持ちすぎると、片付けが困難になります。

3.掃除のやり方

きれいな部屋に住んでいる人にとって、掃除とは、床やテーブルの上で散らかっているものを元の場所に戻してから掃除機をかけたり、拭いたりすることです。

一方、散らかった部屋に住んでいる人は、物を所定の位置に戻さず、ベッドの下に押し込んだり、とりあえず部屋のコーナーに積み上げたりします。

目の前から、物がなくなって、比較的目立たない場所に移動すればよい、という考え方です。

しかし、片付けとは、出ているものを元の場所に戻すことなので、これは根本的にやり方が間違っています。間違ったやり方で、何年も過ごしているので、部屋はいつまでたってもきれいになりません。

連休や長期の休みに、大がかりな掃除や断捨離をすることになります。



4.物をしまうかしまわないか

きれいな環境に住んでいる人は、物を出したら、比較的早く元の場所にしまいます。ところが、ぐしゃぐしゃの部屋に住んでいる人は、「出したらしまう」という発想がまるでありません。

部屋がきれいな人が、必ずしもミニマリストとは限りません。物をいっぱい持っていても、一見部屋がきれいな人はたくさんいます。

こういう人たちは、物を出して使ったら、その都度しまっているのです。だから散らかりません。

私も出したらすぐにしまうほうなので、しまわない人の気持ちがよくわかりません。

これは性格というよりも、習慣の問題だと思います。

というのも、私も高校生のときは、わりとぐしゃぐしゃな部屋に住んでいた気がするからです。

まあ、子供なら散らかすのもわかります。

子供はおもちゃを散らかしつつ、いろいろなことを学んでいます。これは成人になるために通らなければならない発達段階の1つでしょう。

しかし、大人はもう発達しきっているわけですから、散らかす理由はありません。

習慣を変えれば、片付けられるようになります。

出したらしまう人になる方法⇒なぜ物を出しっぱなしにするのか?その5つの理由と対策法。

5.不用品を捨てるか、捨てないか

汚部屋には、明らかにもう不用なもの、つまりゴミがたくさんあります。

ゴミはゴミ箱に捨てて処理すべきなのに、なぜか汚部屋の住人はゴミ箱に捨てません。その理由は不明です。単にズボラなのかもしれません。

娘のチェストには飲み終わったペットボトルや食べ終わったお菓子の袋がのっています。一歩踏み出せば、ゴミ箱があるというのに。

歩くのが嫌なら、ゴミ箱に向かってゴミをほうり投げればいいだけです。

「どうしてゴミをゴミ箱に捨てないの?」と聞いても、明確な答えは返ってきません。答えが返ってこないどころか、「自分の部屋を自分の好きなように使って、何が悪いのか?」という挑戦を受けます。

ゴミをちゃんと捨てていても、不用になったものを捨てずにいつまでも取っておくと、ガラクタが溜まり、部屋はなかなかきれいになりません。

ガラクタとはたとえばこういう物です⇒あなたが捨てるべき4つのガラクタとは?~カレン・キングストンに学ぶ

ちょっと気づきにくいガラクタもあります⇒隠されたガラクタを発見する3つのコツ。もう物をためこんでいる時代ではない。

6.心理状態

汚部屋に寝起きしている人の心理状態はたぶん混乱しています。対して、きれいな部屋に住んでいる人は、比較的穏やかな心理状態です。

「いらない物を捨てたら、イライラがなくなった」というメールを読者の方からたくさんいただいています。

娘の心模様がどんなふうなのかわかりませんが、「混乱しているのかもしれない」と思わされることがありました。

先日、「今年はあまり勉強に集中できなかったけど、2年生になったら本気だしてがんばる」と娘が言いました。

カナダの大学は9月に始まり、4月の始め頃、1年目の授業が終わり、現在は期末試験の最中です。また9月になると2年目が始まります。

「どうして勉強に集中できなかったの?アルバイトやジムで忙しすぎるのかもね」と聞いたら、「いろいろと考えることが多すぎて」という返事が返ってきました。

娘はお金の心配はしなくてもいいはずだし、家事もしなくていいし、子供の世話もありません。いったい何を考えなければならないのかよくわかりませんが、18歳なので、それなりにいろいろ考えてしまうことがあるのでしょう。将来のこととか。

このように、心配ごとがあったり、考えごとがたくさんあると脳内がぐしゃぐしゃになります。汚部屋はそのぐしゃぐしゃの反映である、と専門家も言っています。

対してきれいな部屋に住んでいると人は、たとえ心配ごとがあったとしても、そこまで脳内がぐしゃぐしゃではなく、それなりに落ち着いて暮らしていると思われます。

私もあまり心配ごとはなく、夜もぐっすり寝ています。

汚部屋で寝起きしていると、部屋の中の物理的なぐしゃぐしゃがストレスになるため、ますます心がかき乱されるという恐ろしい負の連鎖にはまります。

ガラクタがストレスの元になる話はこちらに詳しく書いています⇒集中できないのはぐしゃぐしゃの部屋にいるから。ガラクタは脳にも悪影響を与えています

7.問題を保留するか、すぐに解決するか

乱雑な部屋に甘んじている人は、「出したらしまう」とか「汚れたらきれいにする」という作業を後回しにしています。つまり、汚部屋という問題を保留にしています。

保留すればするほど、問題は大きくなります。

6に書いたように、グシャグシャの部屋に住んでいると、ストレスが増えて、よく眠れなくなるので、ますますQOL(quality of life クオリティ・オブ・ライフ 生活の質)が落ちます。

問題を先送りするのではなく、その都度解決していけば、部屋はそこまで汚くなりません。

人生には部屋の片付けなんかよりもっと重要なことがあるから、という前向きな理由で保留しているのならともかく、片付けるのが面倒だから、という消極的な理由で先送りしていると、あとで大きなしっぺ返しがあります。

部屋の片付けにかぎらず、何でも先送りする傾向がある人は、こちらの記事をごらんください⇒なぜ人は嫌なことを後回しにしてしまうのか?(TED)

*******

今回は、片付けられる人と片付けられない人の違いを紹介しました。

片付けられない理由はほかにもいろいろあるでしょう。意識的に片付けないようにしている人もいると思います。

断捨離やミニマリストが大きな話題になり「部屋をきれいにすることはいいことだ」という風潮が高まったため、今は「あまりきれいにしすぎるのはよくない」という意見がたくさん出ています。

代表的なのは、きれいな部屋だとクリエイティブになれない、アインシュタインやエジソンの机の上はぐしゃぐしゃだった、というものです。

もしあなたが天才なら、無理に片付けなくてもいいと思います。ですが、天才は、こんなブログなど読んでおらず、自分のやりたいことに邁進しているはずです。





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 卒業アルバム

    ミニマルな日常

    食べ盛りの子供がいてもできる最強の節約法とは?

    「筆子ジャーナル」にいただいた読者のメールをシェアするお便り紹介コーナ…

  2. 汚部屋

    ミニマルな日常

    使わない物をためすぎると心が病む話。捨てなければ夢も希望もない。

    「捨てたい物が家の中にたくさんあるけど、捨てられない」というご相談のメ…

  3. 交通事故

    ミニマルな日常

    悪いのはむこうなのに!世の中の不公平さにもんもんとする心を整理するには?

    世の中理不尽だなあともんもんとしてしまう私は、心の中にガラクタがたまっ…

  4. ベンチで読書

    ミニマルな日常

    お金を使わない楽しみ50選。買い物しなくてもこんなに人生はおもしろい。

    お金がないと何も楽しいことができない、お金をかけないとストレス解消でき…

  5. 殺虫剤

    ミニマルな日常

    虫を寄せつけない家にする7つのポイント。できるだけ自然な方法を使います。

    1週間ぐらい前に、虫が大嫌いだという人からメールをもらいました。ゴキブ…

  6. 母の日のバラ

    ミニマルな日常

    センスのいい人なら知っているインテリア小物(飾り物)をガラクタにしない10のルール

    インテリア雑誌を見ると、おしゃれな雑貨がとてもセンスよく飾ってあります…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  2. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  3. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  4. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  5. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  6. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  7. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  8. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…
  9. あれもこれも必要だから買う!この気持を手放して、無駄遣いをや…
  10. 上手になりたいと思っていることをきっちり上達させる方法(TE…

今日のおすすめ記事

  1. 捨てられない人。
  2. エコロジー
  3. ロングヘア
  4. 石
  5. 着物
  6. 小銭
  7. 『すてきなあなたに』
  8. ジーンズ
  9. 断捨離してます
  10. 断捨離

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. スーパーマーケット
  2. 雑巾がけ
  3. 考える女。
  4. クリスマスプレゼントはいらない
  5. 散らかった部屋
  6. お手伝い
  7. 引っ越し準備
  8. 大きな荷物
  9. 岐路に立つ
  10. 化粧ポーチ
  1. 2つのタイマー

    ミニマリストの持ち物

    タイマーを使って仕事や家事に一点集中~ミニマリストのタイマー活用法とは?
  2. おしゃべり。

    断捨離テクニック

    断捨離中に言ってはいけない12のNGワード。言葉が思考を作り現実を変える。
  3. 春

    断捨離テクニック

    年度末の3月なら捨てられる4つのモノ。引っ越しの予定がなくても片付けたい。
  4. ラップトップ

    ミニマム思考

    いくら断捨離本や片づけ本を読んでも部屋が片付かない本当の理由
  5. 寝ながらテレビを見る図

    ミニマルな日常

    面倒くさいことを片付けられるようにする5つのコツ。
PAGE TOP