ネットショッピングをする女性

買わない

最終更新日: 2023.11.8

買い物のきっかけを見つけて別の行動に置き換える~ガラクタばかり買わないために。

ページに広告が含まれる場合があります。

 

衝動買いや無駄遣いが多すぎるので、もう少し買わない生活をしたい。こう思っていても、買い物の誘惑はけっこう強力ですよね?

買い物習慣を変えるために、過去記事で、買い物の代わりにべつのことをするようおすすめしています。

たとえば、副業、新しい趣味、ボランティアなどです。

私もブログを書き始めたら、ブログの管理と記事の執筆で忙しくなり、買い物している余裕がなくなりました。

ですが、買い物の代わりに何をしていいのかわからないという人もいます。

そんな人は、自分の買い物のきっかけを見つけて、そのきっかけに対して行っている行動(買い物)を、べつの行動に置き換えるのはどうでしょうか?

どんなきっかけに対して、どんな行動を取ることができるか、5つ具体例をあげるので、自分でも計画して置き換えてみてください。



きっかけ1:インフルエンサー

最近増えているのが、SNSのインフルエンサーの影響で買い物をしてしまうケースです。

好きでフォローしているインフルエンサーが、最近こんな物を買ったとか、今のお気に入りはこれなのよ、と動画や投稿で見せていると、自分も欲しくなってしまうのです。

実は私もソーシャルメディアに出てくる人たちの影響で、塗り絵グッズをたくさん買った経験があります。2020年の話です。

さらに、今年の秋、日本に一時帰国する前に、旅行関係の動画内で、日本のインフルエンサーが「おすすめ旅行グッズ」を紹介しているのを見て、「あ~、ああいうのあるといいかもね」と思うこともありました。

幸か不幸か、彼らの紹介するグッズはたいていダイソーや無印良品の商品だったので、そばに店舗のない私は購入することはしませんでした。

それに、インフルエンサーの影響で人は本当は必要のない物まで買ってしまうとわかっていたから、日本にいても買わなかったでしょう。

一方で、こうした動画や投稿が、強力な買い物のきっかけになることはよくわかりました。

こんなふうに、メディアで見た人の言動がきっかけでする買い物の置き換え行動は、30日間待つノートへの記入をおすすめします。

30日間待つノートは、買いたいものが出てきたとき、日付とそのアイテムを書くノートです。1ヶ月たってまだほしければ買うことにします。

インフルエンサーを見てほしくなるものは、「今すぐどうしても必要ではないが、あれば便利だと思うもの、あれば自分の生活がよくなりそうなもの」なので、緊急性は高くないことが多いでしょう。

だから30日ぐらい待っても平気ですよね。

そこで、ノートに欲しいものを書き、ついでに、なぜそれが欲しいのか、それがあると自分の人生がどんなふうに変わるのか書いてみてください。

このノートは手書きでなくてもかまいません。

SNSやブログで、欲しくなったものについて書くのも効果的です。

ブログに欲しいものを書いている人はたくさんいますが、それが必要な理由だけでなく、必要ではない理由も書いて、客観的にジャッジしてください。





きっかけ2:友人とのショッピング

「社会人の休日過ごし方ランキング」という記事を見ていたら、第1位はショッピングでした。

目的があってショッピングに行くというより、用事をすませた帰りにするとか、必要な物を買いに行ったついでに他のものを買う感じです。

友人とショッピングする人も多いかもしれません。

人と出かけて買い物するたびに、すぐにガラクタになってしまうものを持ち帰るならば、このきっかけを別行動に置き換えましょう。

たとえば映画を見る、コンサートに行く、ドライブする、カフェでお茶を飲みながらおしゃべりする、共通の趣味(スポーツや旅行)を一緒にするなど。

私が若い頃は、友達と会って買い物することはめったになく、いつも映画を見ていました。今は知りませんが、名古屋は映画は2本立てだったので、必ず2本見ます。

見終わったあとにお茶など飲むと、それだけで半日つぶれました。

きっかけ3:間近にせまったイベント

結婚式、同窓会、入学式といった特定のイベントのために新しい服やバッグを新調することはよくあるでしょう。

40年以上前、新卒で入った会社では、毎年慰安旅行がありましたが、年配のベテラン女性社員から、「昔は慰安旅行に皆、おしゃれをしてきた」と聞いたことがあります。

たぶん、昔は娯楽が少なかったので、慰安旅行は一大イベントだったから、皆、服装に力が入っていたのでしょう。

私は、会社の旅行やクリスマスパーティみたいなものには、キラキラした格好で行かないので、あるパーティで、先輩社員に、「普段着で来たの?」と言われたことがあります。

多くの人は、イベントがあると、服装に気を使わないと失礼にあたると思い、それが買い物につながるのです。

イベントがきっかけの買い物の置き換え行動は、家探しと発想の転換です。

家の中にすでに洋服がたくさんあるので、それで間に合わせられないか考えてください。

新しいイベントの到来⇒家探し、このつながりを徹底させましょう。

発想の転換ポイントは2つあります。

1)人は他人の服装にそこまで興味をもっていない

そのイベントがたとえば自分の結婚式であれば、自分が主役なので、ほかの人は服装に多少関心を寄せるかもしれません。しかし、べつの人間が主役だったり、自分は群像劇の中の1人なら、そこまで服装で目立つ必要はありません。

2)服装ですごいと言ってもらう必要はない

自分がどんな人間であるのか人に見せたいときは、服装ではなく人間性を使いましょう。

きっかけ4:すごくがんばったあと

決算でずっと残業続きだったのがようやく終わった、試験がようやく終わった、ものすごく大変だったプロジェクトが終わった、今年も終わったなどなど、何かをすごくがんばったあとに、物を買いたくなることも多いでしょう。

あんなにがんばったんだから、ここらでずっとほしいと思っていたあれやこれやを買ってもいいよね、と自分にほうびを与えるのです。

このきっかけに対する置き換え行動は、物を買うこと以外の報酬を与えることにするといいでしょう。

旅行に行く、家族や友人と食事に行く、時間がなくてずっとがまんしていたことをやるなど。

よい置き換え行動を見つけるために、自分が楽しめることをブレインダンプでざーっと出してください。

頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

これからやりたいことでもかまいません。以下の過去記事を参考にして探しましょう。

買い物の代わりにできること~いろいろなものの整理編。

買い物する代わりにできるもっと生産的なこと~お金を貯める編。

買い物の代わりにできる楽しいこと、連休で暇な人もどうぞ。

自分に合った趣味の見つけ方、または有意義な暇つぶしの方法。

ふだんから、時間があったらやりたいな、とか、これをやると楽しいかもと何か思いついたらまめに書き留めておくといいですよ。

私も、時間があればやりたいと思うことを、GoogleのKeepにメモしています。

きっかけ5:人が買い物する時

誕生日、クリスマス(年末)、バレンタインデー、ボーナスが出たときなど、大勢の人が買い物するタイミングがあります。

今月の下旬にあるブラックフライデーなどセールシーズンもそうですね。

ブラックフライデーとは?大勢のアメリカ人が命がけで買い物をする日の由来

こんなとき、特に欲しいものもないのに、なんとなく自分も買わなきゃいけない気になったり、皆が買っているから、自分もたくさん買っていいのだと思ったりして、買い物してしまう。

この置き換え行動は?

あえて買わない挑戦をおすすめします⇒誰でもできる『買わない挑戦』の始め方。自分ルールで楽しく実践。

その挑戦は長々とやる必要はありません。

今年のクリスマスは買わない、この誕生日では買わない、今年のブラックフライデーでは買わないという短期決戦の買わない挑戦です。

人が買い物をがんがんしているときに買わない挑戦をしてみると、多くの場合、べつに買わなくても困らないことに気づきますし、何もこのタイミングで買う必要もないとわかります。

少しばかり買ってしまっても、挑戦をしているとしていないとでは、買い物量がずいぶん変わるでしょう。

■関連記事もどうぞ

買うきっかけを見つける:本気で服の買いすぎをやめたいあなたがすべきこと(その3)

買い物するきっかけ、考えたことありますか? 見極めて対策する方法教えます(前編)

買い物するきっかけ、考えてみましたか? 失敗するパターンから抜け出す方法(後編)

*****

買い物のきっかけを見つけて、置き換え行動をすることをおすすめしました。

きっかけを見つけるだけでも、買い物習慣を変えるのに役立つので、買い物したあとは振り返る習慣をつけてください。





ワードローブのチェック服のありすぎ問題~断捨離がうまくいかない時は、つまずいているポイントを見つけて攻略する前のページ

事件に巻き込まれてイライラ、モヤモヤして苦しい、どうしたらいいですか?次のページ落ち音でいる女性

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  4. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。
  5. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物好き

    買わない

    服の買い物依存を克服するために心を整える5つの方法。

    買い物依存を克服するために、心を整える方法をお伝えします。この記事は、…

  2. ショッピング

    お金を貯める

    こんな方法で無駄遣いを減らす。買い物する言い訳に気づいていますか?

    人が買い物するときによく使う「言い訳」を7つ集めてみました。「…

  3. 食器棚

    ミニマルな日常

    物が多すぎて片付かない問題を解決する方法:物を家に入れない編

    物が多すぎて、なかなか片付かない、いつも散らかっている。こんな…

  4. スーツケースに入れた靴とシャツ

    ファッションをミニマルに

    着ない服ばかり買ってお金を散財する生活から抜け出す方法。

    ちゃんと着る服だけを買う人になる方法を5つ紹介します。物理的な…

  5. ショッピング

    お金を貯める

    新年から取り入れたい。買わない生活に切り替える4つの思考

    新しい年になりました。多くの人は、大掃除をして、スッキリした部屋で、す…

  6. 詰めすぎる人。

    買わない

    お得な買い物の真実。知らないうちに無駄遣いしているかもしれない3つのケース。

    ショッピングをテーマにした読者のお便りを3通紹介します。世間で…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,823人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 贈り物をいっぱいもらって困っている女性
  2. 服を買っている女性
  3. 文房具が散らかったデスクで仕事をする女性
  4. モーニングページを書く女性
  5. 自信がある女性
  6. 自分の車で引っ越す女性
  7. 部屋でスケッチしている女性
  8. リラックスしている女性
  9. ガラクタをせっせと捨てている女性
  10. looking at closet

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 暖かい部屋
  2. きれいな人
  3. リップドジーンズ
  4. 散らかった部屋
  5. 山積みの本
  6. 歩いている足元
  7. クリエイティブな仕事
  8. ノート
  9. くらしラク~る11月号
  10. 白いセーター

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP