読書する人

買わない

買い物の代わりにできる楽しいこと、連休で暇な人もどうぞ。

買い物依存気味の人のために、買い物以外の活動(アクティビティ)を7つ紹介します。

人生には、買い物以外にも、やれることがたくさんあります。何か新しいことを始めてみると、買い物ばかりする生活から抜け出せますよ。



1.買いためた物を使う

買い物ばかりする人は、買うことだけに意識が向いているので、何かを買ったところで、その行為が完結します。そして、新たな刺激を求めて、また別の物を買おうとします。こうして、買い続ける生活が続きます。

このサイクルをこわすために、買い物と買い物の間に、買った物を使う行動を入れてください。

使うことに意識を向けている間は、買い物に意識が向きませんから、買い物ばかりするサイクルをこわすには、とても効果的です。

使わないから買い続ける

若い頃の私は買い物ばかりするサイクルをたどっていました。

フェリシモ(通販会社)の赤い箱が家に届いていると、「わ~、何が届いたのかな?」とわくわくし(頒布会なので何が届くかわからない)、ここでドーパミンが出ます。

箱を開けて、中身を確認し、「今いちだな」とか、「かわいいかな」などと思った時点で、ドラマが終わります。買ったものは、引き出しや押入れにしまわれて、見向きもされません。

数がたくさんあるから、すぐに使う必要はないのです。当時のフェリシモのコンセプト自体が、同じ物の色違いなどをコレクションすることなので、すぐに使うことは、私の頭にはありませんでした。

昔はインターネットがなかったので、お金を振り込み、次に注文するものを決めてハガキに記入します。おまけがもらえるギリギリのラインになるように、注文額を調整しながら。

もし私が、買った物をすぐに使うことを心がけていたら、さすがの私も、ソックスやパジャマ、レターセットが多すぎることに気づいたはずです。

私は、使うほうに意識を向けなかったため、物がどんどんたまって、数年後に断捨離せざるを得なくなりました。





意識を向ける先を変える

今、買い物がくせになって危機感を感じてている人は、買い物に使っているエネルギーが100だとしたら、そのうちの70ぐらいは、買ったものを使うことに向けましょう。

そして実際に使ってください。

やってみるとわかりますが、物がありすぎると、買った物をちゃんと使うのは、けっこうきついです。

努力も工夫もいるでしょう。

しかし、努力がいることは、やり遂げたあと、とても達成感があります。いろいろ創意工夫するのも楽しいものです。

ぜひ、きょうから使い始めましょう。

2.本を読む

連休中、仕事の人も多いと思いますが、もし、時間が取れたら、本を読んでください。

できれば、ふだんは手に取らないようなジャンルの本を読んでみると、新しい発見があって、見ている景色が変わります。

先日、Netflixで、『ピアノの森』というアニメを見たのがきっかけで、ショパンに興味がわき、ショパンの伝記(オーディオブック)を聞き始めました。

私はクラシックは、バロックから古典派が好きで、ショパンは神経質そうだし、音楽はチャラチャラしてるしなんか嫌いだ、と思っており、彼の音楽を積極的に聞いたことはありませんでした。

ドラクロワの描いたショパンの肖像画を見て、勝手にそう思っていたのです。

ショパンの肖像画

伝記を聞き始めてみると、知らないことがいっぱい出てきて、ミニトランポリンをしながら、「へえ~。知らなかった~」と驚くことばかりです。

ミニトランポリン⇒ミニトランポリン歴1年7ヶ月の私が伝える、7つの健康効果

7歳で最初の曲を作曲したことや、子供のときは明るい性格で学校で人気者で、まわりの人は、音楽家になるより、役者になったほうがいいと言ったとか。

20分ぐらい聞いただけで、私のショパンのイメージがガラガラとくずれました(いいほうに)。

このようなことは、誰にでもあると思います。

アマゾンだと、購入履歴をもとに、似たような本ばかりおすすめに出てくるので、本屋や図書館に行って、ふだんは手に取らない本を見つけて、読んでみてください。

私のおすすめ本⇒文句や不満の多い生活から抜け出したい人におすすめの本、7選。

3.修理

こわれたままで放置している物があったら、まとめて修理してください。

修理すれば、使い始めることができます。

4月の半ばに、娘の家に行き、掃除を手伝いました。そのとき、娘に、穴があいたり、縫い目がほつれたりしているトレーナーやレギンス3着の修繕を頼まれたので、持ち帰りました。

実は、自分のレギンスやパジャマ、ソックスにも、修繕すべき箇所があったのですが、去年の秋から3月のはじめまで、新刊(⇒新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ)の執筆やら何やらに時間を取られていたので、すべての仕事が遅れ気味になり、放置していました。

そこで、娘の家からもどったその夜、娘の分も自分の分も、一気につくろいました。時間にして、70分ぐらい。

ものすごい達成感を感じました。

当たり前ですが、ちゃんと修繕したほうが着心地がいいです。

私のようにズボラな人はそんなにいないと思いますが、もし、修理すべきなのに、ずっと放置していることがあったら、これを機会にやりましょう。

直す気がないものは、処分をおすすめします⇒それ、本当に修理する気あるの?:ガラクタのタイプ別、捨てられるようになる考え方(その2)。

4.外国語を学ぶ

外国語を学ぶことは、ほかの文化を知ることなので、さきほどのショパンの話と同じように、学んでいるうちに、「へ~知らなかった~」と思うことにたくさん遭遇します。

何語でもいいので、興味のある言葉を学んでください。

東京外語大学の言語モジュールでは、27カ国語(日本語も含む)を、初歩から学ぶことができます。

東京外国語大学言語モジュール

言語モジュールは教科書みたいで、退屈すぎると思ったら、Duolingoなどのアプリがおすすめです。

duolingo(サイトにリンクしましたが、スマホのアプリでやっている人が多いはず)

Duolingoも20ヶ国語以上、学ぶことができます。

私は、Duolingoを使ったことがありませんが、人気の高いアプリです。ほかにも多言語を学べるアプリはたくさんあるので、どれか1つ選んでやり始めればいいでしょう。たいてい無料で始められます。

外国語をやる気になれない人は、日本語(漢字や語彙、古文など)を学んでもいいかもしれません。

それもやりたくない人は、知らない土地に関する本を読むと、異文化にふれることができます。

5.外に行く

外に行って自然と親しむのもおすすめです。

外に出よう:自然にふれて、もっと楽しく健康に暮らすコツ(前編)

自然とふれあうことは、心の健康にいいので、悩み事がある人は、積極的に外に出てください。

5月は外でいろいろなイベントをやっていると思いますが、わざわざそういうイベントに行かなくても、そのへんを歩くだけでOKです。

のんびり、自然を感じながら歩いてください。

外の風にあたって、自然を見ていると、家の中にいるときには感じられない、自然とのつながりを感じることができます。

6.在庫の棚卸し

自分が持ちすぎている物の内容や数を調べて、数量を確認してください。

洋服については、やり方を詳しく説明しています⇒徹底的に在庫を調べる:本気で服の買いすぎをやめたいあなたへ(その2)。

食器、書籍、化粧品、靴、備蓄している食品など、在庫が増えがちなものの数を数えてみると、買ったけど存在を忘れていた物や、全然使っていない物が見つかるかもしれません。

そういう物を見つけたら、早速きょうから使い始めましょう。

買い物好きな人は、新しい物を手に入れることに熱心ですが、実は、家の中に、使っていない物がたくさんあるので、何もわざわざ新しい物を買わなくてもいいのです。

今は豊かな時代なので、家の中にある物すべてを漫勉なく使っている人は、そうそういないと思います。

数を数えるだけなので、難しくありませんが、棚卸しは大変なので、ターゲットを決めて、負担が大きくなりすぎないようにしましょう。

衣類がたくさんある人は、Tシャツだけ数える、とか。

もし、「これはちょっと多すぎるかも」とか「こんなにはいらないよね」と思う物を発見したら、積極的に捨てると、1番で紹介した、「使うこと」がラクになります。

そう。物は使うと、価値を得られます。

コレクションは別として、使うために買ったものは、ちゃんと使って、使命を全うさせてください。

7.やりたいことを書き出す

6番まで読んで、どれもあんまりやりたくないと思ったら、やりたいことや、やってみると楽しそうなことを書き出してください。

おすすめはブレインダンプ⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

やりたいことを考えていると、だんだん楽しくなります。

極限までリストアップしたら、買い物なんかに時間を使うのはもったいないと思うはずです。

ほかにもやることはたくさんあります。以下のリンクを参考にしてください。

やることが見つからないあなたへ

人生を変えたいあなたに。30日間チャレンジのアイデア88選。

買い物はやめられる。お金を使わないシンプルなストレス解消法

買い物依存気味なので、買い物以外でドーパミンを出す方法を教えて←質問の回答。

自分に合った趣味の見つけ方、または有意義な暇つぶしの方法。

自分ひとりでできる簡単な気分転換の方法、10選。買い物する代わりにどうぞ。

*****

買い物以外の楽しい活動を7つ紹介しました。

もしかしたら、どれもそんなに楽しく思えないかもしれませんね。

ですが、やってみるとじわじわとした喜びが感じられることばかりです。

特に、死蔵品を使うと、「物をちゃんと生かしている喜び」が得られます。

私たちは、小さいときから、楽しいことイコールお金をつかうこと、という考え方をしていますが、これは正しくはありません。

お金を使わなくても、家の中で1人でいても、楽しいことはたくさんあります。





スマホを持つ手元同じものや似たようなものを何個も買う癖を直す方法。前のページ

捨てるのが面倒なものも多いけど、身軽な暮らしをめざして、コツコツ捨てています。次のページゴミ出し

ピックアップ記事

  1. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。

関連記事

  1. 買わない

    買わずに済ませる基本の5つの方法。すぐに買ってはいけない。

    物を買わずに済ませる方法を頭に入れておくと、すぐに、買い物してしまう生…

  2. 買い物しすぎた女

    買わない

    新生活を言い訳に買い物しすぎた私のざんげ。態勢の立て直しはこうする。

    新生活がきっかけで、お金を使いすぎてしまった人が、もとのシンプルライフ…

  3. スーパーマーケット

    お金を貯める

    節約したいなら知っておきたいスーパーマーケットの買わせる戦略10個

    アメリカのスーパーマーケットが1つでも客に買わせるために使っているさま…

  4. オンラインショッピング

    買わない

    ネットショッピング(通販サイト)で衝動買いを防ぐ5つの方法

    「買わない暮らし」を実践するシリーズ。今回は、オンラインショッピングで…

  5. 着る服がない

    ファッションをミニマルに

    洋服がいっぱいあるのにまだ欲しい。この欲望から開放されるには?

    女性には洋服好きが多いです。すでに自宅にたくさんあるのに、まだ…

  6. 図書館にいる女性

    買わない

    次々と本を買ってしまうのをやめる方法。

    本を買うのを控える方法をお伝えします。不用品を買わないようにし…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,590人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 頭が混乱している若い女性
  2. 記念写真の撮影
  3. 返品するつもりの女性
  4. 古い物
  5. 海辺で後悔している人
  6. 鏡を見て落ち込む若い女性
  7. リラックスタイム
  8. 『8割捨てれば、お金が貯まる』表紙。
  9. 食器棚を見ている女性
  10. 忙しいお母さん

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 娘の汚部屋
  2. 窓ガラスふき
  3. 絵を描く人
  4. iPhone
  5. スーパーで買い物する人
  6. 多すぎる食器
  7. 行列
  8. ガジェット
  9. 断捨離した文具。
  10. お金の計算をする人。

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP