洋服の店にいる女性

TEDの動画

すぐに買わないで、買う前にしっかり考えなさい(TED)

買い物しすぎる暮らしを変えたい人の参考になるTEDの動画を紹介します。

タイトルは、Think Twice Before Buying(買う前によく考えなさい)。講演者は、高級な服の古着を販売する仕事をしている、Lucía González Schuett(ルシア・ゴンザレス・シュミット)さんです。

ルシアさんは、以前はファストファッションのブランドで働いていて、その仕事をやめたあと、1年間、食べ物以外は買わない生活をしました。

私たちは、「あまりに不要なものを買いすぎているから、もっと意識的に買い物をすべきだ、買う前によく考えろ」という内容です。



買う前によく考えよう、TEDの説明

Should we change the way we consume goods? Lucia Gonzales Schuett spent one year without buying any goods, besides food, and shares the journey she went through.

ものを消費するやり方を変えるべきでしょうか?

ルシア・ゴンザレス・シュミットは、1年間、食べ物以外のものを買わない暮らしをしました。それがどんな生活だったのか、シェアします。

収録は2019年の6月。動画の長さは10分。字幕はありません。動画のあとに抄訳を書きます。

☆TEDの説明はこちら⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に





買わない生活のきっかけ

数ヶ月前、私は、HEC Parisで行われたTECXのイベントで講演する機会に恵まれました。

そのとき、自分の「何でも入れる引き出し」(junk drawer 直訳:ガラクタを入れる引き出し)に関する話をしました。

たいていの人の家にある引き出しで、どこに入れていいかわからないものをつっこむ場所です。

この画像を紹介しました。

ジャンクを入れる引き出し

この引き出しこそが、私の個人的な旅路の始まりでしたから。

引き出しの中身の1ひとつについてじっくり考えてみたのです。

「これ、必要なの?」「これ、私の人生に何か価値を追加しているの?」「スペースや管理の手間に値するものなの?」

不用品を捨てて、所持品をダウンサイジングし、2018年は、食べ物以外の物を買うのをやめました。

このときは、物を買わないことが、多くの人の共感を呼ぶとは想像していませんでした。

パリでTEDトークをしてから、世界中の人々から、自分も物を買わないようにしているとか、笑っちゃうようなガラクタとの戦いの話、買わないコツなどを聞きました。

気違いじみた消費のサイクルと戦っているのが、自分1人だけではないと知ってなぐさめられました。

そして、この話は、もっとたくさんの人としていかなければならない、とも思いました。

ファストファッション業界での体験

かつて私は、ファストファッション業界で働いていました。

コミッション制だったので、人々に、本当は必要のないものを売れば売るほど、お金を稼ぐことができました。

私は、商品をローテーションする責任者でした。

毎週、店内の様子を変えて、店に来たお客さんが、「いいなと思う服」、「いま買わないと永遠に手にはいらないと思う服」を見つけてくれるように仕向けていました。

2018年、この仕事をちょっと休むことにして、フランスのビジネススクールに入り、1年間の買わない生活を始めたのです。

学校に入ったことも、買わない生活をしたことも、私にとっては、画期的なことでした。

世界の見方、ビジネスに対する考え方、消費への考え方が180度変わったのです。

何よりスピードが大事だった

消費財(ファストファッション)を売っていたとき、スピードが重要だと教えられていました。競争相手より少しでも早く行動できれば、商売上、優位なのです(competitive advantage)。

消費者も、喜んで、このやり方に賛同しています。

しかし、立ち止まって状況をよく見てみると、ゆがんだ現状に気づきます。

いま、郊外で収納庫を貸すビジネスを展開されています。

人々は、まるで、自宅にかけるお金だけでは、使い足りないかのように、よそに収納スペースを借りて、家に入り切らない物をしまいこむのです。

そうやって収納したものは、たぶんこれから数ヶ月、もしかしたら、何年も使わない物です。

すぐに使わないのに、何か新しい物を買う時、私たちは、それが、90分以内に届いてほしいと思うのです。

正直なところ、企業は、あなたが、その電動ソース泡立て器(sauce stirrer)今すぐ必要としているから、90分以内に配達するわけではありません。

早く配達しないと、消費者の気が変わるからです。

次々と買うようにうながされる

いま、私がとても心配しているのは、その泡立て器を買ったあと、パンケーキペンをおすすめされることです。

私が受け取ったメールにあった「これまであなたが聞いたことのないキッチンガジェットベスト10」の中に、パンケーキペンがありました。

これまで聞いたことがないのなら、それが必要な確率だってとても低いです。

ジョギングするときパフォーマンスを測定するのに使っているアプリは、私に、「いま使っているスニーカーは、もう買い替えどきだ」と言ってきました。

最近、気づいたのですが、寝る時使っている枕には、使用期限が書いてあります。

靴も枕も、自分で考えるよりずっと早く、買い替え時だと言われるのです。

みな、ここで考えてみるべきです。

「私たちは、自分のニーズを自分で決めるという、ごく簡単なことすらできなくなってしまったのか? その決断を、他人に決めさせているのか(outsourcing)?」と。

日々の消費を見直そう

消費するとき、ほしいという気持ち(want)をがまんして、本当に必要なのか考える練習をすると、たくさんの気づきを得られます。

人の生活環境はそれぞれ違うから、誰もが、買い物をやめてしまうことはできません。

けれども、日々の消費という行動を見直すことは、誰でもできます。

どんな人でも、持っている物をありがたく使い、安易に買ってしまうことをやめ、あるのがあたりまえだと思うことをやめる練習はできます。

買わない生活をしていたとき、私は、「今すぐ買うボタン」を押す前に、よく考えると、消費をもっとコントロールできると気づきました。

環境や、未来の世代のサステナビリティ(持続可能なこと)について考えたり、自分の経済状態を思い浮かべたりするのです。

買わないほうが、穏やかな気持でいられるから、と納得してもいいでしょう。

すぐに買う代わりにやれること

物がなくなりそうになったときに注文するのではなく、使い終わってから買ってください。

それがなくなったら、そのまま暮らしてみます。

わざと、「ない状態」(missing)にすると、いろいろなことを学べます。それに、次に手に入れたとき、買ったときの短期的な幸福感がより強くなります。

時間をおいてください。

それが必要な理由を書いてみてはどうでしょうか。

オンラインの買い物かご(ショッピングカード)に入れたままにして、数日様子を見ます。

なくても大丈夫な物がたくさんあることに驚くでしょう。

かごに何を入れたか忘れてしまうことすらあります。あとで、もっといい物が見つかって、買ったことを後悔することも減らせます。

すでにある物を修理してください。

「修理するより買ったほうが安いから」という考え方はとても無責任です。

リペアカフェや、靴屋さんに持っていってはどうでしょうか? 縫い方を学んで、自分でシャツのボタンをつけましょう。

中古品を買いましょう。お金を節約できる、もっともサステイナブルな方法です。

本当にソファが必要なら、べつに新品を買ってもいいのです。

けれども、人間は、私たち全員が1度に座わっても、まだ余るほどソファを作っています。

私たちはずっと座ってはいませんから、新品同様の中古のソファも多いのです。

ファッションについても、買う前によく考えれば、良し悪しを判断できます。

量より質を優先し、耐久性のあるものを選ぶことができます。

製品は、その寿命を全うするために作られています。たとえ、持ち主は変わっても。

私たちは物の管理人

自分はその物の持ち主(owner)ではなく、管理人(custodian)だと考えるようにしてください。

図書館から借りてこなくても、本を読めるラッキーな人だと思えばいいのです。

現在の状況を考えれば、みな、消費をちょっと一休みするべきだとわかっています。

そのかわり、シェアリングエコノミーが台頭してきています。

持っている物に感謝して、できるだけ所有しないようにし、貸し借りしたり、頼んだり、失ったりすることをいとわないようにします。

スクリュードライバーや自転車のタイヤの空気入れが必要になったら、隣の人から借りてください。隣人を知るチャンスです。

私たちを幸せにしてくれるのは、引き出しに入っているガラクタではありません。大事なものに使うリソース、スペースや時間があるほうが、幸せなのです。

//// 抄訳ここまで ////

単語の説明など

HEC Paris  パリにあるビジネススクール。フランズのビジネス系グランゼコールの1つ

think twice  よく考えてみる、考え直す

pamper  欲望などを満たす

sauce stirrer  ソーススターラー

液体をかきまぜてソースを作るときに使うツール。泡立て器としましたが、ソースは泡だてないので、かき混ぜ器とよんだほうがいいかもしれません。

中に乾電池が入っていて、ソースを入れた鍋の上に立たせると、勝手に動いて、ちょうどいい具合にソースができるらしいです。

自動でソースをかきまぜるもの

pancake pen  パンケーキペン

パンケーキ(ホットケーキ)の生地を入れて、鉄板やフライパンの上に好きな形にしぼりだす筒状のもの、ボトル。

パンケーキペン

peace of mind  心の平和、安心感

exponentially( 増加の仕方が)急激に

repair cafe  リペアカフェ 

こわれた物を持っていくと、ボランティアの人が、無料で直してくれるカフェ。コミュニティ活動。

アメリカのリペアカフェの様子です.

How Repair Cafes Can Mend More Than Just Possessions(いかにリペアカフェが、物以上のものを修理するか?)

英語、3分25秒。

日本にもあるようです。ただし、電子機器だけみたいですね。

日本に広がる「リペアカフェ」、電子機器の修理を自分の手で

日本語、5分

sharing economy  シェアリングエコノミー 使っていないもの、スペース、スキルなどを貸し借りする経済。

詳しくはこちら⇒シェアリングエコノミーがシンプルライフにもたらすもの(前編)

買わない人や買わないすすめ

お金を使わずに1年暮らしてわかったこと:キャロライン・ホーグランド(TED)

1年間、買い物せずに暮らしてみたらこんなにお金が貯まった(TED)

もう充分ある、と考える経済(TED)

どうしたら、エシカルファッションを実践できるのか?(TED)

クローゼットにしまいこんでいる物をちゃんと使って人生を変える(TED)

タオルは何枚必要か? : ミニマリズムのすすめ(TED)

服を使い捨ててはいけない。着ているものがあなたの生き方を表している(TED)

今すぐ必要なのか?

人々が、スピード(早いこと)にこだわって買い物している話、おもしろいですね。

流行のものや目新しいものを、次々と早く買いたいし、注文したら早く届けてほしい、という消費者感情があるようです。

しかし、次々と買うのは、出番のない物が増え、ガラクタを量産するようなものです。

前に買った物は、まだきれいで使えるから(ろくに使っていないから当然です)、手放す気にもならず、結局、お金を出して、レンタル収納スペースを借り、物がたまりにたまったら、お金を出して片付けるのです。

「今すぐ、どうしても必要なのか、あとじゃだめなのか?」と考えるくせをつけたり、ちょっと待ってみたりすると、次々と、まるで強迫観念にかられたように買ってしまうくせがなおります。

私は物の管理人

もう1つ、興味深かったのは、自分はその物の所有者ではなく、管理人だと考える、というところです。

人生も、この世にあるものも、すべて借り物だ、という考え方と似ています。

お金や物質的な物は、どんなにたくさん集めても、死んだら手放さなければなりません。

だから「借りている」と考えたほうが、へたに執着せずにすみます。

借りているときは、よき管理人として、物を大事にし、そこから、最大限の喜びを得る(つまり使う)ほうを選んだほうが、暮らしは充実すると思います。

そうすれば、「あれもこれも集めたい」とやっきになることもないでしょう。

実際、物を集めすぎると、手間ひまかかりすぎて、人生を楽しめなくなります。

*****

パンケーキペンに似た商品、私も持っていました。

昔、よくお菓子を作っていたとき買った、クッキーにアイシングを塗る専用のボトルです。

パンケーキペンと似た形態でした。ノズルはもっと細いと思いますが。

確か、雑誌でマーサ・スチュアートが使っているのを見て、特別な調理グッズを売っているネットショップに注文しました。

思ったより大ぶりの透明なプラスチックのボトルが3本1セット。今、ネットで調べたら、squeeze bottle (スクイーズボトル)という名前でした。

アイシングを入れるボトル

私、これ、1度も使いませんでした

そんなに大量のアイシングを作らないし(そんなことしたらアイシングが余る)、アイシングをボトルに入れるのも、使ったあとボトルを洗うのも面倒だと思ったからです。

そして、いつものパターンで、使わないのに、長々と物入れにしまっていて、見るたびに、「何かに使えないかなあ」と思っていました。

数年後、新品のまま断捨離しました(寄付センターに持ち込み)。

こういう失敗、数え切れないほどしています。





地面に座っている若い女性本当に使う物だけを残すのは気分がいい。前のページ

肝心のものを捨てていないあなたへ。捨てるべきガラクタが残っている7つのカテゴリー(中編)次のページキャンドルのコレクション

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 悩む少女

    TEDの動画

    自分をブスだと思うことがなぜ悪いのか? ありのままの自分を認めるために(TED)

    容姿のコンプレックスが強すぎて、毎日が暗い人や服の買物が止まらない人に…

  2. 甘い飲み物

    TEDの動画

    なぜ私たちは健康によくない食べ物を食べるのをやめることができないのか?(TED)

    身体に悪い食品がはびこっている現状を伝え、この問題の解決法を提案してい…

  3. お買い物中毒

    TEDの動画

    なぜ人はいろいろなものに依存してしまうのか? 依存する原因を知って克服する。

    買い物依存、ギャンブル依存、スマホ依存。この社会にはさまざまな依存症が…

  4. 壁画

    TEDの動画

    自分の創造性を解放しよう:イーサン・ホーク(TED)

    創造的になるヒントを教えてくれるTEDトークを紹介します。タイ…

  5. 笑顔

    TEDの動画

    感情のなすがままでいる必要はない。あなたの脳がその感情を作っているのだから(TED)

    人の感情は、本能的な反応ではないと伝えるTEDの講演を紹介します。…

  6. 花瓶

    TEDの動画

    『ものは少なく、幸せは多めに』~グラハム・ヒルに習う「小さく暮らす」メリット

    TEDの動画から、居住スペースを小さくして、より幸せになった人の動画を…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,356人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. パソコンで買い物をしている人
  2. 化粧品をチェックしている人
  3. 頬杖をついて仕事をしている女性
  4. 老女の手
  5. 拒絶された鳥
  6. 引っ越し
  7. 高いところにある棚
  8. 手帳に何か書いている人’
  9. スマホで買い物している人
  10. テレビを見る兄弟

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. スケジュール帳
  2. ストップウォッチ
  3. 贈り物
  4. Kindle
  5. 疲れている会社員。
  6. 湖
  7. 贈り物とバラ
  8. 手紙
  9. きれいな部屋
  10. 海

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP