残りもの

ミニマルな日常

買った食べ物を食べきる7つのコツ:ちょっとした心づもりで無駄が減る。

食品を使い切るコツの続きです。

前回は、買いすぎないことをお伝えしました。今回は、買った分をできるだけ胃袋におさめるコツを7つ紹介します。

家に入れた食品を、しっかり消費できれば、かなり節約できます。

食品を捨てているということは、その分のお金を捨てているわけですから。

ふだん、「お金がないから、もっと節約しよう」と言いながら、食品を捨てる人はたくさんいます。

食べ切れば、ゴミも減るので、環境にもよいですね。



1.初回に食べきる(作りすぎない)

買ってきて、料理した分は、できるだけ1回で食べきります。

食べきれないときは、どうして食べきれないか考えてください。

たいてい、作りすぎるから、食べきれません。

私は、煮込み料理などは、多めに作って、何日かかけて食べることもありますが、基本は、その場で使い切るよう努力しています。

残すとしても、2~3回で食べ切れる量を目安に作っています。

まあ、私は、洋服と一緒で、毎日同じようなものを食べるのは全然平気なので、「きのう、餃子で、今日は、きのうの残りの餃子だ」ということはふつうにあります。

餃子が一緒でも、ほかのもの(メインでも副菜でも)が違えば、十分、食べられます(私は100%きのうと同じでも食べることができますが)

日本の人は、「毎日、きのうとはガラッと違うものを食べなきゃいけない」と思いすぎているのではないでしょうか。

バラエティをつけることにこだわりすぎていませんか?





2.余った分は人にあげる

たくさん作りすぎて余ったら、近所の人にあげるという方法もあります。

昔の主婦は、よく近所の人におかずをあげていたと思います。

砂糖やお酒を借りたりもしました。

先日、古い日本映画を見ていたら、急にお客さんが来ることになったため、お酒(一升瓶)を借りにきた隣の人に(そこはアパート)、その家の主婦が、「あ、これ、持っていきなさいよ」と、ピーマンを煮たのを入れた鉢をすすめていました。

今は、こういうことはあまりしないかもしれませんが、自分から作りすぎたものを持っていって、ネットワークを作っておくと、次回作りすぎたときに、すぐにさばくことができます。

私は、砂糖を控えているので、どこからかもらってしまった甘いものを、知り合いにあげるのはよくやっていますよ。

3.翌日のお昼に食べる

昨夜の残りのおかずを翌日のお昼に食べる。

特にスペシャルな技術ではありませんが、ひじょうに効率のいい食べきり方です。

残りものを食べるのが嫌いな人は、容器を変えると、気分が変わるんじゃないでしょうか?

ずっと家にいる人でも、弁当箱に詰めて、冷蔵庫に入れておき、お昼になったらあたためて食べるようにすると、お昼ごはんを用意する手間が省けます。

弁当ふうにするのは私もよくやっていて、ガラスのタッパーやホーローの容器を使っています。

私がよく弁当箱に使用するホーローの容器。ただし、ホーローは電子レンジには使えません。

私の夫は、皿に一食分盛って、冷蔵することがよくあります。

ターキー、ターキーのドレッシング(詰め物)、ポテト、ローストベジタブルなどを、1つの皿に盛って、ラップをかけたものを冷蔵庫に入れるのです。

パスタが余ったら、皿にパスタをのせ、その上にソースをかけ、さらにガーリックトーストものせて、ラップをかぶせています。

こうしておくと、翌日のお昼は、皿ごとあたためるだけで準備完了です。

ただ、夫は、このように1食分を、自分で用意するくせに、すぐに食べないのです。

そこで、食べられそうなものだけ、私が食べています。

4.残りものを目立たせる

できるだけ早く残りものを食べることができるよう、残りものはその存在を目立たせてください。

こんな方法を使って。

専用置き場を作る

冷蔵庫内に残りもの専用置き場(ものすごく目立つ場所がベター)を作り、ここにあるものから食べていきます。

透明の容器に入れる

ガラスの容器に入れておくと、中身がよくわかります。

日付や中身をラベリング

中身がわからないなら、マスキングテープにマジックで中身や日付を書いて、貼っておくといいですよ。

ガラスのコンテナ

冷凍したキャベツ料理

マスキングテープといってもいろいろあって、冷蔵するガラスのコンテナにはくっつかないものもあります。

私が使っているのは、日本の友人からもらったmt(カモ井加工紙)のマステです。

マスキングテープのミニマリスト的活用方法、これ1つあればアレンジは自由自在

冷蔵庫に食品を詰め込みすぎない

冷蔵庫の中に山のように食べ物が入っていると、何1つ目立ちません。

残りものを目立たせるために、食品を入れすぎないでください。

冷蔵庫の中と外を断捨離するススメ。冷蔵庫に入れなくてもいい物、入れてませんか?

まめな人は、手書きメモ、アプリ、レシートなどを使って、冷蔵庫やパントリーの在庫をチェックしているかもしれません。

ですが、そんな面倒なことをしなくても、冷蔵庫やフリーザー、パントリーの中に入れる食品の数を減らせば、在庫の把握は簡単です。

5.冷凍する

残りものを冷凍すると、冷蔵するより、保存可能日数が増えます。

すぐに食べそうにないときは冷凍がいいでしょう。

食品をうまく冷凍する方法は、インターネットで調べればすぐに出てきます。

ただ、フリーザーも冷蔵庫と一緒で、食品を入れすぎないでください。

いつ食べるか、ある程度、心つもりして冷凍しないと、冷凍したものが、どんどんたまっていきます。

夫が、輪切りのバナナをラップにつつんで、たくさん冷凍していることは、すでに書きました。

こちらに画像あり⇒すでに持っているものに満足する練習:感謝できるようになる方法(その2)

こういうことが、起きないように、フリーザーに残りものを入れるときは、ワンインワンアウト(1つ入れたら、1つ出す)を心がけるといいですよ。

物を減らすのに、ワンインワンアウト(1つ買ったら1つ出す)は本当に効果があるか?

冷凍するものには、日付と中身を書いたラベルを貼ってください。

6.リサイクル・リユース

余った料理を違う料理に作り変えて消費します。

残りものを大量に消費できるメニューをいくつかレパートリーに入れておくといいでしょう。

私が思う大量消費メニューを紹介します。

サラダ

生野菜サラダもあれば、温野菜サラダもあるサラダの世界。

固形の食材であれば、切って入れれば、サラダの具になります。

米ですら、こちらの人は、サラダの具として食べています(ライスサラダ)。よって、冷ご飯もサラダになります。

私は炊いた米の硬さの違いを、わりと意識するほうですが、夫は、チャーハンだろうと、雑炊だろうと、あまり違いがわかっていないようです。

スムージー

ミキサーやジューサーにすべて投入して、スムージーにして飲みます。

果物や野菜の大量消費に向いています。

オーブンサンド

中途半端に残ったおかずで、あまり固形を保っていないもの(麻婆豆腐やソース系のおかす)は、食パンの上にのせて、オーブンレンジでちょっと火を通して、オープンサンドにしてください。

スープ

スープは、熱いスムージーのようなもの。

塩辛すぎて、スムージーにできないものは、すべて撹拌してスープにしましょう。

・チャーハン

チャーハンは熱いライスサラダのようなもの。

残ったおかずはすべてチャーハンの具にしましょう。

「全部を一緒くたに調理するのはいやだ。だって味が混ざっちゃうじゃん」。そんなときは、単品ごとに使い切りアイデアを探すしかありません。

Big Ovenというサイトでは、残りものや、余っている食材から3つ材料を選ぶと、それらで作ることができるメニューを教えてくれます。

Use up Leftovers | BigOven

これは、アメリカのサイトですが、日本にも似たようなものはあるんじゃないでしょうか?

7.定期的に残りものを消費する日を設定

残りものを食べきる日をあらかじめ決めて、その日が来たら、新規の食材を調理するのではなく、残りものメインで食べます。

週に1度(毎週木曜日とか)、2週間に1度、月に1度、毎月の8のつく日など、自分の生活に合わせてください。

私は、食材の買い物は、少なめにしているので(たくさん買えば、当然お金がたくさんいるため)、食べきる日など作らなくても、使い切ってしまいますが、ふだん、食材や残りものが、だぶつきがちな人には有効な方法だと思います。

前回の記事はこちら⇒食べ物を買いすぎないコツ:残りものを冷蔵庫で腐らせるあなたへ。

フードロスを減らす⇒食べ物を無駄にしないためにできる10の方法。

****

食材を使い切る方法を7つ紹介しました。

この7つ以外に工夫していることがありましたら、メールで教えてくださいね。

いずれの方法も、事前にちょっと考えて、計画的に行うことが成功の秘訣です。

場当たり的に処理をしていると、無駄がたくさん出ます。

最初にも書きましたが、私たちは「お金がもったいない」と、不用な洋服を捨てることができないのに、日常的に出ている食品の残りものは、わりと平気で捨てています(食品は腐るから)。

食品の無駄を最小限におさえるともっとお金が残りますよ。





セーターを持つ女性たくさん服を持っているのに、なぜ着るものがないと思ってしまうのか?前のページ

すきま収納は、本当の問題を解決しない。もっと空間を大事にすべき。次のページ光の差し込む部屋

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 裸足

    ミニマルな日常

    地球温暖化防止のために日常生活で私がやっていること

    地球温暖化を防止するために、最近私が心がけていることを5つ紹介します。…

  2. 喪服

    ミニマルな日常

    服をミニマムにした時の、冠婚葬祭の対応方法は?

    筆子ジャーナルにいただいた読者からのお便りを紹介します。今回は2015…

  3. 書いている人

    ミニマルな日常

    めんどくさい仕事や家事を楽しんでやる7つのコツ。

    汚部屋を片付けたい気持ちはあるけれど、片付けそのものがめんどくさくてで…

  4. 散らかった台所

    ミニマルな日常

    大量の物を捨てたら、心が狭くなっていた自分に気づいた。

    シンプルに暮らすために試行錯誤している読者4人の方のお便りを紹介します…

  5. ティーバッグ

    ミニマルな日常

    部屋をぐしゃぐしゃにしてしまう3つのクセと、それをやめる方法。

    汚部屋という現状を作ってしまうのは、自分の日々の行動にほかなりません。…

  6. 汚部屋

    ミニマルな日常

    上手な部屋の片付け方7つのステップ。コツは先にいらない物を捨てること。

    毎日、「部屋の片付け方がわからない」「片付けられない」「どこから片付け…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,359人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ハーブティを淹れている女性
  2. タブレットを見ている女性
  3. 片付けている女の子
  4. 迷っている女性
  5. 買い物している女性
  6. おばあさんと花
  7. 流し
  8. 話し合いをしている女性
  9. 買い物する女性
  10. 光の差し込む部屋

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 石けん
  2. サボテン
  3. 持ち物
  4. 机の上
  5. 旅立つ若い女性
  6. 家計簿をつけている人
  7. 考え事をしている女性
  8. 文房具
  9. 古い手紙を見る女性
  10. 『書いて、捨てる』カバー

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP