セーターを持つ女性

ファッションをミニマルに

たくさん服を持っているのに、なぜ着るものがないと思ってしまうのか?

服の買いすぎをやめるシリーズ、今回は、「着るものがない!」と思う問題を解決する方法をお伝えします。

会社に着ていく服がない、人と会うとき着る服がない。こんなふうに感じたら、人は、新しい服を買います。

着るものがなかったら、困りますから。

逆を言えば、「いや、着るものは十分ある」と思うことができれば、買う必要がなくなります。



あるのに「ない」と思う理由は?

買い物依存の人はべつにして、多くの人が新しい服を買うタイミングは、「手持ちの服では十分ではないから、新しい服を買う必要性がある」と感じたときです。

前の服がボロボロになったり、サイズが変わってしまったり、何らかの理由で服の好みがガラッと変わったり、転職して、あらたまった服が必要になったりしたとき。

こんなとき、新しい服を買うことを検討しますよね?

このとき、「手持ちの服では十分ではない」という判定を、自分がどこから導き出しているのか考えてください。

出かける前に、「着る服がない!」と思うことから来ているのではないでしょうか。

毎朝のように、「着るものがない!」とあせるから、「あ~、新しい服を買わなければ」と考えるのだと思います。

というのも、冷静になって、手持ちの服とじっくり向き合ってみると、ちゃんと着用可能な服がそこにあるからです。

しかも、何着も。

あるのにないとなぜ感じるのか?

私が思う理由を3つ紹介します。





たくさんありすぎて選べない

手持ちの服がたくさんありすぎると、その日、着ていく服を選ぶのが難しくなります。

候補が多すぎて、迷ってしまい、その結果、朝の忙しい数分間に、絞り込むことができないのです。

選択肢が多すぎると選べない話⇒バリー・シュワルツに学ぶ『選択のパラドックス』(TED)~所持品をミニマムにすると生きやすくなる理由とは?

私のように、毎日同じ服を着ており、組み合わせのパターンが2つぐらいしかないと、迷いようがありません。

実際、服の数を大幅に減らしてから、朝、着る服に迷うことは全くなくなりました。

服が多すぎて、「着るものがない!」と思っているときは、言葉遣いを変える必要があります。

着るものがないのではなく、選べないだけですから、「ああ、着るものを選べない!」と言うべきなのです。

すると、この人が解決すべき問題は、「着る服をうまく選べない問題」であり、選びやすくする工夫をすれば問題は解決します。

この場合、新しい服を買うことは、問題の解決にはつながらないし、むしろ、ますます問題を悪化させます。

リピートしてはいけないという思い込み

毎日、違った服を着なければならない、昨日とは違う服を着なければならない、と思っていると、服がいくらあっても足りません。

「日々、違う服を着るべきだ」と思っているなら、その理由を改めて考えてください。

資源を大事にしなければならない今の時代に、なぜ、毎日違う格好をする必要があるのか?

説得力のある理由がありますか?

黒柳徹子さんが、番組(徹子の部屋)で1度着た服は2度と着ない話は有名ですが、ほかにも、セレブやアナウンサーの中には、同じ服を着ない人がいるかもしれません。

しかし、この人たちにとって、メディアで着る服は舞台衣装みたいなものです。

番組や公の場所、雑誌で着ている服は、メーカーとのタイアップ品や、スタイリストがどこからか借りてきた服も多いと思います。

一般人が、毎日、舞台衣装を変える人間の真似をする必要はいっさいありません。

ファッション誌には、「毎日コーディネートを変えろ」と書いてあるかもしれませんが、そうしないと、洋服が売れないからです。

服の断捨離ができない5つの理由。コーディネートにこだわる人は失敗する

実際は、着る服やコーディネートを変える必要なんてどこにもありませんよね?

服やコーディネートを変えないと困る理由がありますか?

あるとしたら、「自分が飽きるから」「毎日同じ服を着ていると痛みが早いから」ぐらいだと思います。

この場合は、手持ちの服で飽きない工夫をすればいいのです。

着るものに飽きない工夫。すぐに飽きては買う、を繰り返さないために。

私は、毎日同じ服を着ていますが、特に飽きることはありません。

むしろ、ボロボロになって穴があいたりすると、「ああ、そのうち、また服を買わなければならない」とゆううつになります。

同じ服ばかり着ていると確かに痛みが早いので、2~3パターン用意して、ローテーションさせるのが現実的でしょう。

ワードローブを把握できていない

どんな服をどれだけ持っていて、どこにあるかということがわかっていないと、「着るものがない」と思うかもしれません。

実際はあるのに、それを認識できていない状況です。

これは、外付けのハードディスクに大事なデータがいっぱい入っているはずなのに、パソコンが認識しないのに似ています。

あるのに、取り出すことができません。

こんな時は、「着るものがない!」ではなく、「着る服はたくさんあるのに、私の脳がそれを認識しない!」と言うべきです。

認識できるようにすれば、問題は解決します。

所持している服の内容を把握したら、できるだけ一箇所にまとめ、取り出しやすいように収納しておくと、選ぶのも簡単になります。

着る服がない問題を解決するには?

「着る服がない!」と焦って、新しい服を買ってしまう問題を解決する簡単な方法を4つ紹介します。

1)前の晩に決める

明日着る服を、前の晩に決めます。

夜なら時間の余裕があるので、じっくり考えることができます。

着ていくつもりの服のボタンが取れていたり、しみに気づいたとしても、夜の間に対応すれば、翌日、ちゃんと着用できます。

朝、着るものに迷わない7つの方法。おしゃれになるおまけつき。

2)ワードローブの把握

どんな服を持っているか把握します。

やり方は先日、詳しく書きました⇒徹底的に在庫を調べる:本気で服の買いすぎをやめたいあなたへ(その2)。

まじめにワードローブを調べると、意外にたくさん持っていることに気づきます。

3)制服化

出勤や外出に使う服をある程度固定します。楳図かずおさんのように。

自分のユニフォームを決める12のヒント。おしゃれミニマリストになる道もある

いつも同じ服を着ている人の中には、おしゃれな人もたくさんいます。

着たきりミニマリスト主婦の普段着とよそ行きをご紹介~ワンパターンな服はストレスが少なく、生産性をあげる

4)服を減らす

服の数を現在の半分から4分の1ぐらいまで減らします。

服の数を減らすと

・把握が簡単

・管理が簡単

・スペースがあく

・迷わない(ストレスが激減)

といいこと尽くしです。

先に服を減らしてしまえば、ふだん着る服は自動的に定番が決まるし、在庫の把握・管理も楽になるので、4つの中で、一番簡単で効果的な方法です。

忙しい人に、もっともおすすめ。

服を減らす方法は、ブログにも本にもたくさん書いています。

1つだけリンクしておきます⇒秋物を買う前にやれ。1日でいらない服を捨てる方法(実例あり)。

*****

朝、「着るものがない!」と思ってしまう理由をお伝えしました。

私が書いた理由以外にも「ない~」と思ってしまう理由はあるでしょう。

たとえば、

・足りないマインドになっている⇒足りないマインドがあると、物が増え、片付けもできない理由。

・他人受けを優先して服を買ってきたから、好きじゃない服ばかりが家にある

・安さを優先して服を揃えたから、着る気になれないものが多い

・「着る服がない」というのは、単なる買い物の言い訳

・他人が素敵に着ていた服ばかりを買い揃え、自分が着ることを考えに入れていなかった(観賞用の服ばかり)

・着るものにこだわりすぎている(人生、ほかにも考えるべきことはたくさんあります)

今度、「着る服がない」と思ったら、どうしてそんなふうに思うのか、じっくり考えてください。

「ないと思ったけどあった」と、きっと気づきますよ。





差し出された花毎日幸せになる方法、それが世界を変えていく(TED)前のページ

買った食べ物を食べきる7つのコツ:ちょっとした心づもりで無駄が減る。次のページ残りもの

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。

関連記事

  1. コートを着た女性

    ファッションをミニマルに

    古いコートをリフォームして着てみた率直な感想。

    洋服やファッションに関する読者のお便りを3通紹介します。内容:…

  2. お買い物中毒

    ファッションをミニマルに

    服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

    どうしても、服の買い物が止まらない、どうしたらやめられますか、というメ…

  3. 新しいドレス

    ファッションをミニマルに

    いただいた服を捨てるのは相手に悪くて:服を捨てない理由とその対策(その5)

    服がありすぎて生活に支障が出ているのにもかかわらず、着ない服をどこまで…

  4. ネックレス

    ファッションをミニマルに

    アクセサリーをどうやって収納する?とことん数を減らせば、そんなことに悩む必要なし

    きょうはアクセサリーやファッション雑貨を断捨離して、収納するところまで…

  5. お気に入りのトップス

    ファッションをミニマルに

    服の枚数を減らすと困るかもしれない5つのことと、それを解決するコツ

    手持ちの服を減らしたいと思っている女性はたくさんいます。ただ、なかなか…

  6. ジーンズ姿

    ファッションをミニマルに

    ファッションに対する考え方を変えて手持ちの服をダウンサイズする方法。

    大々的に断捨離しなくても、たくさんある服が少しずつ減っていく暮らし方の…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,465人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 湖にたたずむ女性
  2. 宅配便
  3. 海を見ている女性
  4. 春の野菜
  5. 若い女性
  6. 本やマンガ本
  7. 段ボール箱
  8. ノートに何か書いているところ
  9. 食器がたくさん
  10. 結婚

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. レス・イズ・モア
  2. 悩む人
  3. 片付いたスペース
  4. 歯医者
  5. おしゃべり。
  6. 無印良品A5ダブルリングノート
  7. アドヴェントカレンダー
  8. たたんだタオルや服
  9. ショッピング
  10. アンチ断捨離

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP