シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

いらなくなった香水やオーデコロンを使い切る15の方法


いらなくなったオーデコロンを使い切るために私が使ったあの手この手をお伝えします。

シンプルライフをめざして、毎日せっせとモノを捨てていたある日。50歳の筆子は棚のはしっこにひっそりとしまわれていたオーデコロンを開封しました。4、5年前にもらったものです。

今思えば、開封せずにどこかよそに回せばよかったのです。が、死蔵品を活用したいと思って開けてしまいました。その日からこのオーデコロンを使い切るという使命が課せられたのです。

若いころ、フェリシモで「世界のオーデコロンの会」に入っていたことがあります。このときためこんだオーデコロンはほとんどそのまま捨てることになりました。

スプレーの部分をペンチなどでこじ開けて、中身が出せるものはトイレに流し、瓶はゴミとして出しました。中にはどうしてもボトルを分解でいないものがあり、中身入りで捨てたものもあります。フレグランス類は瓶の口を解体するのが意外と難しいのです。

今回はごくふつうにスプレーして、中身を外に出すことにしました。

開封したオーデコロン

開封したオーデコロン:Yujinfloa

OL時代は、気が向いた時にオーデコロンやオードトワレを使っていたこともありました。

家庭に入ってからは、フレグランスはつけませんでした。

なんとか使い切るために、いろいろと知恵を絞りました。自分で考えたり、インターネットで香水の意外な使い方、変わった使い道を探して試しました。

もうあきてしまった香水やオーデコロン、トワレなどありましたら、お試しください。

古いオーデコロンを使い切る15の方法~筆古流

1.朝からだにふりかける

毎朝シャワーをあびたら、必ず手首や腰にふりかけることにしました。これでけっこう減りました。

2.寝る前にからだにふりかける

朝だけでなく、夜も使えばさらに減るだろうと思って、就寝前にシュッシュッとつけてみました。自分の好きな香りを身にまとえば気持ちよく眠れるかもしれません。

ところが、朝と夜つけているうちに、だんだん香りにあきてきました。

私が使っていたオーデコロンはフローラルとフルーティがまざったような香り。トップノートはオレンジの香りでそのうちピーチみたいな匂いがしました。

古いせいかとても軽い香りでした。決して嫌いではなくいい匂いだと思っていたのですが。

そこで別の手を考えました。

3.ルームフレッシュナーとして使う

部屋の適当な位置にたち、空中にむけてスプレーしてみました。

あまり香りは残りませんでしたが、少しはいい香りがしました。

4.もっと本格的に部屋で香らせる

台所のコンロでお湯をわかし、そこにスプレー。
台所がいきなりオーデコロンの匂いで埋まります。

魚を調理したあとによくやっていました。しかし個人的には茶香炉を焚くほうが好きでした。

5.アロマポットで香らせる

アロマセラピーの部屋焚きをするとき、精油の変わりに、オーデコロンをスプレー。しかし、香りがすぐに飛んでしまい、精油ほどに匂いませんでした。

6.手紙やクリスマスカードにふきかける

当時から手書きの手紙を書く回数はめっきり減っていましたが、まれに友人にカードを出すことがありました。

そういうとき、かならずカードにオーデコロンをふきかけて消費。カードによい匂いをつけるのです。「文香(ふみこう)」ならぬ、文オーデコロンです。

ただし、香りが嫌いな人もいるかもしれないので控えめにしました。

嗅覚で得た情報は人間の脳にダイレクトに行きます。匂いをかぐと、大脳辺縁系(だいのうへんえいけい)というところに伝わりますが、ここは、人間の生存にかかわる本能や感情を司るところです。

ここで「快・不快」をぱきっとそれこそ本能的に嗅ぎ分けるので、嫌いな匂いだと全く受け付けません。

お香をよく使っていたとき、匂いの好き嫌いで夫と衝突したことがあるので、これは体験からよくわかっていました。

7.お風呂にふりかける

入浴剤がわりにお風呂の表面にスプレーしました。多少はいい香りがしましたが、お風呂にはやはりエッセンシャルオイルを入れたほうが気分がよいのでした。

エッセンシャルオイルの話⇒薬なし生活~薬はすべて断捨離しアロマテラピーで健康管理

8.手作り消臭剤に

重曹をジャムの瓶などに入れ、そこにオーデコロンをスプレー。
香りつき消臭剤にしてみました。

スプレーしたときだけほのかに香りました。この重曹は3,4ヶ月たったら、お風呂の掃除に使いました。

9.掃除機から香らせる

夫が使っていたコットンボールにふりかけて、それを掃除機で吸わせて、香らせながら掃除をしてみました。

想像より香りは少なかったので、これはなかなかよい方法だと思いました。ただし、香り付きコットンを用意するのが手間だし、すぐに忘れて掃除を始めてしまうため、そんなに何回もやることはできませんでした。

10.電球にふりかける

電球にスプレーして、夜ライトアップしたら香るようにしました。しかし、吹きかけすぎたのか、ライトが高熱になりすぎるのか、焦げるような匂いがして失敗。

拭き取ってもなかなか取れず、しばらく毎晩焦げ臭い思いをしました。

11.トイレットペーパーの芯にふりかける

トイレットペーパーの芯のボール紙でできた筒にふりかけて、香るトイレットペーパーを作ってみました。

トイレに入るたびに、オーデコロンの匂いがして文字通り鼻につきました。

12.サシェにする

夫のコットンボールを拝借し、オーデコロンをふきつけてたんすに入れてみました。タンスをあけるたびに、オーデコロンの匂いがして鼻につきました。

注意:もし試すならコットンボールが衣類につかないようにしてください。シミになる可能性があります。

13.拭き掃除に使う(1)

ウエスにちょっとふりかけて、そこらをふいてみました。オーデコロンにはアルコールが入っているので。ふりかけすぎなければうまく行きます。

14.拭き掃除に使う(2)

ぞうきんをしぼるバケツの水にふきかけてみました。ふきかけたときは香りましたが、水とうまく融和しないせいか、ウエスはあまり匂いませんでした。

15.靴の中にスプレーする

スニーカーにスプレーしてみました。靴の消臭スプレーとして使ったわけです。靴下がオーデコロンの匂いになりました。

grey dot line

こんなふうに思いついたものには全てスプレーしました。毎日せっせとふりかけていたら、オーデコロンはなくなりました。

フレグランスは何にスプレーしようと本人の自由ですが、ファブリックはしみになるし、匂いが定着しすぎる恐れがあるので、私はスプレーしませんでした。

カーテン、シーツ、枕、クッション、服、マットなど、遠くから少しだけスプレーするのなら大丈夫かもしれません。好みでハンカチの角やスカートの裏などにスプレーしてもいいでしょう。

台所で使う布類(台拭き、ふきんなど)にはふりかけないほうが無難です。

私が使ったオーデコロンは、もともと軽い香りなのか、しまいこんでいる間に香りが飛んでしまったのか、あまり香りが持続しませんでした。やはり人間のからだにふりかけるのが1番いいと納得した次第です。

今もまだ大昔に友だちに海外旅行のお土産としてもらった小さい香水(シャネルの19番)と、ボディショップのみかんの匂いのするパフュームオイルを持っています。

たまに気分転換で使います。この2つは一生持つでしょう。

お菓子が食べたくなったときに、みかんのパフュームオイルを手首につけて、匂いをかいで食べた気になっています。

こうすると「食べたい」気持ちをおさえることができます。ダイエット中の方は、フルーツやバニラの香りのするフレグランス商品でお試しください。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索