寝転がってスマホを見る人

ミニマルな日常

夜ふかしをやめるコツ~夜遅くまでSNSをするのをやめて、生活時間を立て直す。

生活時間がぐしゃぐしゃになってしまい、早起きがつらい。どうしたらすっきり早起きできますか?

この質問に回答します。

早起きするのは簡単で、夜早く寝るだけです。

ところが、夜ふかしするクセがついている人は、夜間やらなくてもいいことをやりながら、布団に入るのをズルズルと先延ばしします。

そこで、今回は、夜ふかしをやめる方法をお伝えしますね。

では、まずメールをシェアします。Iさんからです。



早起きできない

件名:生活リズムがぐじゃぐじゃ

筆子さん、毎日興味深く拝読させていただいています。

洋服の断捨離、習い事の整理はできたつもりです。

今どうしようもないのが、生活リズムがぐじゃぐじゃなことです。

最優先は、片道、車で1時間かけて通勤する夫に合わせて、朝5時半に起きてお弁当と朝食を作ること。

子供2人が高校生の頃は軽々とできていて、ちゃんとそれにあわせて早く寝ていたのに。

今はLINEやらFacebookやらに時間を取られてやめられなくて、2時ごろ寝る生活。

持病があるので寝る前に薬も飲んでいます。

今の家族構成は、夫と娘との3人暮らし。娘はなかなか定職に着けず、こちらも生活リズムぐじゃぐじゃ。

夜中にシャワーなんかしているようです。娘も医者通い。

私のほうのカウンセラーには、5時半から逆算して11時には寝るように言われています。

夜9時過ぎたらデジタル機器やテレビから離れて、10時までにお風呂に入れなかったらもうあきらめて翌朝、朝風呂にしてください、と言われています。

夫は一昨年の秋に前立腺がんで前立腺を全摘しているので、夜中の1時か2時ごろ必ずトイレに起きます。

それで台所で起きてごそごそしている私とかち合って、気まずいこと気まずいこと。

さらに、そんな時間まで起きていても、5時半には絶対に起きるので、早朝、歯磨きしながら倒れたり、朝の薬を飲むのに手が思うように動かなくて30分くらいかかって、夫に「俺が出て行ったら二度寝しろ」と言われたり。

しまいには娘に意味不明なことを言ったり。

もう情けなくて仕方ないです。

小さい子供みたいな質問ですが、どうすれば「5時半にはすっきり起きる」を前提に、1日過ごせるでしょうか。

Iさん、こんにちは。メールありがとうございます。

夜遅くまで起きていても、5時半には絶対起きて、歯磨きをしながら倒れ、薬を飲むのに30分かかり、娘さんに意味不明なことを言うのは、Iさんですか、それともご主人ですか?

まあ、今回は、夜ふかしをしない方法を書くので、どちらでもかまいませんが。

はじめに:優先順位を考える

5時半にすっきり起きるためには、カウンセラーのアドバイスに従って、夜の9時にモニター関連は全部切って、お風呂に入り、11時までに就寝すればいいのです。

それができないのは、自分の優先順位がわかっていないか、「5時半に起きるなんてまっぴら。そんなこと絶対したくない」と思っているかのどちらかです。

何のために5時半に起きるのか、考えたことありますか?

5時半に起きることが最優先なのではなく、5時半に起きて、家族のために食事を作り、ご主人の支度を手伝って、気持ちよく仕事に送り出すことが最優先なのですよね?

ですが、いまのIさんは、そうした家事をすることより、LINEやFacebookをすることを優先しています。

それはIさん自身が選択していることです。

Iさん自身が、早起きすることより、夜中のソーシャルメディア活動を選んで、そうしているわけですから、私やカウンセラーにはどうすることもできません。

しかし、ここで回答を終わってしまうと、身も蓋もないので、4つアドバイスしますね。





1.1日のスケジュールの見直し

まず、最近の自分のスケジュールのログをとります。そして、夜中まで起きてやっていることを、昼間に持ってこれないか、考えてください。

断捨離で言えば、家の中にある物を棚卸しする感じです。

1日24時間、どのスロットに、どんな活動を入れているのか、可視化できるように、紙に書いてみるといいですよ。

たいてい、やらなくてもいいことがわかって、その分を睡眠に回すことができます。

夜遅くまで起きている人に、その理由を聞くと、「昼間やりきれないから、夜になってしまう」という回答が返ってきます。

スケジュールを見直すと、昼間のあいだに、やってしまうことができるようになります。

Iさん、専業主婦ですよね?

昼間もずーっとソーシャルメディアをやっていて、やりたい分が終わらないから、夜中もやっているのでしょうか?

それとも夜中にSNSをやらなければならない、差し迫った事情があるのでしょうか?

こんなことも考えながら、理想のスケジュールや、モデルプランを設定して、その時間帯で動くようにしてください。

私も、いま、起床時間は5時半ですが、前の晩、どんなに遅くても10時には寝ています。たいてい、9時半に寝ていて、朝、4時過ぎや5時に目が覚める時もあります。

そんなときは、5時までは、布団の中で、ぼーっとしているか、キンドルで本を読み、5時に起きています。

2.ソーシャルメディアを制限する

Iさんが、夜遅くまで起きている理由は、ソーシャルメディアですから、SNSに当てる時間を制限してください。

ソーシャルメディアについては、何度もTEDの記事などで、書いています。

SNSを提供している側は、「ユーザーのすき間時間をできるだけ奪いたい」「このアプリを使用せずにはいられなくなる状態を作りたい」という意図をもって、エンジニアにアプリを開発させています。

ユーザーの注意を奪うことに、ものすごく予算をかけているので、何も意識せず、無防備にやっていると、どんどん時間を使ってしまいます。

3つ過去記事を紹介しますので、読んで、自分がSNSを利用する、メリット、デメリットについて考えてください。

スマホやYouTubeがクセになってしまう行動様式を知り、悪習慣を改める(TED)

ソーシャルメディアはこころの健康によくないか?(TED)

ソーシャルメディアはやめなさい:カル・ニューポート(TED)

人間には、理性的に考えられる人間らしい脳と、本能のまま行動する爬虫類脳がある話、すでに読んでいると思います。本能的な反応は変えられないので、その反応に引っ張られすぎないように、あらかじめ、人間脳を使って対策してください。

たとえば、

・時間を決めて、SNSをやる(タイマーをかける)

・用のない時にはスマホを見ない

・いちいち、「いいね!」せず、読むだけにとどめる(「いいね!」をしていると、余計に時間がかかります)

・本当にチェックしたいタイムラインやユーザーだけをフォローする

「どうしても、私はSNSをやる必要がある、これは私の人生に欠くべからざるものなのだ」という場合は、夜遅くにやらずに、朝の早い時間にやってはどうでしょうか?

「のんびりSNSをやりたいけど、寝る時間を確保しなきゃならないから、そんなにやれない、ああ、ストレスがたまる」と思うなら、朝一番に30分ほどやると、とりあえずは、気が収まります。

夜の10時前後に寝て、朝、5時に起きて、30分だけSNSをして、それから家事をするのもいいですね。

朝一番に、自分が大好きなことをやってしまえば、あとの家事も、スッキリ取り組めるんじゃないですか?

私は、「時間があればもう少し塗り絵をしたいな」と思う時があります。

そういうときは、朝、モーニングページやTo-doリストを書いたあと、17分~30分ほど(その日のスケジュールによって違う)、塗り絵をすることがあります。

すると、満足できます。

塗り絵をしすぎると、目が疲れるし、「こんなことより、やるべきことがあったのに」という罪悪感を感じるので、精神衛生を保つために、少しの時間だけやるようにしています。

このように、「ああ、もうちょっとやりたいな」というところで、とどめておくといいですよ。どんなに好きなことでも際限なくやっていると疲れますから。

特に、スマホやパソコンなどデジタル機器を使う作業は疲れますね。

3.寝付きをよくする工夫

ご主人やお嬢さんが、夜中に物音を立てて、家の中がうるさいようなので、寝付きをよくする工夫や、一度眠ったら、朝までぐっすり眠れる工夫をしてください。

たとえば、

・夕食を早くする。内容も軽めにする

・カフェインの摂取は午前中のみ

・自分にあった寝支度を考えて、毎日実践する⇒しっかり寝るために、理想の寝支度を考えて実践するススメ。

・デジタル機器は夜寝る2時間前(それができないなら1時間前)に切る

・部屋を真っ暗にする。できないときはアイマスクを使う⇒床に寝るミニマリストの必需品はこれ~ぐっすり眠るためのアイマスクと耳栓ご紹介

・寝る前に深刻な考えごとや心配ごとをしない。「きょうも楽しかったなあ。神様、楽しい1日をありがとう」と笑顔で眠る

・ストレスマネジメント

Iさん、初回のメールに精神科の持病がある、と書いておられましたよね?

こちら⇒a href=”https://minimalist-fudeko.com/how-to-reduce-activities/”>習い事をやめたいのに、やめられない。そんな時はこうする。

だから、医者やカウンセラーにいろいろとアドバイスもらっている思います。それを参考にあまりストレスをためない生活をしてください。

ソーシャルメディアを過度にやることは、むしろストレスを増やすことだと思いますが、専門家はそうは言いませんか?

参考⇒睡眠の質を改善する簡単な方法。より長く、ぐっすり眠る6つのコツ。

4.家事の前倒し

早起きがつらいときは、夜のうちにできる準備をしておくと、その分、朝の睡眠時間を確保できます。

朝、一から弁当を作らず、できる準備はすべて前日にやるとか。

まあ、Iさんは、主婦歴が長いから、こうしたことは私よりずっとよくご存知だと思います。

仕事を前倒しでやることを意識すると、昼間の時間にも余裕ができるから、午後の空いた時間にSNSをやる、というふうにしてもいいでしょう。

家事のみならず、どんなことも、先延ばしせず(ギリギリにやらず)、前もって、準備する暮らし方をすると、直前にバタバタすることがなくなって、気持ちに余裕ができるので、ストレスも減ります。

こちらを参考にしてください⇒朝活を充実させるためにミニマリストが心がけている7つのこと

もちろん、いつも書いていますが、余計な物がないほうが、時間ができるので、不用品を捨てることは、これからも続けてください。

・・・・ いろいろ書きましたが、すぐにできて、もっとも効果があることは、夜中のソーシャルメディアをやめることです。

夕食以降はソーシャルメディアをやらない、と決めてはどうでしょうか?

その代わり本を読んだり、友達に手紙を書いたりして、ゆっくり過ごすといいでしょう。

早起き・時間に関するほかの記事

朝起きるのがつらい? こんな簡単な方法で、毎朝すっきり起きられます。

ダラダラとネットばかり見て時間を無駄にするのをやめる方法。

時間を無駄にしない方法。連休をダラダラと過ごして後悔しないために。

夏は朝型人間になる絶好のチャンス~こんな朝活をしています

自分の時間がないというイライラから抜け出す方法~シンプルライフで叶います。

時間がないんじゃなくてやる気がないだけ。大事なことに時間を使う方法(TED)

もっと時間を作る方法:ふだん消費しているコンテンツを見直す。

******

早起きできない、という質問に回答しました。

あなたも、質問、感想などありましたら、お気軽にお寄せください。お待ちしています。





こけし箱に入れっぱなしの記念品をさっさと手放す5つのコツ。執着していてもいいことありませんよ。前のページ

年末だからもう手放す。今年中にさよならしたい5つのもの(前編)次のページアドヴェントカレンダー

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 思い出にふける女性

    ミニマルな日常

    楽しかった過去に戻りたいと思って、前に進むことができません←質問の回答。

    きらきらと輝いて充実していた時間を取り戻したい、とよく思います。…

  2. 散歩

    ミニマルな日常

    始められない、続かない、を返上するには?(読者の今年の目標)

    読者の今年の目標の紹介の続きです。「2月からやります」というお…

  3. 招き猫

    ミニマルな日常

    実例あり:今の生活の中で、もっと思い出の品を楽しむ5つのヒント

    「思い出の品」の断捨離シリーズ3回めです。先週は、どうやったら思い出の…

  4. ベッド

    ミニマルな日常

    実はとても簡単なこと。出したら片付ける人になって汚部屋を脱出

    物を出して使ったあと、すぐに片付ける人になる方法をステップ・バイ・ステ…

  5. 窓ぎわ

    ミニマルな日常

    狭い部屋で収納スペースがないときの4つの解決策。

    部屋が狭いから、物を収納する場所がない…。私の夫はこんな悩みを持ってい…

  6. ミニマルな日常

    クレヨンを使い切る4つの方法~かわいいクラフトを作ってみる

    「使い切る暮し」をめざしているあなたに、いろいろなものをきっちり使い切…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,249人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 台所のシンクまわり
  2. 服をチェックする女性
  3. 市販の弁当
  4. 図書館にいる女性
  5. 仕事をする女性
  6. 野原にいる女性
  7. 後悔している女性
  8. 白いTシャツを着ている女性
  9. 汚部屋で瞑想する女性
  10. 紙袋に入ったレモン

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 50%引きと書かれたスケッチブック
  2. シード
  3. 素足
  4. 積み重なるタオル
  5. 赤いジョギングシューズ
  6. 考えごと
  7. 思い出の手紙
  8. スマホをする人
  9. CDケース
  10. 洋服

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP