シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

メールチェックしすぎていませんか?メールに支配されないシンプルな暮しのすすめ



あなたは日に何度メールチェックをしていますか?メールチェックの頻度があがればあがるほど、ストレスレベルも上昇し、作業効率は低下します。

今回はメールはできるだけチェックしないほうが幸せになれる話を書きます。

メールチェックばかりしていた私

ミニマリスト筆子は、日々のタスクはできるだけシンプルにしています。数年前まで、私の人生を複雑にしていたものに、Eメールがありました。

朝から晩までメールチェックをしていた時期があったのです。

ガラクタでいっぱいの部屋の住人が、物の管理に時間を取られ、人生をコントロールされてしまうように、私は電子メールに生活を支配されていたのです。

朝起きてパソコンのスイッチを入れると、まずはメールチェック。一通りチェックが終わったあとも、メールが来るたびに、開封していました。

私はGoogle Chromeが出たときからクロームを使っています。以前は、メールが来たら教えてくれる拡張機能(エクステンション)を入れていました。

パソコンに向かって別のことをやっていても、ブラウザを開けている限り、メールが届いたら、そのエクステンションのアイコンに赤い数字が出ました。

数字が増えたら、いちいちメールを見に行っていました。そのたびに集中が途切れます。

あるとき、「このままではだめだ」と気づき、メールチェックをできるだけしないようにすむ方法を考え始めました。現在のメールチェックは基本的に一日2度だけです。

こうしたら大きな心の平安を得ました。


メールチェックの頻度を減らすために私がやったこと

1.届くメールを減らす

届くメールが少なくなれば、チェックする時間も減ります。まずメールを大幅に減らしました。

ほぼ同じ時期に買い物をするのもやめたので、楽天市場を始めとしたオンラインショップのメールの講読をすべてやめました。

まぐまぐから取っていた語学関係のメールや興味のあるメールの講読もやめました。

会員制のサイトに登録しているとメールが届きます。どうしても必要なサイトにだけ登録し、ほかのサイトは退会。

登録していても、極力メールは受け取らない設定にしました。

すべてのメールを止めたわけではありませんが、それまで受け取っていたメールの8割ほどばっさりと切りました。

2.どうでもいいメールは受信箱を素通りさせる

たまに、登録している限り、メールの受け取り拒否をできないサイトがあります。

そういうところのメールはフィルタリングして、届いたらすぐにごみ箱に行くようにしました。

考えてみれば、ずいぶん無駄なことです。しかし、メールの受け取り拒否という選択肢がないのでしかたがありません。

さらにメールが減りました。

しかしこれでもまだミニマリスト的にはメールが多い気がしました。

3.メールの受信を教えてくれるエクステンションを削除

半年前ぐらいにメール着信のお知らせを見なくてすむように、エクステンションを削除しました。

これがあると、どうしても見に行ってしまいます。重要なメールにはできるだけ速く返信したいという気持ちがあり、このエクステンションをはずすことがなかなかできずにいました。

ミニマリストは1点集中するべきだ、という思いからある日とうとう削除しました。

これはすばらしい効果をあげました。

邪魔されなくなって本当にスッキリ。

それでもまだ、そこそこまめにメールチェックをしていました。というのも、Gメールのタブをあけておけば、何か届くとInbox(4)というように、数字が増えていくからです。

4.メールチェックする時間を固定化

その後、朝と夜だけメールチェックすることにしました。

たまにスケジュールが遅くなり昼休みの時間に見ているときがありますが、基本的にメールチェックは1日2回です。

メールチェックしない時間はGメールのタブも閉じています。

ただし、メールチェックは2回ですが、わりとランダムな時間にメールを書いています。

つまりそのときはメーラーを開けるので、チェックしてしまいます。ただ、メール着信に促されて見に行っていたときより、「自分でコントロールしている感」は増えました。

今後はメールを見るのも書くのも固定化したいところですが、まだそこまでは行っていません。
メールチェック

メールチェックを1日2回にして気づいたこと

1.ほかの仕事に集中できるようになった

これはあたりまえですね。メールを見にいくたびに、気がそがれるのがなくなりました。

おかげで、いろいろなことが短時間ですむようになり、パソコンに向かっている時間も減らすことができました。これは大きなメリットでした。

2.本当に大切なメールはそんなに多くない

できるだけメールマガジンの講読をやめましたが、それでも自分はまだまだいらないメールをとっていることに気づきました。

ただ情報を得るためだけに受け取っているメールが多かったのです。

すぐにアクションを起こさなければならないメールは思いのほか少ないです。

3.メールの返信が速いとよけいなメールを受け取る可能性が増える

現在の私は24時間以内にメールの返信をすることにしています。以前のように、すぐに返信していたら、むこうもまた返信してきて、やりとりが増えてしまうことがあります。

相手がのんびりしたタイプならいいのですが、私のようにせっかちなタイプだと、お互いよけいなメールを送り合ってしまうのです。

メールはチャットではありませんから、こんなことはするべきではありません。

4.心の平安を得るためには、受信箱を閉じるのが1番よい

これは私の実感です。

朝1番にメールをチェックしてはいけない

メールをチェックする頻度を減らすのと同時に、朝1番にメールチェックするのをやめました。

その理由は2つあります。

まず、クレームや、ネガティブなメールを朝一に見ると、午前中、気分が重いからです。私はわりと気分の切り替えをさくさくできるほうです。砂糖の摂取を控えるようになったら、イライラしたり、落ち込むことが驚くほどなくなりました。

それでも暗いメールとか、ちょっとややこしいことが書いてあるメールを見るとやはり心が疲れます。別に落ち込まないのですが、心のエネルギーを吸い取られてしまうのです。

もう1つの理由は、朝は1日のうちで1番体力や気力が充実しているので、もっと自分のやりたいことに使った方がいいと思ったから。

今は朝1番はモーニングページを書き、スクワットをしたり、ブログを書いたり、自分の好きなことをして、一段落してからメールを開封して返事を書いています。

メールの返信は相手のために自分の時間を使うことです。人の仕事をしすぎると、忙しくなります。

それについてはこちらに書いています⇒なぜそんなにいつも忙しいの?~忙しさを生む7つの理由と忙しくなくなる方法

忙しすぎると、1日の終わりに「ああ、きょう結局何もできなかったな」という気分になりがちです。このように未完了のタスクがあると、夜ぐっすり眠れません。
その理由はこちら⇒梅雨で気分がスッキリしないあなたに~毎日5つだけ捨てて暮しを変える

短時間でもいいので、まず自分が心からやりたいことをやっておくと、たとえその後は人のための仕事の連続だったとしても、寝る前は充実感を感じます。

「人の仕事をやらされた」という気持ちより、「人の役にたててよかった」という気分になるのです。そして、翌朝のモーニングノートに、「役立たせてくれてありがとう」と感謝の気持ちまで書いてしまいます。

たぶん、自分のやりたいことをやらずに、いきなり人のための仕事に入ってしまうと、「本当はあっちをやりたいのに、この仕事のせいでできない」と一日中、もんもんとしてうらみを感じてしまうのだと思います。

grey dot line

Eメールが登場したころは、「メールは電話にくらべて、相手の時間を奪わないからいい」とよく言われました。メールなら相手の都合のいい時に見てもらえるからと。

ところが、多くの人は、しょっちゅうメールをチェックしているので、結局時間を奪われています。

メールのメリットを活かすためにも、そんなにしょっちゅうチェックするべきではないのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

このブログの中を検索