引き出しの中の片付け

断捨離テクニック

片付けがうまくいかない時の3つの見直しポイント~今年思ったほど物が減らなかった人へ。

片付けの効果をあげる3つの基本ルールを紹介します。

2022年の年頭に、「今年こそ、汚部屋を脱却」、「手つかずの物置部屋を片付ける」「不用品を一掃したい」、こんな誓いをし、いらない物の片付けを心がけてきのに、思ったより物が減らなかった、相変わらず、部屋がごちゃごちゃしている、なぜなの?

こんな状態なら、一度、方法を見直してください。

方法と言っても、不用品を捨てるだけですが、やり方がまずくて、不用品をいつまでもキープしてしまうことがあります。



1.意味なくダブっている物を捨てる

全く同じ物や似たような物をいくつも持っていると、ガラクタになりやすいので、できれば、同じ用途の物は1つに絞ってください。

たとえば、炊飯器を2つ持っていても、使うのは1つだけなので、片方は死蔵品になります。

炊飯器はあくまで例です。

実際は、炊飯器を2つ持っている人なんていないでしょう。ところが、炊飯器ほど大きくなく、値段も高くない台所用品(包丁やお玉、まな板、食器、箸、スプーン、フォークなど)を、ダブらせている人はたくさんいます。

意味があって、ダブらせている場合はOKです。

すごく大きな家に住んでいるから、各部屋ごとに、はさみや爪切りを置いておきたいと思うことはあるでしょう。

ボールペン1本生活を開始して久しい私ですが⇒ボールペン1本生活になってわかった、私が物をためこんでいた理由とは?

仕事をしに居間(ここにデスクトップが置いてある)に行くときは、筆記具を入れたペンケースを持っていき、仕事が終わるまでずっとそのままなので、自室にもサインペンを1本置いてあります。

同じ用途の物が複数あっても、ちゃんと使っていたり、バックアップとしてどうしても必要であったりするなら、急いで捨てることはありません。





バリエーションを揃えても活用できない

衣類についても、同じ用途のものを持ちすぎていないか調べてください。

色や形、デザインが違う服をいろいろ取り揃えると、おしゃれができる、日々の生活が充実する、毎日がより楽しくなる。

そう思って、あれこれ服を買い揃えても、使う服はある程度絞られ、すべてを漫勉なく使うことはできません。

アウターをたくさん持っていても、ふだんよく使うのは決まってますよね?

毎日、違うアウターを着るのは、めんどくさいですから。

人間は習慣の生き物なので、毎日、きのうとは違う服、靴、バッグ、化粧品を使おうとすると、脳に負荷がかかります。

自分の脳のパワーを、服を着ることやおしゃれだけに使うことができれば、日々、違う装いをすることは可能かもしれません。

インスタグラマーの中にそういう人がいるかもしれませんが、ファッション系のインフルエンサーは、あれこれ違う服を来たり、日々異なったヘアメイクをするのが仕事のようなものです。

仕事だからできているだけです。

ふつうは、仕事、家事、育児、地域の仕事、趣味、人付き合いなど、やるべきことも、やりたいこともたくさんあるため、脳は忙しいのでできません。

自分が使えるリソース(時間、体力、意識など)は限られているので、いくらたくさん服を持っていても、毎日違うスタイリングはできないのです。

同じ用途の服をたくさん持っているなら、今年1年の活用状況を振り返ってください。

今年、あまり活用できない服があるなら、たぶん来年も同じことが起きます。

2023年になると、突然あなたのリソースが増えるわけはありませんから。

自分のリソースやキャパシティを意識して、ダブりを持ちたいなら覚悟して持ちましょう。

物の使用(消費)や管理には、自分のリソースを使っています。このリソースが増えない以上、使用や管理の度合いを増やすことはできません。

部屋に使わない物があふれている人は、自分のキャパシティ以上の物を持っているのだと思います。

2.「捨て」をしっかり完了させる

「あ、これもういらないや。ガサッ(ゴミ袋に入れる音)」。ここまではできていても、その後の行動ができていないせいで、処分すべき物が、いつまでも部屋に残っていることがあります。

家の外に出すところまでしっかり完了させてください。

売るものにはタイムリミットをもうける

不用品を売ってお小遣いにしている人もたくさんいると思います(私の娘もそうです)。

手間はかかりますが、お金が手元に入ってくるのは魅力ですよね。

売りながら、不用品を処分している人は、いつまでに売るかタイムリミットをもうけることをおすすめします。

そうすれば、「なかなか売れない物」をずっと自宅にキープしなくてすみます。

「買い取り業者に買ってもらおう」、「リサイクルショップに売ろう」と思っている物があるときも、自分で期限を作って、さっさと売ってください。

期間は自由に決めればいいのですが、「売る!」と決めてから半年以内に片を付けるのはどうでしょうか?

季節品で、その季節にならないと売れないものなら、1年ぐらい見ておいてもいいでしょう。

寄付もさっさとする

不用品をどこかに寄付したい、誰かに譲りたいと思っている人もいます。

手頃な寄付先やもらい手が見つからなくて、ずっとそのままにしていると、家の中の物の数は減りません。

こちらも、「寄付しよう!」と決めてから、3ヶ月~半年以内に一連のプロセスを終わらせることを意識するといいでしょう。

人は、何事も、明確な期限がないと、どんどん後回しにします。

売りたい、寄付したい、バザーに出したい、捨てたい、と思いながらも、今年、その行動がなかなかできなかったのなら、今すぐ期限を作ってください。

3月、6月、9月、12月の終わりを期限にすれば、年4回、家の中でくすぶっている物を一掃する機会が訪れます。

捨てた物は家族に見せず、自分で最後まで断捨離を完了すべき理由

3.先に捨てる、収納はそのあと

まず不用品を捨てて、そのあと必要なら収納グッズを買って、収納してください。

長くこのブログを読んでいる方は、掃除と断捨離は違うことをよくご存知だと思います⇒きれいな部屋にするために、不用品を捨てる作業と掃除をしっかり分けるススメ。

掃除では、明らかなゴミしか捨てないので、ガラクタや死蔵品はいつまでも家の中に残ってしまいます。

望ましい順番:

1)不用品を全部捨てる

2)残りを使いやすい場所にしまう

できるだけ、この順番で部屋の片付けをしてください。

ただ、いらない物を捨てることは、1日や2日では終わらない現在進行形の作業だから、「今持っている物を、きれいにしまいたいなあ」、と思うことがありますよね?

そのへんに散らかしておくわけにもいきませんから。

こんなときは、できるだけ手持ちの収納スペースや収納家具を利用してください。

収納する場所を増やすと、なかなか不用品が減らないし、下手をすると物が増えます。

誰しも、しまい場所があると、「捨てなくてもいい」と思ってしまいます。

収納スペースを減らせ:知らないうちに物が増えるのは、しまう場所があるから。

今、押入れや食器棚、書棚、洗面所の引き出しが物でびっしりでも、そこにある物すべてが、必要欠くべからざる物ではないと思います。

スッキリ空間を実現するコツは、なくてはならない物だけを持つこと。

物をどこかにしまい込むとすぐに中身を忘れるし、オープンシェルフなど、目に見えるところにあったとしても、そこにあるのが当たり前になって、ガラクタがあることに気づきません。

収納スペースを埋めている物が、本当に必要な物なのか、1つひとつ確認してください。

そしていつも、「まず捨てる、それから収納」という順番を守ってください。

こうすると、よけいな収納グッズにお金を払わなくてもすみます。

「100円均一ショップで買ってくるから、たいした出費じゃない」と思うかもしれませんが、回収が重なるとけっこう大きな出費になりますし、プラごみを増やすのは地球全体にとって、マイナスになる行動です。

****

もう何年も断捨離をしていて、ノウハウに通じている人も、片付けているうちに、基本を忘れてしまうので、今日紹介した

1.ダブりを持たない

2.捨てを完結させる

3.まず捨てる、それから収納

この3つがちゃんとできているか再確認してください。

3つをきっちり実践できれば、もっと早くスッキリ空間を手に入れることができます。





ゴミを捨てているところ一通り断捨離を終えてお金の使い方の大切さに気づいた。前のページ

御札(おふだ)を捨てて、使っていないのに無意識に持ち続けているものに気づいた話。次のページお守り

ピックアップ記事

  1. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  5. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 本箱

    断捨離テクニック

    本の捨て方。1年で320冊捨てました。

    私の本の断捨離のやり方をお伝えします。去年はずいぶんたくさんの…

  2. たくさんの本

    断捨離テクニック

    いらない物を捨てる勇気がほしいと思うあなたへ。

    筆子ジャーナル読者のイチオシ記事の紹介です。今回も、物の捨て方やシンプ…

  3. むなしい気分

    断捨離テクニック

    断捨離が終わったのに、思ったより楽しくない、と感じる時の対処法。

    いらない物は一通り捨てたのに、人が言うほど楽しくないし、身軽な気分にも…

  4. 床から1つずつ拾う

    断捨離テクニック

    汚部屋すぎて、どこから始めていいかわからない人に伝える片付けの始め方。

    手強い汚部屋を片付ける最初の一歩を踏み出すコツを3つ紹介します。…

  5. 散らかった机

    断捨離テクニック

    仕事で使うかもしれない書類を捨てる6つの判断基準。

    読者の方から、仕事で使う書類がたまっているが、どうやったら断捨離できる…

  6. 汚部屋

    断捨離テクニック

    ちょっと断捨離してもすぐに元通り?片付けに挫折する5つの理由とその対策

    部屋の片付けを始めたのに、すぐに挫折する理由と、その回避策を5つお伝え…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,610人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 頭を抱える女性
  2. 忙しいママ
  3. 積み上げられたセーター
  4. ベッドでノートに何か書いている人
  5. 散らかった部屋
  6. 幸せそうな人
  7. 人間関係
  8. メモを書いている手
  9. 古本
  10. 不用品

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. スリフトショップ
  2. ドーナツ
  3. セーター
  4. きれいな人
  5. カステラ
  6. 気分がうつうつする人。
  7. ノーと言う女性
  8. マイカー
  9. 口論
  10. 散らかった部屋

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP