ゴミを捨てているところ

ミニマルな日常

最終更新日: 2022.12.28

一通り断捨離を終えてお金の使い方の大切さに気づいた。

ページに広告が含まれる場合があります。

 

身の回りの物を整理した読者のお便りを4通紹介します。

内容:

・ひとまず断捨離が終わった

・最近捨てた物

・不用品を寄付してみた

・なくしたと思った物が出てきた

まず、ひろさんのメールです。



断捨離が一段落ついた

件名:7年かかりましたが、断捨離できました

いつもブログ楽しく拝見しています。

断捨離を始めてから7年になりましたが、ようやく一段落しました。

最初は自分のもの、次にガラクタみたいな家電や家具、服や靴やバッグとかもひたすら処分したと思います。

全て値段がついていたものだと思うと、お金の使い方は非常に大事だと思いました。

一時期流行ってた服もそれなりの値段で買い取ってもらえましたし、自分ではいい経験させてもらえたので、本当に欲しい人に譲ることにしました。

世間で貴重とか価値のあるかどうかよりも自分が毎日使いたいかどうかの方がはるかに大事だと思います。

たくさんあったファイルも職場に寄付しました。

自分は片付け自体は好きなので、職場でもゴミやガラクタを捨てていて、おかげで快適な空間になってます。

自分の机も一切無駄なものはないです。

自分は持ち物が異常に多かったので、7年かかって300個程度の持ち物になりましたが、それでもやってよかったです。

ミニマリストで300個は少ない部類ではないのでしょうが、全て大切なもので、役目を終えるまではきちんと管理しようと思います。

若干発達障害気味な自分が今のような生活に至るまでは苦労の連続でしたが、これから人生を改善したい人を陰ながら応援したいです。

筆子様も健康には気をつけてください。





ひろさん、こんにちは。お便りありがとうございます。

ひとまず断捨離が終わったのですね。よかったです。

今後はお金の使い方が変わりそうですね。

300個はかなり少ないと思いますよ。

私は本をたくさん持っているし、塗り絵を始めてからマーカーや色鉛筆が増えたので、物は300個以上あると思います。

所持品の数を数えようと思ったことすらありません。とても大変な作業になりそうだからです。

数量より、快適に暮らせるかどうかのほうが重要です。

ひろさんも、どうぞご自愛ください。

次はいとまきさんのお便りです。

気持ちのよい空間ができた

件名:少しずつ確実に進んでいます

こんにちは。

先日お便りしました いとまきです。

母の介護をしながら、家の片付けをコツコツする日々です。

また片づけ状況が少し進みました。

昨日は、小さな古い靴箱とお座布団5枚処分しました。

処分場に運ぶのに自家用車を使いましたが、小さな靴箱と言っても案外大きくて幅がギリギリでしたし、1人で載せるのも大変でした。

処分料は400円でした。

思っていたより金額が張らなくて助かりました。

その時に一緒に処分したお座布団を一時置いていた、二畳ほどの部屋があるのですが、そこがとても日あたりがよくて明るいのです。

冬の間は 母と一緒にごはんを食べたりおしゃべりするのに使おうと思いました。

裁縫箱、アイロン、クッション、ウエスなどこざこざ置いていましたが しっかりと片づけて窓周りの掃除も済ませ、気持ちの良い空間になりました。

飼っている猫も、自然とその部屋に来て気持ち良さそうに毛繕いをしたりコロンコロン寝返りを繰り返しているのを見て こちらまでしあわせな気持ちになりました。

片づけが進んでくると、今まで後回しにしていたことに取り組めるようになりますね。

わたしの場合は、父の遺影が掛けてある位置がしっくりしなくて何年も経ってしまっていましたが それも掛けなおしました。

本当に気持ちがすっきりと穏やかになりました。数センチの違いでこんなにも気持ちが違うんですね。

先日の筆子さんからのメッセージがとてもうれしくて、力になっています。ありがとうございます。

更新楽しみにしています。

今日も近況の報告でした。またお便りさせてください。

いとまきさん、こんにちは。お便りありがとうございます。

気持ちのいい空間ができてよかったです。

いとまきさんは、1人で介護と片付けをしているから、心身ともに、疲れるときがあるでしょうね。生まれ変わったスペースで、ぜひ、一息ついてください。

ところで、「こざこざ」って方言ですよね? 「ごちゃごちゃ」という意味でしょうか。私には発音しにくい言葉ですが、かわいい言い方ですね。

それでは、いとまきさん、これからも、お元気でお暮らしください。

次はしめじさんのお便りです。メールが長かったので一部省略しています。

ペット用品を寄付してみた

件名:寄付したこと

はじめまして。

筆子さんのブログを拝見しはじめて2週間程度ですが、お名前はある雑誌についていた付録の総集編本で知りました。

この頃まで断捨離系の書籍などは意識して見ておらず(テレビや雑誌などで目にはしていました)、15分捨ての「捨てるものリスト」というものをこの時初めて見て、これが一番気に入りました。

数年前から本当に少しずつ自分のものを捨てていたのですが、これを読んだ頃から手放す速度を上げられました。

捨てながら、「そうか、寄付もあるな」と思って猫のペットヒーターを寄付しました。

寒い部屋に置こうと思い、購入していました。

1年前に買った「平らな型」は全く使ってくれず、今年の秋に保護団体に確認して寄付しました。

保護団体の人が、「丁度壊れてしまったところだった」と喜んで引き取ってくださいました。

今年(秋頃)買った「たらい型」も猫は気に入らなかったようで数回しか使ってくれず、寒さが強くなる前にまた寄付しようかと考えるようになりました。これはまだ手元に置いています。

最初はちょっと使ったのでこれは良いのかと思ってました。今の気温(15度程度)で使わないなら無理かな…。

以前だったら来年にでも…と思ったでしょう。

もともとこの2つが購入候補だったので、今後介護などで必要になるまでは他に買いません。

多分ブログを拝見してなかったら、寄付していいか「聞いてみる」、というところまで気が回らず捨てていたでしょう。

普段はほしい物リストに載っているようなものなら寄付していました。

これ、もう数年待ってみてごみ収集しかないかなぁ…とぼんやり考えてました。

この時、他のあまり使ってくれない猫グッズも使用済みを確認したうえで寄付しました。

今回、私は他の猫ちゃんに使ってもらえたらそれで十分、ということに気がつきました。

一緒に、チャリティーバザー用に私の新品のパジャマ、かわいい雑貨や、切手、ハガキなども引き取っていただけました。

新品でも不要で、メルカリ等もやり取りと梱包をする気がなく、田舎で金券ショップも行き辛いので非常に感謝でした。

今回寄付しているのはもう1回お金を出して買ってもいいもの、でも今不要なものです。

今後は多く買わないよう気をつけます。

過去記事もたくさんありますので、これからもモチベーションのために色々読ませていただきます。

今後の更新も楽しみにしています。

しめじさん、はじめまして。お便りありがとうございます。

不用品を寄付できてよかったですね。

そのまま捨ててしまうより、誰か使ってくれる人や動物のところに回るほうがいいですから。

私は、ゴミじゃない物は、新品・古物問わず、全部寄付しています。

不用品を処分するときはお金にすることを考えないとシンプルにできる

ペット用のヒーターなど、ちょっと特殊な物は、意外に必要としている人は多いかもしれませんね。

しめじさん、過去記事もぜひ読んでください。では、どうぞお元気でお過ごしください。

不用品を手放す一番簡単な方法は?

最後は埼玉県のまいさんのお便りです。

なくしたと思った物が出てきた

件名:ずっと着ていなかった服から

筆子さまこんばんは!

埼玉県のまいです。

今年は仕事が忙しくなりました。

スケジュール詰め込みすぎない方がいいのはわかっていますが、今年習い事(体を動かす系)を始めました。

今年初めに、キツくなって着ていなかった服をひとまとめにして、年末まで着られなかったらお気に入りでも全て処分! と決めました。

習い事成果で、最近その中の服を着ているのですが、なんと何年も着ていなかった服のポケットの底から探していた鍵などが出てきてびっくりしています。

ものが減ってスッキリした年にはならなかったけど、いい1年だったと言えると思っています。

まいさん、こんにちは。メールありがとうございます。

なるほど。体を動かし始めたら少しやせて、放置していた服を活用できるようになったんですね。

探しものが見つかってよかったですね。

探している物は、放置している物の中にまぎれていることが多いから、ふだん使わない物がたくさんあるなら、捨てるつもりがなくても、時々、中身を改めるといいと思います。

まいさん、まだまだたくさん物があるんですね。

少しずつ減ってきているからいいんじゃないですか? 元気で1年を終えられるのが1番ですよね。

それでは、まいさん、お仕事、お忙しいと思いますが、健康に気をつけて、お元気でお暮らしください。

*****

読者のお便りを紹介しました。

ここ数ヶ月、デジタルデータ(写真や古いメール)の削除をしています。

写真も、時間がたつと「もういらないなあ」と思うものがけっこう出てくるので、物を捨てきってしまった人は、デジタルデータの見直しもおすすめです。

月に1度は、ためこんでいるデジタルなゴミを捨てよう。

それでは、あなたも、質問、感想、その他ありましたらお気軽にメールください。

お待ちしています。





服の買い物をしている女性社会的なプレッシャーに屈しないコツ:わが道を行く方法(その2)前のページ

片付けがうまくいかない時の3つの見直しポイント~今年思ったほど物が減らなかった人へ。次のページ引き出しの中の片付け

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  3. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。

関連記事

  1. 本の整理

    ミニマルな日常

    不用品を捨てる時間の見つけ方~片付けに行き詰まったらやってみること(その2)

    シンプルライフをめざしてせっせと捨てていたけれど、ちょっとしたことがき…

  2. ゴミ袋

    ミニマルな日常

    とても高価だった毛皮のコートを捨てて、片付けの効果を実感。

    よけいな物をせっせと捨てている読者のお便り紹介コーナーです。10月にい…

  3. ベッド下の収納

    ミニマルな日常

    ベッド下にあった収納ケース10箱を一気に捨てたきっかけ。

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は記事を読んで、何らかのアクションを…

  4. プランニング

    ミニマルな日常

    複雑な人生に疲れた人向け、7つのミニマルライフチャレンジ。

    もっとシンプルに、自分の好きなように生きていきたいな。そんなあ…

  5. プラスチックカップ

    ミニマルな日常

    ふつうの人にもできるプラスチックのゴミの減らし方5選。

    コアなゴミなし生活を追求しているわけではない、ごくふつうの人でもできる…

  6. 自信がありそうな女性。

    ミニマルな日常

    自分を信頼するコツ。自分を信じることができれば、もっと断捨離が進む。

    もっと自分を信頼できるようになる方法を5つ紹介します。自分を信…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,824人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 子供のものを整理する母親
  2. 引き出しを片付ける
  3. 写真の整理
  4. 飛び立つ鳥
  5. 引っ越しした直後の女性
  6. カラーボックスの中を片付けている女性
  7. 帯
  8. 物が多すぎる部屋
  9. ノートブック
  10. 断捨離している若い女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 迷う人
  2. 断捨離してます
  3. 恐れている人
  4. 女の子と犬
  5. 食べるのをがまんしている女性
  6. 仕事がいっぱいある人
  7. 悩んでいる女性
  8. 鳥
  9. お片付け
  10. ホワイトビネガー

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP