モールでお買い物

買わない

罪悪感しか生み出さない、感情的な買い物をやめる3つの方法。

買い物がなかなか止まらない人、すぐにゴミになるようなものばかり買っている人は、感情的な買い物をする負のループにはまっています。

それが必要だから買っているわけではないのです。今回は、このような衝動的で、「必然性のない買い物」から抜け出すヒントをお伝えします。



感情的な買い物とは?

先日「悪習慣を断ち切る方法」というTEDの動画を紹介しました。

このプレゼンでは、人が生存するために身につけた習慣が、いつのまにか、「ストレスがあるから食べる」という習慣にすり替わってしまった、と語られています。

悪い習慣を断ち切る簡単な方法(TED)マインドフルネストレーニングのすすめ。

感情的な買い物習慣も、おなかがすいてないのに食べる行為と同じです。

いやなことがあった、悲しいことがあった、イライラすることがあった、頭に来た、なんだか退屈、といった気持ちがきっかけで、ショッピングしているとしたら、それは感情的な買い物です。

うれしくて気が大きいときも、人は浮かれて物を買い過ぎますが、マイナス感情のために、買ってしまうことのほうが多いように思います。

☆感情的な買い物や消費の具体例:

●週末はいつも外食するかピザのデリバリーをとる。なぜなら、1週間仕事をがんばったのだから。

●会社で上司にいやなことを言われて気持ちが落ち込んだ。だから、帰りにブティックで、おしゃれな服を買う。もちろん家にはすでに服がいっぱいだ。

●仕事が忙しくてストレスが多い毎日なので、毎朝スターバックスで、ラテやフラペチーノを買ってから出勤する。毎日がんばっているからラテぐらい飲んでもバチはあたらない、と思っている。

●毎日必死に節約をしている主婦が、「たまのことならいいよね」と言いながら週に一度ママ友とランチをするとき、高いコース料理をたのむ。デザートも頼み、レストランのあと、喫茶店に行き、またスイーツを食べ、日頃の節約の努力がすべて水の泡となる。

●クレジットカードを持ち始めた女子大生が、友達に食事をおごる。その動機はより人気者になりたいから。服はいっぱいあるのに、高価な服を買う。なぜなら友達が、最新流行の服を着ているから。

●30代のサラリーマンが、最新のiPhoneがiPadが出たら必ず買う。彼は「自分はそうしなければならない」と思い込んでおり、欲望をおさえきれない。

上記の買い物のきっかけ(トリガー)はすべて感情的な要素です。ストレス、退屈な気持ち、自信の欠如、生活に対する不満など。

こういう買い物を続けていると、物はいつまでたっても減らないし、貯金はできないし、セルフイメージはどんどん下がります。

こうした買い物を止めるために、こんな方法を試してみてはどうでしょうか?

1.習慣のループを明確にして、行動を変える

習慣のループとは、きっかけ⇒行動⇒報酬です。

詳しくはこちら⇒今の自分を変えたい。3Rで新しい習慣を身につける方法

習慣のループを知れば、どんな習慣も変えることができる(TED)

感情的な買い物は、ストレス⇒買い物⇒気分がよくなる、というループです。しかし、気分がすっきりするのは、買い物の直前、最中、直後ぐらいで、その後は罪悪感を感じるためかえって気分は悪くなります。

そこで、自分の買い物のパターンを調べて、よけいなものを買ってしまうきっかけになっている感情を突き止めてください。

きっかけを突き止めたら、そのきっかけを感じたときに買い物以外の行動をするようにしてみます。

「イライラした気持ち」がきっかけになってよく買い物をしているなら、イラっときたら行う別の行動を用意しておけばいいのです。

深呼吸、瞑想、散歩、ノートに殴り書き、大人の塗り絵、歌を歌う、断捨離する、料理をする、音楽を聞く、詩を読む、犬の散歩、サンドバックにパンチを入れる、シャワーをあびるなど。

反社会的でなく、人に迷惑をかけず、ネガティブな結果を生み出さない行動ならなんでもいいです。

スイーツを食べる、喫煙する、お酒を飲む、同僚と愚痴を言い合う、というのはネガティブな結果を生み出すと思います。

節約している人はできるだけ経済的な活動を選ぶと尚いいです。





2.きっかけをなくす

イライラが元で買い物をしているなら、あまりイライラしない人間になってください。

イライラしない方法はいろいろありますが、一番いいのはセルフエスティームをあげることです。

セルフエスティームとは?⇒セルフエスティーム(自分を愛する気持ち)が高い人の12の特徴

ストレスの元を取り除くのもおすすめです⇒イライラには理由がある。ストレスをおこす7つのものを知り、自分で取り除こう。

瞑想をすると、イライラが減るので、毎日5分~10分やってみてください。

個人的には、砂糖と精製度の高い炭水化物(白い小麦粉からできたもの)を控えるとよいのではないか、と考えています。

甘いもののやめ方⇒なかなか甘いものをやめられない人が、上手に砂糖断ちする5つのコツ

私は、昔はかなり短気ですぐにイライラするタイプだったのですが、砂糖を控えるようになったら、ものすごくおっとりした性格になりました。

人相手のイライラを止める方法⇒無礼な人や気が利かない人にいちいちイライラしない3つの方法。

外で書く

3.感情的な買い物の記録をとる

今度、感情的な買い物をしたら、そのきっかけ、いつどこで何をいくらで買ったのか、その時の自分の感情、そしてその後何が起きたのか、詳細にノートにつけてください。

毎回つける必要はなく、週に1度でいいです。

週に1度というのは、チャールズ・デュヒッグの『習慣の力』という本に書いてあった、食事の記録ノートの話を参考にしています。

この本には、人生の質をあげる可能性を秘めている、要(かなめ)の習慣(キーストーンハビット)というのが出てきます。

こちらで説明⇒汚部屋脱却だけでなく人生も変わる3つの最重要習慣とは?

キーストーンハビットの例として、肥満に悩む人が、食べたものを記録するようにしたら、暮らしの他の面でもよい影響がでて、体重が減っていった、というエピソードが出てきます。

一般に肥満の治療は生活を全面的に変えないとできないと考えられています。医者や栄養士は、患者に「ローカロリーの食事を厳密に守り、エレベーターの代わりに階段を使い、ジムに行きなさい」と指導します。

みんな最初はがんばってそういう生活をするのですが、その情熱はわりとすぐに消え、もとの習慣に戻ります。つまり、ジャンクフードをたくさん食べて、何時間もソファに座ってテレビを見る悪習慣に戻ってしまうのです。

そこで、あるリサーチャーのグループが別の方法をとるようにしました。

1600人の肥満の人を集めて、週に1度だけ食べたものをすべて記録するように指導したのです。

これは、レコーディングダイエットみたいに毎日食べた物をノートにつける厳密なものではありません。

1週間に1度だけ、その日食べたものを全部つけるのです。

最初はみんなつけるのをいやがったり、何を食べたのかすぐに忘れたりしていましたが、少しずつうまく記録を取れるようになり、そのうち多くの参加者が、毎日記録をつけるようになりました。

習慣になったのです。

ある人は、記録をつけることで自分の食べるパターンを発見しました。朝の10時頃、いつもおやつを食べているのがわかったので、その時のために、リンゴやバナナをデスクに置くようにしました。

ある人は、自分の記録を献立をたてるデータとして役立てました。夕食の支度をするとき、過去に食べた比較的ヘルシーなメニューを作るようになったのです。

リサーチャーが指導したのは「週に1度食べたものの記録をとる」ということ1つだけです。

しかしこの習慣は、ほかの習慣を生み出す元になりました。

6ヶ月後、食べたものの記録をとった人は、ほかの人に比べて2倍、体重が減ったという結果が出ました。

この記録ノートが、参加者の生活にある種の規律を生み出したのです。

この方法は過度の感情的買い物をやめるのにも効果があるのではないでしょうか?

記録をとれば、何がきっかけなのか明確にできるので、1に書いた、習慣のループを変えやすくなるし、使った金額がわかれば、予算をたてる、買い物にはクレジットカードを持っていくのをやめる、といった行動につながるでしょう。

~~~~~~
このほかにも、ニーズとウォンツについて考えるのもおすすめです。

ニーズとウォンツの話⇒ミニマリスト的節約術の極意は、「必要なもの」と「欲しいもの」をしっかり分けること

いずれの方法も時間がかかるので粘り強く取り組んでください。

一番よくないのは、「自分は質のよくない買い物をしている」とうすうす知りながら何も手を打たないことです。

感情的なことが原因でたくさん買い物をしている場合、いくら物を買っても、もとの感情を起こす問題を解決することはできません。

それでなくても、今の社会は、人にさほど必要でもない物を買わせる仕組みになっています。買い物ばかりしていると、不用な物が増え、さらなるストレスが生まれ、また買い物をしてしまう、というループにはまる一方。

ちょっと立ち止まり、自分の行動を振り返って、じっくり考えることで、このループから抜け出すことができます。





体重ベア親がくれた物を捨てたいのに捨てられない、そんな悩みの解決法。前のページ

隠されたガラクタを発見する3つのコツ。もう物をためこんでいる時代ではない。次のページ子ども部屋

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  4. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  5. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 買い物

    買わない

    誰でも買わない人になれる!無駄遣いをしない5つの秘訣。

    無駄遣いをしないコツを5つお伝えします。きょう紹介するのは基本原則です…

  2. 小銭入れ

    買わない

    節約や買わない挑戦で挫折したときの気持ちの立て直し方。

    お金を貯めるために、節約をがんばったり、無駄な物を買わない挑戦をしてみ…

  3. 電卓を持つ女性

    買わない

    浪費を洗い出せる7つの場所。時々チェックして未然に防ごう。

    自分が無駄遣いしているかどうか調べられる自宅にある場所を7つ紹介します…

  4. ブティック

    買わない

    脱消費主義のすすめ、消費を減らすためにできる5つのこと。

    日常生活で消費を抑える簡単な方法を5つ書きます。いま、大勢の人…

  5. 食器を買っている人

    買わない

    買い物ばかりするのをやめるのに、とても効果があったこと(その1)

    きのう、持たない暮らしをするためには、3つの生活習慣を変えることが必要…

  6. ストレスのある人

    健康・アンチエイジング

    浪費を引き起こす日々のストレスとうまく付き合う5つのコツ。

    私が効果を感じているストレスの対処法を5つ紹介します。ストレス…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,824人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 窓辺のグリーン
  2. 散らかったキッチン
  3. 断っている人
  4. ガーデニング
  5. 考え事をしている女性
  6. 呉服屋さん
  7. 時計を持つ手
  8. ペンで何か書いている手元
  9. 散らかった部屋にいる猫
  10. 80対20の法則

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 桜
  2. 白いTシャツを着ている女性
  3. ボールペン
  4. 服がたくさんある洋服ダンス
  5. 机の上
  6. 白いタンス
  7. まな板の上のクロス
  8. 山積みの本
  9. 本の整理
  10. きれいな部屋

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP