家計簿をつける主婦

お金を貯める

ミニマリスト的節約術の極意は、「必要なもの」と「欲しいもの」をしっかり分けること

50代半ばで貯金がない主婦が、なんとかリタイアまでに、それなりにお金を貯めるシリーズ。今回は、ミニマリスト的節約術の要をお伝えします。

たとえ、現在、どんぶり勘定でも、ろくに貯金がなかったとしても、このポイントを意識すれば、少しずつお金が貯められます。

その極意とは?

2ステップあります。

ステップ1:お金の使いみちを以下の3つに分ける。
1)生きるのにどうしても必要なもの
2)生活するために持っているべきもの
3)欲しいもの

ステップ2:自分のお金は、基本、1)と2)だけに使う。3)は、ほんのちょっぴりだけ。

つまり、生きていくのに必要なものを買い、基本的に「欲しいもの」は買わない、ということです。

詳しくお伝えしますね。



「必要なもの」と「欲しいもの」を明確に分ける

ビジネス用語でニーズ(needs 必要なもの)とウォンツ(wants 欲しいもの)というのがあります。簡単に言ってしまうと、ニーズは必要なもので、ウォンツは欲しいもの。

マーケティングなどではもっと別の定義もありますが、ミニマリストの私にしっくりくる定義は、ニーズは有限であり、ウォンツは無限である、というものです。

つまり、人が生活するのに必要なものは、限定されているのです。ところが、欲しいものはどこまでも無限。欲しいものを、何も考えずに買っていると、いくらお金があっても足りないのです。

そこで、まず、現在自分がどんなものにお金を使っているのか思い浮かべ、ニーズとウォンツに分けてみます。

ただ、中には、ニーズなのかウォンツなのかわからないものがあります。生きるのにどうしても必要なわけではないが、それがないと著しく生活しにくくなってしまうものです。たとえば洗濯機とか。

このようなもののために「持っているべきもの」というカテゴリーを作ってみました。

月々実際にお金を払っているものや、すでに自分が持っているものを、「必要なもの」、「持っているべきもの」、「欲しいもの」に分類してみてください。

私の場合、以下のようになります。

ミニマリスト主婦に必要なもの

必要なもの(ニーズ)

●住む場所(自分の身の回りの物を置き、寝起きする場所、お風呂つき)
●食べ物、水
●最低限の衣類、履き物など
●仕事
●健康保険、社会保険など
●最低限の食器
●最低限の寝具⇒ミニマルな寝床を実現~床に毛布をひいて寝るようになって4ヶ月、こんな変化あり
●ボールペン1本とノートかメモ帳
●100円ショップで買った老眼鏡

持っているべきもの

●パソコン(仕事に使う)
●スマホ(これも仕事に使う)
●プリンタ(これも仕事に使う)
●机の上に乗っているライト(夜使う)
●フランス語の辞書や本とか(これは自己投資)
●銀行口座、クレジットカード、パスポート、移民のカード
●置き時計
ドライブラッシングに使うブラシ
●精油(エッセンシャルオイル)。健康管理に使っています⇒薬なし生活~薬はすべて断捨離しアロマテラピーで健康管理
●バッグ、財布、ジョギングシューズ

欲しいもの(ウォンツ)

その他すべて




すべての持ち物を洗い出したわけではありませんが、だいたいこんな感じです。

こういうリストを自分なりに書いてください。必要なものは、みんなほとんど同じだと思います。持病があって、薬がいるとか、目が悪いからメガネがいる、といった違いはあるでしょう。

持っているべきものは、もっと個人差があります。たとえば、公共交通機関がないところに住んでいるなら、車が必要でしょう。

「欲しいもの」は買わず、ノートに書く

今後は、「欲しいもの」に入るものは、買わないようにします。「何これ欲しい」と思ったら、買わずに、ノートに書いてください。

金子由紀子さんは、「欲しいモノノート」を作りましょう、と「引き算する暮らし」という本に書いていました⇒ショッピングが止まらないあなたに伝えたい。物欲を否定せずに向き合う方法、金子由紀子流。

それでもいいと思うし、「ウィッシュリスト」としてもいいし、「夢手帖」「購買予定帳」「物欲解消ノート」なんでもいいです。

そのようなノートか手帳を1冊用意して、「欲しいな」と思ったら、書いてください。間違ってもすぐに買ってはいけません。

私はスケジュール帳のおしまいのほうにあるメモ欄に書いています。
私のスケジュール長の説明⇒ツイン手帳を愛用中~手書きにこだわる50代節約系主婦の手帳術

まず、これだけで、無駄遣いは減ります。ですが、アグレッシブに貯金をするためには、常に最初の2つのリストのブラッシュアップをしなければなりません。

「必要なもの」「持っているべきもの」を見直す

「必要なもの」「持っているべきもの」の見直しとは、本当に必要なのか、今一度検討することです。

たとえば、寝起きするところは、誰にでも必要です。しかし、それが、今住んでいるような場所であるべきかどうか、というと必ずしもそうではないでしょう。

もしかしたら、もっと小さな家でいいかもしれません。やたらとたくさんあるスペースは、「必要なもの」ではなく、「欲しいもの」という位置づけになります。

一部屋まるまる不用品置き場になっていたら、これは、絶対「欲しいもの」ではないですね。

いしだあゆみさんは、還暦を迎え、大きな一軒家から1LDKのマンションに引っ越しました⇒いしだあゆみさんに学ぶ、60歳からの断捨離とミニマルライフ

生活できるのなら、こんな小さな家でもいいのです⇒小さな家(タイニーハウス)に住むことは自分の夢を叶える糸口になる(TED)

もっと言えば、住むところは自分の家である必要もありません。シェアハウスに住んだり、ハウスシッティングすることもできます。

ハウスシッティング(house sitting)というのは人の家の面倒を見ることです。何かの都合で、数ヶ月、あるいは1年とか2年、長期に渡って家を空ける人の家を預かり、そこに住んで、庭木に水をやったり、ペットの世話をします。

その家に無料で住むかわりに、家の面倒を見るのです。

今は、ハウスシッターとして登録するサイトがあるので、そういうところに登録しておけば、ハウスシッターを探している人から、コンタクトがあって、晴れてシッターとなれます。

日本ではハウスシッティングはあまりないと思いますが、オーストラリアなんかではよくあります。近親者に家に住んでもらう、というケースも多いですが。

ハウスシッターの実績を積めば、何年間かは、ハウスシッターとして住宅費なしで、生きられるかも。ただ、住所不定だと、いろいろ面倒なことがあるので、若い人に向いている生き方でしょうか。

こののように、家に住まない選択肢もあります。

「持っているべきもの」は、「必要なもの」より、さらに見直しの余地があります。たとえば車に乗っているけど、べつに自転車でいいじゃないか、と思うかもしれません。

「欲しいもの」が、「持っているべきもの」に変わることだってあります。

高い会費を払ってスポーツジムのメンバーになっていたとします。スポーツジムでシャワーをあびて、家ではお風呂に入らなくていいのなら、お風呂なしの家賃の安いアパートに引っ越すことも可能です。

このように、「必要なもの」「持っているべきもの」のリストをを客観的に検討して、できるだけ精度をあげていくと、ますます節約ができるしくみです。

「必要なもの」と「欲しいもの」に使うお金は分けておく

ある程度、リストが完成したら、予算を立てていきます。この時、「必要なもの」「持っているべきもの」「欲しい物」に使うお金をしっかり分けてください。

お金の管理の仕方は人それぞれですが、やはり「現金主義」がいいと思います。

クレジットカードを利用すると、タイムラグがあるので、家計管理が難しくなります。それに、お金を使いすぎてしまいますね。

クレジットカードだとお金を使いすぎてしまう理由⇒クレジットカードを使うとお金を使いすぎてしまう5つの理由

私は、古典的な袋分けをやり始めました。毎月一定額だけ、お金をおろして、1週間に使う分を決め、それぞれ袋に入れています。

財布にはその週使う分だけのお金を入れます。今のところ、「欲しいもの」には全く予算を計上していないので、日々のやりくりから余ったものが、「欲しいもの」を買う費用になる予定です。

費用ごとに細かく封筒に入れている人もいます。あなたに合った方法でやってみてください。

理想は、「欲しいもの」への支出を極力減らすこと。しかし、あまりに「欲しいもの」を我慢してしまうと、生活にうるおいがなくなるので、少しはお金を使ったほうがいいでしょう。

家計再生コンサルタントの横山光昭さんも、日々のやりくりで余った少額のお金は、インスタントコーヒーの空き瓶に入れて貯めておき、無駄遣いしなさい、と書いております。
~~~~~~~~~
「必要なもの」と「欲しいもの」をきっちり分けるのはそんなに簡単ではありません。特に「持っているべきもの」で、いろいろ考えこんでしまうでしょう。ですが、とにかくやってみる、考えてみる、というところに大きなポイントがあります。

意識しないと、必要でもないのに、時には、欲しくもないのに、どんどんお金を使ってしまいますからね。

この方法は、ガラクタも増えず、一石二鳥です。





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 売れっ子漫画家

    お金を貯める

    貧乏人の「足りないマインド」から金持ちの「たっぷりあるマインド」へ変換する方法。

    足りないものにばかりフォーカスする「足りないマインド」を持っている人は…

  2. 小銭

    お金を貯める

    お金をためたいならミニマリストになったほうがいい4つの理由

    ミニマリストの暮しはお金をためやすいので、倹約したい人にはおすすめのラ…

  3. ボーナス

    お金を貯める

    夏のボーナスで余計なものを買わない4つの方法。買い物にメリハリをつける。

    ボーナスが出るとうれしいし、気が大きくなって余計な買い物をしがちです。…

  4. ベンチで読書

    お金を貯める

    ほぼ無料で楽しめる趣味5選。お金の代わりに時間を使う

    趣味があると人生が楽しくなりますね。今回は、お金はないけれど暇を持て余…

  5. ショッピング

    お金を貯める

    こんな方法で無駄遣いを減らす。買い物する言い訳に気づいていますか?

    人が買い物するときによく使う「言い訳」を7つ集めてみました。「…

  6. 朝の街

    お金を貯める

    部屋の片付けに役立つ、世界のお金持ちが実践している4つの習慣。

    世間のお金持ちに共通の生活習慣のうち、貧乏人にもできそうで、なおかつ、…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  2. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  3. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  4. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  5. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  6. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  7. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  8. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  9. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…
  10. あれもこれも必要だから買う!この気持を手放して、無駄遣いをや…

今日のおすすめ記事

  1. 不眠症
  2. 断捨離してます
  3. ネットショッピング
  4. 夏の少女
  5. 裸足
  6. 散らかった部屋
  7. 捨てる女。
  8. 音を聞く
  9. 青空
  10. ストレス

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. ハンバーガー
  2. 心配する人
  3. 主婦
  4. ゴミの分別
  5. 片付ける人
  6. 時計
  7. 小銭
  8. キッチン
  9. 雨を見るウサギ
  10. アヒルのフィギア
  1. 捨てられない女

    断捨離テクニック

    捨てても大丈夫!失うのが怖くても、捨ててしまえば開放感に満たされる
  2. 雨

    断捨離テクニック

    梅雨の終わりに捨てたいこんな雨具:プチ断捨離30
  3. 終活

    実家の片付け

    物をためこむ母親にスッキリ断捨離してもらう方法。実録・親の家を片付ける番外編
  4. ノート

    お金を貯める

    5分でできる小さな節約4選。小さなことが大きな効果を生む。
  5. パワフル

    ミニマム思考

    運気より強力。究極のパワーはいらない物を捨てると手にはいる。
PAGE TOP