スマホでショッピング

買わない

セールはお得じゃない:余計なものを買わないコツ(その4)

筆子が最近心がけている、余計なものを買わない方策をシリーズで紹介しています。

これまで4つ紹介しました。

1.適度に買う(「全然買わない」とか、「できるだけ買わない」という態度で取り組むとリバウンドします)
2.購買意欲を刺激するものとの接触を減らす
3.ストレスマネジメント
4.買い方のクセやまずいパターンの発見につとめ、まめに修正する

今日は、

5.セールに対する考え方を変える

これです。

最近、買い物で失敗しそうになったので、その体験をシェアしますね。



セールは鬼門

無駄遣い防止でとくに注意したいのは、セール品の購入です。

なぜあなたはセールで買ってしまうのか? かえって損をするのに。

誰でもセールは好きです。

私も、同じものを買うなら、安いほうがいいと思っています。

その証拠に、ブックアウトレット(Book Outlet)を利用して塗り絵本を買うことがあります。

ごく最近も利用しました。

Book outletは、難あり品や、在庫が多すぎる商品などを扱っているネットの本屋です。店の表示によると、定価より50%から90%安くなっています。

ブックアウトレットでは、扱っている商品が、アマゾンなどに比べると安いのだから、この店全体がセール会場のようなものです。

いったんセール会場に入ってしまうと、気持ちが舞い上がって、うっかりしていると買いすぎてしまうのは私も同じです。





セールのわなにはまりそうになった話

先日のことです。セールで散財しそうになりました。

その経緯をお話しします。

塗り絵本が欲しいと思った私は、2年半ぶりに、ブックアウトレットにアクセスしました。

2018年の7月に1度だけ利用したとき、会員登録はすませています。

2019年、2020年は、塗り絵に関するものはいっさい買わなかったので、久しぶりのアクセスとなりました。

プロモーションに熱心な本屋さん

店にアクセスしたら、「3冊買うと1冊無料!」と出ていました。

この店は、クーポンや、ポイントの配布、3冊買ったら1冊無料、その他、いろいろなプロモーションを常時しています。

ほかにも、買い物していると、ありとあらゆる買わせるテクニックを使っていると感じます。

無駄遣いはもう卒業。気をつけたい5つの買わせるトリック。

アウトレット商品だから、在庫がなくなったらもうその本は買えません。まあ、後日、また同じ本が、どこかから回ってくる可能性はあります。

倉庫にある本の冊数が残り少なくなると、Low Stock!(在庫が残りわずか)という表示がでます。

詳細を見てみると、あと67冊とか、37冊とか6冊と出ます。

コンピュータで管理しているから、リアルに在庫がわかるわけです。

在庫数を見せる手法は徹底していて、この店は、会計するときも、「この本は、いま、6人の人がショッピングカートに入れています。急いで!」と表示します。

先日私が買った本の1冊は、在庫が3冊で、私が会計したとき、6人の人がカートに入れていました。

このとき私は、あと3冊しかないその本と、あと1冊しかない本の2冊の購入はしっかり決めていました。共に塗り絵本です。

送料無料

この2冊をカートに入れ、会計をしようとしたら、あと〇〇ドルで、「送料無料」と出ました。

45ドル以上の注文で、送料無料になります。

送料無料にするつもりはありませんでしたが、ふと、もう1冊、欲しいと思っていた本をカートに入れました。

この日、なぜか、前から欲しいと思っていて、アマゾンでもう扱いがないことを確認した本(キンドル版はある)で、しかも「30日待つノート」にも書いてある本、つまり私の中では、「いつか見つかったら買おうと思っている本」が、ぼんぼん見つかりました。

そのうちの1冊をカートに入れのです。

やはりまた、「あと〇〇ドルの注文で送料無料です」と出ました。

私は、「そういえば3冊買うと1冊無料なんだよね。まあ、欲しいと思っていた本をまとめて買っておくか」と思い、もう1冊カートに入れました。全部で4冊カートに入れましたが、送料無料ラインには届きません。

全体的に値段が安いためです。

このとき、お風呂に入る時間が迫っていて、あまり悠長に検討している余裕がありませんでした。

もう2冊、欲しいと思っていた本をカートに入れたら、45ドルと数セントになったので、そのまま会計しました。

税金が追加され、全部で47ドル(およそ4000円)になりました。

間違いに気づく

注文が終わったあと、1冊間違えてオーダーしたことに気づきました。

欲しいと思っていた塗り絵本と同じアーチストの塗り絵本を買ったつもりが、実は、それは、表紙はそっくりなものの、絵はがきの本だったのです(はがきの絵が塗り絵になっている)。

「え、絵はがきの塗り絵なんていらないんだけど」と思い、それでも、一応、中身をYouTubeで確認したら(YouTubeでは、塗り絵本の中身を見せるコンテンツがあります)、やはり、「こんなもの絶対塗らんし、塗っても人様にお出しすることはできない」と確信しました。

そこで、注文をキャンセルし、あらためて、もっとも欲しかった塗り絵本2冊だけを注文し、送料5ドルをあわせて、全部で18ドル(1500円)をカードで支払いました。

失敗しそうになった要因を考える

その後、お風呂に入り、直前の買い物を振り返りました。

このブログで、送料無料にしようとしてはいけないと書いているし⇒その買い物は本当にお得?節約したいなら知っておきたい3つの販売戦略

セールのわなにはまらない方法も書いています⇒初売りセールで無駄遣いをしないための7つの心得。

ネット通販で無駄遣いしないコツも書いています⇒ネットショッピング(通販サイト)で衝動買いを防ぐ5つの方法

私はセールが危険なことをよく知っています。それなのに、もう少しで、47ドルの散財をするところでした。

まあ、散財といっても、間違えてオーダーしてしまった本以外は、欲しいと思っていた本だから、それらが届けば、ふつうに活用していたかもしれません。

しかし、この日私は、塗り絵本を2冊買おうと思っていたので、6冊も買ってしまったら、予定外の買い物になったことは確かです。

失敗の最大の理由はあらゆる面で油断していたこと。

注意を怠っていたのです。

私は、2年半、ほとんど塗り絵本を買っていなかったから、多少たくさん買ってもいいだろう、という気持ちがありました(1月にも塗り絵本を買っていますが、こちらはほぼ塗り終わりました)。

さらに買い物リストも作っていませんでした。

塗り絵本の場合、「この本が欲しい」としっかりターゲットを決めることもありますが、それよりも、「絵柄が細かすぎず、好きなテーマで、塗る気になれそうで、値段はこのぐらいの本」とゆるく心づもりして買うことが多いのです。

この「ゆるい心づもり」が、「ついで買い」を呼んでしまったと思います。

YouTubeでよく見かける人気の塗り絵本は、絵が細かすぎるので、私向きではありません。ブックアウトレットでも、「あ、これ、あの本だ。絶対買いたくない」と思う、知っているけど避けたい本を何冊も見ました。

お風呂に入るまでの数分という、時間にあまり余裕のない中での買い物のせいで、焦っていたのもよくありませんでした。

まあ、最初から2冊だけ買っておけば、余裕で買い物を終えることができましたが。

フォーカス先を間違えない

セールで人が物を買いすぎてしまうのは、「どれだけお得か」にフォーカスしてしまうからです。

いくら値引きされているかに目が向いてしまうのです。

たとえば、定価5000円のセーターが、半額になっていると、2500円お得です。

「うわ~2500円も安く買えるんだ」と、ふつうは思うでしょう。そのセーターを買って、「私って買い物上手だ」と満足感にひたるかもしれません。

しかし、セールで私たちがフォーカスすべきなのは、値引きされる金額ではなく、実際に自分が払う金額です。

2500円でセーターを買っても、ほかに着るものをたくさん持っていて、そのセーターの出番があまりなかったら、お得ではありません。

ブックアウトレットで、私も、お得だということに意識が向き、支払う金額のことがないがしろになっていました。

本を6冊45ドルで買えば、1冊あたり、7ドル50セント(640円)とかなり安いです。

しかし、私は、支払い金額の45ドルに注意を向けるべきだったのです。

あたりまえの原則を改めて確認しました。

お金をつかってしまえば、決してそのお金を貯めることはできないという原則です。

セールでは、「いくら安くなるか」ではなく、「自分はいくら払うのか」に意識を向けなければなりません。

☆このシリーズを最初から読む方はこちらへ⇒余計な物を買わないコツ:最近、筆子がやっていること(その1)

*****

恥をしのんで、私の失敗談を紹介しました。

以前は、徒歩圏に本屋があったので、たまにその本屋まで歩いていって、安くなっている塗り絵本をチェックしていました。

残念ながら、この本屋は、2019年の夏に閉店してしまったので、いま、塗り絵本を買うとしたら、ネットショップの利用となります。

もはや徒歩圏に本屋はないし、バスに乗って行くほどでもありません。

車に乗らない私は、ネットショップのお世話になるしかないのです。

今後も、ネットショップでの衝動買い防止の研究を続けるつもりです。





手芸する人さっさと捨てたほうがいい理由:古い作品を残すメリットとデメリット前のページ

家族に物を捨ててもらいたい人へ。他人の物が邪魔なときに読む記事のまとめ。次のページ子どもとおもちゃ

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. ウインドウショッピングする女性

    買わない

    余計な物を買わないコツ:最近、筆子がやっていること(その1)

    最近、私が心がけている、物を買いすぎない方法を紹介します。買い…

  2. 考えて買う女

    お金を貯める

    買わない暮しをするために、節約系ミニマリスト主婦が心がけている10のこと

    シンプルライフをめざしている筆子は、物を増やさないように常に心がけてい…

  3. オンラインショッピング

    買わない

    ネットショッピング(通販サイト)で衝動買いを防ぐ5つの方法

    「買わない暮らし」を実践するシリーズ。今回は、オンラインショッピングで…

  4. 買物

    買わない

    いらない物を増やしてお金を失う、最悪な買い物の4つのパターン。

    不用品を増やし、お金を失う買い物の仕方を4つのパターンに分けて、紹介し…

  5. 買い物している若い女性

    ミニマム思考

    感情的な買い物をしないですむ3つの方法。

    感情的な買い物をしていると、衝動買いが増え、ガラクタも増え、断捨離の手…

  6. ショーウインドウ

    ファッションをミニマルに

    1年間服を買わない生活をするすすめ:お金も自由も手に入る。

    服がありすぎて悩んでいるすべての人に、1年間服を買わない生活をおすすめ…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,249人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 台所のシンクまわり
  2. 服をチェックする女性
  3. 市販の弁当
  4. 図書館にいる女性
  5. 仕事をする女性
  6. 野原にいる女性
  7. 後悔している女性
  8. 白いTシャツを着ている女性
  9. 汚部屋で瞑想する女性
  10. 紙袋に入ったレモン

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. バイキンにやられる歯
  2. 砂浜
  3. 寝ている人
  4. きれいな部屋
  5. 水を飲む女の子
  6. ミルクティー
  7. お金を数える人
  8. スーパーで買い物する女性
  9. 服を持つ女。

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP