ノートに何か書いている手

買わない

よくない買い物のクセを見つけて修正する:余計なものを買わないコツ(その3)

最近、筆子が行っている、浪費防止策を紹介しています。

これまで、

1.適度に買う(予算の範囲内で)

2.購買意欲を刺激するものとの接触を減らす

3.ストレスマネジメント

この3つを紹介しました。今回は、

4.買い方のクセやまずいパターンを見つけて、修正する

この方法を紹介しますね。

「ああ、またやっちゃったよ」とぼやいてしまう、買い物に関する悪習慣(負けパターン)を、早めに見つけて、それを正すために、私がこんなことをやっています。



まずい買い方のパターンとは?

まず、よくない買い方のパターンについて、説明します。

以下の5つの特徴があれば、これは自分にとってよくない買い方のパターンだ、と判断しています。

1)1度や2度ではなく、わりとよく起きている

2)無意識にやっている(特に努力せずにやっている)

3)ある程度の期間、継続している

4)その行動をよく後悔する、ストレスになる

5)その行動の結果、経済状況が向上しない、むしろ悪化している

買い物以外の悪習慣を考えてみるとわかりやすいでしょう。

頻繁な飲酒、コーヒーや甘いおやつを、コンスタントに継続的に摂取すること、毎日、ソーシャルメディアのチェックに数時間かけること、毎晩、夜ふかしすること。

これらは、皆、悪習慣と呼べます。

なんとなくクセになって、それなりの期間、続き、その結果、体調が悪くなったり、仕事に集中できなかったり、やるべきことをやれなかったりしていますから。

こういう無意識のクセを、買物に関して見つけるようにしています。





2.まずいパターンの見つけ方

パターンを見つけるために必要な行動は3つです。

1)データを取る
2)データを見る・分析する
3)改善点を見つけて、改善していく

まあ、特に変わったことはしていません。具体的には以下のことをしています。

1)データを取る:買った物を記録する

食品以外の買い物に関して、3種類のデータを取っています。

A.Googleフォームとスプレッドシート

買い物しが物が家に入ったら、フォームに入力しています。

使っているのは、このフォーム。

買ったものメモ

画像が小さくて読めないと思いますが、買った日、買った物、値段、買った場所、買った理由・その他、という5つの項目を入力しています。

Googleのフォームは、入力すると自動的にスプレッドシートを作ってくれるので、便利です。

B.写真に撮る

物が家に入ったら、写真を撮っています。

写真を見れば、何を買ったか一目瞭然です。

フォームに入力するのを忘れたときに、写真を見れば、いつ買ったかわかるので便利です。

写真に撮ることは、もう10年ぐらいやっているでしょうか。

もともと、家にどんな物が入るのかモニターするために、写真を撮り始めました。物を増やしたくないから始めたことですが、買物防止にも役立っています。

C.家計簿に記入する

当然のことながら、家計簿(日々のお金の動きを書くノート)にも、何かを買ったら、記録しています。

ただ、そんなに細かくは書いていません。

1月に1年分の付せん(3種類)を買いましたが、一緒に、バインダークリップも購入しました。

Googleのフォームには、付せんは種類ごと、クリップはクリップで1項目として入力しています。ですが、家計簿には、「付せんなど」とまとめて書いて、金額も合計して記入しています。

「3種類もデータを取るの?」と思うかもしれませんが、フォームの入力は簡単だし、写真もスマホでパチリとするだけ。

家計簿も、お金の動きがあったとき、まめに記入しておけば、特に大変ではありません。

まあ、買物の頻度が高いと、記録する手間も増えますが、たまにしか物を買わないので、記録するのは全く負担ではありません。

家計簿といっても、ただ、何にどれだけお金を使ったか書いているだけで、日本の家計簿のように、費目に分けたりなどはしません。

自分で撮っている記録は3種類ですが、オンラインショップに残る購入記録もデータとして使えます。

2)データを見る

記録するだけでも、買い物に意識が向くので、無駄遣いが減ると思います。

ですが、取ったデータを見なければ、買物のパターンは見つかりません。

分析するといっても、私は内容を見て、何を買ったか、どうして買ったか、買ったものをちゃんと使っているか、考えるぐらいです。

1ヶ月ごとに、その月の購入品をざっと見たり、1年前の同じ月と見比べたりということをよくします。

また、アマゾンの購入履歴もよく見ます。これも、前の年やその前の年の分もさかのぼって確認します。アマゾンの場合、どんどんスクロールすれば見られるので便利ですね。

もともと、私は、実店舗ではあまり買物をしませんでしたが、新型コロナウイルスのせいで、今は、アマゾンといつも食品を買っている、オーガニックのスーパーでしかショッピングをしていません。

オーガニックのスーパーもネットで注文しているから、サイトに行けば、何を買ったかわかるし、メールで請求書も送ってくれるので、過去の請求書を見て、値段を見比べたりということはよくします。

3)行動の修正

記録を見て、買いすぎているものを発見したら、翌月は、「ちょっと買物は控えて、必要なものだけを買うことにしよう」と思い、その決意を付せんに書いて、家計簿に貼ったり、クレジットカードに貼ったりします。

まあ、だいたいこれで、翌月の無駄遣いは防げます。

しかし、翌月も同じことをしてしまったら、もっと具体的なアクションプランを考えて、30日間チャレンジに組み込みます。

2018年は、明らかに、塗り絵グッズを買いすぎたので、2019年は完全に買わない挑戦をし、2020年も、ほぼ同じことをしていました。

今年は、また塗り絵を再開し、1月に新しい塗り絵本を買いましたが、YouTubeで、塗り絵動画を見たり、買物のついでにアマゾンを見ていると、購買意欲が刺激されるなあ、と気づいたことは、以前、記事に書いたとおりです。

私が負けパターンに入る最大の要因は、何度も書いていますが、睡眠不足です。

寝たりないと、やるべきことに、さっと取りかからず、関係のないページをネットでだらだらと見たり、前から欲しいと思っていた物(30日待つノートに書いてある)をふっと買ってしまったりします。

そこで、まずいパターンが続いているときは、あえて、早く寝るようにしています。

まあ、完全に買物を制御することはできないし、厳格にする必要もないでしょう。

ただ、自分の行動を外から見る機会を作っておくと、暴走しなくてすみます。

しっかり浪費癖がついてしまう前に、負けパターンを見つけて、行動を変えるよう努力すれば、ある程度、うまくいきます。

病気と一緒で、早期発見が鍵だと思います。

3.パターンを見つけるコツ

記録をとって、それを客観的に見れば、パターンが見つかります。この時、次のことに注意すると、よりうまくパターンを見つけ、改善していくことができます。

1)自分に正直に

データを取るとき、ずるをしないことを心がけています。

事実を事実として、正直に書いています。

まあ、人ひ見せるものではないので、ここは問題ないでしょう。

正直に書くのが、一番ラクで、頭に負担がかかりません。

「データを取るとき横着をしない」というのが、パターン発見の第一のコツです。

2)まめにやる

すぐに記録せず、ためると続かないので、まめにやるようにしています。

ためると、面倒になって、いい加減な記録になります。

データを見るのも、わりとよくしています。

3)ジャッジしない

「こんなことして、私って馬鹿だなあ」と思うことはありますが、自分を責めたりはしません。

自分を責めても、気分が悪くなるだけで、買物の改善にはつながらないからです。

浪費癖の改善、関連記事

余計な物を買わないコツ:最近、筆子がやっていること(その1)

私のストレスマネジメント3つ:余計な物を買わないコツ(その2)

余計な物を買わないチャレンジ、1月の振り返り。

誰でもできる『買わない挑戦』の始め方。自分ルールで楽しく実践。

節約や買わない挑戦で挫折したときの気持ちの立て直し方。

買ってもいいものを知るために、買わない挑戦中に考えたほうがいいこと。

家計簿がつけられないズボラ主婦が行き着いたお手軽な支出の記録法とは?

******

買った物をちゃんと使う生活をするために、私が心がけていることを紹介しました。

まあ、私のようにあれこれ記録せずとも、時間がたってからレシートを見返してみる、という方法をとってもいいと思います。

買物に注意を向けさえすれば、望ましくないパターンが見つかります。

それでは、この続きをお楽しみに。





忙しいママ「働かないの?」と言われたくない専業主婦の記事を読んで。前のページ

スッキリ生活をめざして、退会したり、服を見直したり、小銭貯金したり。次のページノートを書く人

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物中の人

    買わない

    買い物する前に自分に聞きたい10の質問、セールで買いすぎないために。

    年末年始は買い物する機会が多く、浪費しがちなシーズンです。つま…

  2. クレジットカードを持つ女性

    買わない

    人生を台無しにしないために。暇つぶしの買い物をやめる7つのステップ。

    ちょっと退屈すると、ショッピングで時間をつぶし、無駄な物を増やしてお金…

  3. ショッピング

    お金を貯める

    バーゲン会場で威力を発揮する。衝動買いを売り場でこらえる7つのコツ

    店頭で衝動買いをしないコツを7つお伝えします。2月のバーゲン、冬物クリ…

  4. 新しいベッド

    買わない

    本当に必要なものと、欲しいだけのものを区別する方法を教えて。

    買い物したいだけのもの(ウォンツ)と本当に必要なもの(ニーズ)をどうや…

  5. 靴の買い物

    買わない

    あれもこれも必要だから買う!この気持を手放して、無駄遣いをやめる方法。

    無駄な買い物をやめるシリーズ。今回は、「必要だから買う!」と自分を納得…

  6. ストレスいっぱい

    健康・アンチエイジング

    買い物はやめられる。お金を使わないシンプルなストレス解消法

    思い立ったときからすぐできるごくシンプルなお金のかからないストレス解消…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,403人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 自然
  2. スーパーで買い物する女性
  3. 心配している女性
  4. 母親と娘
  5. 予備のトイレットペーパー
  6. 非常食
  7. 挑戦する人
  8. コインを乗せた手
  9. スタートを切る
  10. ミニスカート

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 衣類の梱包
  2. 机
  3. 料理する女性
  4. 招き猫
  5. 黒板
  6. プレゼント
  7. 料理する人。
  8. 白い部屋
  9. 水
  10. スカートをはいている女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP