ベッド

ミニマルな日常

ミニマリストはやっぱり布団でしょ、ベッドはいろいろ複雑だから

私の家族はみな、ベッドに寝ています。まあ、西洋人なのであたりまえでしょう。しかし、ベッドは装備が多くて、全くミニマリスト向きではないと思います。



ベッドだと洗濯物も増える

きょうは、娘のシーツなどを洗濯しました。といっても洗濯機につっこんで、乾燥機でがーっと乾かすだけ。

こちらでは、ふとんを干すという習慣がなく、ふとんを干しているところをあまり見ません。

そもそもふとんがないからですが、掛け布団にあたるコンフォーターはたまに干すと気持ちがいいと思うのだけど、みんなどうしてるんでしょう?

湿度が低く、からっとしているから大丈夫なのでしょうか?

ベッド

夫と娘はベッドに寝ていますが、私は床に毛布をひいて寝てます。ミニマリストなので、敷布団は断捨離しました。こちらで私の寝具のすべてを公開中⇒ミニマリストのふとんはこれだけあればよい

しかし、別に敷布団を使っていたとしても、日本のふとんは、西洋のベッドに比べて、備品が少ないし、使わないときはたためるから、シンプルライフに向いています。

ベッドに必要なあれこれ

西洋のベッドの基本的な構成はこうなっています。
下から順番に書くと、

・マットレスを入れる枠、フレーム
・マットレス
・マットレスにかけるシーツ
— このあいだに人間が入ります —
・からだに直接かけるシーツ
・コンフォーター(かけぶとんみたいなもの)

こんな感じ。これ以外に、マットレスとシーツのあいだにマットレスパッドという、いわゆる敷布団みたいなものを入れる場合もあります。





娘のベッドにもすごい古いのを敷いてます。

また、寒いときは、コンフォーターの上か下に毛布を追加。

フレームはいわゆるベッドです。ヘッドボードがついていたり、ついていなかったり。

マットレスを床に直置きしても寝られないことはありませんが、ふつうベッドとは認識されません。

娘のフレームは子供のころから使っている二段ベッドの1段だけを使用。よって小さいのです。おまけにマットレスもずっと同じものを使っているので、まんなかが極端にへこんでいます。

買い替えどきなのですが。

買い換えるなら、Futonがよさそうだなと思っています。従来型のベッドを寝床にすると、いろいろ備品が増えるけど、Futonなら、日本の布団と似た感覚で使えそうだから。

ただし、Futonは日本の布団とは違い、綿をつめたマットレスのような感じの敷物。たいていソファーベッド(ふだんはソファーで、倒すとベッドになるもの)のフレームとセットで売っています。

こんなふうに:

アメリカのfuton

もちろん、床に敷いてもいいと思うけど、そのような場合も、木製のフレームにのせ、少し床から高いところにFutonが来るようにすることが多いようです。

フレームにのせると「使わないとき、たたんでしまえる」という布団の良さを活かすことができませんが、日本の布団のようにやわらかくないので、きれいにたためないんでしょうね。

Futonをたためないと、しまい場所に困ります。押入れがありませんから。結局、出しっぱなしにするしかないでしょうか。

そんなことを思いながら、シーツや枕カバーを洗って、あとはそこらの掃除に通常の洗濯、とやっていたら、あっという間に昼過ぎになりました。





老眼鏡老眼鏡がないとモノが見えない、そんな時私は1番年を感じます前のページ

寒い日のくず湯に至福を感じる。くず湯の楽しみ方。次のページ葛湯

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 素朴なオーナメント

    ミニマルな日常

    ゴミやガラクタを増やさずに年末年始を祝う5つの秘訣。

    年末年始は何かと出費が増えますが、同時にガラクタやゴミも増えます。…

  2. 忙しいママ

    ミニマルな日常

    「働かないの?」と言われたくない専業主婦の記事を読んで。

    1ヶ月前に、専業主婦の方からいただいた質問に回答しました。ママ…

  3. 招き猫

    ミニマルな日常

    実例あり:今の生活の中で、もっと思い出の品を楽しむ5つのヒント

    「思い出の品」の断捨離シリーズ3回めです。先週は、どうやったら思い出の…

  4. アーケードを歩く女性

    ミニマルな日常

    最近私がした満足できる買い物。

    読者のお便り紹介コーナーです。去年、11月あたりにいただいたもので記事…

  5. きれいな部屋

    ミニマルな日常

    ズボラな人、必読。最小限の労力で部屋をきれいに保つ4つの秘訣。

    ミニマリスト主婦の簡単家事シリーズ。今回は、労少なくして美しい部屋を保…

  6. ランプをチェックしている若い女性

    ミニマルな日常

    物がたくさんありすぎて、片付ける気になれない? 重い腰をあげる方法、教えます。

    部屋に物がたくさんあって生活しにくいから、少しを物を捨てたほうがいい。…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,339人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 話し合いをしている女性
  2. ドライフラワー
  3. スーパーで買い物する人
  4. 白いセーター
  5. 新聞紙の束
  6. 寝室
  7. ノートに何か書いている人
  8. 会話をしている若い女性
  9. ユーテンシル
  10. 疲れた女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. シンプルな皿
  2. ウエスを作る人
  3. たくさん買った女。
  4. おやつ
  5. ピンクのハート
  6. 笑顔
  7. 忙しいママ
  8. 貯金箱
  9. メールチェック
  10. 黒いスニーカーを持つ女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP