ヘンプシード

健康・アンチエイジング

話題のスーパーフード、ヘンプシードは健康生活に欠かせない

私が栄養をとるために食べているヘンプシードについてお伝えします。



ヘンプシードは筆子のタンパク源

私は栄養の摂り方もミニマリスト的、あるいは断捨離の考え方を応用しています。

すなわち、からだに害のあるものはなるべく断ち、からだにいいものを少量だけ食べる。

これでも小食をモットーとしているのです。
しばしばナッツを食べ過ぎているけれど。

1昨年の秋から、基本的に動物性食品はあまり食べないようにしているので、肉、乳製品はめったに食べません。卵はたまに食べています。。

おもなタンパク源は豆類、豆の加工品(豆腐など)、鮭の缶詰、そして麻の実ナッツ(ヘンプシード)です。

麻の実ナッツとヘンプシードは同じものです。以下、ヘンプシードで統一します。

先週、このヘンプシードのお話をしたのを覚えているでしょうか?とても体によいヘンプシードがとれる大麻と、薬物を作る大麻は種類が違うことを書いたのですが。

こちらです⇒健康にいい麻の実のとれる大麻と薬物の大麻の違い、知りたくない?

きょうはその続きです。私がヘンプシードを食べている理由をお伝えします。

ヘンプシードはスーパーフード

ヘンプシードは栄養豊富なので、スーパーフードと呼ばれています。ほかにもスーパーフードと呼ばれるものはいくつか存在し、スーパーフード界にもはやりすたりがありますね。

いくら世間にスーパーフードがいっぱいあっても、そんなに何もかも食べられません。私は自分の食生活に取り入れやすいものを継続して食べています。

その1つがヘンプシードなのです。

量り売りの店で、簡単に手に入るし、冷蔵庫に入れずとも、冷暗所で2ヶ月ぐらいは持つので管理も楽です。私はジャムの空き瓶に入れてます(写真参照)。

量り売りのお店⇒ローストしていない生ナッツを食べてるよ、栄養まるごと取れるから

ヘンプシードの効能

ヘンプシードは栄養豊富。以下にその栄養と効能を書いてみますね。

良質なタンパク質(=アミノ酸)が豊富

20種類のアミノ酸を含み、この中に9つの必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は、体内では作ることができないものです。

ちなみに、タンパク質は消化されるとアミノ酸になるので、アミノ酸=タンパク質と考えて書いています。

タンパク質は、免疫を高め、毒物を排出し、病気になりにくいからだにしてくれます。つまりより健康になるわけです。

ヘンプシードでも、ヘンプオイルでも継続して摂取すると、免疫系の病気がなおりやすくなるでしょうね。たとえば風邪をひいたとしてもこじらせることが少ないのではないでしょうか。

さらに、このタンパク質はとても消化がいいです。





良質の脂肪分が豊富

必須脂肪酸であるオメガ6(リノール酸)とオメガ3(α-リノレン酸)が3:1という理想的な割合で含まれています。

オメガ6も3も体内で作れないので、外から取らなければなりません。リノール酸はわりといろいろなものでとれるけど、ほっとくとオメガ3が少なくなってしまいます。

オメガ6とオメガ3は正反対の作用をするそうで、ただ摂取すればいいというわけではなく、そのバランスが重要。WHOの言う理想のバランスは4:1でヘンプシードの3:1はこれにとても近いのです。

必須脂肪酸は細胞やホルモンを作るのに必要だし、血圧、消化、免疫の正常な働きを促してくれます。

動物性食品をとっている人はにここはそんなに神経質にならなくてもいいかもしれません。めったに肉を食べない私は、ヘンプシードに頼っているのです。

ミネラルが豊富

鉄、銅、亜鉛、マグネシウムを含んでいます。

ビタミンEが豊富

フィチン酸がない

フィチン酸はミネラルの摂取を妨げます。大豆にはこれがたくさん入っています。

植物繊維が豊富

まあ、植物ですから。

アレルギーを起こしにくい

私は別にアレルギー体質ではありませんが、ナッツや大豆がだめな人には朗報です。

副作用は特になく、食べ過ぎるとおなかがゆるくなるところと、栄養とりすぎてデブになることぐらいでしょうか。

ヘンプシード

☆ヘンプシードオイルについてはこちらに書いています⇒ヘンプシードオイル(麻の実油)の健康効果を信じて、食卓に導入しました

☆ヘンプ以外のからだにいいシード類をまとめています⇒チア、それともヘンプ?健康にいい6つのシード(たね類)とその効用

筆子のヘンプシードの食べ方

前の記事にも少し書きましたが、グリーンスムージーを作るとき、大さじ1杯混ぜています。

あとはあらゆるもののトッピングに利用。玄米ごはん、オートミール、サラダー、スープ(あまり飲みませんが)にふりかけたり、ごまのようにあえ物にふりかけてもいいです。

まあ、ゴマ感覚で使えばいいですかね。ゴマはそのまま食べると、消化されずに出てしまいますが。

食品添加物のいっぱい入ったふりかけの替りに、ヘンプシードとおいしい塩をごはんにふりかけると栄養アップ。

ペーストにして、パンにぬってもOK. ベーキングする人なら、お菓子やパンに入れてもいいでしょう。

効率的に栄養がとれるから、ダイエットにも向いています。

生で食べられるのがいいんですよね。料理しなくてすむところが好きです。肝心の味はナッツと草の味をまぜたような感じ。マイルドなナッツ風味です。

この味も気に入っています。

ヘンプシードは去年から食べていますが、最近は食べる頻度があがりました。それもこれも、量り売りの店のそばに引っ越したから。

入手しやすいというのもポイントです。日本で、入手しやすいのかどうかよくわかりませんが、機会があったら一度食べてみてください。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ミートレスミートボール

    ミニマルな日常

    私が高いオーガニックフードを買う理由

    ふだんできるだけオーガニックの物を食べるようにしています。ちょっと値段…

  2. 空と海

    ミニマム思考

    穏やかな心で暮らすには?心の整理について書いた記事のまとめ(2)

    不安、心配、嫉妬、ねたみ、さまざまなマイナス感情を手放すヒントを書いた…

  3. ドーナツ

    健康・アンチエイジング

    体に悪い食べ物ランキング。おいしいけど健康によくない物たちはこれ。

    健康でいるためには、体に良い食品を食べようとするよりも、体に悪い物を避…

  4. ドーナツ

    健康・アンチエイジング

    甘いものを食べ過ぎない4つのゆるいやり方。段階的に砂糖断ちしたい方へ。

    甘いお菓子漬けの生活から、外堀を埋めるように、じわじわと砂糖断ちする方…

  5. プラスチックボトル

    健康・アンチエイジング

    環境ホルモンに気をつけよう。BPAが健康に及ぼす影響とは?

    環境ホルモン(内分泌かく乱物質)について書いています。今回は環境ホルモ…

  6. 下痢

    健康・アンチエイジング

    感染性胃腸炎にかかった時の食事:食べていい物、食べないほうがいい物。

    日本でも、この冬は感染性胃腸炎がはやっているそうですが、私の娘(18歳…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

536人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ノートに書く
  2. ぬいぐるみ
  3. チョコレートケーキ
  4. ぐしゃぐしゃの机
  5. きれいな部屋
  6. 黒髪の人
  7. 机がごちゃごちゃな人
  8. 悩む人
  9. 公共の場所
  10. 腕時計をした女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 顔
  2. たたんだタオルや服
  3. 赤いジョギングシューズ
  4. チョコレートケーキ
  5. ぬいぐるみを抱く女の子
  6. 眠り
  7. バックパッカー
  8. 散らかった部屋
  9. ショッピング
  10. 掃除する主婦

過去記事、たくさんあります♪

  1. グラニュー糖

    ミニマルな日常

    いきなり砂糖をやめる勇気がない人へ。少しずつ砂糖なしの世界へ向かう5つの方法
  2. 散らかった部屋

    断捨離テクニック

    捨てたいのに捨てられない!断捨離でつまづく4つの理由とその解決策
  3. 贈り物

    ミニマルな日常

    不用な贈り物を捨てられないのは、世の中の人全員に好かれたいと思っているから。
  4. カウンターの掃除

    ミニマルな日常

    エコな大掃除にも活躍。重曹、お酢、石けん以外で掃除に使えるもの4つ
  5. プラスチックボトル

    健康・アンチエイジング

    環境ホルモンに気をつけよう。BPAが健康に及ぼす影響とは?
PAGE TOP