ラバーダック

ミニマルな日常

石けんシャンプーのコツを習得:私が湯シャンへ至るまで(6)

筆子が湯シャンをするに至った道のりを書いています。
前回は石けんでシャンプーを始めたら、頭皮のかゆみが消えたことを書きました。

はじめは、石けんシャンプーにも困ったことがありました。石けんカスが頭に残ること、そして、髪がきしきしすることです。

しかし、洗い方を工夫することで改善できました。個人差はあるでしょうが、コツさえつかめばたいがいきれいに洗えます。きょうは石けんシャンプーのコツをお伝えします。



石けんできれいにシャンプーするコツ

洗う前に髪をよく濡らす

こうすると泡立ちやすくなります。
筆子はシャワーをあびながら洗っていたので、いつも髪がひととおり濡れたところで、石けんをこすりつけていました。

しっかり泡立てる

頭にせっけんをこすりつけて、泡立てながら洗います。
髪を洗うというより頭皮を洗う感じ。

合成シャンプーから切り替えてすぐは、髪や頭皮に成分が残っていて泡立ちにくいようです。またパーマや使っているヘアケア製品の影響もあります。しつこく石けんで洗っているうちに泡立ちがよくなってきます。

しっかりすすぐ

すすぎが足りないと石けんカスが残ります。

石けんカスはせっけんが水道水のミネラル(カルシウムやマグネシウム)と反応してできるもの。

シャンプーブラシでとかしながらすすぐといいらしいですが、筆子はやっていませんでした。





髪のきしきしは酸性のリンスでサラサラに

石けんはアルカリ性なので、洗髪後、酸性の何かで中和すれば、さらさらになります。

きしきしするのは髪の表面のキューティクルが開いたままになるから。酸性のものにさらせば、このキューティクルが閉じて、スーッとした指通りに。

筆子はお酢(ホワイトビネガー)をおたふくのお好み焼きソースの空いたチューブに少し入れ、適当にお湯を足して、頭にふりかけていました。

ホワイトビネガーについてはこちらの記事に書いています。
節約したいなら水筒を持て

日本のお風呂なら洗面器にお湯をとって、お酢を少しだけ落として流せばいいでしょう。

お酢の匂いはすぐに消えますが、気になる人は、クエン酸を水にとかしたクエン酸リンスを使えばいいです。

筆子が使っていた石けん

アレッポの石けんの次はアベンヌの石けんを使い、その後は、近所のオーガニックストアで見つけたThe Soapworksというトロントのメーカーの石けんを使っていました。ここの石けんは完全な純石けんではありませんが、添加物は最低限です。

100グラムぐらいの石けんが2ドルほど。低コストを実現するため、よけいな外装はなく、店頭では裸で木の箱に入っています。

メーカーの名前とせっけんの種類は石けん本体に刻印されています。買う時はせっけんをつかんで、そばに置いてあるビニール袋に入れてレジに持って行きました。

石けんが安いだけでなくゴミも増えなくていいです。

いろいろな種類があり、筆子はからだにはオリーブ石けん。それから、シャンプー&コンディショナーという名前の白いせっけんもよく使っていました。

The Soapworksには肌のタイプや用途にあわせて、さまざまな種類の石けんがあったので、いろいろと使ってみましたが、筆子が好きだったのは、オリーブオイル、ティートゥリーあたり。

☆石けんについて詳しく書いています⇒無添加石けんとふつうの石けんの違いとは?~私が湯シャンに至るまで(5)

☆このシリーズを最初から読みたい方はこちらから⇒私が湯シャンにいたるまで(1)~序章

石けんシャンプー時代の終わりは思いのほか早く来た

石けんにはまって、いろいろ試していたものの、筆子が全面的に石けんシャンプーをしていたのはそんなに長くありません。せいぜい3ヶ月ぐらいでしょうか。

合成シャンプーをやめたら、頭皮のかゆみがなくなったので、毎日シャンプーする理由がなくなり、シャンプーそのものの頻度が減りました。

最初は石けんシャンプーは3日に1度。合間はお酢シャンプーや湯洗い(つまり湯シャン)。

次第に石けんで洗う頻度が減っていき、3日に1度から週に1度、そのうち石けんも使わなくなりました。

石けんシャンプーの方法を調べているとき、「世間には合成シャンプー以外で髪を洗っている人もけっこういる」、ということがわかりました。

粘土やハーブで洗ったり、お酢で洗ったり、お湯シャンしたり。そういう人たちの体験談を読んで、筆子は、お湯シャンにしようと思ったのです。

何といっても何も使わないのですから、これほどミニマリストにふさわしい洗い方はありません。

こうして筆子は、2009年の4月半ばから、髪をお湯のみで洗う生活に入りました。

この続きはこちら⇒湯シャンで髪がべたつく問題を解消する洗い方:私が湯シャンに至るまで(7)

☆後書き
この時期、周囲で手作り石けんが流行っていました。

私も日本に里帰りするときは、よくバンクーバーのロッキーマウンテン・ソープ・カンパニーの石けんをおみやげにしました。

娘の学校のクラスの友だちのお母さんで、手作り石けんを作るのが好きな方がいて、一度学校で手作り石鹸を作る授業がありました。

娘はそのクラスで茶色い石けんを作ってバスルームに設置。しかし、なぜか全然使わないのですよね。だんだんひからびてきたので、小さく切ってとろとろ石けんにして使いきりました。





オレンジジュースダイエットの春は、脂肪の断捨離ノートと禁ナッツの誓いから前のページ

シンプルライフの秘密は、ズボラ主婦の超お手軽料理にある次のページフライドチキン

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. トイレットペーパーを抱える女性

    ミニマルな日常

    パニック買いをしない人になる3つの方法。すぐに冷静さを失う人へ。

    パニック買いに走らなくても大丈夫でいられる方法を3つ紹介します。…

  2. 寝室

    ミニマルな日常

    少しでもお金にしたい、と思う貧乏性なので不用品を捨てられない。

    もういらない物だとはっきりわかっているが、売ってお金にしたいから、なか…

  3. ダイニングキッチン

    ミニマルな日常

    整理収納アドバイザーに片付けを頼んできれいな部屋のよさを実感した話。

    シンプルライフや、マインドフルな暮らしを心がけている読者のメールを紹介…

  4. 花火

    ミニマルな日常

    ようやく奨学金を返済できてスッキリ:2018年の振り返りその3

    2018年を振り返る、最終日です。今回も4人の読者の方のメールを紹介し…

  5. 新しい家

    ミニマルな日常

    引っ越しを前に、必死に持ち物を見直しています。

    2018年8月~9月にかけていただいたお便りの中から、ブログの感想をを…

  6. 日記を書く人

    ミニマルな日常

    10分だけ使って、暮らしをシンプルにする10のアイデア、後編。

    「もっとシンプルに暮らしたい!」と思っているのに、なかなか実行が伴わな…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,303人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 短くなった鉛筆
  2. 服を買っている人
  3. ヴァイオリンを見ている人
  4. 片付けるべき部屋
  5. 閉じ込められている人
  6. クローゼットから衣類を取り出す女性
  7. ふすまと畳
  8. 実家にある大量の傘
  9. 物だらけのキッチンカウンター
  10. 忙しそうな人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 商品の匂いをかいでいる女性
  2. 自己主張する人。
  3. 高いバッグ
  4. ネガティブな人
  5. 衣類圧縮袋
  6. 空を飛ぶ鳥
  7. 蚊
  8. 贈り物をもらっている人
  9. 贈り物
  10. きれいな人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP