仕事中の人

ミニマルな日常

今やっていることに集中するコツ~筆子の気を散らさない7つの工夫。

ただでさえ忙しいのに、スマホの通知などで邪魔されて、気が散ることが多い現代。

外部から通知や刺激がなくても、ふと何かを思い出して、今やっていることを中断して、別のことをやり始めることもあります。

そのため、肝心のタスクが終わらなかったり、終わるまでにすごく時間がかかったり。

実は、去年、私もこういうことがよくあり、反省ポイントの1つです。

今年は、今やっていることをしっかり終わらせたい。

そのために、改めて、注意散漫にならない戦略を7つに整理しました。



1.事前準備

気を散らすことがないように、事前にできる準備はすべてしておきます。

15分の不用品の片付けに集中したいとしましょう。

こんな準備ができます。

・人や電話に邪魔されにくい時間を選ぶ(おすすめは早朝)

・テレビや、ラジオ、スマホはすべて消す。

私のスマホにはFocusという機能がついていて、通知を一時的にミュートできます。ほかのスマホやPCにも似た機能はついているでしょうし、アプリもあるでしょう。

もちろん電源を切るのもおすすめ。

・何をするのか事前に心づもりする

断捨離する時間になってから、「どこを片付けようかな」、「何を捨てようかな」と作業内容を考えると、まずここで気が散ります。

あらかじめ、「きょうはデスクの引き出しの中を片付ける」と計画を立てておけば、その時間になったら、片付けにさっと入れます。

ゴミ袋など、必要なものも、準備しておきます。

・タイマーを使う⇒タイマーを使って仕事や家事に一点集中~ミニマリストのタイマー活用法とは?

デスクワークなら、周囲をきれいにして、気を散らすものを撤去しておくのも、とても効果的です。





2.気になることはすませておく

日常生活で気になることがあればあるほど、作業中に、頭の中に浮かんできて、目の前の仕事に集中できません。

そこで、気になることは、あらかじめすませます。

すぐに終わる小さなタスク

私は5捨て3処理(1日5つ捨てて3つ処理する)をやっているので、ちょっとしたタスクは、わりとどんどん片付けることができています。

3処理について⇒1つずつ仕事を片付けよう。シングルタスクをする7つのコツ。

ふだん3処理の1つとして片付けたいタスクを思いついたら、1つずつ付箋に書いてスケジュール帳に貼っています。

そのため、処理すべきことがなくなることはなく、時間の余裕があるときは、4つ、5つと片付けています。

時間がかかる大きなタスク

終わるのに時間がかかる大きなタスクはめったにやりませんが、税金の申告や、本の執筆など、1日、2日ではできないことはすべて細分化して少しずつこなすようにしています。

ほかの心配ごと

やるべきことがやれてなくて気がかりだ、ということ以外の心配ごとは、2つに分けて考えています。

1)心配しても仕方がないこと(自分ではコントロールできないこと)⇒心配しない、運命に任せる

2)自分でコントロールできそうなこと⇒小さなタスクにばらして、1つひとつやっていく(準備する)

老後の生活費が十分ないので、今できること(貯金)を少しずつしています。

3.思いついたらすぐに外に出す

私が一番集中してやりたいのは、ブログの記事の執筆です。

執筆開始後数分たてば、かなり集中できますが、書き始めは、集中モードになれないときがあり、ふと別のことが頭に浮かんだりします。

今だと、COVID-19のブースターショットを打つよう、政府に言われているので、「あ、ブースターショットの予約しなくちゃ」と思ったりするわけです。

こんなときは、付箋に、「ブースターショット予約」と書いて、スケジュール帳か日々のTo-doリストを書いた紙に貼っておきます。

思いついたら、すぐに外に出して、そのことについては、もう考えなくていい体制にしておくわけです。

そのため、仕事中は、付箋や筆記具はいつもそばに置いています。

4.今のタスクを終わらせることにフォーカスする

別のことを思いついても、やり始めた今のタスクを終わらせるようにしています。

ブログの執筆中に、「あ、接種の予約しなきゃ」と思ったら、付箋に書き出すところまではやり、すぐにブログの執筆に戻ります。

私は、何でも早め早めに済ませるのが好きなため、本音を言えば、接種の予約を終わらせてしまいたいのです。

ネットで予約するので、時間もそんなにかかりません。

ですが、接種の予約は、今しても、ブログの記事を書きあげたあとにしても、たいして結果に変わりがなく、後回しにできることです。

記事を書いてから予約すればいいのです。

こんなふうに、今やっているタスクを終わらせてから、次のタスクをするよう心がけています。

というのも、別のことをやり、その前にやっていたタスクの集中モードに戻るのに、思ったより時間がかかるからです(やってみればわかります)。

それに、ふと思いついたタスクが、すんなり終わるとも限りません。

実際、ブースターショットの予約は、夫の分も一緒にやろうと思っていたのです。

ところが、夫は、政府のサイトに登録していなかったので、ここで先に進めなくなり、夫に登録を促したりして、最終的に予約できるまで、思ったより時間を取られました。

ふと思いついたタスクは、買い物メモを参照しながらする買い物で言えば、「予定していなかった買い物」と同じです。

こうした予定外のものを優先すると、本来したかった時間の使い方やお金の使い方からずれていきます。

ふと思いついたタスクは、付箋に書いて、あとで、計画の中に入れ込み、順番にやっていくようにしています。

5.シングルタスクをして集中力を鍛える

マルチタスキング(同時にいろいろなことをしようとすること)をすると、次から次へとタスクを切り替えるのが得意になる反面、次第に1つのことに集中できないようになっていく、とリサーチでわかっています。

そこで、できるだけシングルタスクをして、集中力を鍛えています。

マルチタスクが脳に負担をかけ仕事の効率を落とす理由。1つのことに集中しよう

何かをやりかけでほっておくことも、できるだけしないようにしています。

私は塗り絵が趣味ですが、WIP(ウイップ、work in progress、 塗り始めたがまだ完成していないもの)がけっこうあるので、今年は、塗り始めたら塗りきって、次の塗り絵にいくようにします。

WIPをたくさん作るか、作らないかは、その人の好みや作業スタイルによるし、WIPがたくさんあっても、べつに問題はないかもしれません。

塗りたくない塗り絵を無理に仕上げるのも、人によってはすごくストレスになるみたいなので、ほっておくほうがいい時もあるでしょう。

しかし、私は、気をそらさないワークの一貫として、今年は、WIPを作らないようにします。

6.睡眠をしっかり取る

仕事中に何かをネットで調べたついでに、全然関係のない記事やページに飛んで読み始め、大幅に時間を失う、というのは、私の悪いパターンです。

たいてい睡眠不足のときに、こういうパターンにはまるのだと、自己観察により、わかりました。

そこで、気がそがれないように、しっかり寝ることを前にもまして心がけていきます。

睡眠不足だと、脳が疲れるので、私だけでなく、人間ならみな、悪いパターンにはまりやすいのではないでしょうか?

睡眠の質をあげる⇒しっかり寝るために、理想の寝支度を考えて実践するススメ。

7.大事なことは朝の早い時間にする

脳が疲れていると、集中しにくくなるので、「今日は、どうしてもこれをやりたい」という大事なタスクは、脳が疲れていない時間帯、つまり午前中にやるようにしています。

大事なタスクを先にすませておくと、充実感や達成感が得られるので、気分よく1日を過ごすことができますよ。

集中したい人におすすめの過去記事

集中力は人生に不可欠な能力(TED)

集中できる人の脳とできない人の脳は何が違うのか?(TED)

どうしたらもっと集中できるか? クリス・ベイリー(TED)

プライベートで気になることがあり、仕事に集中できず困っています。

人の気を散らす7つのもの。集中できない要因を排除せよ。

だらだら家事や片付けで1日が終わるあなたに。目の前のことに集中するには?(前編)

すぐに気が散るあなたへ。片付けや家事にしっかり集中する秘訣(後編)

*****

気を散らさないための私の工夫をお伝えしました。

新年になって目標を立てた人も多いと思いますが、何をするにしても、集中して行えば、仕事の濃度がぐんとあがります。

集中できるか、できないかは、大きな違いを生み出します。

集中できるようにしておくことは、とても大事なことではないでしょうか?

集中するためにやっているあなたの工夫も教えてください。





不用品片付けで一番大事なことは、どれだけたくさん捨てたかではない。前のページ

不用品を増やしたくないなら、無料、半額という言葉になびいてはいけない理由。次のページバーゲン・セール

ピックアップ記事

  1. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  4. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  5. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 夏の海岸

    ミニマルな日常

    少ないもので暮らす5つのコツ。ポイントは心のゆとりを持つこと。

    断捨離が終わって、スッキリしたあと、物が少ない暮らしを維持しつつ、さら…

  2. 青い空と白い雲

    ミニマルな日常

    お盆から始められる、人生をシンプルにしてストレスをなくす5つの方法。

    この週末はお盆休みの人が多いでしょうね。ちょっとペースダウンできるお盆…

  3. 光の差し込む部屋

    ミニマルな日常

    すきま収納は、本当の問題を解決しない。もっと空間を大事にすべき。

    すきま収納と、せっかくの空間を収納で埋める問題点をお伝えします。…

  4. 猫

    ミニマルな日常

    私は猫を飼うべきですか? 暮らしをシンプルにしているところなのですが←質問の回答。

    猫を飼おうかどうか迷っている読者の質問に回答します。この方は、…

  5. 編み物

    ミニマルな日常

    死蔵品を作らないために、すでに家にある物を使う4つの戦略。

    今年、私は、家にある物をちゃんと使う、死蔵品をなくすプロジェクトをして…

  6. 台所のシンクまわり

    ミニマルな日常

    片付けられない母との付き合い方~私の場合。

    お母さんが強迫性障害らしく、物を捨てないため、自宅がゴミ屋敷になってい…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,610人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 頭を抱える女性
  2. 忙しいママ
  3. 積み上げられたセーター
  4. ベッドでノートに何か書いている人
  5. 散らかった部屋
  6. 幸せそうな人
  7. 人間関係
  8. メモを書いている手
  9. 古本
  10. 不用品

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 古い物
  2. 編み物
  3. 小銭
  4. キヌア
  5. 手紙
  6. 自由な気分
  7. 眠り
  8. おせっかいなママ
  9. 素足
  10. タオルをたたむ人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP