ストレス

健康・アンチエイジング

ストレスを感じると、腹痛が起きたり太ったりする理由。

幸せな人生を生きるためにストレスマネジメントを考えるシリーズ。今回は、強いストレスがどんなふうに人を病気にさせるのか、そのメカニズムをお伝えします。



ストレスはメンタルの問題だけではない

日本では厚生労働省が、2015年の12月から従業員50人以上の企業に「ストレスチェック」を義務付けました。

パソコンのソフトを使ってチェックできるようです。うつ病など精神的な病気の防止のために始まった制度みたいですね。

しかし、ストレスが起こすのは心の病だけではありません。

今やみんな、強いストレスが病気をひきおこすことはよくわかっています。実際、何か不調があると、多くの人は、「ストレスのせい」と半ば自動的に、冗談めかして反応します。

しかし、なぜストレスを感じると病気になるのか、そのメカニズムを知っている人は少ないのではないでしょうか?また、ストレスをためこむことの怖さに気づいている人も少ないと思います。

ストレスがどんなふうに病気を引き起こすのか知っておくことは、健康でいるために有効です。今回は、ストレスが病気を引き起こすメカニズムを4分40秒で説明しているTED-EDの動画を紹介します。

タイトルは How stress affects your body(ストレスがどんなふうに体に影響を与えるのか)。心の病気ではなく、それ以外の病気に焦点が当たっています。

英語の字幕もついているので、英語の学習にもなります。発話はとてもゆっくりで明瞭なのでわかりやすいです。動画のあとに抄訳をつけます。

ストレスとは

ストレスは、何か困難を感じたり、圧倒されたり困惑するときに感じる感情です。ストレスは感情だけでなく、肉体的な反応も引き起こします。

短期的には、ストレスはからだにとってメリットになります。ですが、あまりに頻繁に、長く感じていると、「闘争か逃走か反応」が、脳だけでなく、全身の臓器や細胞にダメージを与えてしまいます。

☆「闘争か逃走か反応」についてはこちらで説明しています⇒運動をしないとどんなことになるのか。運動不足の6つの弊害 「5.ストレスを感じやすく、免疫機能が落ちる」のところです。

ストレスホルモンが心臓に影響を与える

ストレスを感じると、副腎(ふくじん adlenal gland)から、ストレスホルモンであるコルチゾール、エピネフリン(アドレナリンのこと)、ノルエピネフリンが分泌されます。

このホルモンは血管を通して心臓に到達します。

アドレナリンは、心拍数と血圧をあげ、高血圧(hypertension)の原因になります

コルチゾールは、血管内皮(けっかんないひ endothelium)と呼ばれる膜を血管の内側に作り、血管がうまく機能しない原因となります。

これは、アテローム性動脈硬化(後述)の初期段階だと考えられています。コレステロールプラーク(血管の壁に付着したコレステロールのかたまり)が動脈にたまってしまうのです。同時に、心臓発作など、心臓病の原因にもなります。



ストレスが腸に及ぼす影響

脳がストレスを感知すると、自律神経(autonomic nervous system)が刺激され、腸の神経に到達します。すると腸が正常に働きにくくなり、酸の影響を受けやすくなります。その結果、胸焼けが起きます。

腸の神経細胞に到達したストレスは、腸内細菌のバランスをくずし、消化にも影響を与えます。

ストレスが食欲を刺激する

コルチゾールは、カロリーが豊富な食べ物を摂取するように体に命じるため、糖質の多い食べ物(砂糖や炭水化物)に対する食欲が増します。つまり、カロリーを摂り過ぎてしまい、その結果、内臓に脂肪が蓄えられます。

この脂肪がつくと、服がきつくなるだけではありません。

この細胞からは、サイトカイン(後述)という、ホルモン(免疫細胞へ情報を伝達をしている物質)がたくさん分泌されます。すると、心臓病や、インスリン抵抗性などの病気になりやすくなります。

ストレスと免疫システムの関係

ストレスホルモンは、免疫細胞にいろいろな影響を与えます。ふつう免疫細胞は、体に侵入してくる異物と戦い、怪我を治す手助けをします。

ところが、いつもストレスを感じていると、免疫システムがダメージを受け、炎症を起こしやすくなり、傷が治りにくくなります。

テロメアとストレスレベルの関係

長生きしたければ、長期的なストレスレベルを下げる必要があります。というのも、ストレスはテロメア(後述)を短くしてしまうと考えられているからです。

テロメアは染色体の先にあるキャップです。テロメアはその細胞の年齢を示しています。細胞分裂のたびにDNAがコピーされる(遺伝子の情報を伝える)のは、テロメアがあるからです。

テロメアは細胞分裂のたびに短くなります。テロメアが短くなりすぎると、その細胞はもう分裂ができなくなり死亡します。

その他のストレスが健康に及ぼす影響

ほかにもストレスはいろいろな面で健康に害があります。たとえば、にきび、抜け毛、生殖機能の異常、頭痛、筋肉のこわばり、集中力の欠如、疲労、イライラなど。

人生にはストレスがつきものです。しかし、どんなふうにストレスに反応するかによって、脳や体に対する影響も変わります。

同じストレスフルな状況でも、チャレンジと受け取れば、ストレスをコントロールすることができます。短期的には、パフォーマンスがあがり、長期的には健康を保つことができるのです。
—- 抄訳ここまで —–

難しげな言葉の説明

アテローム性動脈硬化:動脈硬化の一種。アテロームとはおかゆのような固まり、脂肪性のろうのような沈着物のこと。その原因は高血圧や高血糖です。

テロメア:細胞の核(染色体)の先っぽにあるキャップのようなもの。遺伝子情報を保護しています。動画で言っていたように、細胞分裂のたびにテロメアは短くなります。細胞は50~60回しか分裂しません。

テロメアが短くなることが老化現象と関係があると考えられています。ただし、がん細胞のテロメアは短くなりません。テロメラーゼという酵素があるからです。

そこで短くなってほしくない細胞にはテロメラーゼを与え、短くなってほしい細胞にはテロメラーゼを抑制するという研究が行われています。

テロメア(telomere)という名前の由来はギリシア語。意味は「末端」です。テロスとメロスが合体しているとか。そういえば、「走れメロス」ももとはギリシャ神話ですね。

サイトカイン:細胞同士で情報を交換するときに出る物質。情報伝達物質で、その正体はタンパク質。人間で言えば言葉のようなものです。ホルモンとも言えます。

ホルモンとは⇒知っているようで知らない、ホルモンとは何?わかりやすく解説しました

ホルモンは分泌される場所が決まっているし、ターゲットである細胞(受容体)もきちんと決まっています。

ですが、サイトカインはいろいろなところから分泌され、ターゲットもいろいろで、相手次第で、違った情報を伝達するアバウトな雰囲気を持っています。

ホルモン同様、適正に出ていれば健康になるし、足りなかったり、多すぎると逆に不健康になります。

サイトカインについてはこちらでもちょっと書いています⇒風邪のひき始めの7つの対策。軽いうちに治す方法 「7.8時間ほどぐっすり眠る」のところです。

ストレスとうまくつきあうには?

動画の最後で、同じ状況でも受け取り方次第で、ストレスホルモンの分泌を抑えることができる、と言っていましたね。つまり物ごとをポジティブに受け取るか、ネガティブに受け取るかの違いです。

すると、どうやったら物事をポジティブに受け取ることができるのか、という話になってきます。

この点に関しては、これまでこのブログに書いてきた「幸せな人生」がトピックの記事を全部読んでいただくと、ヒントがいくつか見つかると思います⇒幸せな人生

手っ取り早い方法は、断捨離(物もタスクも捨てる)と運動と感謝することだと思います。特に物を減らすことと運動は、健康に大きな影響を与えており、ひいては、人生の質を決めると考えています。

自分の考え方を変えるのに、物やお金はそんなに必要ありません。お金や物を求め過ぎると、考え方の軸がぶれ、よけいなストレスをかかえこんでしまうのではないでしょうか?





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. スマホ

    健康・アンチエイジング

    座りっぱなしが健康によくないなら、寝ながらスマホをするのはいいの?←質問の回答

    座りっぱなしは体に悪いそうですが、寝ながらスマホをするのは大丈夫ですか…

  2. ハーブティー

    健康・アンチエイジング

    コーヒーの代わりになる飲み物11種類。カフェインを控えたいあなたへ

    コーヒーの代わりに何を飲んだらいいのか、という質問をいただきました。…

  3. おばあさん

    健康・アンチエイジング

    若さを保つのに重要な4つのホルモン。女性ホルモンだけが大事なのではない

    アンチエイジングシリーズ。今回は若さを保つホルモン、あわよくば、より若…

  4. 卵かけご飯

    健康・アンチエイジング

    西式甲田療法で健康とダイエットのために朝食を抜くはずが夕食を抜く日々

    昨年の秋ぐらいから、朝ごはんを食べない、西式甲田療法という健康法をやり…

  5. 寝室

    健康・アンチエイジング

    寝られない夜はこれで解消。寝る前によけいなことを考えない6つの方法。

    不眠に悩む読者の方から、寝る前にいろいろなことを考えてしまう習慣を捨て…

  6. インフルエンザにかかった女性

    健康・アンチエイジング

    免疫力を上げるために手放したほうがいい6つの習慣

    風邪やインフルエンザと戦うシリーズ。今回は自己の免疫力をアップさせるた…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

408人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. (連絡)汚部屋の片付け方について質問をされたKさん、メールが…
  2. 断捨離がほぼ終わったあとやりたい5つのこと。
  3. プレゼントの応募についてメールをいただいたHさんへの返事です…
  4. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  5. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  6. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  7. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  8. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  9. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  10. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…

今日のおすすめ記事

  1. 花瓶
  2. イースターエッグ
  3. 捨てて後悔する女
  4. 朝の街
  5. 散らかった部屋
  6. ベッド
  7. レス・イズ・モア
  8. 捨てられない女
  9. スマホを持つ手
  10. 秘密のケーキ作り

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. ベリー類
  2. 自己主張する人。
  3. イライラする女。
  4. 電車の座席
  5. 植物
  6. 虫除けスプレー
  7. 汚部屋について考える人
  8. スクワット
  9. ストレス
  1. ミニマルな日常

    思い切って捨てたらこんな良いことが起きました。
  2. 不満がちな女性

    ミニマルな日常

    すぐにイライラしたり、細かいことが気になる性格を直す7つの方法。
  3. 貯金箱

    お金を貯める

    すぐにゴミになるものを買うからお金が貯まらない~私がやっている無駄遣いをなくす7…
  4. CDの収納

    断捨離テクニック

    CDとDVDはこんなふうに断捨離~もう音楽を所有しなくていい理由とは?
  5. そうじ

    ミニマリストへの道

    村川協子の「アイデア家事の本」で学んだ家事の効率化の3つの柱~ミニマリストへの道…
PAGE TOP