セーターを持っている人

ファッションをミニマルに

年末は今年買った服を振り返ると、今後の買物の失敗が減ると思う。

今年買った服を振り返ってみました。

年の瀬は、1年の買物を振り返って、反省ポイントを見つけておくと、今後の買物に活かせます。

買物習慣を見直したい、服の買い方を変えたいという方は、この記事を参考に、ぜひご自身の買物を振り返ってください。



振り返るポイント

どんなふうに振り返ってもいいのですが、私は以下の項目をチェックすることにしました。

1.)いつ、何を買ったか。

2.)どこで、いくらで買ったか。

3.)買った理由

4.)現在の活用状況、使ってみた感想

5.)この買物を10点満点で採点すると、何点か。その点数の根拠は何?

点数をつけなくても、◯、△、☓ でもいいし、☆1つ、☆4つという採点にしてもいいでしょう。

6.)この買物から何を学んだか。その学びをどう活かしたいか?

7.)来年以降は、どんな買物をしていきたいか(今後の課題)

こんなに細かく分析しなくても、いつ、どこで、何を、いくらで買って、使ってみた感想と、今後の買物の課題を書くだけで充分です。

ふだん洋服ノートをつけている人も、つけていたけど、途中でうやむやになった人も、買物の記録なんて何もつけていない人も、だまされたと思って、やってみてください。

洋服ノートとは?⇒服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

ふだん何の記録をしていない人も、過去1年ぐらいのことなら、なんとか思い出せますよね?

ここで思い出しておかないと、あっさり忘れてしまうし、振り返っておかないと来年も同じ失敗をしてしまいます。

それでは、早速やってみましょう。今年はボトムスを2本購入しました





去年(2019年)は、衣類を1着も買いませんでしたが、今年はふだん使っているスパッツ(レギンス)を買い替え、もう一品、新たなボトムスを導入しました。

黒いレギンス

私の秋冬の定番(ユニフォーム)の黒いスパッツです。

レギンス

では、上に書いた7項目をチェックしていきます。金額はカナダドルです。

1.)2020年の1月に買った黒いレギンス。素材はコットン89%、スパンデックス11%。

2.)Lands’ End で、33.13ドル。セールで買ったので、定価ではありません。これ以外に、関税を8ドル近く払っています。

Lands’ End はアメリカの通販会社なので、カナダから買うと、関税を取られます。

3.)いつもはいているレギンスがだめになったので買い替えました。

4.)秋口からほぼ毎日はいています。厚手だし、よく伸びるし着心地は悪くないです。

5.)買物そのものについては、7点ぐらい出せますが、商品に関しては4点なので、間をとって、5.5点ぐらい。

ここ何年か使っているのと全く同じ銘柄の同じスパッツ(サイズも同じでXS)を買ったのに、裾が異様に長い(7センチぐらい長い)ものが届きました。

素材も変わった気がします。前のレギンスはもう捨ててしまったから、確認できませんが、もっと綿が多かったはずです。

もともと、コットン100パーセントだったから、この銘柄を選んだ記憶があります。記憶違いかもしれませんが。

生地も、気持ち、薄いです。

裾が長くても、そのまま履いていますが、長い裾に使っている布地や糸が無駄ですよね?

その時によって、すそでくしゅくしゅにしたり、足をくるんだりして履いています。

長い裾で足をくるんだところ

足をくるむと、暖かいけれど、このまま靴を履いて、ジョギングしていると、そのうち、かかとにあたる部分に穴があきます(体験済み)。

6)、7)このレギンスがだめになったら、別の会社のレギンスをカナダ国内で調達するつもりです。

Lands’ End を利用すると、関税を取られるし、遠い分、時間もかかるし、地産地消じゃないからエコでもありません。

まあ、レギンスは、みな遠い、発展途上国で作っているので、どのみち地産地消ではありませんが。

このレギンスは、スリランカ製です。

黒い防寒パンツ

黒い防寒パンツ

1)2020年11月1日に買った黒いパンツ、メーカーはセシール。シャギーな裏地がついています。表、裏ともポリエステル製。

パンツのライナー

2)日本のアマゾンで、2849円で購入。

3)冬場、スロージョギングや散歩をするとき、レギンスだけだと寒い日があるので買いました。

これまで、寒い日に外に出るときは、レギンスの下に、シルクのズボン下みたいなのをはいていました。

これも、Lands’ End で買っていましたが、1本、60ドルぐらいと高価だし、シルクだからまさつに弱くて、ワンシーズンで、股のところから穴があくため、今年は、レギンスの上に重ねるパンツを使うことにしたのです。

ふだん、日本では、下着しか買いませんが、今年は10年日記の新しいのを買う必要があったので、そのついでに、この商品も買いました。

10年日記について⇒10年前の日記を読んで思うこと、そして日記をつけるメリット。

4.)11月に買ったので、そんなに何度も使っているわけではありませんが、とても暖かくてよいです。

生地はそんなに伸びないと思いますが、このパンツを履いて、かがんだり、スクワットしたりふつうにできます。

今のところ、朝(いまは、朝暗いうちに家を出ています)、外気温がマイナス5度までは、レギンス1本で出かけ、マイナス5度から10度あたりまでは、このパンツのみを履いて出かけ、マイナス10度より低いときは、レギンスの上にこのパンツを重ねて外に行っています。

先日、マイナス15度のときに、重ね履きしていったら充分暖かだったし、今朝は、マイナス11度でしたが、1時間ほど歩いて帰るルートの後半になると、からだがほかほか暖かくなってきて、「いや、ここまで暖かくなくていいよ、暑いよ」と思うほどでした。

5.) 10点。暖かい思いができて満足しています。

まだ数回しか使っていないので、耐久性はわかりませんが、基本、外履き用だし、ポリエステルだから、すべって転ばない限り、穴もあかないでしょう。

アマゾンのレビューを見ると、ウエストがきついとか、丈が短いという理由で、☆1つや2つにしている人がいますが、ちゃんとサイズを確認して買えば、そんなことは起きません。

それにサイズがきついと思ったら、別のサイズに取りかえてもらえばいいのです。

私の丈の長過ぎるレギンスは、これ以上小さいサイズがないため、ほかのものに交換のしようがありません。

この商品は股下の長さを選べるので、小柄で小太りの私のような人にも、いつもより、ゆったり着たいと思う人にも、ちょうどいい製品があるはずです。

「すごく短いのが届いた」と言っている人は、短い丈のをオーダーしてしまったのでしょう。

L-63 というサイズは、Lサイズで、股下が63センチという意味です。ウエスト63センチではないので気をつけてください。

6)7)やはり、日本の市場に出る製品は、細かいところまでいろいろと行き届いていますね。来年もこの商品は持つでしょう。当分、防寒用のパンツとして活躍してくれそうです。

このパンツがだめになったときは、またその時、考えます。

バフも買った

小物ですが、バフも買いました。

バフ

メリノウールを筒状に縫ったもので、長さは60センチです。

バフの話は、タオルの記事で書いています⇒タオルの代わりに身体を拭くのに使っているもの~質問の回答。

これはカナダのアマゾンで、11月の半ばに35ドルで購入。

安くはないので、買う前にちょっと考えましたが、買ってよかったです。

薄いウールなので、静電気は起きないし、マフラーみたいにほどけてこないし、好きなところまで口元をおおうことができます。

一番薄いタイプを選びましたが、これを頭にかぶって、その上からニット帽をかぶれば充分暖かいです。

首にまいて使うことも、ヘアバンドとしても使えます。

このバフは、きっと一生持つでしょう。

☆関連記事もどうぞ⇒ミニマリスト主婦、筆子の14着の服を公開、写真つき(2020年夏版)

******

今年の衣料品の買物を振り返りました。

レギンスが長いのが残念だったけど、特に大きな失敗はしませんでした。

このレギンスはもうワンシーズンぐらいは持つでしょうから、来年は衣料品を買わなくていいと思います。

今年は、ソックスを買わなかったので(誕生日プレゼントでしのぎました)、ソックスや下着は買うかもしれません。

衣料品だけでなく、靴、バッグ、化粧品、書籍など、ふだん自分がよく買うものについて、振り返ってみてください。

意外に楽しいし、いろいろな発見がありますよ。





子供の描いた絵すぐに物を捨てるのは、物を大切にしていないことなのか?前のページ

なぜ本がたまってしまうのか?:捨ててわかった自分の生活パターン(その4)次のページ本を読む女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. マスキングテープ

    ミニマリストの持ち物

    マスキングテープのミニマリスト的活用方法、これ1つあればアレンジは自由自在

    数年前からちまたで大流行しているマスキングテープ。筆子もmtブランドの…

  2. タンカーポーターショルダーバッグ

    ミニマリストの持ち物

    私のバッグ、ポータータンカー、ショルダーバッグ(L )のレビュー。

    いま私が使っているバッグに関する質問をいただきましたので、この記事で回…

  3. ジーンズ姿

    ファッションをミニマルに

    もう着ない服、だけど捨てるのはもったいない、そんな時の思い切り方。

    大量の洋服を前に、「捨てるのはもったいない」と処分の手が止まってしまっ…

  4. closet

    ファッションをミニマルに

    あなたがその服を着ないワケ。着ない理由がわかれば断捨離できる。

    なかなか服を捨てられない人のために、なぜその服を着ないのか、理由を考え…

  5. 椅子

    ファッションをミニマルに

    服は最低限にしたいが、人からおしゃれに思われたい、という相談の回答。

    ワードローブは最小限にしたいけれど、人からおしゃれに思われたいんです、…

  6. 赤いジョギングシューズ

    ファッションをミニマルに

    靴は4足持っています~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

    ミニマリスト筆子の靴をご紹介します。現在4足持っています。これ…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,245人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 古い手紙を見る女性
  2. リビングルーム
  3. ハーブティ
  4. 黒いスニーカーを持つ女性
  5. 名古屋帯
  6. セーターを持っている人
  7. 鏡の前の女性
  8. パソコンの画面を見る若い女性
  9. 散らかった部屋
  10. 家事をする人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 考えている人
  2. 日記をつける人
  3. スクラップブッキングの材料
  4. 結婚式
  5. ノート
  6. 何もかも捨てる
  7. ランニングシューズ
  8. 筆子のお便り
  9. 断捨離してます
  10. ホールの中

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP