服の買い物をしている女性

ファッションをミニマルに

服や雑貨の買いすぎが増えてきたとき、自分でブレーキをかける方法。

季節の変わり目や年度末になると、買い物する機会が増えるせいか、服をどんどん買ってしまう人がいます。

そうなる前の、「あれ、なんか私、買い物、増えてきたかも?」と思ったところで、ブレーキをかける方法を紹介しますね。

もちろん、すでにすごい勢いで買っている場合にも使えますが、買い物することはくせですから、「なんか、増えてきたなあ」と思ったあたりで止めたほうが、抵抗が少ないし、財布へのダメージも避けられます。



1.買うのを遅らせる

次々と服や買ってしまう人は、単に、欲しいという欲望をすぐに満たすくせがついているだけです。

このサイクルをこわすために、すぐに買わないでください。

「今日、欲しい!」と思ったら、今日買わず、数日遅らせます。

別に買ってもかまいません。ですが、「欲しい!」と思ったところから、「実際に買う行動をする」までの間をできるだけあけましょう。

間をあけることに全神経を集中してください。

24時間、3日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年。遅らせる期間は自由です。

私たちは、「欲しいものをすぐに手に入れる文化」に慣れきっているため、「欲しいと思ったとき、すぐに買うのはあたりまえのことだ、すぐに手に入れないとだめだ」と思いこんでいます。

しかし、これは単なる思い込みです。





便利な買い物に慣れているだけ

日本は買い物が便利な国なので、テレビで見た何かを「すぐに欲しい!」と思った人たちが、スーパーにかけこみ、その品が品薄になる現象が起きますよね?

最近は、新型コロナウイルス感染症のせいで、そういうことは起きないかもしれませんが。

日本は国土が狭く、物流がとてもスムーズです。

日本のアマゾンで、物を注文して、実家に届けてもらうと、私はプライムメンバーではないのに、注文して24時間以内に届いたりします。

しかも、今その商品がどこにあるのか、きめ細かく参照できます。

まあ、カナダのアマゾンでも参照できますが、もっと大雑把です。

最近、カナダのアマゾンも、物によっては、みょうに配達が早くなりましたが、昔の、「早くて1週間~10日かかる時代」を知っているので、私はなんでもわりと気長に待てるほうです。

もちろん、本当に必要な物は今日買うしかありません。

毎日パソコンで仕事をしているから、パソコンがこわれたら、その日のうちに手に入れる算段をすると思います。

固定電話がないから、スマホがないとちょっと困るので、スマホがこわれたときも、できるだけ早く買うでしょう。

しかし、洋服や雑貨は、そんなに急いで買わなくても大丈夫ですよね? だって、すでに家にたくさんありますから。

今日買わないと困る事情がありますか?

ないと思いますよ。

すぐに買わないと誰かが買ってしまうとか、セールが終わってしまうという心配は無用です。

なぜなら、今、あなたが買いたいと思っている服は、どうしても必要な服ではないし、好きでしょうがない服でもないし、買わないと私の人生が終わる、というような服でもないからです。

つまり、別に手にいれなくてもいい服なのです。

あなたは、ただそれを所有したいだけではないですか?

買ったけれど、ろくに着ていない服が家にたくさんあるとしたら、「所有したい」という欲望が満たされた段階で、買った服が用済みになるからです。

2.完璧じゃなくてもいい

買ったものに満足できなくて、「もっといいもの」「もっと自分に合うもの」を改めて買うことが続き、買い物が止まらなくなることがあります。

この場合は、「もっといいもの」を追い求める完璧主義を手放すと、買う勢いが止まります。

完璧主義すぎるといつまでたっても部屋が片付かない理由

そもそも、自分の要望に100%ぴったりあったアイテムなど存在しません。

自分をとりまく状況は刻一刻と変わっているし、自分の気持ちだって、ずっと同じではないからです。

「もっとこうだったらいいな」と思って、何枚買っても、「本当に100%お気に入りの服」など手に入らないのです。

それこそ、手作りするか、オーダーして作ってもらわない限り。

オーダーメードの服だって、できあがって着てみると、「あれ、ここは、もっとこうだったらいいな」と思うところがあるでしょう。

なぜなら、完璧主義の人は、今、自分が手にしているものには決して満足できず、いつも、「今もっているものより、ちょっといいもの」を追い求めるからです。

現在、洋服も雑貨も、使い切れないほど市場に出回っており、選択肢がたくさんあるから、「さっき買ったものよりちょっといいもの」が欲しくなる人は、どこまでも買い続けることになります。

自分の経済状態が許す範囲内で。

その経済状況にしても、クレジットカードを利用すれば、一時的に底上げさせることができるため、自分の収入以上に買ってしまうこともあるでしょう。

いくらでも買う物が見つかる環境

経済的に豊かで、物資が豊富にある先進国に住んでいる人のほうが、買ったものに満足できず、どんどん買ってしまうと思います。

いくらでも、次に買いたい物が見つかるからです。

買い物依存症は、先進国の病ですよね?

物がたくさんあって、買うお金もあって、実際に物をたくさん買っているのに、ストレスがなくならず、依存症になるまで買ってしまう。

豊かな国に住んでいると、買い物をし続けるわなにはまりやすいので、注意が必要です。

YouTubeで、カラーチューバー(塗り絵に関する情報を発信するユーチューバー)の動画をよく見ています。

買った物を紹介するホール(haul)は、買い物を促すので、見ないようにしている話は、すでにブログに書きました。

余計な物を買わないコツ:最近、筆子がやっていること(その1)

アメリカやフランスのユーチューバーは、どんどん買い物をするので、最近は、「ぜいたくすぎる」と感じるようになりました。

すでに色鉛筆をたくさん持っているのに、また買ったり、ものすごい高い色鉛筆を買ったり、毎月のように買い物したりしているのが、だんだん鼻についてきたのです。

もちろん、人が何を買おうと勝手だし、全員がそういうわけではないし、プロのユーチューバーだから、仕事として、いろいろ画材を買って使って見せているのかもしれません。

実際、ホールは人気がありますからね。

ですが、なんだか嫌になってきたので、最近は、インドやスリランカの人が、絵を描いているところを見せている動画を見ることが多いです。

この人たちは、いつも同じ、そんなに高くない画材を使っているので、心穏やかに見られます。

3.前に買った服を着たおす

サイズが合わないとか、全く似合わないといった、明らかな難があるときは、返品か交換をして、手元に残った服は、何回か着てみると、買い物しすぎません。

次々と服を買ってしまう人は、服を着ることより、買うことに意識が向いています。

新しい服が家にあるのに、次に買う服を探すことが多いなら、直前に買った服をとことん着てみることにフォーカスしてください。

先日、ファストファッションの服が着用される回数は5回未満で、35日ぐらいで捨てられる、という記事を読みました。

こちら⇒Fast Fashion Is a Bigger Pollutant Than You Think | by Jiayi Tan | Medium

本当かどうかわかりませんが、5回着たぐらいでは、その服がいいかどうか判断できませんよね。

以前、買った服は30回着ることをすすめているTEDの動画を紹介しています⇒死ぬほど素敵なファッション(TED)おしゃれで安い服の大きな代償。

「手持ちの服はどれも30回は着る」というチャレンジをしてみて、30回着ていない服があるうちは、新しい服には手を出さない、というルールを作ってもいいかもしれませんね。

30回という数字が妥当かどうかはわかりませんが。

冠婚葬祭用とか、特殊な用途の服は、30回も着ていないものがあるかもしれません。

私は服の数が少ないので⇒ミニマリスト主婦、筆子の14着の服を公開、写真つき(2020年夏版)

30回は軽くクリアしています。ですが、昔の自分のことを思うと、30回も着ずに断捨離した服はたくさんありました。

「30回は着よう」と思って、買った服と付き合ってみると、服を着ることや使うことに意識が向くから、買い物にフォーカスしていた生活が変わります。

どんどん買ってしまう人は、生活のあらゆる部分で、服を買うことに意識が向く暮らし方をしています。

ショップのアプリをスマホにダウンロードしていて、毎日のようにそのアプリを見たり、

ショップのメールを購読していて、こちらも毎日、目にしていたり、

インスタグラムで、しょっちゅう、人が買ったものを見ていたり、

友達と会えば、買い物の話をしたり、

仕事帰りには、ファッションビルに寄るのが日課になっていたり、というように。

新しい服や雑貨を買うことに、時間とエネルギーを注いでいるから、次々と欲しい物が見つかり、次々と買ってしまうのです。

買った服をちゃんと着ることに意識を向け、いかにしてそれぞれを30回着るか、考えたり工夫したりすると、べつにがまんしなくても、服をどんどん買うことは止まるんじゃないでしょうか?

やってみてください。

関連記事もどうぞ

服の買い物が止まらない悩みを解消する4つの方法。

服が好きで買わずにいられない、どうしたらやめられますか、という質問の回答。

買い物が止まらないし、ひどい汚部屋だし、どうしていいかわからない←質問に回答。

買い物が止まらない女子必見!服を買わない7つの方法

物をたくさん捨ててわかった自分の思考と生活パターン~買い物編

*****

「最近、買い物が増えているかも?」と思ったときに、考えてみるポイントを3つ紹介しました。

買っても買っても切りがないし、買わなければ、買わないであるものを着て、普通に暮らせます。

買い物に一点集中していた自分の意識を、別のことに向ければ、買わなくても大丈夫な生活に戻ることができますよ。





服を選んでいる女性コーディネートが苦手だからたくさんアイテムがいる:着ない服を捨てない理由と、それを乗り越えて捨てる方法(20)前のページ

損した!と思っても、冷静になれば気持ちを切り替えられる。次のページスマホを見てショックを受けている女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 若い女性

    TEDの動画

    服を使い捨ててはいけない。着ているものがあなたの生き方を表している(TED)

    ろくに着ない服をたくさん買っては、クローゼットにためこむ癖を手放したい…

  2. 帽子

    ファッションをミニマルに

    実用性重視で選んだ4つの帽子~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

    50代節約主婦ミニマリストの持ち物公開シリーズ。きょうは帽子です。帽子…

  3. クローゼット

    ドミニック・ローホー

    こんな服は今が捨て時。年末こそ衣類の断捨離を

    手持ちの服の捨て時をお伝えします。何を着たらいいのか毎日迷うの…

  4. Tシャツ

    ファッションをミニマルに

    私が天然繊維を選ぶ5つの理由~静電気が健康に及ぼす害はあなどれない

    ミニマリスト筆子は現在14着の服を持っています。きょうは私が服を選ぶポ…

  5. 服をチェックする女性

    ファッションをミニマルに

    新品同様だから:着ない服を捨てない理由と、それを乗り越えて捨てる方法(26)

    全然袖を通さない服なのに、捨てることができない理由を検証しています。…

  6. 忙しい女性

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,249人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 台所のシンクまわり
  2. 服をチェックする女性
  3. 市販の弁当
  4. 図書館にいる女性
  5. 仕事をする女性
  6. 野原にいる女性
  7. 後悔している女性
  8. 白いTシャツを着ている女性
  9. 汚部屋で瞑想する女性
  10. 紙袋に入ったレモン

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 化粧
  2. ワードローブ
  3. キャラクターグッズ
  4. 家事をする主婦
  5. beauty salon
  6. ガラスのジャーやコップがたくさん
  7. スニーカー
  8. リフォームのプランニング
  9. 心配している少女
  10. お気に入りのトップス

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP