買わない

ミニマム思考

買い物が止まらない女子必見!服を買わない7つの方法

洋服を買わないためにできる工夫を7つお伝えします。

一般に日本人女性はたくさん物を持っていますが、中でも数が多いのが衣類だと思います。シーズンごとに安くて可愛い服、おしゃれな流行の服が出るので、どんどん買ってしまうのでしょうね。

しかし、体は1つなので、そんなにたくさん着こなせず、どんどんたんすの肥やしが増えます。

これまで服を捨てる方法はいくつか書きましたので、今回は服が増える元を断つために、買わない生活にシフトするやり方を考えてみました。



服を買わない7つの方法

1.思考を変える
2.自分が服を買う理由をつきとめる
3.一定期間服を買わないようにする
4.手持ちの服を断捨離する
5.服を買わないメリットを考える
6.服を買ったつもり貯金をする
7.自分の購買パターンを知り、それを徹底的にこわす

1つずつ説明します。真剣に取り組めばどれも効果があります。

1.思考を変える

多くの女性は、シーズンごとに新しい服を買わなければいけないと思っていますが、これは単なる思い込みか、メディア、企業、店舗の刷り込みです

まずはこの思い込みを捨てます。

実際問題として、すでに家に洋服がたくさんあったら、新しい服なんて買う必要はないわけです。

今の社会はメディアが主導して「需要」を作っています。メディアのメッセージは、「あなたはこれが足りない、あれが足りない、だからもっと買いなさい」です。

もっと大きな家に住みましょう、もっと新しいガジェットを使いましょう、もっときれいに装いましょう、もっと若く見えるようにしましょう、もっと便利にしましょう。

あなたの現状ではよくありません、もっと努力しましょう。

もっと、もっと、もっと、とうるさいです。

しかし、本当は今のままで充分なのです。

特に服に関しては必要充分以上に持っている人が多いので、これ以上いりません。

2.自分が服を買う理由をつきとめる

なぜ自分が服を買うのか、その理由をノートに書いてみます。理由がわかれば対策を立てることができます。

たとえば、単に服を買うのがくせになっているのだったら、そのくせを手放せばいいのです。

私が考えた人が服を買う理由はこちら⇒どうしてこんなにたくさん洋服を買ってしまうの?あなたが洋服を買い続ける7つの理由

私が服をよく買っていたのは、20代半ばから30代始めでした。あのとき一生分ぐらい買った気がします。

なぜあんなに買ったのか自分でもよくわからないのですが、日々の暮しに充実感がなくて、服を買うことでむなしさを埋めていたのだと思います。

関連⇒浪費が止まらない日々~幸せって何なのだろう~ミニマリストへの道(5)

服を買う理由は人さまざまでしょうが、本当にその服がほしいというよりも、その服が実現してくれるであろう「何か」を求めていることが多いのです。

その「何か」は服を買うことでしか得られないのでしょうか?別のことで、その「何か」を手にすることはできないのでしょうか?





3.一定期間服を買わないようにする

ミニマリストの中には1年間何も買わない挑戦をする人がわりといます。

服を買いすぎている人は、「1年間は服を買わない」と決めて、実行してみると、いろいろな気づきが得られます。

すぐに気づくことは「お金が減らない」ということです。これまで服にお金を使っていた人ほど、節約効果が高いうれしいチャレンジです。

私が最後に服を買ったのは去年の夏。1年服を買っていませんが、特に生きるのに支障はありません。ここ数年ずっと物を買わないようにしていますが、なければないでそのように暮らせます。

あるもので暮らす工夫が楽しいです。

ただ、ユニクロのUVカットパーカの袖口がボロボロになり、縫い目にそって穴がちらほらできてきたので、そろそろ新しいパーカを買うつもりではいます。

ただし、これは私がこのパーカばかり着ているからであって、ふつうの人は、もう少し服を持っているでしょうから、1年買わなくても「着るものがない」なんて状態には陥らないはずです。

靴下、下着、靴は消耗品なので、買わない挑戦中も、必要に応じて買ってください。

4.手持ちの服を断捨離する

服を買わない挑戦をする一方で、所持している服を少し断捨離すると、「買わない生活」のモチベーションがアップします。

というのも、いかにこれまで自分がずいぶん無駄な買い物をしていたか、身を持って知るからです。

これまで服を買うのに使っていた時間を、服を捨てたり、整理することにまわしましょう。

服を断捨離していると、買ったまますっかり忘れていたアイテムを発掘することもあります。

ある程度枚数が減ったら、自分なりにワードローブを管理するシステムを作ると今後の衣裳計画に役立ちます。

ワードローブの管理の仕方についてはこちらに詳しく書いています⇒ミニマリストの服全16着公開~非おしゃれ系50代主婦の場合(写真あり)

自分が好きなスタイル、自分らしいスタイル、自分の定番服など決めると、いたずらに枚数が増えることもありません。

服の断捨離の仕方⇒これで簡単に捨てられる、洋服を捨てる7つのルール~あなたの服の8割はいらない服です

5.服を買わないメリットを考える

人は何か自分にとって価値やメリットが感じられないとなかなか行動に移せません。

買わないチャレンジをしながら、服を買わないことで得られるメリットをノートに書いてみましょう。

ちょっと考えただけでも

●お金が大幅に節約できる
●時間ができる
●買い物のストレスが減る
●服を管理する苦労から逃れられる
●もう服を捨てる方法を考える必要がなくなる
●スペースができる
●着るものに迷わなくなりストレス軽減

この7つはすぐに思いつきます。これ以外に個人的なメリットがいろいろあるかもしれません。

これまでは、クローゼットから、服を取り出したら、必ず両脇の服も下に落ちて拾っていたけど、拾わなくてすむようになる、とか。

服を減らすとストレスも減りますので、生産性はあがるし、病気になりにくくなります。

関連⇒ミニマリスト主婦の普段着とよそ行き~少ない服はストレスフリーで生産性があげる

6.服を買ったつもり貯金をする

街で見かけて「あ、ほしいな、でも今買わない挑戦中だし」と買わずにがまんした服の値段をメモして、その分貯金箱に入れます。

あるいは、楽天市場の広告で見て、ふだんなら色違いで数着をまとめて買っているところだった服の値段を調べて、その分のお金を貯金箱に入れます。

このお金はずっと貯めておいてもいいですし、どこか、普段はなかなか行かないちょっと高級なレストランの食事に使ったり、マッサージやエステに使って、リッチな気分を味わうのもいいです。

花を買って部屋に飾るというのもいいアイデア。「 自分を浄化する方法」という本には、花は部屋を浄化する最強のアイテムと書いてありました。

7.自分の購買パターンを知り、それを徹底的にこわす

自分がいつ、どこで、どんなタイミングで洋服を買っているのか考えてます。

これも紙に書いたほうがいいです。

たとえば、いつも仕事の帰りに駅前のファッションビルによって、買い物をしているのだったら、その駅では電車を降りないようにします。

その駅が最寄り駅だったら、1駅前で降りて、歩きます。

仲の良い友だちと会ってショッピングに行くのが習慣になっているのなら、行き先を買えます。

ふだん給料が出た日に気が大きくなってしまい、1ヶ月働いた自分へのごほうびとして服を買っているのなら、別のものをごほうびにします。

ユニクロや無印良品のメルマガを取っており、メールにのっているセールの情報が買い物の呼び水になっているのなら、メルマガの購読をやめます。

楽天市場のポイントを貯めるのが買い物の動機になっているのなら、カードを捨てます。

私の経験では、ひまだと、ふらふら買い物してしまうので、仕事帰りは、買い物に行くのではなく、図書館に行って本を読んだり勉強するとか、ジムに行くとか、自宅で手のこんだ料理をするとか、買い物以外の趣味を見つけるようにします。

*******

以上、服を買わないためにできることを書いてみました。いずれも、本人の「できるだけ服を買わない」という決意が必要です。

本気で取り組めばそんなに難しいことではありません。

シーズンごとに服を買うのも単なる生活習慣ですから。習慣は必ず変えることができます。





流しの棚吊り下げ収納?何でもぶらさげる母に資本主義社会の構図を見た~実録・親の家を片付ける(15)前のページ

シミやシワを予防したいなら知っておきたい。お肌にとても悪い5つの食品次のページ顔

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  4. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。

関連記事

  1. 住宅

    ミニマム思考

    家を持たない暮しがあってもいい、筆子が持ち家に住まず賃貸生活を続ける理由とは?

    昭和34年生まれの筆子は今年56歳。この春、カナダに来て、20年目に入…

  2. レジで支払う女性

    買わない

    物を買いすぎない暮しをする7つの秘訣。小さなことから始めればOK。

    目についた物を、なんとなく買うのではなく、もっと意識的に買い物をするコ…

  3. 集中する人

    ミニマム思考

    人の気を散らす7つのもの。集中できない要因を排除せよ。

    片付けなきゃいけないと思っているのに、なぜか集中できず、きょうも汚部屋…

  4. 考えて買う女

    お金を貯める

    買わない暮しをするために、節約系ミニマリスト主婦が心がけている10のこと

    シンプルライフをめざしている筆子は、物を増やさないように常に心がけてい…

  5. スーツケースに入れた靴とシャツ

    ファッションをミニマルに

    着ない服ばかり買ってお金を散財する生活から抜け出す方法。

    ちゃんと着る服だけを買う人になる方法を5つ紹介します。物理的な…

  6. 持ち物

    買わない

    細々とした小物を増やさない生活をする7つの方法。

    小物を増やさない方法を7つ紹介します。日本人、特に女性は細々と…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,572人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 自転車に乗っている人
  2. 読書している女性
  3. 飾り物
  4. 寄付する服
  5. 実家にある大量の傘
  6. 鏡を見る若い女性
  7. 押入れの中の布団
  8. プレゼントを持っている男性
  9. ノートパソコンを使っている女性
  10. 帯を取り出したところ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ティータイム
  2. 自由な気分
  3. 雪景色
  4. 散らかった部屋
  5. 手相を見る。
  6. いらない贈り物
  7. 夫婦げんか
  8. 田舎の大きな家
  9. 散らかった部屋
  10. ガラクタ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP