カーキのバックパック

ミニマルな日常

物をちゃんと使い切る生活をする7つのコツ。

不用品を捨てるほうは、大方終わったので、最近は、すでに家にあるものをできるだけ使う暮らしを心がけています。

きょうは、物を使い切るのに役立っていることを7つ紹介しますね。



1.物に対する考え方を変える

なぜ、私は物を使い切る生活をしたいのか?

この質問に答えられるようにしておくと、軸をぶらさず、使い切る暮らしを続けることができます。

これまでは、「物はたくさんあったほうがうれしい、楽しい、生活が豊かだ、人生が充実している」なんて思っていたから、たくさん買って、死蔵品を作ってしまったわけです(私の場合)。

使い切る生活をするためには、これとは違う新しいマインドセットが必要です。

「物はそんなにたくさんなくてもいい。自分が使い切れる分だけを持ち、ちゃんと使うほうが暮らしの質があがる」「今ある物を使う生活は気持ちがいいのだ」と考えられたら、少ない物で暮らすのも悪くない、むしろ幸せだ、と思えるでしょう。

物が少ない生活のよいところ⇒レス・イズ・モア(Less is more)の真の意味とは?何もない部屋に住むことがミニマリストの目的ではない

使い切る生活をする理由は人それぞれです。節約や貯金するため、でもかまいません。実際、必要な物だけを使う生活をすると、無駄遣いが減ります。

自分なりの理由を見つけておいてください。





2.物を使うことにフォーカスする

物を買ったり、集めたりするほうにフォーカスすると、使わない物が増えます(私の場合)。

ちゃんと使う生活をするために、実際に使うことに意識を向けます。「意識を向ける」とは、「時間とエネルギーを注ぐ」ということです。

物をたくさん集めていた頃の私は、買う方にたくさんのエネルギーを投下していました。

通販が好きだったので、カタログをじっくり見たり、次は何を注文しようか、あーでもない、こーでもない、と考えることに、多大な時間を費やしていたのです。

買う前にずいぶん迷っていました。迷うことにエネルギーを使っていたのです。

その頃は、まだOLで、暇だったので、こんなことができたのかもしれません。家事は母がやっていてくれたから、会社に行っていない時間は、全部自由に使えたからです。

もちろん物を買うために、お金も使っていました。

商品が届いたそのときは、うれしいものの、それらの物は、すぐにそのへんに放置され、また新しい物を買うほうに意識が向きました。

主婦になって、楽天市場でプチプラの服を買うのにこっていたときも、買うほうにエネルギーを注いでいました。

プチプラ商品のセール情報を紹介し、実際に買った物を見せてくれるブログを毎日読んだり、楽天でレビューを読んだり、という具合です。

考えてみると、買い物ブログは、「こんな物買いました」とか、「こんな物を持っていますよ」と、商品画像や着用画像、コレクションぶりを見せはしますが、そうした物をとことん使っているさまは、まず出てきません。

使うことではなく、買うこと・集めることに焦点が当たっているからです。

どこに自分のエネルギーを注ぐかは、とても重要です。

本当に使い切る生活をしたいのなら、物を使うほうに、自分のリソースとエネルギーを使う、と決めなければなりません。

3.在庫を調べてみる

自分が何をどれぐらい持っているのか把握できると、「あ~、こんなにあるんだ…」とよくわかり、新たな物を買う気にはなりません。

家にある物を全部書きだそうとすると大変なので、特にこれから自分がちゃんと使っていこうと思うものにしぼって、リストアップするとよいでしょう。

これは、私の塗り絵グッズノート兼ほしい物を書くノートです。

買い物ノート

書き出しておいたのを時々見ると、「そういえば、これ、あまり使ってないな」という物を発見できます。

このノートには、「無駄にお金を使ってしまったかもしれない物」のリストもあります。

付箋に書いて、それをノートに貼っておいてもいいですね。そのほうが、ノートの中がぐしゃぐしゃにならないかもしれません。

付箋なら、貼る場所を変えることもできるので、「塗り絵本のページ」、「色鉛筆のページ」とカテゴリーわけするのも簡単です。

私は、買った順から、書きなぐっているので、ひじょうに見にくいノートになっております。すべて付箋に書き直そうかなあ、と考え中です。

在庫を書き出しておくのは、物の管理だけでなく、断捨離にも役立ちます。

洋服が多すぎる人はこんなノートを作っておくと便利です⇒服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

いらないかもしれない物を書き出すのもいいですね⇒物を減らすコツはこんな発想の転換にあった~山本ふみこさんに学ぶ

4.買い物の仕方を変える

今までと同じように買い物をしていると、使い切る生活にシフトできないので、ここは思い切って、買い物の仕方を変えます。

特に効果的なのは、「いま、必要な物を買う」と決めておくことです。

「あとでいるかもしれないなあ、安いし、買っておくといいかもしれない」と考えて、先取りして買わない、ということです。

本は1冊読んだら買う、と決めてから、積ん読が減りました(たまにKindle本で失敗することはあります)。

「いま、ここに使うのにいるから買うのだ!」と思うものだけ買うようにすると、基本的に、無駄な物が増殖しません。いろいろな趣味に手を出している場合は、この限りではありませんが。

あとのことは、その時になって考えればよいのです。これからも、ずっと物は売っていますから。

もう1つおすすめのポリシーは、自分がよく使うものには、それなりにお金を投資する、というものです。

人は、どちらかというと、めったに使わない物にお金をかけて、ふだん使う物は安物ですませようとする傾向があります。

年に1回ぐらいしか着ないよそ行きにすごくお金を使い、自分が毎日着る服は超チープだったりしませんか?

安くていい物もありますが、よく使う物に、お金を使おう、と考えると、「すぐにこわれてダメになりゴミが増えただけ」なんてことが、少なくなります。

5.自分で使えない物はいさぎよく手放す

あまりに買い過ぎて、とても自分では使い切れないなら、手放すことを考えます。

ほかの人に使い切ってもらえばいいのです。

使うめどのたたないものを、いつまでも押入れに入れておいても、気持ちが重くなるだけです。

人間は失敗をする生き物です。私も、気をつけて買ってはいるものの、たまに失敗することがあります。「ああ、これ嫌いだなあ」とか、「こんなはずじゃなかった」と思うものが家に入ったら、自分で使うことに執着せずに、寄付センターに持っていってます。

「ああ、こんなの塗るの、大変すぎる」と思った塗り絵本も、新品のまま、寄付センターに持ち込みました。

まめに不用品を売ってお小遣いの足しにしている娘にあげることもあります。

6.時々買わない挑戦をする

使い切りたい気持ちはやまやまだけど、なぜか買い物が止まらない、という人もいるかもしれません。

このような人は、毎日のように買い物をすることがすっかり習慣になっています。

この習慣を断ち切るために、ときどき買い物を制限するとよいです。期間は1ヶ月ぐらいが適当でしょうか? 「1ヶ月なんてとても無理」と思うなら、1週間でも2週間でもいいです。

1年単位でやってもいいですが、あまり無理をしないほうがいいでしょう。

使い切ることがゴールなら、買わない挑戦は、あくまで、一番大事な目標を達成するためにするもの、という位置づけです。

買わない挑戦のやり方⇒誰でもできる『買わない挑戦』の始め方。自分ルールで楽しく実践。

私がやってみた買わない挑戦⇒本や雑誌を捨てられないあなたに、本箱チャレンジのススメ。

7.感謝の気持ちを忘れない

最後におすすめするのは、日々、感謝の気持ちを持って過ごすことです。

先進国に住んでいる人は、物は十分すぎるほど持っています。

ほしいときに水やお湯が蛇口から出るし、食べ物もスーパーにたくさん並んでいるし、「お金がないわ」と言っている人も、わりといい暮らしをしているのです。

恵まれているのに、足りない物に目を向けているので、「あれもほしい、これもほしい、もっと必要なんだ」という思考になります⇒こんな考え方が貧乏を引き寄せる。お金がたまらない恐怖のマインドとは?

物だけでなく、場所や人、機会、自然、その他なんでも、自分が持っているものに、思いをはせ、ありがたいと思ってください。心が豊かになります。

人間は、自分の主観で世界を作り上げているから、視点を変えるだけで、貧しい気持ちになったり、豊かな気分になったりします。

心が豊かになれば、物に振り回されることもありません。

感謝できない人は、この記事を読んでください⇒幸せはすぐそこにある:自然と美と感謝と~ルイ・シュワルツバーグに学ぶ(TED)

この記事もおすすめ⇒心が疲れた人におすすめ。1セント硬貨がもたらした幸せ(TED)

こういう記事を読んでも、「これはこれ。私はやっぱり貧乏だよ」と思う人は、そう思うことを選択しているだけです。

物を使い切る具体的な手順はこちら⇒今ある物を使い切る具体的な方法。

*****

今回は、使い切る生活を実践するのに、役立つコツをお伝えしました。

私も、きょう書いたことを考えながら、少ない物で暮らす生活を実践しています。なかなかいいですよ。

服がたくさんありすぎて、クローゼットの中がぐしゃぐしゃでうんざりしたり、ちゃんと着ないことに、罪悪感を感じたりする生活より、ずっといいです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 朝

    ミニマルな日常

    汚部屋改善につながる朝の過ごし方。この5つの習慣がおすすめ。

    ストレスのない明るい気持ちで1日を始めるために、朝のルーティンに取り入…

  2. パソコンワーク

    ミニマルな日常

    海外生活に関する個人的な質問(過去・現在・将来)、3つに回答します。

    片付けやミニマルライフには直接関係のない、筆子に対するごく個人的な質問…

  3. 断る人

    ミニマルな日常

    いらない物や自分の意見を押し付ける人とうまくつきあう5つの方法。

    世の中には、いろいろなものを人に押し付ける人がいます。子どもの古着、迷…

  4. beauty salon

    ミニマルな日常

    湯シャンの私が美容院に行ってふつうのシャンプーをしてもらった体験談

    お湯シャン1本の私が美容院でふつうのシャンプーをしてもらったときの体験…

  5. 花瓶

    ミニマルな日常

    これだけは知っておきたい、きれいな部屋をつくる7つの習慣。

    部屋がきれいな人と汚い人の差を考察するシリーズ。今回は、きれいな部屋に…

  6. ハーブティ

    ミニマルな日常

    少ない物で暮らす生活はとても快適です。

    シンプルライフを追求している読者のお便り紹介コーナーです。きょうは、2…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

737人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 野原の中の女性
  2. くしゃくしゃの引き出し
  3. カタログを捨てる
  4. サンキュ12月号表紙
  5. 椅子にかけた靴下
  6. 傘立て
  7. ティッシュペーパー
  8. 悩んでいる人
  9. スマホをする人
  10. くらしラク~る11月号

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 服に迷う
  2. 腕時計
  3. 散らかった部屋
  4. ガラクタ
  5. 借金苦
  6. 散らかった部屋
  7. 歯を見せている女性
  8. そうじ
  9. 考えごとをする女性
  10. ウォーキング

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP