ベンチで読書

健康・アンチエイジング

健康的な生活が嫌いな人に贈る、楽しみながらボケない脳をつくる7つの方法。

できるだけ長く、現役でいられるために、アンチエイジング法を紹介しています。

きょうは、ボケない脳の作り方です。それもできるだけ楽しみながらやる方法を7つ紹介します。



体にいいことは退屈すぎて嫌だ?

以前、記事で紹介しましたが、脳を若々しく保つ方法は、きわめてシンプルです。基本は、

●健康的なものを食べる
●運動する
●しっかり睡眠をとる
●脳を使う
●よけいなストレスをかかえこまない
●人とふれあう

この6つ。

体の健康を維持する暮らしをすれば、脳にもよいわけです。

しかし、こう書くと、「いかにも退屈な人生だ」と思ってしまう人が多いようです。

ヘルシーな食べものとはたっぷりの野菜や果物。ジャンクフード加工食品は控えます。特に摂るべきでないのは甘いもの(砂糖)、飽和脂肪酸たっぷりの油。

アルコールもほどほどならいいけれど、毎日のように飲んでいたらよくありません。もちろんタバコなんてもってのほかです。

早寝して8時間ぐらいぐっすり眠り、早起きをして、太陽の光をあびながら、運動する。

こういう人生、私は「いいじゃん」と思うのですが、多くの人は、スイーツはたくさん食べたいし、ごちそうも食べたいし、お酒も飲みたいし、夜更かししたい。そんな人生が理想のようです。

そこで、健康的な生活が退屈すぎる人のために、できるだけ楽しく、脳の若さを保つ方法をお伝えすることにしました。

☆脳の若さをキープする基本的な方法はこちら⇒脳の若さを保つ7つの方法~アンチエイジングは頭から

1.踊る

ダンスのレッスンが脳によい、と考えられています。社交ダンスに打ち込む高齢者は多いですが、これは認知症のリスクを下げます。

なぜダンスがいいのかというと、やってみるとわかりますが、けっこう複雑な動きをしなければならないからです。

リズムにのって踊るのは有酸素運動なので、血の流れがよくなり、脳内の神経回路もびびびっと活性化されます。

社交ダンスのステップを覚えるのも、適度に脳に負荷がかかります。

踊るのはストレス解消にもいいです。

たぶん他人と一緒に踊るほうが、人と交流できるのでより脳にいいと思いますが、場合によっては余計なストレスが発生するかもしれません。

まずは、1人で踊ってみることをおすすめします。

私は、YouTubeを見ながら、某グループのダンスカバーを試みています。とても家族には見せられないので、昼間1人でやっています。

これがけっこう難しい。楽しいし、よい運動になります。

音楽好きの方はやってみてください。



2.楽器の演奏をする

楽器を10年以上演奏している人は、そうでない人より、年をとったときの記憶力があがるそうです。

楽器を演奏するのもけっこう複雑なことをしなければならないので、脳を適度に刺激するのだと思います。

私も通算すればピアノを10年以上、習慣的に演奏(練習)していましたが、いきなりさっと弾けた曲など、1曲もないので、かなり脳を鍛えることができたと思います。

幼稚園の鼓笛隊で小太鼓をパタパタ叩いた日から私の音楽人生は始まりました。その後、オルガン教室に通い、ピアノをちょっと習いました。音楽の時間の笛の練習も熱心にやりました。

ダンスでもそうなのですが、集団活動が苦手なため、人生のほとんどをソロアーティストとして生きてきました。楽しいからやっていたのですが、楽器演奏が脳に聞いて、ますます自己イメージがあがりました。

今からでも遅くないので、何か楽器を手にしてください。それが無理なら音楽を聞くだけでもいいです。

モーツアルトの音楽を聞くと、記憶力がよくなるとはずいぶん前から言われていることです。実際に、多くの専門家がモーツアルトの音楽を使っていろいろな実験をしています。

もしモーツアルトが嫌いなら、バッハやヴィヴァルディでもいいです。バロック音楽を聞くと、集中力が増す、と言われています。

3.外国語を学ぶ

これはものすごくおすすめの脳トレです。

バイリンガルは認知症になるのがモノリンガル(一ヶ国語だけ話す人)より、数年遅い、と言われています。

まあ、別にバイリンガルにならなくても、外国語をマスターしようと努力すると、知能、記憶、集中力、すべてに恩恵があります。

脳にとって、未知の言語を理解するのはかなりチャレンジングなことなのです。

これはやってみればわかります。

本当に単純な文でも、ぼんぼん瞬間英作文とか瞬間仏作文するのは、難しいものです(口に出してやってください)。これは脳にとっていい運動なのです。

外国語を学ぶと日本語の枠だけで生きているときには、思いもつかないコンセプトに遭遇するので、それも楽しいですよ。

別にその言語をマスターしなくても、ちょっと学習するだけで、脳には恩恵があります。ネイティブみたいになりたい、という壮大な夢は抱かず、脳トレだ、と思って外国語の学習を楽しんでください。

4.何かを読む

文章を読むのもとても脳にいいアクティビティです。

トルストイの「戦争と平和」でもこのブログでもいいです。とにかく文字を読んでください。

文字を読むことが、脳に負荷をかけることは、本より漫画を読むほうが簡単なことからわかると思います。

漫画より、映像を見る方がもっとラクでしょう。

何かを読んでいるときは、脳内のいろいろな部分で神経伝達物質が活発にやりとりされています。私のこんなシンプルな記事を読んでいるときですら、脳は、視覚を使って、言葉をインプットし、忙しく脳内で情報をプロセスしているのです。

ある程度集中しないとものは読めないので集中力も養われます。

読むことは、脳に刺激を与え、脳のエクササイズになりますが、同時に、とても気持ちを穏やかにしてくれる効果もあります。読んでいるものの内容にもよりますが。

近年の研究ではたくさんのものを読むより、少しだけ読んで、それについて、じっくり考え、脳にしみこませるようにしたほうがいいそうです。

あまりにいろいろ脳に詰め込もうとすると、脳がシャットダウンしてしまうのです。

文章を読む人は年々少なくなっているような気がしますが、お気に入りの本やブログを読むのは脳にとてもいいことなのです。

人々は便利なこと、ラクなことばかり追求し、物を売るほうもできるだけラクなものを提供しますが(そうしないと売れないから)、あえて、面倒なことをやったほうが脳の健康のためにはいいのです。

5.ストレス日記を書く

以前、お金のかからないストレス解消法として紹介しましたが、ストレスを感じていることをノートに書き出すのも、脳を若く保つのに有効です。

ストレス日記の話⇒買い物はやめられる。お金を使わないシンプルなストレス解消法

ストレスになっている、と思うことを、3日間、20分ずつノートに書いた学生のほうが、ただの日記を書いた学生より、記憶力があがったという実験があります。

まあ、この実験、3日間だけですからね。「たまたまだったんじゃないの?」とも思いますが。

ただ、ストレスの多い人は、いつも頭の中が不安、心配、怒り、憎しみなどネガティブな考えでいっぱいなのは確かです。

こういうものが、脳の貴重なスペースを奪っているのです。ストレスに感じていることを、紙の上に書き出すと、脳がほかの活動(情報をプロセスしたり、記憶したりする)にあてるスペースがあくのではないでしょうか?

ストレスをかかえこむことは、健康にもよくないので、その意味でもストレス日記を書くのはおすすめです。

6.手書きをする

ストレス日記を書くときは、スマホやパソコンを使わず、手書きをしてください。

手書きはタイピングより、脳によい、と言われています。手で書いているときのほうが、より多くの情報をプロセスしなければならないからです。つまり、手を使って何かを書いているときは、より多くの脳の部分が活性化されているのです。

自分でタイピングと手書きをやってみて比べればわかります。

手を使って書いたほうが、リアルですよね。

専門家によると、書き方を知っている子供のほうが、物事を早く学ぶそうです。

テスト前の勉強も、タイプするより、手書きのほうがよっぽど頭に入ります。まあ、私は入力して勉強したことなどないのですが。

娘はこの9月から大学に通っているのですが、1年生はそうでもないけど、2年生はけっこう授業中に、ノートを取るかわりにパソコンに入力しているそうです。こういう人は、テキストもオンライン版を使うのでしょう。

確かにタイピングしたほうが早いけれど、記憶に定着させたいなら手書きに限ります。

7.昼寝をする

睡眠不足なら昼寝をしてください。とても疲れがとれるうえに、記憶力も向上します。

昼寝の効能⇒疲れの取れる昼寝の方法。睡眠不足ぎみの人は試す価値あり

睡眠不足は認知症のリスクを高めると言われて久しいです。その原因はいろいろ複雑なのですが、すごく簡単に言うと、寝ているあいだに、脳は老廃物を掃除しているので、しっかり寝ていないと、ゴミが充分取り除かれないのです。

そしてその老廃物の中に、認知症の原因となる物質が含まれています。

睡眠不足はうつ病を引き起こすとも考えられていますが、それもうつ病の原因のとなる物質が、睡眠中にきっちり取り除かれないからです。

寝ているあいだ私たちの脳は、自らをメンテナンスしているのです。だから睡眠は重要なのです。

脳内も、部屋と同じように、よけいな物は捨てて、きれいにしておかないと、ゴミがたまってそのうち機能不全に陥っていまいます。
=====
このほかに、皿を洗うことなども、脳にいいのですが、今回は、やっていて楽しいことを厳選しました。

一番大事なのは、睡眠を取ることだと思うので、どんなに読書や語学が楽しくても、睡眠時間を削ってまでやらないでください。





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 考える女。

    健康・アンチエイジング

    過去の嫌な記憶を消す7つの方法。辛い思い出はこうして手放す。

    過去の嫌な記憶と決別する方法を教えてください、という読者の質問に答えま…

  2. 髪の毛がきれいな女の子

    ミニマルな日常

    湯シャンで髪がべたつく問題を解消する洗い方:私が湯シャンに至るまで(7)

    筆子がどのような過程をへて、湯シャン(お湯のみで髪を洗うこと)をするよ…

  3. スクワット

    30日間チャレンジ

    30日スクワットチャレンジを50代主婦が実践中~効果のほどは?

    7月の30日間チャレンジは「30日スクワットチャレンジ」をやっています…

  4. コーヒーを飲む女性

    健康・アンチエイジング

    コーヒー中毒になっていませんか?カフェインの依存性をわかりやすく解説

    日本は世界でも有数のコーヒー消費国です。忙しくて、ストレスがいっぱいの…

  5. 水

    健康・アンチエイジング

    水を飲む習慣をつける5つの方法。こうすればたくさん水が飲める。

    あまり水を飲む習慣のない人が、どうやったらたくさん飲めるようになるのか…

  6. なんだか不調

    健康・アンチエイジング

    片付けようとしないお母さんに教えてあげたい、ガラクタが健康に及ぼす4つの影響

    いらない物を大量にためこむ弊害は、単に、探しものが増えて、時間がもった…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. プレゼントの応募についてメールをいただいたHさんへの返事です…
  2. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  3. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  4. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  5. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  6. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  7. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  8. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  9. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  10. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…

今日のおすすめ記事

  1. プラント
  2. イライラする女。
  3. 妊娠
  4. レタスクラブ・ダイジェスト版
  5. 笑顔
  6. 汚部屋
  7. 主婦
  8. お年寄りの手
  9. 青汁

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. 捨てて後悔する人
  2. トイレ
  3. クリスマスプレゼント
  4. 空を飛ぶ鳥
  5. クローゼット
  6. ベンチで読書
  7. ボーダーのトップス
  8. 捨てられない人。
  9. 暖かい部屋
  10. すてきなリビングルーム
  1. 宿題

    TEDの動画

    なぜ人は嫌なことを後回しにしてしまうのか?(TED)
  2. 色鉛筆

    ミニマリストへの道

    かわいい雑貨への執着を手放す簡単な方法:ミニマリストへの道(85)
  3. 青空

    シンプルライフな人たち

    ミニマリストの部屋公開~最小限のモノで生活して40歳でリタイヤした男
  4. 小さな女の子

    ミニマリストへの道

    子供がいると断捨離は実践できないのか?ミニマリストへの道(13)
  5. 書類を捨てる

    フライレディ

    ガラクタをためない暮らしへ。紙と書類の断捨離のコツ(2)
PAGE TOP