ティータイム

健康・アンチエイジング

私が甘いものを食べるのをがまんしているのに、夫が自由に食べているのを見るとすごくねたましい。この問題の解決法。

砂糖や炭水化物を控えている方からの相談に回答します。

自分はがまんしているのに、ほかの人は、食べたいものを食べたいだけ食べていてうらやましい、という内容です。

メールは引用不可なので、ポイントだけ箇条書きします。差出人の名前は、A子さんとします。



悲劇のヒロインになる私

・私は糖尿病予備群なので、糖質を制限している。毎日食事に気を使って血糖値が上がりすぎないようにがんばっている。

・食べすぎないことを心がけ、砂糖も断っているし、炭水化物も控えている。おかげで、だいぶ食生活を改善することができた。

・しかし、外食のときなどに、ひじょうにネガティブな感情になることがある。

・夫が、何も気にせず、ごちそうやデザートを私の目の前で、自由に食べたいだけ食べているからだ。

・そんなとき、本当に夫がうらやましいし、ねたましい。

・ほかの人が自由にごちそうを食べているのを見るのもうらやましい。

・私ももっと食べたい、昔の、何でも自由に食べていた頃の自分に戻りたいと思う。

・自分が足りないマインドに陥っていることは自覚している

足りないマインド⇒なぜ私ばかりが(怒)、と思う人は『足りないマインド』を『たっぷりあるマインド』に変えればよい。

質問:夫や他の人が、目の前でごちそうや甘いものを食べているときに、嫌な思いをしないためにできることを教えてほしい。もっと安定したマインドセットでいたい。食べることや血糖値に振り回されるのはもういい加減やめたい。





A子さん、お便りありがとうございます。

A子さんは、ご自身が足りないマインドに陥っていると自覚しているわけですから、「あ、私、勝手に悲劇のヒロインになってる。こんな考え方はもうやめよう」と思えば、ネガティブな感情から、すぐシフトできると思います。

シフトしたいと思えば。

以下のことを試してください。

1.気持ちを書き出す

毎回同じことを書いて恐縮ですが、毎日モーニングページを書くか、ブレインダンプをして、自分の心と向き合う時間を作ってください。

ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

なぜ書くことをおすすめするかというと、自分がどんな感情でいるか、客観的に見ることができないと、気持ちを切り替えることができないからです。

先日、別の方から、「ブレインダンプを1週間以上やったけど、結論が出ない」というメールをいただきましたが、1週間じゃ足りません。半年から1年はやってほしいと思います。

それと、どんなに毎日、自分と向き合っていても、できごとに対して、むかっとしたりいらっとしたりすることは起き続けます。

足りないマインドに陥って、誰かをねたましく思ったり、嫉妬したりするのは、人間としてふつうの反応ですから。

その反応を変えようとするのではなく、そう思ってしまったときに、さっと気持ちを切り替えられる自分になるのが目標です。

そのために、気持ちを書き出すことはとても効果があります。

このとき、「こんなふうに思ってしまう自分は人間として小さい」などとジャッジしないでください。

むしろ思いやりの心をもつことをおすすめします⇒自分自身の親友になる技術(TED)

2.同じ土俵にあがらない

A子さんは、体質のせいで、砂糖の摂取を控えなければなりませんが、これはA子さん特有の事情です。

ご主人はそういう事情のない人です。

A子さんとご主人は全く違う人間なので、ごちそうをたべるときの態度や食べる量を比較するのは意味がありません。

これはわかりますよね?

ご主人だって、医者に「このままだと糖尿病になるから食事制限してください」と言われたら、甘いものを控えるでしょう。

ですが、今は、そうではありません。

自分と他の人は違うというあたりまえの事実を思い出してほしいです。

夫はごちそうをたらふく食べられないのに、私が食べられないのは不公平だ、と思うのは、ご主人が、「俺は子供を産めないのに、A子は子供が産めるなんて不公平すぎる、くやしい、ねたましい、おい、俺と一緒に暮らすからには、絶対、子供は産むなよ。俺はそうできないんだから」、と思うようなものです。

オレンジ対バナナ:人と比べることで生じるダメージとその修復(TED)

3.一面的なものの見方をしない

相手が自分が持っていないものを持っている、と感じてるときに、ねたましい、うらやましいと思います。

私は、甘いものを食べられない不自由な生活をしているのに、夫は甘いものを食べる自由がある、夫は私にはない自由を持っている、というように。

ですが、人生とは、甘いものを食べることだけではありません。

人の一生には、ほかにもいろいろな要素がありますよね?

甘いものを食べることができるかどうかなんて、いろいろなできごとがある人生の中の、ほんの小さなエピソードの1つです。ほかのできごとに比べたら、それこそ、顕微鏡で見ないと見えないほどのちっぽけな要素じゃないですか?

甘いものなんて、べつに食べなくても生きていけますから。

そういうちっぽけなことを、いちいち拡大して見ないでください。

確かに、ご主人は、食べたいものを自由に食べているように見えるでしょう。

でも、ご主人だって、悩んでいることはあると思います。

難しい仕事をかかえている、部下(上司)とのコミュニケーションに悩んでいる、通勤時間が長いから、疲労がたまっているとか。

A子さんは、甘いものをばくばく食べている人が、この世の春を満喫している幸せいっぱいな人に見えるかもしれませんが、他の人は、他の人で、いろいろなことで悩んでいます。

私のところにもいろいろな悩み相談が届いています。

「夫もいろいろ大変だから、せめてアイスクリームぐらいは自由に食べてもらいたい」と思いなさい、とは言いません。

ですが、ご主人の1つの行動だけを見るのではなく、ご主人の人生をもっと全体的に見てください。すると、そこまでイライラしないと思います。

4.感謝の種(たね)を見つける

足りないマインドに陥っているのに気づいたら、感謝の種を見つけるようにしましょう。

幸せになりたいなら感謝しよう(TED)

感謝することを心がけると、たっぷりあるマインドに傾きます。

毎日、感謝日記をつけるのはどうでしょうか?

リマインダーとしての感謝ノートのすすめ~感謝できるようになる方法(その1)

モーニングページに、毎日3つ~5つ、感謝できることを書く、というのを半年ぐらいやってもいいでしょう。

ものの見方が変わりますよ。

成功すると幸せになるのではなく、幸せだから成功する~ショーン・エイカー(TED)

きっとわかっていると思いますが、甘いものを自由に食べているご主人や他の人を見て、不幸な気分になるとしたら、それは他の人のせいではなく、自分のせいです。

自分が勝手に、不幸な気分に陥る負のサイクルに入りこんでいるだけです。

モーニングページや感謝日記を書くと、自分で自分を苦しめるあほらしい思考経路から抜け出せると思います。

その他のアドバイス

目の前で甘いものを食べてほしくないなら、一度、そうご主人に話してみるのもいいでしょう。

たぶんご主人は、A子さんがどれほど苦しい思いをしているのか気づいていないと思います。

気持ちを打ち明けると、ご主人も食生活の改善に協力してくれるかもしれません。

それから、誰かに、制限させられていると思うと、「私ばっかりこんなにがまんして、き~~~~っ!」という気持ちになるので、「自分の意志で甘いものを控えているのだ」、と思ってください。

実際そうですよね?

まあ、医者にそう言われたから、制限しているのだと思いますが、食事を制限しているのは、自分の体のためであり、自分の幸せのためです。

「私が、私の意志で食事制限しているのだ」という気持ちで主体的に取り組むことをおすすめします。

ねたみに関するほかの記事もどうぞ

他人がうらやましい、私は不幸、という気持ちを手放す3つの方法。

感情的になりすぎないようにする7つの方法。

もっと幸せになるために今すぐ捨てたい5つのもの(心の断捨離)。

妬みやひがみ、嫉妬の気持ちを解消する現実的な7つの方法

貧乏人の「足りないマインド」から金持ちの「たっぷりあるマインド」へ変換する方法。

被害者的発想をやめる7つの方法(前編)、悪いのは私じゃない誰かだと思い込みすぎていませんか?

*****

読者の質問に回答しました。

私の夫は甘いものや、ジャンクなものが大好きで、チョコレートやポテトチップスをばくばく食べていますが、私は全然うらやましいとは思いません。

むしろ、「あんなに体に悪いものばっかり食べて恐ろしすぎる」と思います。

実際、甘いものは体によくないのです。

砂糖の害について書いた記事のまとめ

体質のせいで、制限せざるを得なくなったのは、むしろラッキーなことだと思います。





スマホを見ている人人付き合いに関する悩み相談に回答しました~片付けに関係ない質問特集。前のページ

すぐにスタートしよう~人生後半の断捨離を成功させるコツ(後編)次のページサイクリング

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 疲れ目の女性。

    健康・アンチエイジング

    40歳すぎたら要注意。目の健康を保つ5つの基本的な方法。

    「目は見えるのが当たり前」というのは、ある程度の年齢までのこと。40歳…

  2. グリーンスムージー

    健康・アンチエイジング

    健康維持は最大の投資。健康に関する記事のまとめ(1)

    もうすぐシニアになる私は、自分なりに健康に気を使って、いろいろ調べたり…

  3. 笑顔の子供

    TEDの動画

    知られざる笑顔のパワー(TED)~笑顔が気持ちを変える。

    ほほえむことがもたらすメリットを教えてくれるTEDトークを紹介します。…

  4. コーヒーとケーキ

    TEDの動画

    砂糖は人生に楽しみを与えてくれるものではない(TED)

    砂糖に関するTEDの動画を紹介します。タイトルは、Sugar …

  5. ヘアトリートメント

    健康・アンチエイジング

    頭が臭いのを治す方法。健康な頭皮を保つ秘訣を集めました

    読者の方から、頭皮が臭いけど、どうしたらいいですか、というお問い合わせ…

  6. スマホ

    健康・アンチエイジング

    電磁波の健康リスクが気になるあなたへ。日常生活で簡単にできる基本的な対策。

    読者の方から、筆子さんの電磁波に対する考え方と対処法を教えてほしい、と…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,467人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 下駄箱
  2. サブスクを利用する女性
  3. カメラ
  4. 寝ている人
  5. 読書
  6. 履き古した上履き
  7. 湖にたたずむ女性
  8. 宅配便
  9. 海を見ている女性
  10. 春の野菜

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 散らかった部屋
  2. 洗濯物を干す人
  3. クッキー
  4. 積み重なった本
  5. 万年筆
  6. 一人でいる
  7. ワードローブ
  8. 自撮り
  9. 化粧品持ちすぎ
  10. 汚部屋につかれた女

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP