ミニマリストの寝床

ミニマルな日常

ミニマルな寝床を実現~床に毛布をひいて寝るようになって4ヶ月、こんな変化あり

物を持たないようにしている筆子は、床にシーツと毛布をひいて直に寝ています。

以前はセミダブルのベッドに寝ていました。ですが、引越し前に、ベッドフレームとマットレス2枚を、断捨離

当初はセミダブルを捨てて、シングルにしようかとも思っていたのですが、結局、床に寝るのが快適なのでベッドなし生活で行くことにしました。

「冬場、寒いかもしれない」という心配がありましたが、真冬でも薄い掛け布団だけで大丈夫でした。

カナダは寒いので、通常セントラルヒーティングです。こたつはもちろん、ストーブなど、部分的な暖房器具は一般的ではありません。

冬はずっと暖房しっぱなし。このアパートでは、気温を19.5度に設定していますが、それでちょうどいい感じです。

筆子のパソコン机の周囲は、だいたいいつも18.5~19度あたりです。



筆子が床に寝る理由

なぜ床に寝ているのかというと、今のアパートが狭くてベッドを置く場所がないから。そして、かねてより、健康のために固い床に寝たいと思っていたからです。

固いところに寝ると健康にいい理由は、こちらの記事に書いています。
床にじかにシーツをひいて寝てみたら、グッスリ眠れて健康によいみたい

それまでも、2枚あるマットレスのうち、固いほうを上にして寝ていました。そのマットレスは近所のおじいさんからもらったものです。奥さんが、そのマットレスだと硬すぎて、からだが痛くて寝られないから、とのこと。

だからそこそこ硬いマットレスでしたが、それでも床には負けます。

現在の寝床

●ふとんをしく場所(パソコン机の隣のスペース)
ふとんをしく場所
この上にふとん(シーツと毛布)をひきます。カーペットの上にある透明のシートは、パソコンの椅子のキャスターで、床を傷つけないためのもの。

●ふとんをしいたところ
ミニマリストの寝床

きわめて普通の見た目です。敷布団がないので寝支度はとっても簡単で、1分もかかりません。

寝具についてはこちらの記事で書いています。
ミニマリストのふとんはこれだけあればよい

枕は木枕を使っています⇒木枕でウソのように肩こり解消

朝起きたら、ちょっと時間を置いてから、丸めて、クローゼットに収納しています。

掛け布団など

丸めたふとん

クローゼット

軽いので全部合わせて、片手で持てます。

うちは最初からカーペットを敷き詰めてあるせいか、寒くありません。フローリングに直に寝る場合は、ダンボールか何かをしかないと、体の熱を取られるので気をつけてくださいね。





ベッドを断捨離して、床に寝るようになってから起きた変化

●良いこと
1.とにかくフレキシブル
今は、パソコン机の横で寝ていますが、廊下でも、ほかの部屋でもちょっとしたスペースさえあれば寝ることができます。

2.スペースがある
場所をとるベッドがないので、当然ながらそのぶんのスペースがあきます。

3.ベッドのいらないからだになった
ベッドは家の中にある1番大きな家具ではないでしょうか?そんなベッドとおさらばしたので、ひじょうにフットワークの軽い人間になったような気がします。

4.目覚めすっきり
もともと朝までぐっすり眠るタイプなので、「床に寝ているせいだから」、とは言えないかもしれません。少なくとも、引っ越してきてから病気はしていません。

●悪いこと
特になし。

ただ、居間に寝ているので、となりで夫がテレビを見ていて、うっとうしいことがあります。夜10時には、自室に入るように頼んでいるのですが。

最近、娘はバイトで忙しいし、筆子はテレビを見ないから、居間のテレビはいっそ、夫の部屋に持っていってもらいたいぐらいです。

これからだんだん暖かくなってくるので、寝具は変わるかもしれませんが、床に寝る生活はずっと続きそうです。

子供の頃は、布団に寝ていて、ふかふかのベッドにあこがれていました。そんな私が、50歳をすぎて行き着いたのは、床に寝る生活だったのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ブランコに乗る女の子

    ミニマルな日常

    子育てで後悔していることと、やっておいてよかったこと。

    20代後半の方から、子育てに関する質問をいただきました。子育て…

  2. 中国のちょうちん

    ミニマルな日常

    中国人に間違えられる大人しい日本人の私

    私はカナダに住んでいます。カナダにはアジア系の人が多いのですが、ほとん…

  3. セール品を奪いあう女性。

    ミニマルな日常

    どうでもいいことで張り合ったりマウンティングする心を捨てるには?

    心の断捨離シリーズ、今回は「無駄に張り合う気持ち」を捨てる方法を紹介し…

  4. ワードローブ

    ミニマルな日常

    収納に頼りすぎると、自分が疲れるだけ。

    物減らしに励んでいる読者4人のお便りを紹介します。2018年9月にいた…

  5. 衣類の片付け

    ミニマルな日常

    3年間、実家の片付けに奮闘してわかったこと。

    お便り紹介コーナーです。今回は2017年の1月5日から10日までにいた…

  6. そうじ

    ミニマルな日常

    家事嫌いなら試してほしい、4つの「やらない」で家事の負担を大幅に減らす。

    ふだんの家事をいかに簡単にするか、というのは、多くの主婦が日夜考えてい…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

958人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. もう捨てるもの
  2. スマホを見る女性
  3. スーパーでお菓子を買う人
  4. 終活な空
  5. 寄付する物
  6. スマホを使う女性
  7. ノートに書く人
  8. ワードローブ
  9. 買い物中の人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 朝の一杯
  2. iPhone
  3. 「自分を浄化する方法」矢尾こと葉
  4. アルツハイマー病
  5. 汚部屋につかれた女
  6. ショッピング
  7. 窓ぎわ
  8. 兄弟

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP